アンペルマン・ベルリンのタグまとめ

アンペルマン・ベルリン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはアンペルマン・ベルリンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「アンペルマン・ベルリン」タグの記事(37)

  1. Masic SHORTS Beachgirls&boys この夏にオススメ! - べルリンでさーて何を食おうかな?

    Masic SHORTS Beachgirls&boy...

    アンペルマンの新製品。同じようなShortsは昨夏もありましたが新しいのは濡れるとたくさんのアンペルマンたちが現れます。Beachboysも良いですが(この夏、愛用する予定です)Beachgirlsの色はかなり良い!この撮影、イタリアの真夏の様な日差しのもと、しかも濡れてる状態です。乾いてるともう少し抑えめの色で、質感もとっても良いのです。AMPELMANN BerlinのWebショップ、ま...

  2. Always with AMPELMANN ! 新製品情報! - べルリンでさーて何を食おうかな?

    Always with AMPELMANN ! 新製品情報!

    僕のiPhoneは6sなんですが(その前は5s、プロトタイプのアンペルマンケースが気に入ってて使い続けたけれど、さすがにダメになった)現行品のケース(iPhone7用もあります)少ししっとりした質感でなかなか良いです。シースルー、前は名刺を入れてたんですが、今はKIEZステッカーにしてます。上が僕のKIEZであるCharlottenburgで下はAMPELMANNのKIEZであるMitteで...

  3. 東京Vol.6 (2016年春)AMPELMANN 撮影とメイキング写真 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    東京Vol.6 (2016年春)AMPELMANN 撮...

    まだ3/31(2006年の)続きます、今回が最後です。上野公園と谷中墓地でのアンペルマン撮影、桜の時期にちなんで(そしてこの直前にやっとできた)フラウスポンジメインで行いました。 上野公園は人通りが多すぎて地面に置いての撮影は不可能、遠くからだけとなりましたが、ここは適度な人通りで◎でした。こんな風に撮ってます、これは上野公園。谷中墓地で。このあたりは挨拶も普通だし、話も時々弾みます。「何撮...

  4. 東京Vol.5 (2016年春)外堀土手。 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    東京Vol.5 (2016年春)外堀土手。

    この3/31にホテルを出てから、四ツ谷駅でJRに乗る、訳がないんです、日記Vol.2に書きましたが。綺麗なのは市ヶ谷までの土手。別のカメラで撮ったので写真フォルダが別でした。四ツ谷駅から市ヶ谷に向けて、少し車道横を通り土手に上るのですが、その手前にご覧の自転車が。ガードレールと合わせてまさにアンペルマンカラー!撮影させていただきました。マルコスが背後に立ってくれて、僕がローアングルで撮るんで...

  5. 東京Vol.4 (2016年春)夕方はホテルラウンジで。 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    東京Vol.4 (2016年春)夕方はホテルラウンジで。

    夕暮れ時の東京と桜シャンペンで乾杯!@ホテルニューオータニ禅ラウンジ。谷中銀座を抜けて団子坂下あたりでタクシーに乗りホテルに戻りました。まだ3/31です、すでにVol.4!タクシーで鴎外記念館前を通り(もう閉館時間でした)東大の前、外堀際を走りますが、電車とは別の景色で説明できて、これも良いです。部屋に戻り、適当にラウンジで待ち合わせ。部屋かラウンジにいるわけですから、寝室かリビングにいる様...

  6. 東京Vol.3 (2016年春)上野桜木「あたり」 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    東京Vol.3 (2016年春)上野桜木「あたり」

    三人娘は言問通りのコンビニでゲットしたアイスでご機嫌でした。ソフトクリームは僕ら日本人には、特にヨーロッパにいると、昔は全く無かったので懐かしい。マックが先駆けか?この頃めずらしくなくなりましたが、でも主流じゃない。やはりジェラート、イタリア系かそのドイツ発展系がメインです。プレンツラウワーベルクでもミッテでも、クーダム界隈にも実にアイス専門店が多いのに比べると、日本は(ソフトクリーム以外は...

