お寺のことのタグまとめ

お寺のこと」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはお寺のことに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「お寺のこと」タグの記事(26)

  1. ありがとうございました 2 - 西蔵坊だより

    ありがとうございました 2

    ご葬儀を終え、お礼参りに来てくださったM家ご家族と、Mさんの懐かしい話をいっぱいしました。その後、Mさんの息子さんと孫さんと3人で、葬儀をつとめてくださった6ヶ寺にお礼参り。息子さんは「祖父の葬儀のとき、親父についてお礼参りにまわったから。」と、長男さんを誘われました。ボクも息子さんも”Mさんなら、きっとこうしていたにちがいない”というおもいでした。3人で2時間かかって6ヶ寺をまわりました。...

  2. ありがとうございました - 西蔵坊だより

    ありがとうございました

    前責任役員・総代のMさんがご往生されました。臨終の病床で、孫さんに「正蓮寺を書くので、スケッチブックを買ってきてほしい。」と頼まれたそうです。ご自宅を出棺されたあと、式場に向かう前、お寺におまいりしてくださいました。通夜・葬儀には、奥さま、息子さん夫婦、孫さん方皆さんが式章をかけておまいりでした。いつもお寺のことを考えていてくださる方でした。聞きたいことが、まだまだありましたが、すべてお伝え...

  3. 美濃四十八座 正尊寺真宗講座 桑羽隆慈師 - 西蔵坊だより

    美濃四十八座 正尊寺真宗講座 桑羽隆慈師

    本年度最初の美濃四十八座。正尊寺真宗講座昼座1席目と夜座2席目をお聴聞。山口の桑羽隆慈先生のお話でした。楽しいお話を聞くうちに、気がつけば、しみじみ他力のお慈悲のなか。今年も、美濃四十八座がはじまりました。昨年の11月からおよそ5ヶ月ぶりに会う他寺の方々と「お久しぶり、今年も始まりましたね。」とごあいさつ。多くは、お顔はよく存じ上げていても、失礼ながらお名前を知らない方々。たぶん、はじめてお...

  4. 専宗寺永代経法要 二日目 - 西蔵坊だより

    専宗寺永代経法要 二日目

    専宗寺永代経法要二日目のお取り次ぎ。いい雰囲気のなかで、他力の讃嘆させていただきました。おまいりの方々は、お慈悲をよろこばれるばかりか、本質とは違う姑息で拙い話術の部分にも、とても明るく反応してくださるという聞き上手。調子に乗ってしまいそうな自分に、丁寧に丁寧にと言い聞かせてつとめたつもりですが、コントロールできるわけはなく、ちょっと馴れ馴れしくお話してしまったところがあったと反省しています...

  5. 専宗寺永代経法要 - 西蔵坊だより

    専宗寺永代経法要

    専宗寺永代経法要のご縁をいただき、よろこんでお取り次ぎ。お取り次ぎに時間に、ギリギリ駆け込むと、向拝で2才の新発意さんがお出迎え。座敷に入るとお茶のお接待もしてくださいました。新発意さんは、その後、おつとめのおわった門徒さん方のところへ行って、ごあいさつをしていらっしゃる様子。本堂から、和やかな笑い声が聞こえてきました。庫裏建設中でたいへんななか、てらいなく勤まる法要。”お座”の強さなのだと...

  6. 草と闘う - 西蔵坊だより

    草と闘う

    しゅうまつ天気が崩れるらしいということ。少しまとまった時間ができたこと。ゴールデンウイークが近いこと。何より、草の勢いがいいこと。天気がいいこと、等々。上記条件が整ったので、3時間、草と闘いました。境内は、草刈り。墓地は、草刈りと除草剤散布。桜吹雪の中、気持ちのいい作業でした。草刈り後、お位牌を書いたのですが・・・。手が震えてビブラートのきいた字になりました。                ...

