こぎん刺し/菱刺しのタグまとめ

こぎん刺し/菱刺し」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはこぎん刺し/菱刺しに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「こぎん刺し/菱刺し」タグの記事(20)

  1. 南部つづれ菱刺し模様集を借りる - ロシアから白樺細工

    南部つづれ菱刺し模様集を借りる

     少し前に図書館から予約図書の準備ができたことがメールで届いていたのだけれど、所用があって今日受け取りに。 南部つづれ菱刺し模様集 田中忠三郎著 区内図書館に蔵書なく他の区から取り寄せていただきました。 裏を見ると千部限定のうち498号の記載がある本。 大切に全391模様描いて刺して覚えなければ。 同じ名前の模様の展開が豊富で勉強になります。  他区からの取り寄せ図書は延長できないので最優先...

  2. 参考資料の本を受け取りに行ってきました - ロシアから白樺細工

    参考資料の本を受け取りに行ってきました

     復刊ドットコムで見落としていて復刊リクエスト投票できる時期を逃し、購入でき無いと諦めていた本が越前屋オンラインショップで発見。 さらに他の刺繍本を見ていたら今まで知らなかったこぎん刺しの本も見つけ迷わず注文。 今日お昼過ぎに受け取りに行ってきました。 越前屋さんは以前住んでいた家と努めていた会社の途中にある関係で存在は知っていたけれど、入ってじっくり商品を眺めたのははじめてでした。 今度麻...

  3. 菱刺しの模様/糸/布を紙にまとめる - ロシアから白樺細工

    菱刺しの模様/糸/布を紙にまとめる

     ゴールデンウイークに入っていますが、我が家は連れ合いが主張中=仕事だし私も特にどこかへ行く予定なく、近所を運動がてら散歩する程度。 そんなわけで通常通り白樺細工やそれに関連する刺繍など刺しています。 ロシアにいた時はもちろんゴールデンウイークは現地で関係無いので無縁でしたが、日本へ戻っても無縁だったとは…。 連れ合いの会社は基本カレンダー通りなのだけれど、主張してしまうと関係無いですしね。...

  4.  自宅使い 手帳用背表紙の菱刺し2 - ロシアから白樺細工

    自宅使い 手帳用背表紙の菱刺し2

     手帳用替え背表紙用菱刺し2枚目刺し終わり。 今回は緑系で。 濃い色は一模様を半分に分けて左右配置。 薄い色から刺していますが、薄い色だけの時は目立たなかった模様が左右の濃い色を刺すことで引き立ってきました。 ここ最近集中して菱刺しを刺している布は麻布以外ロシア製の薄手の綿。 目が粗いものと気持ち細かいもの2種類をコーヒーの出がらしで染めたものを使用しています。 模様は主に《参考図書「改定新...

  5. 自宅使い 手帳用背表紙の菱刺し1 - ロシアから白樺細工

    自宅使い 手帳用背表紙の菱刺し1

     白樺樹皮の接着をしている間に次の小さい背表紙用菱刺しを進める。 今日1枚刺し終わり。 水色は汚れるかもしれないと少し濃い色にしたけれど、やっぱり好みはもう少し薄い水色で刺した物。 次の背表紙が終わったら、薄い色の組み合わせも刺してみようと思います。 用箋挟みよりもぐっと長さが短いので日数短く刺し上がり楽しい。 針山同様すぐに刺し上がる物は色々さす楽しみが。 がしかし、手帳ばかり増えても仕方...

  6. 自宅使い 用箋挟み用背表紙刺繍2枚目刺し終わる - ロシアから白樺細工

    自宅使い 用箋挟み用背表紙刺繍2枚目刺し終わる

     白樺細工の方は相変わらず切って貼って乾かすの地味な作業継続中。 その間に背表紙用菱刺しがもう1枚仕上がりました。 今度は麻布に刺繍。 模様は主に《参考図書「改定新版菱刺しの技法」八田愛子・ 鈴木 尭子著 美術出版社》に掲載の古い作品から拾って刺しています。 続けて模様を描いては刺していたら少しずつ模様を変えてみるのも楽しくなってきました。 今日は頼んでいた山椒の葉が届き一気に室内が爽やかな...

