そば・うどんのタグまとめ

そば・うどん」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはそば・うどんに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「そば・うどん」タグの記事(17)

  1. 東京メトロ東西線門前仲町駅:『萬寿庵』    香りがおいしい茗荷の天ぷらが乗る「夏の海老天ぶっかけ」 - 年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

    東京メトロ東西線門前仲町駅:『萬寿庵』    香りがお...

    今日は二の丑だということでおいしい鰻をいただこうと門前仲町へと出かけたのでありますが、目的としたお店が夜からの営業となっていたために鰻を求めてさ迷うこととなりまして…歴史がある街であることから多くの鰻店があると思っていたのですが、日曜日だということもあってか炎天下の中を30分ほど歩き回ったにもかかわらず、やっている鰻屋さんを見つけることができずに予定変更といたします初詣などで訪ねる神社の近く...

  2. JR長崎本線神崎駅:『百年庵』     1873年創業 140年以上の歴史を持つ老舗製麺所直営 - 年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

    JR長崎本線神崎駅:『百年庵』     1873年創業...

    連続する真夏日こんなに暑い日が続くと頭に浮かぶのは冷たい麺を啜る姿ばかりでありまして…とくに目的も無くランチへ出掛けたところで気付いたのですが、素麺を名産とする佐賀県の神崎って町は筑後からは意外と近いんですよねそんな神崎市内から15分ほど車で走ったところにある『百年庵』背振渓谷の水系を利用している老舗製麺所が営むお店だということから、そのお味には間違いないであろうとお邪魔してみますと、炎天下...

  3. 東京メトロ有楽町線豊洲駅:『石楽』   シャキシャキの山芋 梅肉の酸味でおいしくいただけます - 年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

    東京メトロ有楽町線豊洲駅:『石楽』   シャキシャキの...

    九州への出張の日いつものように豊洲から羽田空港へと向かうリムジンに乗る前にランチをいただこうと出掛けたのですが、それが少し出遅れてしまったために、どこのお店にも長蛇の列ができていまして…改めて豊洲のランチ事情を体験したワタシは、そんな中でも最も列が短かかった蕎麦屋さんに並ぶことにいたします女性のお客さまが多くいらっしゃったことで、席の回転が遅いのではとの不安もあったのですが…こちらのお店の中...

  4. 東京メトロ有楽町線月島駅:『相馬屋』     サクッとした揚げ玉の食感がおいしい冷やしたぬきそば - 年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

    東京メトロ有楽町線月島駅:『相馬屋』     サクッと...

    ちょっとした所用のために出かけていたのだけど…猛暑日とも言えそうな暑さのために早々に予定を切り上げ帰宅したあと、ちょっと暑さが和らいだであろうと夜ごはんへと出掛けますとは言え、この厚さの中で食べたくなるものと言えば、ツルツルっと啜れる麺料理ばかりが頭に浮かんでくるのでありまして…近場にあるお蕎麦屋さんで蕎麦を手繰ることにいたします平日だと仕事終わりのビジネスマンが一杯やっていることが多いので...

  5. 東京メトロ銀座線三越前駅:『金子半之助』    コシの強さを楽しめる稲庭うどんと一緒にぜいたくめし - 年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

    東京メトロ銀座線三越前駅:『金子半之助』    コシの...

    チキンバスケット発祥のお店として知られる『銀座キャンドル』が惜しまれつつも64年の歴史に幕を下ろしたのが2014年11月のことでありまして…あのチキンバスケットをまた食べたいとの声が多かったのか【銀座キャンドル復活祭】なるイベントが開催されるとの情報を得て、今日、それに参加して参りましたおいしいチキンに満足したとはいえ、それだけで夜ごはんを終えるにはあまりにも寂しくて…お邪魔したのはコレド室...

  6. 東京メトロ有楽町線月島駅:『玄粋庵 KITSUNÉ』    店内で蕎麦の実を挽くこだわりの10割蕎麦 - 年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

    東京メトロ有楽町線月島駅:『玄粋庵 KITSUNÉ』 ...

