アブラナ科のタグまとめ

アブラナ科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアブラナ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アブラナ科」タグの記事(28)

  1. 2017年4月13日(木)  晴れ  18/7℃ - 日々の皿

    2017年4月13日(木)  晴れ  18/7℃

    レッドリーフマスタード 年が明けた頃、目の前の低いビルのてっぺんから毎日太陽は昇ってきた。ビルの向こうが明るくなり始めると、そろそろ来るぞ、とわくわくした。太陽の頭がほんのちょっぴり出ると、キラキラキラッと光が溢れ出て、立ち上がってその様子を眺め、毎朝感動した。朝が楽しみだった。昇る位置がすこしずつ東に向かってやがて高層ビルに阻まれ日の出は見ることができなくなった。このごろ遠くのビルとビルの...

  2. 2017年4月1日(土)  くもり  9/5℃ - 日々の皿

    2017年4月1日(土)  くもり  9/5℃

    かき菜 ひさしぶりのポンチ軒。ちなみに揚げ物のおいしいポンチ軒は小川町にあります。読み方は「おがわまち」です。ずっと「おがわちょう」と発音していたのですが、いつだったか老舗の菓子屋で和菓子を求めるついでに、道を尋ねた時直されました。「お・が・わ・ま・ち」とあからさまに嫌な顔をして「こないだなんか、そこの交差点で婦警がさ、おがわちょう、おがわちょうって拡声器で連呼しやがるんだよ、やんなっちゃう...

  3. 2017年3月29日(水) 晴れ  15/4℃ - 日々の皿

    2017年3月29日(水) 晴れ  15/4℃

    矢島かぶ 春らしい霞んだ空気。柳の芽吹きがはじまった。細長い枝に、うす緑色の細い葉っぱが間隔を置いてひょいひょい飛び出している。丈の低い胡桃も木の先が丸くなって芽が吹いてきた。柳の木は葉が落ちても生きているのはなんとなく分かったけれど、胡桃はまったくわからず、だから余計にうれしい。行ったり来たりしながら毎日すこしずつ春になってゆく様子を見て喜んでいたのに、芽吹きが始まると、知らないうちに春に...

  4. ナズナ - 鹿深の森

    ナズナ

    ナズナ(薺)アブラナ科 ナズナ属 元気いっぱいに見えた

  5. 2017年3月24日(金)  くもり  14/7℃ - 日々の皿

    2017年3月24日(金)  くもり  14/7℃

    チンゲンツァイ そういえば、さいきんヒヨちゃんが来ない。どうしたろう、どこかに渡ったんだろうか。案外現像作業が早く終わったので、日比谷図書館に本を受け取りにゆく。ひさしぶりの日比谷公園!土をふみしめる感触、木々や土の匂い、気持ちがよくて、胸のあたりがわーい、と喜んでいる。うれしいなあ。調子にのって、お濠端を進み丸の内の青空市場にもゆく。山形のお豆とスパイスを二種類求める。山形のお豆を売ってい...

  6. タネツケバナ - 鹿深の森

    タネツケバナ

    タネツケバナ(種浸け花)アブラナ科 タネツケバナ属小さな雑草なのに 好きなお花

  7. 2016年3月23日(木)  晴れ  16/4℃   - 日々の皿

    2016年3月23日(木)  晴れ  16/4℃  

    銀座の外れの小さな和菓子屋さんまで出かける。志げかあさまの本命日なのだけど、お会いしたことはないので写真のなかの、髪を結った白い肌のふくよかな姿を思い浮かべ、今日は何がいいのかおしえてもらおうと静かに集中する。今までそうして、いくつかのことが思い浮かんだ。たぶん、紫のお花が好きだということ。ミヤコワスレみたいな可憐なの。甘いものもお好きだと思う。けれど派手なお菓子ではなくて、ほっとするよう...