  7. 自宅使い 用箋挟み用背表紙刺繍刺し終わる - ロシアから白樺細工

    自宅使い 用箋挟み用背表紙刺繍刺し終わる

     用箋挟み背表紙用菱刺しが一枚刺し上がる。 3色使ったのだけれど…写真に撮ると2色に見えますね。汗 今回は背表紙の刺繍部分は取り替えられるように仕立て、氣分で変える予定なので次の背表紙用刺繍にも取り掛かっています。 来週は用箋挟みの仕立てに入って行きます。にほんブログ村

  8. 自宅使い 用箋挟み背表紙用刺繍に入る - ロシアから白樺細工

    自宅使い 用箋挟み背表紙用刺繍に入る

     自宅使いの用箋挟み背表紙用刺繍に取り掛かる。 今回は菱刺しの模様見本も兼ねながら。 模様の参考図書は《「改定新版菱刺しの技法」八田愛子・ 鈴木 尭子著 美術出版社》と《「はじめての菱刺し」倉茂洋美著 河出書房新社》から。  合計4枚刺さなければならないので土日も時間を見つけては刺し進める。 最初に中心縦1列をDOR TAKNo.402の糸で刺した後今は両脇2列をNo.294で刺し始めていま...

  9. 自宅使い 春色皿付き指ぬきを仕立てる - ロシアから白樺細工

    自宅使い 春色皿付き指ぬきを仕立てる

     こぎん刺しや菱刺しを刺した布と白樺を組み合わせるところまでは済んでいた皿付き指ぬき予備軍の中から春色のものを仕立てました。 このところ気温も一気に上がり桜も満開、明るい色の指ぬきで作業がしたくなったので。  前回はなんとなく止めて済ませていた裏側はFUJIXのSara2本取りを二重にして芯とし、上を続き糸で太くなるようかがって止めてみる。 最後の止め方はもう一考必要ながら、はめ心地は良くな...

  10. 模様見本の図案を描き写す - ロシアから白樺細工

    模様見本の図案を描き写す

     おととい新しく作る白樺細工用の部材を買いに行ってきました。 今日はその下準備で樹皮の白い皮はぎをすすめつつ、模様見本のこぎん刺しを方眼紙へ描くことを午後から。 どうしても皮を剥いでいく作業は切り出す作業同様前屈みの時間が続いて腰にくるので座って描くことで休みながら。 私は描いて覚えている部分があるので、同じ模様でもご依頼品を受けるたびに描いてから刺しています。 これで色を変えて刺してみたく...

  11. 自宅用模様見本がやっと刺し終わる - ロシアから白樺細工

    自宅用模様見本がやっと刺し終わる

     連休中に刺し終わりたかったのだけれど、途中で間違え解いたりしたためにあと少しというところで連休が明けてしまう。 なんとか今日お昼過ぎに全部刺し終わり。 あとは洗って干してアイロンがけしてからはしばし保管。 色見本の刺し地が仕上がったら額を発注して額装したいと思います。 にほんブログ村

  12. 自宅使い 皿付指貫を仕立て使ってみる - ロシアから白樺細工

    自宅使い 皿付指貫を仕立て使ってみる

     かなり初期に作った皿付指貫が刺す距離が長くなると針の頭が刺繍面と樹皮を貫通し掌に刺さるようになってきていたので早速新作を試してみました。 樹皮部分の形状も変更しスッキリさせているのでまず装着感が良くなったのが嬉しい。 そして刺してみると…今は小さい面を刺しているので最初はよくわからないかなと思ったのですが違った。 スウェードのクッションが効いていて指貫に針を当てていることを感じさせない柔ら...

  13. 模様見本用こぎん刺しを再開 - ロシアから白樺細工

    模様見本用こぎん刺しを再開

     針山等の刺し地見本としてのこぎん刺しを最初のとっかかりだけさして放置していたものを再開。 横の基準は出ているので、縦の基準を指しているところ。 しかしこの列がまた一目の刺し目がある模様がかたまっていて予想以上に時間が。苦笑 手間のかかる模様は終わったのでこの後はサクサク進むはず? 仕上がったらこちらは額装して見本とする予定です。にほんブログ村

  14. 補強して皿付指貫の仕立てに入る - ロシアから白樺細工

    補強して皿付指貫の仕立てに入る

     昨日最初に仕立てに入った皿付指貫でいきなりパキッと割れた部分が出たので、昨日の夜残りの樹皮を補強。 ガーゼ晒しを薄めた木工用ボンドで貼り付けました。 朝になったらしっかり乾いて張り付いていたのでいざ作業開始。 補強した樹皮を使って仕立てに入ると昨日より進みが早い。 針を刺す穴を先に開けますが、その作業も補強をしたおかげで下穴の時点でひびが入ってしまうこともなく快適です。 夕方散歩へ出る前に...

