アフリカのタグまとめ

アフリカ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアフリカに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アフリカ」タグの記事(20)

  1. 世界のビール @ Ethiopia - @  the world

    世界のビール @ Ethiopia

    禁酒国スーダンを抜け、まずは冷たいビールで心と体を満たす。一人国境閉鎖時間ギリギリで手続きを済ませ、エチオピアに入国。 薄暗くてなんとなく物騒な気配のする国境の街のボロ宿に荷を下ろし、2週間耐え忍んだアルコール飲料をのどに流し込む快感。一生忘れられない思い出。Dashen Beerエチオピア北部、ゴンダール城という世界遺産をもつ古都にあるビール会社。ダシェンビールのラベルにはエチオピア最高峰...

  2. トラベラーズチェックが存在した頃、ひと昔前 - nshima.blog

    トラベラーズチェックが存在した頃、ひと昔前

    近年、日本への外国人旅行客が多くなっているとは聞くが、どうやって円の現金を得ているのか。早速検索してみた。現在、外国人旅行者にとって日本中どこにでもある「セブン銀行」を利用するのが最も便利・・・常識らしい。逆に海外渡航はどうだろうか。ひと昔の常識だとトラベラーズチェックが存在したが、現在は使用されていない。そのくらいは知っている。ここ数年、海外へ出かけることがないので、相当に世の常識からずれ...

  3. 植物的生活818 - Atelier Botanique COCA-Z

    植物的生活818

    知人のインスタを見ていたら思い出したのでアップ。ケニヤのツァヴォ・イースト・ナショナルパーク (Tsavo east national park) の入り口付近で見かけた多肉植物。(以下の写真すべて2016年9月3日撮影)アデニア・グロボーサ (Adenia globosa) かなぁ?根元の塊根はこれくらいあります。靴のサイズが25.0センチなので、直径80センチから1メートルくらいでしょう...

  4. 座席についたきり記憶がない - nshima.blog

    座席についたきり記憶がない

    1997年の話。午後出発予定だったリロングウェ発ロンドン行きは、機材故障によって翌日に時間がずれた。予定は完全に狂った。だが、どうしようもない。リロングウェ市内で最も高級とされるキャピタルホテルで宿泊することになった。ブリティッシュ・エアウェイズが諸々を負担することになる。スーツケースを部屋に置き、晴天も下、誰もいないプールサイドでくつろいでいた。自分の都合では絶対に立ち寄らないホテルだっ...

  5. 思い返すと怖くなる - nshima.blog

    思い返すと怖くなる

    今から考えるとよくもまあ、あんな寂しそうな所に泊まったものだと思う場所が頭に浮かんでくる。極めて主観的な感想だ。田舎であるとか都市から離れているとかの問題ではなく、思い出すと血の気が引いてくるような場所だ。そこへ至るまで、過ぎ去るまでの時間的な前後は、訳の分からない緊張した精神状態なので、寂しいも、気持ち悪いも何も感じない、思わない。時間が経って後からよくもあんな所に泊まれたものだと思い返す...

  6. 人を救いたいと思うことは… - 和合一致

    人を救いたいと思うことは…

    先日の仕事上がり、師匠に遊びに連れ出してもらいました。女将さんから、是非良ければとのお誘いで、JR吹田駅までやってきました・・サンクスエイジングゴスペルカンパニーと、いう団体が企画開催された音楽イベント・・遠いアフリカと日本を、音楽で繋げようというイベントです。ケニアのナイロビのスラム街キベラ(アフリカ最大規模のスラム街と言われている)にある、マゴソスクールという孤児たちの学校から、歌って踊...

  7. GWアフリカに行ってきました @天神橋筋6丁目 てぃだ - 猫空くみょん食う寝る遊ぶ Part2 

    GWアフリカに行ってきました @天神橋筋6丁目 てぃだ

    GWのある夜 近場にいた旦那様と急遽合流どこもかしこも テンコ盛りのお人辿り着いたこのお店奄美島料理 てぃだ決めてはメニュー看板の豚足でした2階のお店です 階段を途中まで上がると なにやら騒音が・・・・・入店すると そこには外と全く遮断された別世界が広がっていました大音響で演奏されるアフリカ音楽会話もくそもできません!!あっけに取られる旦那様 でも出ようとは言わないので着席オリオンビールの生...

