お遍路のタグまとめ

お遍路」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはお遍路に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「お遍路」タグの記事(11)

  1.  第34番札所 種間寺 - つれづれ日記

    第34番札所 種間寺

     車でのお遍路は申し訳ないほどサクサク進みます。あっと言う間に種間寺に到着しました。唐から帰った弘法大師がここを訪れ諸堂を建てて開創された時に唐からもち帰った種子の米、麦、あわ、きび豆またはひえの五穀を境内に蒔いたことから種間寺と名付けられたそうです。ご本尊は「安産の薬師さん」です。写真を撮っていなかったのですが境内に底の抜けた柄杓がたくさん奉納されていて帰って調べてみたら妊婦が柄杓をもって...

  2. 四国第12番 焼山寺(しょうさんじ) - 樹の神様

    四国第12番 焼山寺(しょうさんじ)

    健脚5時間。。。。と、立て札の上がっている焼山寺山頂は標高938m。遍路ころがし。。そんな言葉はこのあたりから身にしみて感ずるようになります。。。まだまだ甘いですか。。四国滞在時間、マックス4時間の身としては片道すらもタイムアップ。聞けば車でも上がれるとのことでこの度は車で上がるといたしました。山道は恐らく細い細い道の連続なのでございましょ。肝っ玉の小さな私はできれば歩きで、、、と何パターン...

  3.  第33番札所 雪蹊寺 - つれづれ日記

    第33番札所 雪蹊寺

    土佐湾の桂浜から西の雪蹊寺にやって来ました。戦国時代の土佐領主・長宗我部家の菩提寺だった「雪蹊寺」。駐車場がなくて隣の神社に停めます。入口の案内板ではここに鎌倉時代の高名な大仏師、運慶と湛慶が寺に滞在し 本尊の薬師如来像と脇侍の日光・月光菩薩像を制作し湛慶は毘沙門天像と吉祥天女像善膩師童子像を彫造して安置したとされ一時、慶運寺と名のったこともあると書かれていました。これらはすべて国の重要文化...

  4. 第32番札所 禅師峯寺 - つれづれ日記

    第32番札所 禅師峯寺

     GWは高知に行きました。 いつもなら歩き遍路なのですが今回で高知が最後ということでどうしても行きたかった仁淀川の静流の観光をするため 車やって来ました。 最初は土佐湾の海岸に近い第32番札所 禅師峯寺です。車だと家から2時間ほど手到着しました。あっけないほどです。 山門をくぐると奇岩の自然石を利用したアプローチ。ここを過ぎるとトップの写真のようなどこまでも続く太平洋が見下ろせます。聖武天皇...

  5. 四国第10番 切幡寺(きりはたじ) - 樹の神様

    四国第10番 切幡寺(きりはたじ)

    四国第10番 切幡寺(きりはたじ)御本尊 千手観世音菩薩ご真言 おん、ばざら、たらま、きりく10番 切幡寺は山の斜面にあるので それ相応の階段があるのは想像がつく。。。が、450段だなんて。。。 10キロを ふうふうと歩いてきて、やった!ついたぁぁぁぁと思ってか・ら・のぉ450段!なかなか。激しい心の葛藤でありますよ。この階段。この斜面。元気にお参りを続けるには膝や腰や足やを強く大切にせねば...

  6. お遍路について - No Zuka No Life

    お遍路について

    おひさしぶりですよしえりです。今回はお遍路についてのお話をしたいと思います。私は過去に小児ガンを経験しており、今もなお、治療による副作用や後遺症に悩まされる事が多々あります。そんな事情から、小さな頃から生死について考える機会もたくさんありました。思い悩みすぎて、物事が停滞してしまう事もあり、けれど軽く考えられる性分でもない。日常生活にもおかまいなしに思考は入って来て、知らない内に眉間にシワが...

  7. 修二会 炎三句 - 螺子花便り

    修二会 炎三句

     お水取りも終わり、愈々桜を探しに歩く事になるかな。初めての二月堂の写真、炎ばかりでしたが楽しかった。もっと修二会の奥に有るもの写し撮れる様な写真が欲しかった。                       「いしだんを てらしてはしる ひもあやし」「めぐりくる りんねのほのおと おみずとり」      「ひのたきに なげいれてたく ざんげあり」  獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)上橋 菜穂...

  8. 【お遍路別格】拾四番:椿堂 常福寺 - クッタの日常

    【お遍路別格】拾四番:椿堂 常福寺

    先日の 拾参番 仙龍寺 からの続きになります。別格 拾四番:椿堂 常福寺仙龍寺からは県道5号線(土佐北街道)のトンネル抜けて、大きな道ではなく、農道を抜けるとすぐ。全体的には30分(車ね)かからなかったんじゃないかなぁ。。ちょうど小高い山の中腹にあり、四国中央市の方が開けて見えます。つきました椿堂。お寺自体はそんなに大きくありません。おっとカーブミラーに私とお連れ様がまる写りしてたんで削除し...

  9. 3,11祈りの日 - 螺子花便り

    3,11祈りの日

     今日は、震災の日6年間、何にも出来ない悔やみばかりを気にする一日です。             「かいこんも ざいごうもやして いのりのひ」「ろくどうの けがれきよめる ひがはしる」

  10. 立春色々 - 螺子花便り

    立春色々

     4日 西本願寺に大きな銀杏の木があり、もう芽が脹らんでおりました、もうすぐでしょう   「ごえいどう いろはめざめる いちようのき」鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐上橋 菜穂子 /KADOKAWA/角川書店null

  11. 【お遍路別格】拾参番:仙龍寺 - クッタの日常

    【お遍路別格】拾参番:仙龍寺

    昨日の大善寺からは日付が異なり、高知の方から高速で向かいました。別格 拾参番:仙龍寺高知からだと高知道の新宮インターに出て、そこから国道319号線を西へ行くのですが、土佐(北)街道の県道5号線分岐まではいいのですが、そこからの道がいわゆる“酷道”。でも、久しぶりのお遍路の私。「ジスイズお遍路!!」と喜ぶ私。しかし、その道を抜けると、結構立派な建物が迎えてくれます。下から本堂を眺めます。紅葉に...

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