  7. 花より団子、色気より食い気 - 西蔵坊だより

    花より団子、色気より食い気

    おまいりから帰ってきて、こどものお茶のお稽古をのぞきました。「きょうはどんな感じ?」と聞くと、「お菓子むっちゃおいしい!」と、お茶人というよりは中坊小坊の返事。お菓子がおいしいので、お菓子を三回食べ、お茶を三服飲んだとか・・・。先日、金沢で買ってきたキレイな落雁もよろこんで食べてくれた様子。いつも笑っているかわいいこどもたちです。いつかどこかへ行ったら、また美味しいお菓子を探すことになりそう...

  8. はなまつり - 西蔵坊だより

    はなまつり

    おしゃかさまのたんじょうび、はなまつり。当寺では、5月20日(土)、初参式といっしょにお祝いします。◆上掲3枚の絵、十数年前の本願寺のポスターを加工したものです。 著作権の問題アリと言われたら削除します。 以前、当blogの写真、本願寺に提供したのでおあいこ希望。                    Tumblr 『西蔵防だよん』 【 2016年の今日のblog 】【 2015年の今日のb...

  9. 本典勉学会2/24  総序 - 西蔵坊だより

    本典勉学会2/24  総序

    講義中休憩中 2回めの本典勉学会。午後1時から。会場を香光殿講堂に移して。「総序」について、安方先生の4講。総序には「念仏」「往生」「浄土」のことばが出てきません。そういうことを思って読んだことがなかったので新鮮でした。先生は、そのことについて、灘本先生がおっしゃったことを、お話くださったのですが、聞き取れませんでした。事務局の録音を聞き直したいと思います。25年ほど前、中央仏教学院で灘本先...

  10. 蟹 - 西蔵坊だより

    早朝、Tさんからメッセージ。『蟹は苦手でしたか?』寝覚めで「蟹」の字がぼやけて読めません。文意から、なんとなく急用でなさそうなことは読み取りました。「蟹」と確認して返信。前回のご法事の御斎が“蟹づくし”だったので、次回についてお気遣いくださったのだろうと想像します。つつしみて食の来由を尋ねて味の濃淡を問わじ。つつしみて食の功徳を念じて品の多少を選ばし。迷いましたが、素直に「あまり得意ではあり...

  11. 光順寺永代経法要 - 西蔵坊だより

    光順寺永代経法要

    お取り次ぎのご縁をいただきました。ウキウキして出かけました。世間は春祭りの真っ最中。穏やかな春の陽気。お聴聞の好きな方々が参集、という感じでした。よく応えてくださるので、ついつい予定外のことまで話してしまって、後半少々急ぎました。ご住職は、高校の同級生。無駄話ではなく、あくまでお取り次ぎの一環として、ご住職の高校時代のことにもちょっと触れたり・・・。法要の後、しばらくご住職と歓談。懐かしい話...

  12. こどもたちと本願寺へ ー岐阜教区少年連盟本山参拝ー - 西蔵坊だより

    こどもたちと本願寺へ ー岐阜教区少年連盟本山参拝ー

    総勢222名、当寺は15名で参拝6:45門前の駐車場集合まず、本堂に向かって合掌6:50記念撮影ご、バスの待つ伊自良川までハイキング10:10予定より少し遅れて本願寺着両堂の繋ぎ廊下に靴を並べて御影堂へ伝灯奉告法要参拝10:30讃仏偈と御法話11:30安穏殿2Fに移動して昼食12:30本願寺発13:30大阪万博跡地、EXPOCITYの映像ミュージアム「」オービィ大阪へ「太陽の塔」を見たこども...

  13. 還骨勤行にて - 西蔵坊だより

    還骨勤行にて

    新家さんのご葬儀。還骨勤行のあと、会食の時の会話より。本家のおばさんが、当主に、「門徒になったんやから、報恩講におまいりせなあかんよ。」「1月5日、お斎よばれて、朝から一日お参りするんやよ。4日でもいいけど。」「暮れのおとりもちにもいかなあかんし。お華束つくり、楽しいんやて。」「(当地区は)Kちゃんが寺総代で、Yちゃんが地区総代やで。みんなしっかり勤めとってくださるで、ありがたいんやで。」そ...