  8. 起業する若者につけこむ側の農業知識 - nshima.blog

    起業する若者につけこむ側の農業知識

    大規模に畑作作物へ潅水する場合、アメリカでよく見られるのは、Center pivot (センターピボット)もしくは Circle(サークル)だ。 それ以前は、Wheel line (ホイール)が潅水システムの主流だった。ここ二、三十年の間に、お金のある産油国などでも取り入れられるようになった。但し、あくまでも畑作である。果樹園などはスプリンクラー(散水)やドリップ(点滴)が主流である。動力の...

  9. 本日よりイベント出店スケジュール - CHIEKO ART WORKS ~ Saraswati Planet ~

    本日よりイベント出店スケジュール

    本日は蒲生町ガリ版伝承館です!メヘンディ、ジャグアタトゥーなどいたします。アフリカ雑貨も販売してます。明日以降のイベント予定です。よろしくお願いいたします。5月3日(水・祝)10~15時『めぐる月の祭典』滋賀 ガリ版伝承館https://www.facebook.com/events/800849303387626/5月4日(木・祝)22~5時『dfloor 2nd Anniversary ...

  10. 心配は杞憂に終わった - nshima.blog

    心配は杞憂に終わった

    1984年当時のムフリラ市内 当時は写真を自由に撮れなかった 隠れて撮影 来年還暦になる。常日頃きちんと歯を磨いても、治療をしても、数か月でまたどこか壊れてしまう。この数年間で何度歯医者へ足を運んだだろうか。右側を治せば左側、上側を治せば下側、とキリがない。噛みしめがひどく、必ずどこか壊れていく。まだ治療の選択で抜歯まで至ったことはないが、近いうちにそうなる可能性が毎年高まっている。一旦一本...

  11. ローマ地区 ルサカ ザンビア 1984年1月~1986年2月 Zambia - nshima.blog

    ローマ地区 ルサカ ザンビア 1984年1月~1986...

    市内に必要な水道水の絶対供給量が少なかったらしく、個人が掃除機のような仕組みの装置を自宅に設置し、水道管の中に停滞する水を自分の所へ吸引し高床のタンクに確保していた。事務所と称していたが、民家を借り上げた建物だった。道を挟んで清水建設があった。玄関の隣の茂みの中にカメレオンが住んでいたのはルサカだったか、キトウェだったか、水タンクについても、ザンビアだったかマラウイだったのか、かなり記憶が混...

  12. ナミビアに行ってみたい - nshima.blog

    ナミビアに行ってみたい

    一旦日本を旅立ってしまうと、エッジの効いた刺激があらゆる場面で、状況で発生する。訪れる場所に程度の差こそあれ、基本的に日本以外のある共通する何かをスタンダードとして感じる人が少なくないのではないだろうか。よく言われる日本の常識は、世界の非常識だ。そんな簡単に一般化できないのは当然、わかっている。反論が山のように出てくるだろうことも想像できる。しかしながら、やはりステレオタイプと言われようが湧...

  13. 住んだ土地の写真は、いろいろな思い入れが入り込む - nshima.blog

    住んだ土地の写真は、いろいろな思い入れが入り込む

    32年前の写真 ザンビア自分の撮った写真を見比べる時、重さ、軽さの違いを感じる。旅行で通り過ぎた土地の写真は、あくまでも通りすがりの風景である。軽い。長く住んだ土地の写真は、自然にいろいろな思い入れが入り込む。珍しくて撮った写真であっても、時間が過ぎればあまり印象に残らない。客観的に比べれば、大して違いはないのだろうが、自分の記憶の証拠として考えれば、大きな差となって心に残る。2007年の世...

  14. 1985年のジンバブエ、真紫のジャカランダ、 Zimbabwe - nshima.blog

    1985年のジンバブエ、真紫のジャカランダ、 Zimb...

