がんのタグまとめ

がん」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはがんに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「がん」タグの記事(17)

  1. “がん”が消えたお話①~お知らせとなった痛みと腫れ~ - スピリチュアルカウンセリング &  ヒーリング 《”こころ”が輝くまで》

    “がん”が消えたお話①~お知らせとなった痛みと腫れ~

    こ…この痛みは…!?今日は病気のお話しを少しだけ…。個人的な話も含みますのでこのような場で書くことかどうか、としばらく迷っていたのですが、そうするうちに、どういう訳か、がんになった、という方とお話する機会がポンポンッと増えたのです。それとともに、がんに関する情報や想いに関する個人個人の開きというものがあることに気づきました。それでもまだ迷っておりましたら、突然、(同じ病の方の光となることもあ...

  2. ガンと闘う - 工房アンシャンテルール就労継続支援B型事業所(旧いか型たい焼き)セラピア函館代表ブログ

    ガンと闘う

    健康の大切さは、病気になってから気づくもの。父親が闘病してから半年。家族も同じく闘っている。しかし、最善が見つからないことがある。何が一番よい方法か。今となっては、父親とこれがしたかった、あれがしたかった。心残りが。まずは、私の今の事業を軌道に載せること。父親を喜ばせたい。今日は、一日仕事。社会貢献をしている姿を喜んでいる。また明日から頑張ります。

  3. がんQ&A - 森まどかのメロメロ*メロンパン日和

    がんQ&A

    もはや誰も話題にしなくなったプレミアムフライデーは、「がんQ&A」の日。テレ玉の情報番組「マチコミ」のスタジオへ。最後の夏仕様で、ヘアはアップスタイルにしてもらいました♡花咲徳栄高校 甲子園優勝!の余韻が残るテレビ埼玉です。情報番組「マチコミ」の放送が始まりました。担当する「がんQ&A」は17時30分頃〜、今日は、がんの診断・治療で内視鏡がどのような役割を担っているかをテーマ...

  4. 遥かな人へ - エキサイトブログおちおち眠っていられない

    遥かな人へ

    一隅を照らすがごとく歩みたし 学びの道に 光射し来て  順子 和島順子が逝ってからそろそろ2年になる。残されたDVDを見ながら、声の美しさに聞きほれる。すでに異常が見つかり、しかしまだ抗がん剤は使わない時期に、猛烈に録音した中の一枚。顔もふっくらとし、60歳を超えているとは見えない清純な印象。15曲くらい続けざまに歌っても、声が嗄れることはない。高い声も低い声も自由自在。稀有な声を持っていた...

  5. 氷を食べたくなることが続いたら要注意です - 子宮腺筋症って知ってますか?

    氷を食べたくなることが続いたら要注意です

    私の職場に以前、氷を良く食べている女性がいました。夏はもとより、冬でもコンビニエンスストアで売っているカップ入りの氷を買って来て、会社の冷凍庫に入れ休憩の時などにボリボリと食べていましたね。その時は「暑がりなのかな?」と深く考えもしませんでした。本人も「なんか口が暑くて氷が欲しいんだよね」と言っていました。ところが2、3年そんな事が続いた後で彼女が子宮ガンであることがわかったのです。本人は子...

  6. アクティブ・カラーセラピーを医療の世界へ。”クオリティー・オブ・ライフコース”への期待とは? - 幸せと笑顔を運ぶ 難病もちの理学療法士&アクティブカラーセラピスト さあらのブログ

    アクティブ・カラーセラピーを医療の世界へ。”クオリティ...

    アクティブ・カラーセラピーを医療の世界へ。中でもがん患者さんとそのご家族へ役立てたい。そんな私の想いを吉原さんが受け止め、共感してくださり、後押しという名の、新しいコースを作ってくださった。「クオリティ・オブ・ライフコース」もともとは、吉原さんの弟さんが、がんと診断された際、何かできることがないか。そんな想いで作られたものを、アレンジしてくださったコース。その想いを吉原さんご自身が綴っている...

  7. 小さくて怖がりなワラビーっ子 - 動物園放浪記

    小さくて怖がりなワラビーっ子

    育児嚢(袋)の口をぽっかりと開けているパルマワラビーのお母さん。袋の中にいたはずの赤ちゃんはどこに行ったの?赤ちゃんは茂みの陰に隠れていました。どうやら、このパルマワラビーの赤ちゃんは、同じ展示場の中を歩き回っているカササギガンのことを怖がっているようなのです。カササギガンがお母さんの側から離れて行かないので・・、お母さんに近づいていくことができない、小さくて怖がりなパルマワラビーの赤ちゃん...

  8. 俺の音楽は生き続ける。彼の遺した、「市船soul」 - 工房アンシャンテルール就労継続支援B型事業所(旧いか型たい焼き)セラピア函館代表ブログ

    俺の音楽は生き続ける。彼の遺した、「市船soul」

    吹奏楽部に所属していた彼。野球部が勝てるよう、作曲。市船soul。癌を患い、闘病していたが今年の一月、二十歳の若さでこの世を去った。無念だったろう。しかし、自分が遺した、音楽は生き続ける。野球場に魂がある。報道ステーションより。若くして病に倒れる方がいる。彼らの分も生きなくてはならない。ちっぽけな悩み。大きな気持ちで前進せねば。今日の報道ステーション。沢山勇気をいただきました。明日もファイトや!