  14. 超宗寺永代経法要 - 西蔵坊だより

    超宗寺永代経法要

    お取り次ぎのご縁。私事ですが、とても楽しみにつとめさせていただきました。最近、研修等のご縁にあうなかで、傲慢な言い方になりますが、普通に仏教、真宗のお話を聞きたいと思うことが多くなりました。決していいことだとは思いませんが、ある意味先鋭的に、仏教にかなっているか、他力のご法義か、自説でないか等々、ついついそういうことを思いながら聞いてしまっています。僭越ながら、ボクならそこまでは言わないなあ...

  15. 郷里の会所 - 西蔵坊だより

    郷里の会所

    それぞれ、神奈川、大阪、和歌山にお住まいのT家縁者の方々が、郷里岐阜に参集されご法事をつとめられました。本堂でおつとめの後、庫裏で会食。食事を出張料理の『K』さんにお願いされるということ、全員で8人ということだったので、「それなら椅子席にしてみましょう。」ということになり、彼岸会の終わった庫裏の座卓を全部片づけ、当寺初の庫裏椅子席お斎会場。希望があれば、机4つ16人までは何とか対応できそうで...

  16. 春の彼岸会  album - 西蔵坊だより

    春の彼岸会  album

    春のお彼岸 境内に、たんぽぽが咲きました8:30 総代さん方集合、本堂のお供えお荘厳、境内の立札・旗立てのあと、庫裏で受付と総会の準備8:30 お勝手方集合 ベテラン指揮官のSさんの都合が悪く、「えぇーっ」と、一瞬、悲鳴が上がりましたが、若手の方々がスマホ片手に大活躍 いつものような美味しいお斎が出来上がりました 次回は、S指揮官のもと、もっと美味しくなる予定だそうです  門幕、六金色幕、立...

  17. 予定通り夜なべ - 西蔵坊だより

    予定通り夜なべ

    毎度の法要前の夜なべ。今回は、日程的に無理があったのでやむを得ない部分もあるのですが。法名軸を書き、総会資料を訂正・印刷して、何とか準備完了。境内の草はあきらめ、会計用の名簿整理は手書きまで。法要当日(20日)、いろいろ問題点が出てくるかもしれません。春の彼岸会は、毎年古い一重蔓牡丹唐草(変形)の打敷と水引。本願寺唐草などと通称される最もポピュラーな文様のちょっと渋めのたぶん上等なもの。華や...

  18. 定例地区総代会 - 西蔵坊だより

    定例地区総代会

    定例地区総代会。総会に向けての相談。無事審議が終わった後は、おきまりの軽食。助六とけんちん汁。審議後、門徒会計について、社会の時流に合わせて、監査を設けたらどうかという動議。それに対し、”会計さんがちゃんとやっとっておってくださるんやから、お寺では必要ない。”という意見。監査の有無はさておき、ありがたいご意見でした。結局、監査は設けないが、出納簿、領収書と入出金伝票の綴りは、いつでも見ていた...

  19. 熊皮 - 西蔵坊だより

    熊皮

    熊皮といえば、『熊皮御影』と通称される奈良国立博物館蔵の親鸞聖人像。熊皮は、日常的なものではありませんが、ボクたちにとっては、、『熊皮御影』が宗祖のお姿のひとつのイメージになっているということもあり、なんとなく身近なもののような気がします。2010年、上高地明神池の前の嘉門次小屋にて。囲炉裏端の宮崎幸枝先生の後ろにかかっているのは熊皮。なんとなく象徴的にこの写真を撮りました。このひと月後、黄...

  20. 丁寧に重ねていくということ - 西蔵坊だより

    丁寧に重ねていくということ

    決して完璧というわけにはいきません。課題も山積、意見もいろいろあります。が、ほんと、役員さん方の献身、お寺を大切にしてくださる思いに助けられて、いい感じ。とにかく、丁寧に重ねていくことしかないと、苦手な事務仕事もしながら、総代さん方といっしょに淡々と。2月20日、会計さんと年度末の会計作業。それをふまえて、門徒総会の資料作りをコツコツ。本日、役員会。3月5日の地区総代会、20日の門徒総会に向...

1 - 20 / 総件数:26 件

似ているタグ