かわいい「うちの子」写真の撮り方♪

Sponsored by with Photo

  • 特集記事TOP
  • 写真がぶれないコツ
  • コンテストで入賞するには?
  • 一眼初心者がまず覚えておきたい3つのこと
  • 自然な子供の表情を捉えるコツ

「peddyのくまちゃん カメラを持って。」のpeddybearさんがお答えします

カメラを意識して、子どもの表情が固くなりがち…。
自然な笑顔を引き出して撮るコツは?

「笑って~」と言うよりも、その子の興味あること、ほめ言葉でぐんと自然な表情に!

そもそも子どもの表情が固くなるシチュエーションというのは、「はい、こっち向いて!」という記念写真的な撮影をするときだと思うので、そんな記念写真やポートレートを撮影する場合はということで言いますと、一発で決めよう!と思わないことですね。数をたくさん撮ります。
かといって子どもはすぐに退屈してダレるので、その場の会話や雰囲気作りが大事かもしれません。
例えば、子どもひとりを被写体にする場合は、その子の興味のあることやほめたりおだてたりができる会話を選んでずっと話しかけます。カメラを構えた瞬間はこわばった顔をしていてもそれでぐんとリラックスした表情になり、自然な笑顔も引き出せるはずです。

いきなり写真を構えると、たいがい顔もこわばって緊張気味に…。 OK

そこに「いちくん連絡帳の字がキレイって先生がほめてたよ、すごいね~」の声かけで、にっこりこの表情に! OK

ひと声かけて一緒に会話を楽しみながら、子ども同士の動きにまかせる!

2、3人の子どもを一度に撮る場合も会話が大事です。ただ、カメラマンとの対話というよりは、被写体同士の会話まかせでOKです。その会話を引き出すための最初のひと声がポイントですけどね。
最初は直立不動で固い表情でも、声かけひとつでどんどん変わっていきます。子ども同士の会話に便乗して一緒に盛り上がることも大事。ときおり軌道修正的に「こっち見て」と指示もしつつで撮ると、写真におもしろい動きが出て笑顔や自然な表情のひと味違った記念の一枚が撮れるはずです。
なので、動きを無理に修正しないことも大事ですね。スタジオで撮ってもらうようなカチッとした記念写真ではないので、たとえ少々おめかししたシチュエーションであっても、行儀が悪くても、自由な動きをありのまま残したほうがあとから見てもあきない写真となって、お家に飾ってもおしゃれに楽しめると思います。

  • カメラを向けると最初は直立不動で固い表情
  • そこに「おうちゃん、いちくんよりずい分背が小ちゃいね〜」のひと声投入で、「ほんまや〜ちっちゃ〜い」のつっこみで盛り上がる。
  • 流れにまかせてそのままたくさんシャッターを押し続けると自然な様子が撮れます。

お子さんをかわいく撮るために、
大切にしていることやこだわっていることは?

私にガミガミ怒られ、「ごめんなさぁい」と泣いている一枚。途中集中力が続かず、何度も怒られながら、自然な表情が撮れた一連の写真を、「いちくんの隠し事」という記事で紹介しています。

とにかく常にカメラを持ち歩くことですね。かわいい瞬間からおもしろいハプニングなど不意に訪れるシャッターチャンスを逃したくないですしね。
そうやって普段からパシャパシャ撮られていると子どものほうもカメラ慣れして意識しない自然な表情が撮れやすくなります。うちの子の場合もうすっかり“レンズがお母さんの顔”、くらいにまでなっているのかもしれません(笑)。
あとは、こだわりといえるかわかりませんが、「かわいい顔」より「おもしろい顔」を意識して狙っていますね。一度、子どもを叱っている際カメラを構えたままのときがあったのですが、子どもがそれをまったく不自然に感じないのがおかしくて、こみあがる笑いを堪えて叱るのに必死でした。まさに自然な表情だったと思います(笑)。
今でもそのときの写真を見返すと笑えてくるしレアな瞬間を残せたな~といい思い出となっていますね。

ナチュラルな雰囲気や子どもならでは躍動感、ほのぼの感を出すコツは?

お風呂の中は予想もつかない遊びをしていることもあるし、後々いい思い出になること間違いなし。この日は誰がいちばん立派なクジラになれるかを競いあっていました。ちなみに、お風呂撮影のポイントはしばらく戸を開けたままにして湯気をすっかり逃してから撮影するといいですよ。