  9. ***冊子の仕事〜家族がふえたよ〜 - 柿崎こうこの 別冊 ビューティーセブン

    ***冊子の仕事〜家族がふえたよ〜

    里親制度・特別養子縁組制度を広く知っていただくための冊子にイラストを描かせていただきました。『...がんの体験でつらい思いをしたり、子どもを産めなくなり切ないほどに子どものことを考えたからこそ持つあなたの優しさ、勇気、愛を社会的に支援が必要な子供だちが待っています』(まえがきより一部抜粋)たとえば身近な人が里親を選択することがあるかもしれない,,,近くにそういったご縁で繋がった家族が暮らして...

  10. がんと生きる - 森まどかのメロメロ*メロンパン日和

    がんと生きる

    日本イーライリリー株式会社が主催する「第7回 リリー・オンコロジー・オン・キャンバス」の授賞式が開かれ、取材してきました。がんと診断された人、その家族、友人が対象で、「がんと生きる、わたしの物語。」をテーマに、絵画、写真、絵手紙を募るコンテストです。(SNSで使用できる写真が限られているため、開会前の会場のようす)受賞された方の作品からはそれぞれの“がんと生きる”思いが伝わってきます。野生の...

  11. 生きる - Chaoの日常

    生きる

    麻央さんの訃報を聞いて、改めて麻央さんの言葉を聞いて本当にすごく幸せな人だったんだなぁ。と思いました。本当に羨ましい人生を送られた。と子供を二人残して、短い人生でかわいそうに。と思わないでください。私の人生のすべてが癌だったわけではなく、素晴らしい人生で愛すべき夫と可愛い子供二人を授かり、愛し愛され素晴らしい人生だったと思ってもらいたい。そんな言葉がありました。だから、訃報を聞いた時に「悔し...

  12. 先日、歌舞伎役者の妻が、ガンで亡くなりました。34歳で女の大厄でした。 - housoku-diary

    先日、歌舞伎役者の妻が、ガンで亡くなりました。34歳で...

    先日、歌舞伎役者の妻が、ガンで亡くなりました。34歳で女の大厄でした。以前も書いたことがありますが、元妻のお姉さんも同じように33歳の大厄で「ガン」でした。このことを思い出しました。そこで、今日は、読者の方で厄年に疑問を持つ人に一言書いて見ましょう。私も、昔、若い頃は殆ど信用していませんでしたが、現在のように、人生も70年以上も生きていますと、やはり「厄年」というのは、意味があるということが...

  13. がんの名医リスト - がんの名医リスト~内視鏡手術から開腹手術、最新治療を行う全国の名医を掲載

    がんの名医リスト

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「がんの疑いがある」と言われたら、まず頭に浮かぶのは、「どの病院に行こうか」ということではないでしょうか。がんと言う病気の深刻さを考えると、トップクラスの病院、名医と言われる医師で診てもらいたいと言う思いを持つのは、ごく自然のことと思います。「この先生なら自分の命を預けられる」そう思える医...

  14. がん患者さんに理学療法士ができるたった1つのこと - 幸せと笑顔を運ぶ 難病もちの理学療法士&アクティブカラーセラピスト さあらのブログ

    がん患者さんに理学療法士ができるたった1つのこと

    「できることを伝えること」これにつきると思います。私は乳がん患者さんに10年理学療法士として関わってきました。理学療法士の仕事は医師ありきです。医師の指示が処方箋として出されて始めて患者さんと出会います。私が勤務していた病院でも、手術が終わり、理学療法が可能な時期になると指示箋が出されお部屋に伺うという流れでした。そんな時、私が出会う患者さんは、乳がんとすでに診断され、手術が無事終わり、そこ...

  15. 命を受け止めて見送ることのできる幸せ@ばぁちゃんの出会いと看取りから学ぶこと - 幸せと笑顔を運ぶ 難病もちの理学療法士&アクティブカラーセラピスト さあらのブログ

    命を受け止めて見送ることのできる幸せ@ばぁちゃんの出会...

    あなたをずっと待っていてくれる。そんな方が、あなたにはいますか? 今思うと、あれほど私を待っていてくれた人はいただろうか。そう思う、私とばあちゃんのお話しです。2014年の8月、旦那さまの祖母である、「ばぁちゃん」の命を、その魂が身体から去っていく最期の最期まで見送りました。ばぁちゃんと出会ったのは7年前。我々夫婦が初めて出会った日。そして結婚した日であり、ばぁちゃんともこの時初めて会いまし...

  16. 56. 「信頼貯金」の作り方 - 小さな幸せにっき

    56. 「信頼貯金」の作り方

    ***「乳がんとつきあう」の過去記事はこちら***1ヵ月ぐらい前に発行された週刊ダイヤモンドのテーマは「がんと生きる」だった。近年、がん=死ぬ ではなくなりつつある一方で、世の中の2/3はがんに罹患したら仕事を続けられないと思っている。やや深読みしているかもしれないけれど、裏を返すと身近なところにいるがん患者に対して「この人仕事を辞めるんだろうな」と思っている人が多いということか。---引用...

  17. 奇跡を生きる - 生きる。撮る。

    奇跡を生きる

    2004年の6月1日最初の手術。緊急入院、緊急手術。術後4日目に告知。まさかがんなんて夢にも思わなかった。思い返せば長い月日が流れた。夢のようだ。再発以降は厳しいこの病気。まさかこんなに長く生かせていただくなんて思いもよらなかった。すぐに再発し何度も再発しずっと死を目の前に感じて生きてきた。信じてもらえないかもしれないが、ごく最近まで1ヶ月先までの予定しか立てられなかった。でも目の前に死をぶ...

1 - 17 / 総件数:17 件

似ているタグ