mkさん流+αのカスタマイズ術

Q 空いたスペースなどを収納にうまく活用するリメイク法や
インテリアをすてきに見せるコツを教えてください。

収納箇所に合わせて手作りする
まずは、簡単なDIYで手作りの収納スペースを設けることをおすすめします。
例えば、我が家は階段下に空いているスペースを利用して、手作り棚を作ってみました。階段下の収納スペースは特殊な形なため、ホームセンターでカットしてもらった木材を棚として設置し、手持ちの引き出しケースを置いて活用しました。
  また、洗面台下の収納スペースは、奥行きや幅に合う収納用品が見つからず、こちらもホームセンターでカットしてもらった木材を使って、簡易収納棚を作りました。棚には、収納BOXを並べて引き出せるようにして、歯ブラシや洗顔フォームなどのストックからドライヤーまで、洗面周りのものが一同に収納できる無駄のない収納スペースとなりました。
洗面台下用に作った簡単な棚なら、ネジを使わなくても木工用ボンドだけで組み立てられるので、賃貸でも手軽にスペースを有効活用するのにおすすめです!
壁面をうまく利用する
取り出しやすいように壁面を利用して収納するのもいいですよ。例えば、納戸の壁面に、夏に使う浮き輪やフラフープなど、特殊な形で収納に困るものはかけて収納して、必要なときにすぐに取り出せるように、また、すぐにしまえるようにしています。
IKEAの折りたためるフックは、使用時にだけフック部分を出して、未使用時はたたんでおけるので、スペースの邪魔になりません。
ウォークインクローゼットの壁面には、有孔ボードを壁に設置して、フックを使うことで、フレキシブルなかける収納にしています。ネックウォーマーやストールやマフラー、ベルトなどの一時置きにもなるし、見渡せる収納なので、すぐに目的のものにたどり着けます。
寝室の壁面にはIKEAのシンプルなフックを付けて、就寝前のアウターの一時置きに役立てています。掃除が苦手な私は、掃除が少しでもラクになるよう、壁面収納を利用して、足元にものを置かないようにしています。
思いきって見せる
毎日使うものは見た目も使い勝手もよい「見せる収納」にするといいでしょう。例えば、ランドリースペースでは、洗濯機上に設けた自作棚に、日常で使うタオルを見せて収納しています。同じ種類のタオルで揃えたことで、たたんで乗せるだけの簡単な「見せる収納」が実現できました。しまうときもラク、使うときもラク、見た目すっきりな、いいとこどりな「見せる収納」です。
飾り下手な私でも、色、形さえ揃えれば「見せる収納」は比較的簡単にできました!
扉や引き出しなどの開閉を省けるので、時短家事にもつながるし、収納されているものが一目瞭然なので、誰でもすぐに目的のものにたどりつけます。
自作の棚は、集成材に新築時に余ったクロスを貼っただけの簡易棚ですが、クロスを貼ったことにより一体感が出て、より「見せる収納」をすっきりと引き立ててくれています。
家族で共有するものはひとまとめに
家族で共有するものは、ひとまとめにして収納するといいでしょう。
納戸では無印良品のオープンシェルフを使って、家族の共有ステーションを作っています。例えば、電池はサイズごとに仕切ってわかりやすく収納。家族の誰が見ても、在庫と種類がひと目でわかるようにするのがポイント。
また、家電などの保証書や取扱説明書は、ファイルボックスの中にファイル分けして、見出しで家電の種類がわかるようにしています。家族みんなが使うので、どこに何が入っているかすぐわかるように、すべてにラベリングしています。
この家族共有ステーションには、文房具や電池、紙類、ビデオやカメラの充電器や電池などが区分けされて収納されています。
また、保険の証書や家を建てたときの書類、議事録などもファイリングしているので、情報ステーションとしても役立っています。
押入れをワードローブに
和室の押入れの一部を、簡易ワードローブにするのもおすすめです。 基本的に夫婦の衣類は2Fのウォークインクローゼットに収納されているのですが、子どもが小さいうちは、少ない動線ですばやく準備して外出できるよう、最低限のアウターやカバンを収納する場所を、和室の押入れに設けています。 上段にはポールを取り付けて、衣類をかけられるようにしました。下段には、同じくポールを取り付けて子ども用のワードローブを。ここに幼稚園児ふたり分の衣類すべてと、幼稚園関係の道具を収納しています。幼稚園関係のものは、ほぼここですべて揃うので、子どもたち自身で登園の準備ができるようになりました。
押入れにポールを取り付けただけですが、日々の買い物や公園遊びに、アウターやカバンをすぐに取り出せて、とても便利です!
ポールはホームセンターでも購入できますが、私は好きなサイズにカットまでしてくれるインターネットのショップで購入して取り付けました。

