ブログジャンル:歴史 (532)

教育・学問」のブログジャンル「歴史」には、歴史に関連するイベント、セミナー、テレビ番組、勉強、つぶやき、日記、記録、写真、噂、まとめが書かれたブログが登録されています。

歴史ジャンル 新着記事ブログジャンル「歴史」の新着記事です。

  1. 追跡アマミキヨ

    六甲山と瀬織津姫 109 白兎神話は南方から

    内陸にもあった、「白兎神話ゆかりの里」。古来、村々の鎮守として白兎大明神を祀り、崇め、古墳の数も因幡随一。その中心だったと言われる土師郷は、現在の八頭郡八頭町にあたるが、そのまさに霊石山山麓に 流れているのが、千代川の支流・私都川(きさいちがわ)。この川の流域が八上姫の里だとの説があるいっぽう、瀬織津姫を祀る神社も多く、なんと4社に祀られている。(旧八上郡へ範囲を広げると、16社になる)その...

  2. 青森県立郷土館ニュース

    松木満史展 5月26日(金)の開幕に向けて準備中

     県立郷土館では、現在、松木満史展は、開幕に向けて準備中です。その様子を写真でお伝えします。 松木満史は大正から昭和中期にかけて活躍した洋画家で、詩情に満ちた世界を描きました。会期は5月26日(金)から6月25日(日)まで。場所は当館特別展示室です。ぜひご来場下さい!

  3. 栃木、福島の戊辰戦争史跡

    武田耕雲斎の墓

    2017.05/23(TUE)武田耕雲斎の墓 水戸市見川 2-103-1・妙雲寺--------------------武田耕雲斎 正生六百石、若年寄/跡部新八正続の子、同正房の養子/文政以来徳川斉昭のため運動してしばしば解職、復帰/文久元年上京/元治元年六月大挙江戸行きに加わり、八月四日下向する松平頼徳に従う/市川三左衛門派の入城拒否で交戦/十一月一日全軍を率い西上に出発、十二月二十日越前...

  4. サーティンキュー

    タロットの大アルカナ21枚は7回の三位一体を表現している。

    序★タロットの大アルカナは22枚だが、0の愚者を除いた、1から21までは、父・母・子の三位一体を7回していることに気づいた。これは何を意味するのか?そして0の愚者とは何か?この愚者は宇宙を探求する者である。愚者に成らないと宇宙の謎を探求しない。ということだろう。愚者とはヤバイ道を行く者である。★大アルカナの21枚は1、手品師2、女教皇3、女帝これが最初の最初の父と母と子の三位一体。そしてアル...

  5. UFOアガルタのシャンバラ  日本は津波による大きな被害を受けるだろう

    そこで、各地のネットユーザーが「人肉捜索(=人物特定)」を開始したところ、暴徒のリーダーたちは何と現地の公安警察官であることが実名とともに明らかになったのだ。(3)

    『チャイナ・リスク爆発前夜』 黄文雄   海竜社   2011/8/16 <もっとも儲かっているのは、利益をむさぼる役人>・「一官二商三匪四盗」という成金の道がある。一番のボロ儲けは官僚、二番目は商人、三番目は匪賊、四番目は盗人である。中国には「做官発財」(官になれば儲かる)や「昇官発財」(昇進すれば儲かる)という古諺がある。今でも「無官不貧」という俚諺がある。汚職しない役人がいない...

  6. UFOアガルタのシャンバラ  日本は津波による大きな被害を受けるだろう

    そこで、各地のネットユーザーが「人肉捜索(=人物特定)」を開始したところ、暴徒のリーダーたちは何と現地の公安警察官であることが実名とともに明らかになったのだ。(2)

    『中国の崩壊が始まった!』日下公人   石平  ワック  2008年6月28日 <独裁政権の常として、中国共産党政権はいずれ対外的冒険主義の道に走ってしまうのではないか、という危惧>・石;しかし、中国国内で内乱が起きるとしても、その内乱を抑えるために、いっそ台湾を攻撃しようと冒険する可能性もあります。 ・日下;私がはじめて中国に行った30数年前は、中国人はとにかく貧乏で食うものも、着...

  7. UFOアガルタのシャンバラ  日本は津波による大きな被害を受けるだろう

    そこで、各地のネットユーザーが「人肉捜索(=人物特定)」を開始したところ、暴徒のリーダーたちは何と現地の公安警察官であることが実名とともに明らかになったのだ。(1)

    『常識ではあり得ない中国の裏側』中国人だからよくわかる陳破空    ビジネス社  2016/12/22 <中国共産党こそ歴史上最大の“穀潰し”―—なぜ、中国は2006年まで食糧援助を受けていたのか?>・「一番大きな問題は飯を食うこと」「共産党は13億人を養ってきた!」と鄧小平ら中国の指導者は言ってきた。 だが、実際には共産党が13億人を養ってきたのではなく、13億人が共産党を養ってき...

  8. Santa Lab's Blog

    「太平記」八幡合戦事付官軍夜討の事(その1)

    都には去月二十日の合戦に打ち負けて、足利宰相さいしやうの中将ちゆうじやう殿は近江あふみの国へ落ちさせ給ひ、持明院の本院ほんゐん・新院・主上しゆしやう・春宮は、皆捕らはれさせ給ひて、賀名生あなふに遷幸せんかう成りぬ。吉野の主上はなほ世を危あやぶみて、八幡に御座あり。月卿雲客げつけいうんかくは、西山・東山・吉峯・鞍馬の奥などに逃げ隠れてをはすれば、帝城の九禁きうきんいつしか虎賁猛将こふんまうしや...

  9. Santa Lab's Blog

    「太平記」兵部卿宮薨御の事付干将莫耶事(その8)

    この口の中に含んだりし三寸の剣、燕えんの国に留まつて太子丹が剣となる。太子丹、荊軻けいか・秦舞陽しんぶやうをして秦の始皇しくわうを伐うたんとせし時、自みづから差図さしづの箱の中より飛び出でて、始皇帝を追ひ奉りしが、薬の袋を被投懸ながら、口六尺の銅あかがねの柱の半ばを切つて、遂つひに三つに折をれて失せたりし匕首ひしゆの剣これなり。その雌雄二つの剣は干将莫耶かんしやうばくやの剣と被云て、代々の天...

  10. 温故知新 時の香り

    山頂に巨大な「ドラゴンアイ」 雪解け水が生む神秘の沼

    雪解け水が目玉のような造形を作り出す「ドラゴンアイ」、秋田県仙北市の鏡沼、

1 - 10 / 総件数:100 件

ジャンルからブログを探す