アスペルガーのタグまとめ (17件)

アスペルガーのタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアスペルガーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 根暗中年男のネクラ人生

運送会社で月から金曜まで清掃、ゴミ仕分け、簡単な書類整理の仕事をし、休日はポスティングでひたすら歩き回る。職場では、唯一相手にしてくれる良き先輩もいたが基本コミュ障ゆえに孤立。休日も会う人間関係はない。月に一回、自転車で25分ほどの実家に戻って翌朝またアパートに戻る。唯一の楽しみは、週末の競馬観戦。毎夏の青春18きっぷを利用した列車の旅。旅、2010年夏は新潟へ行ったりかなり久しぶりに飯田線...

by こどもたちは、みんなの希望。

仮面ライダーウィザード。数代前の仮面ライダーですが我が家のこどもたちの大好きな仮面ライダーのひとつです。仮面ライダーウィザードは、指輪の魔法使い。魔宝石から作られる指輪の魔力を使って、人々の絶望からうまれるファントムと闘い希望に変えていきます。絶望が、希望に変わるのです。わかってはいても、人の考えというものは実に多様なものだと思わされる出来事がありました。以前からおじゃまさせていただいていた...

by こどもたちは、みんなの希望。

三兄弟のママです。二男が自閉症です。公立の中学校で、教師をしていました。結婚を機に引っ越して当該自治体を離れたために、退職しました。子育てにひと段落ついたら今の自治体で採用試験を受け直し、復職の心づもりでいましたが、家庭の状況がそれを許してくれず、いまはまだ子育て中心の生活を送っています。元教師としての目線から、学校や幼稚園、療育機関の連携、発達障がいをとりまく環境のことを思うままに綴ってい...

by 根暗中年男のネクラ人生

運送会社は正直、僕にはあっている環境の職場とは全然言えなかった。うーん、でも自分なりによく我慢してやったと思う。2011年年明け早々から生活維持のため、ポスティングのバイトを休日に副収入として月1万数千円ほど。これでなんとかやっていける収入だった。もう綱渡りの生活だった。でも働かなければ食えない。必死だった。運送会社では常に下に見られながら完全孤立した状態で毎日1時間半以上通勤時間かけて職場...

by 根暗中年男のネクラ人生

運送会社、最初の2週間ぐらいは「仕事は簡単だから前のリネン工場に比べたら働きやすいかな?」と安心していた。しかし、現実は甘くなかった。バリバリの健常者、しかも僕が最も苦手な体育会系の職場。働いているスタッフもちょっとヤンチャ系というかがらの悪い雰囲気の人たちが多かった。ジャイアン支店長、最初から超体育会系でいじめっ子、ガキ大将タイプとは思っていたがやはり短気で「俺様系」な人物だった。小耳には...

by 根暗中年男のネクラ人生

こうして不安、緊張過多のなか運送会社で働きはじめた。初日、職業センターの支援スタッフたちと現地で待ち合わせた。ドキドキしながら、事務所の扉を開いて中に入った。「本日からお世話になることになりましたrokkyと申します。」と言った。緊張で声がうわずっていたと思う。年増の40代ぐらいの女性事務員が対応してくれた。そして、面接であっていた体育会系の威勢のいいジャイアンタイプの支店長が待つ支店長室に...

by 根暗中年男のネクラ人生

2010年5月中旬、僕は職業センターの担当カウンセラーに運送会社で1次面接に通ってT支店に2次面接に行き支店長と面接する旨伝えた。前回のリネン工場ではジョブコーチをつけずに働いたが、今回はジョブコーチをつけることを自ら希望した。カウンセラーは少し人選するから待ってほしいとのことだった。数日後、職業センターに出向いて新しく担当となるカウンセラー、ジョブコーチ計3名との顔合わせをした。今まで職業...

by 根暗中年男のネクラ人生

4月21日、北海道完全乗車という目標を達成し帰還。目的が達成されてホッとする余裕もないまま、すぐにでも僕は次の仕事を見つけないと生きていけない。障がい者枠にこだわると給料も安いし、すぐに決まる保証はどこにもない。だからこだわらず、障がいのことはとりあえず伏せてすぐにでもお金の入る週払い可の派遣仕事でもやろうかと思い電話をして面接に行った。某大手の運輸系の仕事。面接に来たいたメンバーはいかにも...