  8. 2017年3月18日(土)  晴れのちくもり 16/3℃   - 日々の皿

    2017年3月18日(土)  晴れのちくもり 16/3℃  

    ブロッコリーとケール 鏡のなかの顔が小さくなっている。懐かしい顔。おひさしぶり。一週間で3キロ落とした。走り回りそうな仕事があって、瞬発力が必要だから体重は落としておいた方がいいと思って。帰ってきたとき、さらに顔が小さくなっていたんだそうだ。このまま、このまま、これをたもって、もうすこし全体的にきゅきゅっと小さくしたいなあ。お正月からずっとひどかったから。メジちゃんは今日も遊びにきてくれてい...

  9. 2017年3月15日(水)雨のちくもり  7/4℃ - 日々の皿

    2017年3月15日(水)雨のちくもり  7/4℃

    紅芯大根 冬のように寒い朝。きのうよりもいちだんと冷えている。それでも、大きい方の山椒の枝から芽吹きが始まった。樹皮をもちあげて、若緑色が見えるか見えないかくらい、ぷくっとふくらんでいる。毎年この瞬間、胸をなでおろす。冬の間は枯れ木のようにただ立って、生きているのか死んでいるのか外からはまったくわからないから。市場のなかの市場(場外市場にある場内市場)で穴子の切り落としを求めてみる。どうして...

  10. 2017年3月14日(火)  雨のちくもり  11/6℃ - 日々の皿

    2017年3月14日(火)  雨のちくもり  11/6℃

    白菜の蕾口にすると、うっすらと花の香りがありました 寒い朝。写真の整理が終わりに向かいつつあるせいか、あちこちの汚れが気になる。目につくところ、目につくところ、ふいてピカピカにしてゆく。冷蔵庫の汚れも気になって仕方ない。・雨の朝のフリッタータ 新タマネギ、じゃがいも、青豆、マッシュルーム マッシュルームを入れてよかった。 食感に変化がでるし、冷凍しておいたマッシュルームだから旨味もたっぷりで...

  11. 2017年3月12日(日)  くもりのち晴れ  12/3℃ - 日々の皿

    2017年3月12日(日)  くもりのち晴れ  12/3℃

    春キャベツ Dさんの本を持って家を出る。Dさんは今日大阪でコーヒーを作る。わたしたちの大切な人たちがDさんのコーヒーをのみに行くと聞いているから気持ちだけでも参加したくて、いくつもの大きな川を渡る電車に乗って本を開いた。向かう先はスパイス調合教室。スパイスはいつも感覚で組み合わせていて、それで不都合はなかったけれど、もうすこし確かなものにしたくて。料理教室に行くのは初めてで、なんとなく抵抗が...

  12. 2017年3月6日(月)  くもりのち雨  12/8℃ - 日々の皿

    2017年3月6日(月)  くもりのち雨  12/8℃

    蕪  きのうヒヨちゃんはぐいぐいミカンを食べられたものだから、朝から何度もきた。たいがい二羽で来る。一羽はすらりと痩せていて、もう一羽はぷっくりしている。一回りくらい違う。太っているのか、寒くて膨らんでいるのかはわからない。冠みたいな逆立った頭の毛がかわいい。ヒヨちゃんは頭がいいから、どうやったらミカンが食べられるのか、つねに工夫する。イノチがかかっているということもあるとは思うけれど。とこ...

  13. 2017年3月2日(木) くもりのち雨  9/6℃   - 日々の皿

    2017年3月2日(木) くもりのち雨  9/6℃  

    どんより曇って、今日は鍋焼き日和。けれど冷蔵庫事情により、そうもいかない。あらかじめ天気予報で確かめる方法もあるけれど、「あーあ」と未練を残すことも楽しいから、ま、いいか。メジちゃんたちは「ぼーっ」として柳に居付くようにしている。特に今日みたいな曇りの日には多い。「ぼーっ」とした顔でミカンのブランコに揺られて、思い出したように足元の果実をつついてまた「ぼーっ」する。ちいさな声で「おーい」と...

  14. 2017年2月26日(月)  晴れ  14/3℃ - 日々の皿

    2017年2月26日(月)  晴れ  14/3℃

    山椒の芽が吹いた。二本あるうちの、Kさんの山から来た小さな方。まあるい芽吹きと、ちいさくひらいた葉っぱ。食べ忘れていたゆり根も芽を出していたから土におろした。最後と思っていたけれど、りんごのジャムをまた作る。シナノゴールドと紅玉を半々、石鍋に入れて150℃4時間。カツオ菜。佐賀物産展。丈は50センチくらいで、葉はおおげさに描写された雲のようにもくもくしている。はじめて見る野菜があると、質問...

