ブログジャンル:農家 (443)

農家ジャンル 新着記事ブログジャンル「農家」の新着記事です。

  1. SAI-福岡書芸院

    朝歌5月29日

    am7:15 うすがすむねずからあおにひろがりて 臼霞空子鼠生丹広

  2. SAI-福岡書芸院

    シ・セキ とげ 象形 標識として樹てた木の形。 才の本来はこれと似た形のもので、 縦横の木の交叉するところに祝禱を収める器である、 口・サイを著けそこに神が宿るとされて、在の初文となる。 朿は木に袖木を著け、左右から支えたもので、 聖所の表示としての意をもつ。 それで軍行中、 聖肉としての脤肉を奉ずるが、 軍の駐屯するときは朿を樹てて、 その前に脤肉をおいた。 そ...

  3. SAI-福岡書芸院

    萬葉集683

    昔者之 事波不知乎 我見而毛 久成奴 天之香具山 いにしえの 事は知らぬを 我見ても 久しくなりぬ 天の香具山 吾勢子乎 乞許世山登 人者雖云 君毛不來益 山之名尒有之 吾が背子を こち巨勢山と 人は云へど 君も來まさず 山の名にあらし 澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より

  4. SAI-福岡書芸院

    孔子293

    十三之一 陳亢問於伯魚曰、子亦有異聞乎、對曰、未也、嘗獨立、鯉趨而過庭、曰、學詩乎、對曰、未也、曰、不學詩無以言也、鯉退而學詩、 陳亢、伯魚に問うて曰わく、子も亦異聞ありや。対えて曰わく、未だし。嘗て独り立てり。鯉趨りて庭を過ぐ。曰わく、詩を学びたりや。対えて曰わく、未だし。詩を学ばずんば、以て言うこと無し。鯉退きて詩を学ぶ。 陳亢が[孔子の子である]伯魚に尋ねて[あなたはもしや何...

  5. 宮沢祐史のexciteブログ。

    インディ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00126586-rcg-moto

  6. 山中記

    生き物。

    朝仕事にホースの詰まりを細いワイヤーで解消。水の入る上からこつこつ突っ込めば良いのかと思いきや、数年前の春の道普請の一服時に”いずみや”マサオさんに聞いた話だと逆で、水の出る下の口から上に向かって入れればゴミが落ちてきて一回で水が通って問題解決しやすいとのこと。以来数年そうしてやっている一方で、毎回同じ寸法の蛇がいきなり怒りながら出てきたらどうしようかとビクビクしたりもする。海カフェドナ一家...

  7. 山中記

    平成29年産米の春仕事。

    5月じゃ終わらんなあ。進捗状況メモ。①代かき 完了 <その他> 不耕起田1枚 休ませる田2枚(夏に田直し)②田植え 残り3枚 その他 手植え2枚③補植(植え直し) 残り26枚*****************

  8. 仁左衛門のアスパラ日記

    夏アスパラ、販売開始しました!

    夏アスパラ、発送してもいいなあと思えるものが、安定して増えてきましたので本日販売開始しました。価格は昨年と同じです。商品構成は、秀品1キロと、その3回セット、それに特盛です。今回は、穂先スペシャルはありません。穂先スペシャルは、春のシ-ズンの後半や、夏アスパラの梅雨時など養分が少なくなってきたときに、細いものや、根元が硬くなったりそのようなものを、大胆に切り落として、作っています。今年は、春...

  9. 龍江健康センター

    目が離せない

    先日25日 久々12日ぶりに雨が降りました 雨が降らず  成長に目が離せない  夢にまで出てくる。 こんなに疲れる年は、記憶にない。 股関節 太もも 脚がつる。 目も悪いし 最悪 すいかの花付けすぐはじまる。

  10. 龍江健康センター

    もう5月の終わりなのに

    田植え半分くらい終わったのかな 以前は5月の連休に植えていたのに うちの部落ではお米作る家なくなちゃいました。 今日竜峡小梅いただきました。 始まったみたい。

1 - 10 / 総件数:100 件

関連ページ

ジャンルからブログを探す