「アラン・ドロン」の原型のタグまとめ (7件)

「アラン・ドロン」の原型のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには「アラン・ドロン」の原型に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 時代の情景

【<『地下室のメロディー』⑤~「アラン・ドロン」の原型、ギャバンとの邂逅とアメリカ映画への野心① ~>から続く】 『面の皮をはげ』でのジャン・ギャバンには、過去にジュリアン・デュヴィヴィエやマルセル・カルネが演出した逃亡する脱走兵や前科者など、逃亡者の典型的なキャラクターからの脱皮が試みられています。 犯罪者である過去があり、それをひた隠しにしている主人公の設定までは同様なのですが、彼は現在...

by 時代の情景

 アラン・ドロンの初期の主演作品『お嬢さん、お手やわらかに!』(1958年)、『学生たちの道』(1959年)は、明らかにアイドル映画のジャンルにある作品でしたから、この段階では、まだ、いわゆる「アラン・ドロン」キャラクターは、ほとんど確立されていません。そして、監督を務めたのは両作品ともミッシェル・ボワロンでした。 彼は、その後、ルネ・クレマンやルキノ・ヴィスコンティなど、巨匠たちの作品に主...

by 時代の情景

【<『泥棒を消せ』②~アメリカ映画での「ギャング映画」を優先した「アラン・ドロン」①~>から続く】 アラン・ドロンは、この作品の大きなテーマである移民の生活苦、家族の崩壊などと同様のテーマで、後期「ネオ・レアリズモ」のイタリア映画界の巨匠ルキノ・ヴィスコンティの演出による『若者のすべて』(1960年)に主演した経験がありました。 彼は、この作品で、故郷を奪われたイタリア南部の農民一家が、都市...

by 時代の情景

>『ギャング』の成功のあと、なぜ『サムライ』という新規の、しかもリスクのある企画に乗りだされたのですか?>メルヴィル ドロンに連絡をとって、ルスー原作の『フルハウス』にでてくれないかと提案したんだ。ドヴィルがそれを撮る前にね。するとドロンは「IBMプレジデント」タイプライターで打ったまったく愚劣な手紙をよこしたのさ。それには、近々、アメリカ合衆国で一連のもっと重要な企画が控えているので、私の...

by 時代の情景

【<『Quand la Femme s'en Mele』~デビュー作品は「フレンチ・フィルム・ノワール」①~>から続く】 その後、メーヌとジョーがフェリックスとコレットを駅に出迎えに行くシークエンスになりますが、コレットを演じたソフィー・ドーミエは、たいへん愛らしく、一般的には「フィルム・ノワール」の作品には登場しないキャラクターだと思います。この時代の「フレンチ・フィルム・ノワール」の作風...

by 時代の情景

 イヴ・アレグレ監督は、『世界の映画作家18 犯罪・暗黒映画の名手たち/ジョン・ヒューストン ドン・シーゲル ジャン・ピェール・メルヴィル』に、映画評論家の飯島正によって暗黒映画の映画作家として紹介されていました。 飯島正氏は、シモーヌ・シニョレとベルナール・ブリエが出演した『デデという娼婦』(1947年)を初期の暗黒映画の代表作品として評価し、同じく、シモーヌ・シニョレとベルナール・ブリエ...

by 時代の情景

 「フレンチ・フィルム・ノワール」の大スターとして名を馳せたアラン・ドロンは、ジャン・ピエール・メルヴィル監督で撮った『サムライ』が、その原点であり代表作品ですが、この作品に至るまでの間に、何本のいわゆる「フィルム・ノワール」の系統に属する作品に出演していたでしょうか? 実はデビュー作品である『QUAND LA FEMME S'EN MELE』が、「フレンチ・フィルム・ノワール」の系譜におけ...

似ているタグ