  15. 寒空にアラビス - Garden Diary

    寒空にアラビス

    春が近いと思うからか いつもより空気が冷たく感じた2月最後の日冷気の中 小さなお花をしっかりと咲かせていたアラビス・プロクレンスNo te pienses que ya te he olvidado.No, no... nunca te olvidé.Regresando a mi casa te encontré en mi mente El color tan puro, el blan...

  16. 2017年2月12日(日) 晴れ  11/0℃  - 日々の皿

    2017年2月12日(日) 晴れ  11/0℃ 

    菜の花 ヒヨドリの嘴に水の玉がついて、きらきら光っている。龍神様のお水のなかに嘴を入れて、飲んでは出すたびにきらきら光る。はた、とあの揚羽蝶のサナギはどうなったかと、ベランダにかけっていくと、在った。晩秋、冬になる前に急ぐようにサナギになったから、春や夏のそれと比べるとちいさくて、餌場にしていたレモンの木にぶらさがった時は、どうしてそこで春を待つことにしたのか風のあたらない安定した場所もある...

  17. 2017年2月11日(土) 晴れ  10/-2℃ - 日々の皿

    2017年2月11日(土) 晴れ  10/-2℃

    クレソン すり鉢であたって出汁でのばした長芋は、ふわふわの淡雪みたいなとろろになった。湯気のたつごはんを丼によそいとろろでおおうと、こんもりつやつやした丘ができた。スプーンでメカブをすくい、まっしろなとろろに置くと緑の川をつくりながらゆっくりと丼の裾野に流れて行った。納豆、高菜古漬け、インドマグロの漬けを丼に好きなだけのせる。味が少しずつ混ざり合うように口に運ぶ。空を見上げると、日曜日の雲が...

  18. 2017年2月7日(火) 晴れ  10/2℃ - 日々の皿

    2017年2月7日(火) 晴れ  10/2℃

    カリフラワー ひさしぶりに、めんちゃんと会った。二人で薬膳料理屋の支那そばを食べた。めんちゃんはえびとセロリ麺を。私は特製海鮮麺を。麺を待つ間まっ黄色いお茶(うすーいウコン茶だと思って訊いてみると、菊茶だと言う。でもやっぱりウコンが入っているんじゃないかな、色も匂いも)を飲みながら、元気だった?と顔を眺める。東京のはずれから電車で来たのに携帯電話を忘れて、事故で電車が止まってさらに心細くなっ...

  19. 2017年2月3日(金) 晴れ  14/1℃ - 日々の皿

    2017年2月3日(金) 晴れ  14/1℃

    芽キャベツ 川向こうのスーパーで節分の豆を買った。帰ってくるとき、わたしたちが暮らしている部屋を眺めながら、橋を渡った。いちばん茂っているのは観賞用のアスパラガス。下の階に届きそうなくらい伸びている。冬だから緑色が少ないのは仕方ないけれど、淋しい風景。今年もゴーヤの種を蒔こう。たくやさんの電話を鳴らして、ベランダの向こうと橋のこっちで手を振る遊びをしたいと思ったけれど、メジロが来ているかもし...

  20. 2017年1月28日(金)  晴れ  14/5℃ - 日々の皿

    2017年1月28日(金)  晴れ  14/5℃

    聖護院かぶ 旧暦のお正月。ちょっと得をしているような気持ち。嬉しい。なんとはなしにいつもより背筋もしゃんと伸びて。魚は頭の後ろが分厚いのがいいんだそうだ。「ほら、こっちはぺらぺらで、こういうのは駄目」魚屋のご主人が発泡スチロールに整列した甘鯛からいいのを選んでくれながら、おしえてくれる。ほかにカマスももらう。「これはいい。いいよ。いいんだよ。あ、あぶらがね、ある。すごいよ。うん」とカマスを指...

1 - 20 / 総件数:28 件

似ているタグ