    昨日に続いて体調が優れず…今日のランチも近場で済ませることにいたしますタワーマンションの一階部分にありながらも、しっかりとしたお店の顔を持つお蕎麦屋さん『KITSUNÉ』は、自店で蕎麦の実を引くことから始めるというほどにこだわりが高いお店でありまして…その蕎麦のおいしさがお気に入りで何度もお邪魔しているのであります体調が悪いなんて言いながらも食欲が落ちことは無く、どれだけ食いしん坊なのかと自...

  7. JR山手線新橋駅:『かめや』     冷やしでもおいしい「元祖天玉そば」 - 年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

    JR山手線新橋駅:『かめや』     冷やしでもおいし...

    お客さまはどんな商品やサービスを望んでいるのか…そんなマーケティングをしてくれる会社の担当者と打ち合わせをいたします例えば最近見かけることが多くなった特定保健用食品(トクホ)への関心がどのくらいあるのかであったり、それに関心が高いのはどんな層なのかなどなど、お店のメニューを考える際には大切なことなんですよねそんな打ち合わせの前にランチをいただこうと向かったのが『かめや』『かめや』と言えば…新...

  8. JR山手線東京駅:『阿さま』     鉄鋼ビルの地下にあるビジネスパーソン御用達のお蕎麦屋さん - 年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

    JR山手線東京駅:『阿さま』     鉄鋼ビルの地下に...

    明日からの出張を前に、済ませておきたい所用があって八重洲ずっと気になっていながらもタイミングが合わず、お邪魔することができなかったお店でのランチから始めることにいたします一昨年の10月にオープンした“TEKKO avenue”の一角にある『阿さま』建て直される前からこのビルの中にあった人気蕎麦屋さんでありまして、建て替えの間も多くのビジネスパーソンがオープンを待ち焦がれるほどであったとのこと...

  9. 東京メトロ日比谷線茅場町駅:『丸屋』   冷水で絞められた細打ち蕎麦の喉越しがおいしい冷やしたぬき - 年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

    東京メトロ日比谷線茅場町駅:『丸屋』   冷水で絞めら...

    大人のお子様ランチとの別名を持つワンプレートランチを提供するお店があって…それを目的に訪ねてみると、外からお店を眺めるワタシの姿を見つけたスタッフの方が近づいてきて、今日は完売してしまったのだととっても申し訳なさそうな顔つきで詫びてくださるではないですかちょっと人気になると天狗になってしまうお店が多い中、こういった丁寧な対応をしていただけたことに感動したワタシはまた次回お邪魔することをお約束...

  10. 東京メトロ日比谷線銀座駅:『佐藤養助』  あめいろに輝くうどんは芸術品 コシと喉越しは絶品であります - 年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

    東京メトロ日比谷線銀座駅:『佐藤養助』  あめいろに輝...

    中野で開催されていた『an まかないフェス 2017』で、たくさんの“まかない”を食べたせいか、炎天下での暑さに負けたのか、夕方になってもあまりお腹が空くことも無く…以前にお邪魔した際に感じが良かったお蕎麦屋さん『國定』へと言ってみたのですが、土日祝日はお休みなんですね気を取り直して『佐藤養助』稲庭うどんの名店でありまして、その創業は1860年のこといまでは本場秋田にとどまることなく、東京、...

  11. JR境線佐藤駅:『麦笛たまき』     出雲で古くから伝わる「釜揚げそば」を初めていただきました - 年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

    JR境線佐藤駅:『麦笛たまき』     出雲で古くから...

    先週末に崩していた体調は完全に回復し米子市へと出張いたしますメニューの改善に関した打ち合わせをする中で話題に上がったのですが、日本三大蕎麦の一つとして有名な出雲そばがある島根県では、割子そばのほか、冷水で〆ることの無い釜揚げのお蕎麦を食べる習慣があるのだとか…釜揚げうどんは一般的でありますが、蕎麦の釜揚げとは食べたことは基より聞いたことも初めてで…百聞は一見に如かずとお蕎麦屋さんを探してみた...

