食べ歩きの参考に! 庶民の味から高級料理まで

お気楽 monkey ♪♪♪ in Hong Kong

この人に聞きました!お気楽 monkey ♪♪♪ in Hong Kong chakomonkeyさん

安くておいしい庶民の味から高級料理にスイーツまで、香港グルメのおいしい情報が満載! 毎週2~3回はお友だちや家族と香港の食べ歩きを楽しんでらっしゃるのは、香港在住歴6年の「お気軽monkey ♪♪♪ in Hong Kong」chakomonkeyさん。香港旅行を計画するブロガーから、「食べ歩きの参考になる!」と人気を集めています。そんな香港情報に詳しいchakomonkeyさんに、おすすめの香港グルメをご紹介していただきました。
URL:http://chkmonkey.exblog.jp/

写真

「香港といえばこのお店!」あなたの一押しのお店&この味といえば?

香港と言えばやっぱり飲茶!今では数が減ってしまったワゴン式の飲茶が食べられるシティホールの「美心皇宮」の叉焼菠蘿包が一押し。これはパイナップルパン(日本のメロンパン)の中に叉焼餡が入った甘めの点心でとてもおいしいです。

それからハーガウ。もちもちの半透明の皮の中にプリプリのエビが入った蝦餃子も外せないマスト点心。
最新式のワゴンにはTVモニターで点心の画像を映しているものもあって、「何が回ってきたのかな~?」と見るのも楽しみのひとつです。食べきれないのに見ると欲しくなって取りすぎちゃうのが難点です。

写真

カップルで行くなら、ぜひおすすめしたい。おしゃれでおいしいお店は?

セントラルの「SEVVA」のテラスバーは店内のインテリアもとっても素敵!何よりテラスで香港らしい高層ビルの夜景を見ながらおいしいカクテルをいただけばムード満点です。

リッツカールトンホテルの102階で楽しめるアフタヌーンティーは香港島を一望出来る素晴らしい景色と香港らしい派手派手ピカピカの大きなシャンデリアも一見の価値あり♪

写真

セレブ気分になれる豪華ディナーを食べるなら?

ランガムホテルのミシュラン星付きの「唐閣」は忘れられないおいしさ。このお店のシグネチャーディッシュ、牡蠣のポートワイン焼きは絶品。巻貝の詰め物や北京ダックも今まで食べたどこのお店よりダントツ1番のおいしさでした。落ち着いた雰囲気の店内で、サービスも最高なので、香港セレブも頻繁に訪れるとか。

写真

お手軽ランチをするならここ!

お手軽においしいランチをするなら、「池記」のプリップリのエビワンタンが入ったワンタン麺。実はこの麺、まるで輪ゴムのように硬めに茹でられていて、香港人はワンタン麺の硬さにこだわって、わざわざエビワンタンを麺の下に入れて麺が伸びるのを防ぐほどなのだとか。

ピータンと豚肉のお粥もヘルシーでおいしい。どちらも小さめのお椀で値段も安いので、ちょっと頑張れば2つとも食べられちゃうかも!?
香港の雑貨店G.O.Dとコラボのスタバ「星巴克冰室」は、ノスタルジックな店内の雰囲気が最高です。ぜひこのお店限定のコーヒーエッグタルトを食べて、昔の香港にタイムスリップした気分にひたって下さい。

写真

人に教えたくない、こっそり行きたい穴場のお店は?

本当は教えたくないけれど(笑)、銅羅湾にある私房菜(プライベートキッチン)と呼ばれる広東料理のお店「飯堂」がこっそり行くお気に入りのお店です。基本的に予約が必要ですが、当日空きがあれば予約なしでも入れます。外から見る限りは中にお店があるかはわからないのですが、誰かのおうちにお邪魔したような雰囲気で、ちょっぴりゴージャスなインテリアの店内で日替わり点心や広東料理などがいただける隠れ家的レストランです。



香港屋台を食べ歩くなら?この味、ここが好き!と言えるお気に入り屋台の味は?

北角の渣華道街市の中にある海鮮料理屋台「東寶小館」。ジャンボシャコをはじめエビの塩卵の黄身和えなど、おいしい海鮮料理がたくさんあります。それにしてもはじめてジャンボシャコを見た時はあまりの大きさにびっくりしました。

おすすめの香港デザートは?

写真

ひとりで密かに食べ比べをした結果、湯丸が一番おいしかったのは「杏花楼」の西米皮芝麻蓉湯圓。熱々トロトロのゴマ餡の入った白玉の皮にはプチプチのタピオカが入って絶品です。
それから香港デザートといえば、はずせないマンゴー。このマンゴーをクレープと生クリームで包んだマンゴーパンケーキが一番おいしいと思っているのは、天后にある「Red Fruit Tree 紅果樹」。

「満記甜品」の胡桃や杏仁のお汁粉が豆腐花にかかったものも甘すぎずおいしいし、他にも書ききれないほどおいしいデザートがたくさん。
香港で人気の「満記甜品」の楊枝甘露はマンゴーピューレとココナッツミルクにポメロやマンゴー、タピオカがたっぷり入った贅沢な冷たいお汁粉、これも絶対外せない香港デザートです。

写真

香港に行ったら、これだけは押さえたい料理といえば?

飲茶や四川式火鍋、海鮮料理ももちろんおすすめですが、冬だったら煲仔飯(ボウチャイファン)と呼ばれる香港式釜飯は絶対おすすめ!土鍋で炊いたご飯に鶏肉やスペアリブなどのお肉と中華サラミが乗った香港の冬の風物詩と言っても過言ではないボウチャイファン。「満福楼」では1年中ボウチャイファンが食べられます。

あと、潮州料理もおいしい。香港は広東省潮州出身の方が多いので潮州料理店がたくさんあります。日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんがガチョウのローストやお魚、エビのすり身のフライ、牡蠣のオムレツ、変わり種では硬く焼いた焼きそばにお酢とお砂糖をかけて食べるお料理など珍しいものも。銅羅湾の「百楽潮州」やケネディータウンの「徳記」などが人気があります。

写真

香港といえば飲茶!お茶の選び方から美味しく食べるコツは?

日本人はジャスミン茶をオーダーしがちですが、香港通ぶるならば、ぜひ黒茶のポーレイ(プーアル茶)や、クセの少ない白茶のサオメイ(壽眉茶)や青茶の鉄観音茶を選んで下さい。いずれも脂を流す効果があるので飲茶と一緒にたくさん飲むと良いですよ。お茶が濃くなりすぎたりお湯がなくなったら蓋をずらしておくとお湯を足してもらえます。



香港グルメの魅力は?

実は私は今まで食べず嫌いなものが多かったのですが、香港に来ていろいろなものが食べられるようになり、特に中華は苦手だったのですが、今では大好きに。香港は欧米のおいしいものも世界各国から選りすぐりで輸入されているので食べる楽しみが増えました。あ、でも体重は増えないように気をつけています(笑)。