by 根暗中年男のネクラ人生

4月21日、水曜日。ついにこの北海道旅最終日。今日は名残惜しいが帰らなければならない。今回北海道に来た目的はJR北海道の完全乗車。                     そのためにお金はないが今行かなくちゃいつ行くとの思いで北海道まできた。夕張支線、留萌本線、函館本線(山線)、室蘭支線と制覇して残すはただ一つ、木古内~江差間の江差線一部区間を乗車して江差駅で完乗達成。今日の午前中に何事もな...

by 根暗中年男のネクラ人生

4月20日(火曜日)、小樽グリーンホテルを7時ごろチェックアウトする。今日、最初に乗る予定の列車は小樽8時07分発、函館山線、長万部行き普通列車2932Dである。この列車で、念願の函館山線制覇する予定だ。その前に時間があるので、早朝の小樽をぶらつこうかと思った。今日の行程。函館へ行って宿泊予定。(2010年4月20日)小樽市内観光・・・小樽807-(2932D)-1113長万部1215-(特...

by 根暗中年男のネクラ人生

そいいうわけで、僕は4月17日をもってこのリネン工場を辞めた。そして翌日からなんとしてでも達成したかったJR北海道の完全乗車を達成すべく北へと旅立った。罪悪感はもちろんあった。でも、行けるときに行かなくちゃいつ行く? 行かないで後悔するなら行って後悔したほうがいい、といった半ば強気で腹をくくってこの旅を強行したのだった。しかも4月中旬の「超閑散期」に旅できるチャンスは二度とこないかもしれない...

by 根暗中年男のネクラ人生

2009年末は工場も大忙しだった。なにせお客さんがホテルやレストランだから年末年始は大繁盛の時期だった。しかし、工場なのにほぼ出勤は日曜だけ休みであとはシフト。こんな工場も珍しいんじゃないか?いやあ~、生まれてはじめて10日間休みなしで連続勤務をした。僕はこの会社に障碍者として雇われているけど、社員からしたらこういう繁忙期はそんなこと関係なしだった。最初からジョブコーチもつけなくていいとこの...

by 根暗中年男のネクラ人生

リネン工場で働きはじめて、数カ月。ようやく仕事にも職場にも慣れてきた。みなさん、ラインの方々(主婦がメイン)、一緒に働いていた知的障害の女性らも親切な人が多く、助かった。休憩中とか、ほかのラインで働いている人たちもみななごやかというかそんなに癖のあるような人はいなかった。知的障害の若い当時二十歳前の男性は、まったくしゃべらない子だった。たぶん知的障害に加えて自閉症も入ってるんだろう。あいさつ...

by 根暗中年男のネクラ人生

というわけで、リネン工場から職業センターに連絡があり、4月上旬に面接に行った。他に、同じセンターから若い知的障害の男性(見た目ではまったくわからないから最軽度なんだろう)2人も一緒だった。やはりまだ当時は発達障がいの概念は事業所側で知っている人は少なく、「知的障害とどう違うのか?」などと僕のカウンセラーにも障がい特性を聞いていたと思う。とりあえず、僕を含めて3人とも簡単な1時間ぐらいの実習を...

by 根暗中年男のネクラ人生

パチンコ台工場はそういうわけで、仕事がなくなり1カ月程度休みとなったことを機に結局辞めた。同じ派遣会社から働いていた同僚たちもみんな辞めた。ここに残っている人はよっぽど働きがいがあるか居心地はいいかなのか?自分にはこの工場が居心地がいいと思う人の気持ち、ちょっとわからない。だって名前も呼ばれず、モノ同様に扱いなんだよ・・・せめて、人間なんだから名前ぐらい覚えて呼び捨てでもいいから名前で呼んで...

by 根暗中年男のネクラ人生

パチンコ台工場には、この年の4月末に仕事量が減って休みになってしまったのを機に辞めた。何せ一人暮らしだったので、仕事が数週間休みになってしまうと生活が成りたたない。食っていけなかった。もちろん実家の親への借金もある。それなら夜勤の派遣仕事でもやって一気に稼げばいいかもしれないが、やはりメンタル不調の自分、無理はしたくなかった。この工場で働いていた約二ヶ月半、実に様々な人たちが働いていた。前出...

似ているタグ