  12. かばと製麺所 - Stare at

    かばと製麺所

    この記事はブログのファンのみ閲覧できます

  13. 東京メトロ有楽町線豊洲駅:『そじ坊』    冷たく〆られた「おろしざるそば」を手繰る夜ごはん - 年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

    東京メトロ有楽町線豊洲駅:『そじ坊』    冷たく〆ら...

    軽い車酔いをしているような感じで身体がだるく、お腹が空いている感じはあるのだけど、何かを食べたいという思いにもなれず…朝からダラダラと過ごしていたのだけど、何も食べない訳にはいかないと友人を誘い出して夜ごはんをいただくことにいたします軽くお蕎麦を手繰ることにしようと『そじ坊』へお邪魔することにしたしますご承知の通り実演手打ちうどん杵屋など全国に展開しているチェーン店なのでありますが、ココのお...

  14. 西鉄天神大牟田線西鉄柳川駅:『立花うどん』    柔らかい麺の伸びとコシがおいしい筑後うどんの代表格 - 年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

    西鉄天神大牟田線西鉄柳川駅:『立花うどん』    柔ら...

    今日は柳川ぽかぽか陽気であったためにジャケットを羽織らずに出掛けたのだけど、これが大正解シャツだけで歩いていてもじんわりと汗ばむほどでありましたそんなときには、ツルツルっといただくさっぱりとしたおうどんをいただきたくなるものでありまして…先日、久留米でお邪魔してお気に入りとなった『立花うどん』の本店へお邪魔することにいたします1977年に創業し、あまりの人気から2年後には30席だったお店を8...

  15. 東京メトロ日比谷線八丁堀駅:『鶏鬨』  ズスッと蕎麦を啜った後の柚子の香りとおろしのサッパリ感が美味 - 年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

    東京メトロ日比谷線八丁堀駅:『鶏鬨』  ズスッと蕎麦を...

    真夏日になる可能性もあると予報では言っていたのですが…確かに強い陽射しではありましたが、隅田川沿いには涼しい風が吹いていましたので体感的には、それほどの暑さを感じること無く過ごすことができました今日が帰省のピークでもあろうとニュースでも伝えれらていますので、東京駅に近づくこと無くランチを済ませようと『鶏鬨』へ土日祝日を定休とするお店が多い八丁堀界隈にあって、無休営業をしてくださるというのはあ...

  16. 東京メトロ銀座線京橋駅:『山茂登』      京橋のサラリーマンに愛されたお蕎麦屋さんが待望の復活 - 年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

    東京メトロ銀座線京橋駅:『山茂登』      京橋のサ...

    ゴールデンウイーク前半戦に突入好天に恵まれた初日は陽射しの強さで汗が滲むほどでありましたので、冷たいお蕎麦をツルツルっといただくことにしようと『京橋 山茂登』さんへ1940年に麻布で創業1950年からはこの地で営業を続け、近隣のビジネスパーソンに愛され続けたお蕎麦屋さんが開発のため余儀なく閉店をして4年施設の開業とともに帰って来たのでありますお蕎麦はどこにでもあるような定番商品がラインナップ...

  17. JR山手線東京駅:『うどん酒房 杵屋』     暖かくなると食べたくなるのが鰻でありまして… - 年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

    JR山手線東京駅:『うどん酒房 杵屋』     暖かく...

    何の予定もない日曜日とりあえず洗濯と掃除を済ませ、ランチをいただこうと出掛けはしたもののココと言った目的のお店があるわけでも無く…八重洲をブラブラと歩いていてもこれと言って気を引くお店は見つからないので、八重洲地下街と直結するグラントウキョウへと向かいます実演される手打ちのうどんをお手軽な価格で提供してくれる『杵屋』の居酒屋バージョンとでも言いましょうか?お昼はおいしいおうどんをメインとした...

1 - 17 / 総件数:17 件

似ているタグ