ナチュラルで雰囲気のある写真を撮るには、目線を外した瞬間を狙うのがいいと思います。最初の質問でもお答えしたように、カメラを向けると最初は緊張しているかもしれませんが、ずっと撮り続けていたら気にもしなくなるので、自然な動きを撮るには根気も大事かな。ロケーションが気に入ったところでは、子どもを背景に溶け込ませる感じで撮るのも好きですね。
いちばんくつろげる家の中での撮影は子どものリラックスした、いい表情の連発で撮影にもってこいなのですが、部屋の散らかっているものをごまかすために、私はめいっぱい絞りを開放することを心がけています(笑)。この方法は、結果光量不足もカバーできるので、ブレ写真防止にも役立っていますけどね。お風呂でのショットも自然な表情が撮れたりしますよ。
狭い屋内や子どものすばしっこい動きに対応するためにも、広角ズームレンズはぜひ1本持っていただけたらいいなと思います。
生後数ヶ月までの赤ちゃんを撮る場合なら、小さいし、それほど動かないので30mmとか50mmの標準レンズでも何の不自由も感じないのですが…。うちの子くらいの大きさになり、しかも動きが出てくるとなると、標準レンズでは多々フレームアウトしてしまうようになるので、室内で急に近づいたり部屋の隅に駆けていったりとすばしっこい動きのある子どもをフレームにおさめようとするには広角ズームレンズが使いやすいということです。ズームなので標準の35mmもカバーできます。

いつも使っているカメラとレンズは?
また、子ども写真を撮るときには主にどのモードで撮っていますか?

菜の花と青空がきれいで、自然に溶け込むように撮りました。

ブログで使っているカメラも今では3台目となりました。すべて「Canon」ですが、「EOS kiss DN」の中古から始めたデジタル一眼も、「EOS kiss X3」を経て、今では「EOS 5D MarkⅡ」をメインに使っています。ブログではそんなカメラの変化も楽しんでもらえるかもしれません。
一番頻度の高いレンズはやはり広角のCanon「EF16-35mmF2.8LⅡUSM」ですね。動き回る子ども、狭い室内、3人撮りも撮りやすい…などの条件を考えると一番オールマイティなので。
撮影モードはほぼAv(絞り)モードに固定して、RAW設定で撮ります。WB(ホワイトバランス)はオートです。撮影時にとくに意識するのは絞りくらいで、あとは液晶をチェックして露出を少し暗めに調整したり。通常は±0設定です。
撮影後、macのiPhotoでちょうどいい明るさに調整したり、だいたいの修正ができるので少々データ量は大きくなってもRAW撮りにこだわっています。面倒な現像などもiPhotoでは簡単だった、ということもすんなり馴染めた理由かもしれません。
デジイチを始めた当初は何の疑いもなく、jpegオンリーだったのですが、jpegだと撮ってだし一発勝負なところがあるので、むしろ難しく感じますし、初心者には向かないなと思います。

お子さんの写真を見やすく整理するのに、
何か使っているサービスやアルバムの整理術などを教えていただけますか?

「kids カレンダー」詳細はこちら>>「kids カレンダー」iPhone/iPad アプリはこちら>>

私はほぼ毎日、何もなくても何かしら写真を撮っているくらいなので(笑)、何かあったりしたときは一回の撮影で300枚を超えることは当たり前です。かつ、RAW撮りとなると数もデータ量もはんぱじゃないことになります。
そこで、今回「withPhoto」というサイトを利用してみたのですが、これがお手軽でおもしろい!お気に入りの機能は子どもの成長記録を作るのにぴったりなKidsカレンダーです。
一枚10MBまでの大きいデータの写真をいっぺんに300枚もドラッグ&ドロップで放り込めるのでとても簡単です。取り込んだ写真は自動的に撮影日通りカレンダーに振り分けて表示されるので、とてもわかりやすいですし、毎日一枚でも撮れば写真で埋まったカレンダーが完成します。
カレンダーに表示されるのは一日一枚ですが、同じ日の写真を最高30枚アップすることができるのでその日をクリックするだけで全部見ることができます。 子どものデータを入力すると、この日は「○○くん生誕1000日目」とか何だかうれしい表示までついてたり!
「あいことば」を設定することによって、そのカレンダーを見せたい人とだけ共有できるというのもナイスなポイントです。
例えば、遠くに住むおじいちゃんおばあちゃんと共有すれば、いつでも孫の日々の成長をダイレクトにお届けすることができます。
さらに、便利なスライドショーモードを使えば両親にデジタルフォトフレームを贈らなくても同じように使うことができる優れもの、と言えます。うちでも撮った写真をみんなで見るのに大きな画面でのスライドショーを楽しんでいます。
これから毎日ピックアップしたお気に入り写真でカレンダーを埋めていけば、数年後にはかけがえのない宝物になっていそうです。誕生のときから始められたら言うことなしですね。

こども写真の整理にとっても便利!

カレンダー形式でいちばんの笑顔を並べよう

Kids with Photo

Kids カレンダー

  • 撮影日を自動判別
  • 合言葉を使った限定公開機能あり
  • 兄弟それぞれのカレンダー表示も可能
  • iPhone/iPadアプリも登場!
詳しくはこちら

peddybearさんの写真をもっとチェック!ブログ「peddyのくまちゃん カメラを持って。」を読む>>>