  15. 皿付指貫を仕立てる - ロシアから白樺細工

    皿付指貫を仕立てる

     皿付指貫を仕立ててみたのですが…濃い茶色のところで折れる。涙 平らなままでは指に沿わないのでゆっくり曲げていくのだけれど他の部分はしなやかで縫うのも沿わせるのもいい具合なのに。 自宅使いなのでこのまま指に合わせて曲げ止めて使います。 うーん、いい具合だったのに。 これに反省して他の樹皮には補強の布を貼り付け中。 これでなんとかなるか?にほんブログ村

  16. プレゼント用白樺細工と指貫用刺繍3 - ロシアから白樺細工

    プレゼント用白樺細工と指貫用刺繍3

     今日は午後から外出し、夕方戻ってからお世話になった方へのプレゼント用コースターを編む。 ちょっとしたお茶の時間のお供に使っていただけるといいなと思っています。  外出前はあまり時間的余裕がなかったので指貫用刺繍を少し進めてから外出。 昨日の夜も少しずつ針を進め皿付指貫用の刺繍はひとまず終え、今朝から短い指貫用の刺繍を刺し貯めています。 小さい分すぐに刺し終わるとはいえ、布目が細かいので目が...

  17. 皿付指貫用刺繍2 - ロシアから白樺細工

    皿付指貫用刺繍2

     今日はすでに刺したものの図案を方眼紙へ書き写す作業の合間に刺繍。 こぎん刺しのように奇数で刺しても綺麗に見えそうな図案が多く偶数目と奇数目の違いを刺してみるのも楽しいだろうなと思いながら刺し進めています。 今日も「改訂新版菱刺しの技法 伝統の模様から現代作品まで 八田愛子・鈴木堯子」美術出版社と「はじめての菱刺し 伝統の刺し子を楽しむ図案帳 倉茂洋美」河出書房新社を参考にしながら地刺しの中...

  18. 皿付指貫用刺繍色々 - ロシアから白樺細工

    皿付指貫用刺繍色々

     昨日から模様を選んで一気に刺し進めている指貫用刺繍。 今回は「改訂新版菱刺しの技法 伝統の模様から現代作品まで 八田愛子・鈴木堯子」美術出版社と「はじめての菱刺し 伝統の刺し子を楽しむ図案帳 倉茂洋美」河出書房新社を参考にしながら地刺しの中から選んで。 小さい面積だからすぐに刺し終わるところがまた楽しいんですよね。 色は明るい色やはっきりした色で。 こぎん刺しや菱刺しを進めるとき刺繍指貫の...

  19. 菱刺しでオーナメント用刺繍を刺す - ロシアから白樺細工

    菱刺しでオーナメント用刺繍を刺す

     オーナメントに合わせる刺繍候補を刺す。 今日は菱刺しの地刺しを。 今日使った糸はツルツルで刺しにくかった。涙 同じ模様を反転させて。 まだ模様が確定しているわけではないのだけれど、やはり今回の白樺細工と合わせるなら地刺しのように密なものが合いそう。 久しぶりにこの布に刺したら細くて肩が凝ってしまった。苦笑にほんブログ村

  20. エプロンに刺してみた。その後。 - グルグルと菱

    エプロンに刺してみた。その後。

    こんにちは。わたやです。リネンのエプロンに思いついたときに少しずつ刺しています。と言っても前回はいつ刺したのか思い出せないのですが。過去記事を検索してみたら最初に記事にしていたのは3年前の冬でした。今回はポケット部分にも刺せるのか試してみたくてわざとポケットにかかるように刺してみました。菱刺しの部分が厚みがでて、立体的になり使用した麻糸も気に入っています。↑の過去記事の写真本当にシワシワで恥...

1 - 20 / 総件数:20 件

似ているタグ