さくらそうのタグまとめ

さくらそう」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはさくらそうに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「さくらそう」タグの記事(18)

  1. 4/18 県北の花 - Mag's  DiaryⅡ

    4/18 県北の花

    よく見るユキザサより大きくて立派なユキザサがあった。オオバユキザサかな? と思ったが、オオバユキザサは雌雄異株らしい。ということは、これもユキザサ。ヤマシャクヤクが咲いていた。リュウキンカが満開。八幡地区のサクラソウ。ツクシタツナミソウはまだ固い蕾。今年こそ、花の時期に訪れたいと思うが・・・。まだ、シハいスミレが咲いていた。おまけはアカスジキンカメムシの幼虫。成虫に会いたいよ。

  2. サクラソウ自生地 - 野の花めぐり

    サクラソウ自生地

    5月6日がサクラソウ観察会、翌日訪ねた。2000ねんから保全活動に取り組まれている美和地区。この場所は独自のDNAだという。八幡湿原のものは、DNAが埼玉県の花と一緒らしい。学問の世界から見る花も面白いのかもね。ミヤマカタバミも咲いていた。

  3. サクラソウ - Mag's  DiaryⅡ

    サクラソウ

    北広島町のサクラソウ自生地を訪ねた。毎年サクラソウ観察会が行われている、今年は前日だった。都合がつかず参加できなかった。この地区では,2000年からサクラソウの保全活動が続いているそうだ。満開を少し過ぎているかな。きれいどころを探して撮る。少し花色が薄く、変わった形の花があった。なんとも重そうなお客さんだねぇ。

  4. サクラソウとルリソウ - htt's fieldⅡ

    サクラソウとルリソウ

    サクラソウサクラソウも咲き始めでした。まあ、花は少なかったですが、綺麗な花があるので花期終盤よりもいいかも。イカリソウは立体的な花でしたが、サクラソウは平面的ですね。 5月は木々だけでなく野草も新緑。サクラソウサクラソウサクラソウ丁度サクラソウが咲く時期に同じように咲く青い花。ルリソウルリソウルリソウいい対比です。

  5. 立夏(5/5~5/20)のころ、咲く花 - 宮迫の! ようこそヤマボウシの森へ

    立夏(5/5~5/20)のころ、咲く花

    立夏 夏の気配が感じられるころシュンラン、ネコノメソウ、クリンソウ、サクラソウ、エビネ、ヒメシャガ、リュウキンカ、エゾカンゾウ、ダイセンミツバツツジ、ザイフリボク、ミヤマガマズミ、コバノガマズミ、立夏とはいえ、宮迫はまだまだ春の装いです。                 ヒメシャガ  2014/5/19今年はもっともっと増えていたので、シャクナゲの下に株分けしました。

  6. ★ 今年もさくら草公園 - うちゅうのさいはて

    ★ 今年もさくら草公園

    昨日の日曜日、天気がよかったし用もなかったので、さくら草公園に行った。なんか、毎年行ってますが・・・もう新鮮味もないけどね。写真もあんまり撮らなかったし。ちょうど、さくら草まつりというイベントをやっていました。特に興味もなかったけど、屋台で大阪焼きというものを買って食べた。10時半から無料の野点のご接待があったので、水分はそこで補給しようと思ったが、既に行列、しかも日向で・・・待ってる間に熱...

  7. パンジー満開 - がちゃぴん秀子の日記

    パンジー満開

    義妹が送ってくれたパンジーが玄関で満開です。インターロッキングを外して小さな花壇を作って夫には叱られたけど私は、この小さな花壇があって幸せなのです。毎日、ここで足が止まるのでなかなか家に入れません赤コーナーには赤色系のパンジーとサクラソウ縁取りには小さな、イオノプシジュームガーデニングコンテストとか応募したら?そういわれたこともあったけどいいのいいの雑然と、好きなものだけ自由に植えてセンスは...

  8. 開 花  サクラソウ、アマナ - 頑固親父の探鳥記

    開 花  サクラソウ、アマナ

     開花しているサクラソウを探して自生地を散策してみた。一部で少しだけ開花しているのを見つけた。アマナは、日が射していないので半開だったがあちこちで見かける。帰りに桜の花絡みのウソを撮りたくて、昨日のポイントに足を運んだが姿を見ることが出来なかった。通りがかりにルリビタキを運よく撮ることが出来たので、雨が降りださないうちに引き上げる。

  9. 桜ニュウナイスズメと甘菜アリスイ - フォト エチュード  Photo-Etudes

    桜ニュウナイスズメと甘菜アリスイ

     雨は花の父母として、この時期の雨を「催花雨」という。ベランダからの富士山は霞んでだんだん見られなくなってきたが、一昨日ソメイヨシノが咲いた。桜が咲けば、撮りに行きたいのは毎年定番の所。ニュウナイスズメ ♂(Cinnamon Sparrow)ちなみに英名のCinnamon Sparrow、肉桂色をしたスズメということか。 漢字では入内雀。入(にゅう・にう)は黒子のことだそうで、普通の雀にある...