    ジンバブウェはまだ表面上きちんと機能していた。ハラレで借りたレンタカーはマツダファミリア。写真の町はたぶんルサぺ、最初に泊ったのはムタレだった気がする。ジャカランダの紫が信じられないほど美しかった。ジンバブウエ 1997年8月~2000年9月ニャンガ アフリカ1 Zimbabwe にほんブログ村 全世界情報

  15. 植物的生活786 - Atelier Botanique COCA-Z

    植物的生活786

    福知山の現場が早く終わったので帰路、仕入れ先に行く途中、丹波市のカタクリを見学に行ってきました。今年の開花は例年より一週間ほど遅いよう。この週末が一番のピークのようです。ただ、カタクリは気温17度以上で晴れの日に最も花を開くとのこと。週末は天候が良くないようですが、どうでしょうか。昨年見学におとずれた南アフリカのナマクワランドの花も、確か気温が16か17度以上で日光がないと開かないと聞きまし...

  16. ジャンベ(ジェンベ)動画 - ジャンベ教室(ジェンベ教室)ぽんぽこブログ

    ジャンベ(ジェンベ)動画

     ジャンベ教室(ジェンベ教室)アフリカンたいこ教室@東京 渋谷。ジャンベ(ジェンベ)初心者向けクラスを修了した方々が集う、中級Classの方々が、このジャンベ(ジェンベ)動画を観て「挑戦したい」となり、今Lessonで練習しています。講師、花岡英一が作曲したジャンベ(ジェンベ)アンサンブル曲です。 この動画で、ジャンベ(ジェンベ)を叩いているのは、当時の上級ClassのKさん、ジャンベ教室(...

  17. 遠のいた春、BS世界のドキュメンタリー マルタとニキ - nshima.blog

    遠のいた春、BS世界のドキュメンタリー マルタとニキ

    この時期に35cmの積雪。日ごと日差しが長くなっているのを実感している中、思いがけずの大雪だった。車を持たない俺としては、大した影響はないが、否が応でも春が遠のいた感がある。まあ、気温が上げれば雪融けは一気にすすむだろう。随分長いことここに住んでいるが、毎度出身地の東北との春の違いを感じる。先日放送された海外BSドキュメンタリーで二人のアフリカ系スウェーデン人ストリートダンサー、マルタとニキ...

  18. ジャンベ(ジェンベ)伝統曲"Sunun" - ジャンベ教室(ジェンベ教室)ぽんぽこブログ

    ジャンベ(ジェンベ)伝統曲"Sunun"

     ジャンベ教室(ジェンベ教室)アフリカンたいこ教室@東京 渋谷。10月~3月迄のClass、16回目のLessonで"Sunun"をやっていますね♪ 講師:花岡英一の教則本「ジャンベの叩き方 西アフリカの太鼓を楽しむ(CD付)」執筆の際、ジャンベフォラ Mamady Keita 氏と連絡を取り、花岡英一が選んだ伝統曲のうち、何曲か掲載許可を頂き、出版に至りました。 この"Sunun"は、ママ...

  19. ある日の中級Class - ジャンベ教室(ジェンベ教室)ぽんぽこブログ

    ある日の中級Class

     ジャンベ教室(ジェンベ教室)アフリカンたいこ教室 東京 渋谷でのある日のレッスンの様子です。 ジャンベ(ジェンベ)初心者クラスを修了した、中級クラスのレッスンの一コマ♪               【動画】↓【写真↓】

  20. お雛祭り 【食べられるお雛様】♪(*^_^*)*(*^_^*)♪ - 四季折々 日々*手作り*手仕事*

    お雛祭り 【食べられるお雛様】♪(*^_^*)*(*^...

    おはようございます(*^_^*)今日もいらしてくださり嬉しいです❤︎ありがとうございます^_^草木の芽が少しずつ膨らむころとなりましたぁ3/3桃の節句子供の頃は7段飾りを飾るお手伝いがあまり好きではなかった…たぶん今も、七段は面倒臭いかも…なのに、食べることてなると(๑˃̵ᴗ˂̵)4時間もかかってしまいましたぁそれこそ、面倒臭いかしらん笑笑笑毎年作ってしまう〜【食べられるお雛様】ちらし寿司を...

1 - 20 / 総件数:20 件

似ているタグ