インタビュー

プロフィール
mkさん
「IEbiyori」
鹿児島在住。夫と長女(6歳)、長男(4歳)、二男(1歳)の5人暮らし。自宅は入居7年目。以前は忙しく働いていたため、あまり家のことに手をかけられなかったものの、仕事を辞めてからは「せっかく買ったマイホームをもっと大切にしたい」ときちんと向き合い、徹底して快適に過ごすための空間作りを実践。シンプルで快適に暮らすための収納を考え、空いているスペースを利用したりして、DIYなども楽しむように。そんな日々をつづったブログは、すてきなインテリアと参考になる収納術が評判となり、人気インテリアブロガーとして読者の憧れの存在として注目されている。
お気に入り収納グッズ
100円ショップのフック フックは、下地の有無に関係なく、ハンマーで叩くだけで取り付けられるので、場所を問わず重宝しています。
100円ショップの仕切り 小物を手軽に区切られるので、我が家はコンタクトレンズを左右に分けてストックしたり、化粧品を仕切って収納するのに役立てています。
ポール 我が家で一番大活躍なのはこのポール。ホームセンターなどで安価で手に入る上に、見た目もシンプルで丈夫なところがお気に入りです。クローゼットに追加したり、自作ワゴンの取っ手代わりに取り付けたり、ボトムハンガーとして利用したり、押入れの衣類掛けとして利用したり…。家の中のいろいろな収納の悩みを解消してくれています!

Q mkさんが、インテリアや収納に興味をもつようになったきっかけ、収納が楽しいと感じることは?

長女が3歳、長男が1歳のとき、とても忙しい業界で働いており、せっかくのマイホームが「帰って寝るだけの空間」になっていました。
もともと、家の中を生活感満載にしたくないと思うほうでしたが、そのころはとにかく仕事に家事に育児にと、毎日の忙しさに家の細部のことまで手がまわらず、パッと見はまあまあ片付けられているけど、押入れやクローゼットの扉を開けるともうぐちゃぐちゃ…という日常でした。

それから毎日少しずつ、気になる箇所を片付けていきました。収納を考えるとき、そこにしまう「もの」と、その「もの」の使用頻度や使用する人、使うシーンなどを複合的に考えなければならないのですが、それらがパズルのピースのようにぴったりとはまり、ただの「収納」ではなく「暮らしを快適にするための収納」になったとき、この上ない達成感を得ることができました。

リビングは家族が集まる居心地のよい空間。「暮らしを快適にするための収納」を実践してから、どんなに子どもたちが散らかしてもいつでもリセットできる空間になっています。
シンプルなものなら飾っておいてもじゃまにならず、すっきりとまとまっています。

Q mkさんにとって、インテリアや収納で大切にしていることやこだわりは?シンプルに快適に暮らすコツなども…。

インテリアや収納へのこだわりはただひとつ、「とことん自己満足を追求する」です。
例えば、洗剤のボトルの色を白いものに変えたり、普段使うタオルに、シンプルなものを選んだり、収納ボックスの色や形を揃えたり、クローゼットのハンガーを揃えたり…など。
単なる自己満足なことかもしれないけれど、視界に入るものをできるだけシンプルなものにして、すっきりとまとめられるように心がけています。
生活感を隠すだけでなく、生活感とうまくつき合いながら、インテリアや収納を考えています。

Q ブログを通して、読者に伝えたいことや楽しんでもらいたいことは?また、これから新生活を始める方へのアドバイスを。

ブログを読んでくださっている方々からいただくメッセージで一番多いのが、「私も片付けを頑張りたくなりました」といった内容のメッセージです。
インテリアや収納について、何の肩書きも資格もない普通の主婦が、家の中改善に奮闘する様子に、たくさんの方が共感し、刺激を受けてくださることが何よりもうれしいし、私自身の日ごろの片付け生活の、大きな励みとなっています。

収納を考えることは、暮らしを考えることだと思います。新生活の時期は自分の暮らしを見つめるよい機会だと思うので、暮らしやすい空間を目指して、できるところから楽しく整理していきましょう!

生活感のあるものもボックスやファイル、ストッカーなどを使って収納し、ラベルを貼ったりして出しやすく、しまいやすくしています。
mkさんが選ぶ3記事
ご自身のブログ「IEbiyori」の中でもお気に入りの記事は…
パントリーのない家だから
収納記事の中で最もアクセスが多い記事で、使っている収納用品について、質問メッセージもよくいただいています。
3段シェルフでおもちゃ収納
家の中が散らかる原因ナンバーワンである子どものおもちゃを、いかに楽しく、見た目もかわいく収納するかを、試行錯誤しながら完成させた思い入れのある収納です。
お弁当グッズの収納
苦手な子どものお弁当作りを、いかに楽して、そして少しでもストレスを感じずにスムーズに進めるか、を考えてたどり着いた収納です。引き出しを開けたら、使いたい道具がすぐに見つかるので、朝の時間のないときのお弁当作りに役立っています。
mkさんのブログ「IEbiyori」を最新の記事から読む