  10. ☆妖精の住まいのような・・・そのエッセンスで☆ - ガジャのねーさんの  空をみあげて☆ Hazle cucu ☆

    ☆妖精の住まいのような・・・そのエッセンスで☆

    サクラソウの花の咲いているあたりが、そろそろ終わりかけなのだろうけれど豊かなピンク色くるくるくる~~っとあちこちに丸い輪が出来ていてそのリズム感にワクワク。ピンクの濃淡と蕾や茎のキラキラした白。透明感に心洗われる。妖精の住まいのような感じ。こうして見ていると、きれいな、何かを 作りたい気持ちが湧いて来る。妖精のエッセンスで、小物、作りましょうか。毎年同じように感じて思わず写真に収め、毎年同じ...

  11. 春の純潔 - ATELIER 302 ” 時の色 ”

    春の純潔

    「純潔」はサクラソウの花言葉です。前回主役のラッパ水仙が今回はわき役を担当しています。自分ではとても好きな色合いが集まった写真になりました。清楚な感じの白がお伝えできていれば嬉しいかな(^^OLYMPUS DIGITAL CAMERA150㎜F/4.0

  12. グリーンセンターの花たち - つれづれ日記

    グリーンセンターの花たち

    園内にあるグリーンセンターにも立ち寄りましたエントランスにお雛様が飾ってありましたチューリップやサクラソウが可愛いです一気に春が来たようです華やかですね~中に入ってみましょう~綺麗~

  13. 沈丁花と桜草 春の香りがいっぱい - 野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

    沈丁花と桜草 春の香りがいっぱい

    家の庭で沈丁花が香りを放って咲いている。ほんの少し前に撮影したものだが、現時点では幾つか有る鉢の殆どが満開近くになっていて、春の香りを満喫している。またサクラソウもまとまって綺麗に咲いている。香りの「沈丁花」纏まって咲く「サクラソウ」咲き分けの「サクラソウ」Nikon AF 24-85F2.8-4D / Sony NEX-6

  14. 春の雹:俳句 - Fancy Photo plus

    春の雹:俳句

            泣き面を見せぬ素顔や春の雹   to_shi_bo          (なきつらを みせぬすがおや/はるのひょう)        サクラソウ

  15. 春と言えば・・・ - 宮迫の! ようこそヤマボウシの森へ

    春と言えば・・・

    春と言えば、もちろん、人それぞれ!でも、クリンソウ。自生ではありませんが、実家の裏に、もう数十年も咲き続けています。その種から、苗を作り、ヤマボウシの森に植えました。まだ数は少ないけれど、株分かれも し始めています。春と言えば、もう一つ、サクラソウ。友人が植えてくれた花ですが、高山植物のハクサンコザクラなども思い出します。先ほどは、もっと一生懸命記事を書いたのに、  どこをどう間違えたのか、...

  16. ■ サクラソウ - * Flower Photo Album *

    ■ サクラソウ

    “ 雲南サクラソウ ” …かな?まだまだ寒い日は続きそうですが春を予感させる明るい色彩のお花は気持ちをほわっと和らげてくれますね♡ ----------------------------久々の更新…^^:近所の手芸好きなお友達の影響を受けて編み物や小物作りに夢中になっていましたー。下手ながらも一枚一枚、完成させるのが面白くて今はモチーフ編んでます^^つなげて何にしよう♡

  17. サクラソウ - 今日の一枚

    サクラソウ

    {"tag":"","htmlTag":"<img src=\"http://pds.exblog.jp/pds/1/201702/03/14/d0044814_13080678.jpg\" border=\"0\" width=\"1000\" height=\"664\" align=\"center\" />","params":{"url":"http://pds.exb...

  18. 桜メジロに梅ジョウビタキ~大寒の頃 - フォト エチュード  Photo-Etudes

    桜メジロに梅ジョウビタキ~大寒の頃

     20日「蕗のとう花咲く」(ふきのとうはなさく)25日「水沢腹堅」(すいたく ふくけん=あつくかたし)30日「鶏始乳」(にわとりはじめて にゅす=とやにつく)と、二十四節気をさらに三分割した七十二候にいう。今のように毎日産卵するよう品種改良される以前、鶏は冬にはほとんど卵を産まないものだった。その鶏が産卵のために鳥屋に入る。第七十二候が終わり、立春2月4日・第一候「東風解凍」(春風氷を解く)...

1 - 18 / 総件数:18 件

似ているタグ