ちょっとプチ自慢できる住宅のタグまとめ (17件)

ちょっとプチ自慢できる住宅のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはちょっとプチ自慢できる住宅に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

大阪市 天神橋の家。大阪市北区の木造3階建て住宅です。住宅密集地ですが、角地のため、建築条件は良い立地です。居住スペースを設けながら、吹き抜け. 屋上を積極的に取り入れ、余白の空間を設けています。

大阪大東市の住宅リノベーション。今回のリノベーションのメインとなるキッチンダイニングをみています。ウォールナットのキッチンカウンターは、幅3メートルのサイズです。その上には、ライトイヤーズのオリエント ペンダントブラック。ダイニングテーブルは、杉板の天板を幅2.7メートルで製作しています。その上には、ヤマギワのペンダントランプ マユハナ。一級建築士事務所 Coo Planning

大阪大東市住宅リノベーション。浴室のリノベーションをしています。お施主さまのご希望で、もともと設置されていたステンレス浴槽は、そのまま使っています。玄昌石とヒノキ板貼りで仕上げています。シャワーは、メイド イン ジャパンのTOTOで。ヒノキの香り漂う、心地よい浴室空間となっています。一級建築士事務所 Coo Planning

大阪大東市の住宅リノベーション。キッチンの設備を紹介します。食洗機は、ミーレ。5口ガスコンロは、リンナイ。ガスオーブンは、パナソニック。レンジフードは、アリアフィーナ。水栓は、TOTOで。外国人のクライアントのご希望で、メイド イン ジャパンを中心に揃えています。一級建築士事務所 Coo Planning

大阪大東市の住宅リノベーション。洗面脱衣室をリノベーションしています。贅沢に壁および天井に、ヒノキを張っています。ヒノキの香りが心地よい空間をつくっています。クライアントの外国人ご夫婦にも喜んでいただけました。一級建築士事務所 Coo Planning

兵庫県宝塚市 宝塚の家。宝塚市中山寺の住宅街に新築しています。敷地は角地で、前面道路は、緩やかに傾斜しています。その傾斜を生かせるよう、半地階の構成として計画しています。地下1階+3階建てのそれぞれの階には、1メートルの高低差を設け、スキップフロアとしています。傾斜と細長い敷地形状を生かした空間構成の住宅です。一級建築士事務所 Coo Planning

大阪市旭区の家。内部の仕上げ材が印象的な空間になっています。木目が綺麗なラーチ合板を使っています。もともと構造用下地材として出回っている素材ですので、サンダー掛けで表面を整え、その上からウレタンクリア塗装でつやを出して仕上げています。窓からの自然光が反射して室内が明るくなるよう、つやのある仕上げとしています。一級建築士事務所 Coo Planning

神戸市東灘区 住吉川のマンションリノベーション。ファミリータイプ マンションのリノベーションをしています。まずは、既存の間仕切り壁及び設備などの解体撤去作業が行われた後、新たな間仕切り壁、キッチン、ユニットバス、トイレ、洗面ボウルなどの工事を行います。新たな仕上げ材として、床材は、ナラ材幅広フローリング 自然塗料仕上げ。壁と天井については、フランス産本漆喰。ナチュラルな仕上がりが心地よい空間...

大阪市天神橋の家。この家では、ステンレスのキッチンをペニンシュラで配置しています。キッチン上部は、天井高さをできるだけ抑えています。リビングダイニングは2層吹き抜けとし、トップライトと屋上テラスからの光を取り込んでいます。3階まで上がる階段は、スチールで製作することで、より自由な形状でレイアウトしています。吹き抜けを回って見下ろしながら、2階.3階へと続いています。一級建築士事務所 Coo ...

大阪市西区千代崎の家。この家では、内部の仕上げ材としてラーチ合板を多用しています。木目がはっきりとして綺麗な板材です。天井、床、階段踏み板、建具など、素材を統一して仕上げています。もともとは、1820ミリ×910ミリサイズなので、使用箇所によってカットして使うことで、木目の見え方が、また違って見えてきます。一級建築士事務所 Coo Planning

大阪大東市の住宅リノベーション。マカオ在住外国人家族の別荘として購入された、生駒山荘の平家家屋のリノベーションを行いました。マカオからは格安直行便もあって、度々来日されています。もともと壁で仕切られたLDKを、大人数にもストレスないように広々空間にチェンジしています。オーダーキッチンにオーダーテーブルと空間も価格も思いっきりデザインさせていただきました。照明器具、冷蔵庫、洗濯機の発注までトー...

大阪市千代崎の家。大阪市西区千代崎で新築されています。木造2階建て スキップフロアで構成しています。この計画では、浴室を在来工法でつくっています。一般的には、ユニットバス(システムバス)が使われています。在来工法の場合、浴室サイズ. バスタブ. 床. 壁 などを自由に使えることで、よりオリジナル感のある、浴室空間を計画できます。バスタブは、ドイツ製のカルデバイ ジャパンモデルです。ホーロー製...

箕面森町の家。箕面森町の傾斜地にて新築されています。いろいろ考えた結果、敷地いっぱいを使った横長の平屋の構成で計画しました。一部を2階建てとし、ゲストルームとして使います。それぞれの部屋は、全てが街を見下ろし景観が楽しめるよう工夫しました。シンプルな間取り構成は、暮らしやすさ一番です。一級建築士事務所 Coo Planning

神戸甲南の家。神戸市東灘区の住宅街に新築されています。地下1階+地上2階建て+ロフトで構成されています。鉄筋コンクリート造の地階ガレージの上に、木造2階建てを建てています。土地購入時は、既存の掘り込みガレージと住宅基礎だけが残った荒れた状態でした。完成した姿からは設計の苦労など何もなかったように、シュッとした佇まいです。粘り強く設計作業に取り込み、無事完成までに至った思い出深い住宅です。一級...

大阪旭区の家。大阪市内の旭区に新築されています。昭和の長屋が多く残る町並みの中、黒いガルバリウム鋼板の箱をつくりました。外部と内部の対比を強く意識して、空間と素材を考えています。周囲を住宅に囲まれた立地のため、外壁には大きな窓は計画せず、屋根面から光を取り込む、トップライトをつけています。自然光をどのように取り込むかを、徹底的に考えてつくった住宅です。一級建築士事務所 Coo Planning

大阪狭山の家。木造2階建て+塔屋 屋上付きの住宅を新築しました。2階のLDKのスペースには、大きな開口を計画しました。天井いっぱいに設けた窓からは、大きな空が飛び込んできます。雲がゆっくりと流れています。時間が経つことを忘れることができます。一級建築士事務所 Coo Planning

天神橋の家。立地に優れた大阪市北区に建てられています。住宅が立て込んだ密集地です。周囲の視線を気にせず、光を入り込む空間構成を考えました。都心の敷地面積が限られた3階建て住宅は、階毎の部屋が分断されがちです。構造に無理がかからないカタチで、吹き抜けを介した開放的な空間を目指しました。3階に設けた屋上テラス、トップライトからは、吹き抜けを介して、1階スペースまで、自然光を落としています。一級建...

似ているタグ