  7. 東京Vol.1 (2016年春) - べルリンでさーて何を食おうかな?

    東京Vol.1 (2016年春)

    マルコスたちとの日本、金沢から厳島、津和野に京都と巡り最後は桜満開の東京です。今回の宿はニューオータニ。四谷の土手、外堀の桜は毎年楽しみにしてるくらいですし、DSOツアーで泊まったニューオータニが傍だなーと思いならがマルコスと検索したら(それまでの定宿グランドプリンスホテル新高輪の桜も部屋も良いのですが)ホテル内ホテル、エグゼクティブハウス禅を見つけたマルコス、かなり気に入り「ここにしようよ...

  8. 京都最終日 (2006年春)Vol.3 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    京都最終日 (2006年春)Vol.3

    京都の街を歩いて、ここは外せません。3月末だから春休み、大学生のお嬢さんたちか?着物でのお散歩、二年坂、産寧坂でも見かけますが、良いものです。そう言えば2010年には舞妓さん二人の後ろ姿とアンペルマンを撮らせてもらいましたが、そのお二人「あのー、私たち偽物ですが、よろしいですか?」とOLさん二人。立ってるだけじゃ気付かないくらい八坂の塔をバックに決まってましたが、今年はニセ舞妓さん(笑)は見...

  9. 京都最終日 (2006年春)Vol.2 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    京都最終日 (2006年春)Vol.2

    3/30、柊家さんにトランクを預かってもらい、徒歩圏内を散歩です。軽くどこかで昼ごはん(または食べ歩き)して夕方の新幹線で東京行きでした。上の写真は柊家から歩いて高瀬川に交差した所で、ベストショットの一枚です。荷物をフロントまで運び、記念写真。そして高瀬川経由祇園方面へ。夜はとんでもない混雑ですが昼前は、そうでもないのです。コインを管理する二人。こういう商店街、そういえば日本でほぼ初めてでし...

  10. 京都最終日 (2006年春)Vol.1 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    京都最終日 (2006年春)Vol.1

    柊家角部屋の縁で決まってる朝ご飯前の小学生。朝ごはんもマルコスたちの部屋で。いや、こんなに片付いてるわけがないな?!といま思い返したら、泊まったのは僕らの真上の大きな部屋で、この角部屋は二泊目に空いたので(元々こちらを希望していた)移りますか?と言ってくださったんですが、マルコスがみんなのリビングとして使わせてもらった方が良いと思う、と食事時に使わせてもらいました。なので、今回も4部屋に入る...

  11. 伏見稲荷の鳥居とAMPELMANN (2016春) - べルリンでさーて何を食おうかな?

    伏見稲荷の鳥居とAMPELMANN (2016春)

    かの有名な伏見稲荷の鳥居。右が上りで左が下りです。一方通行。で、右は奥社に向かう人が連なっていて、立ち止まるのも憚れる。しかしお隣は、人通りがまばら。皆さん途中のどこかで記念撮影するから、一度に人は来ない、らしい。もちろん時々は来ますが、右側とは全く違う。と、奥にチラリと見える浴衣姿のお二人は、写真を撮っていました。で、先に進もうとしたら、僕が地面で撮ってる姿が見えたらしく、歩みを止めて遠慮...

  12. 南禅寺から伏見稲荷 (2016年春) - べルリンでさーて何を食おうかな?

    南禅寺から伏見稲荷 (2016年春)

    龍安寺でマルコスが靴を磨き、さて?!右近さんは次の予定が数時間後にあるので伏見稲荷には是非連れて行っていただき清水寺は産寧坂手前の駐車場で降ろしてもらい自分たちで歩くことにしました。最後はタクシーで宿に戻れば良いわけです。で、その伏見稲荷の前にどこか?で結局今回も哲学の道を南下して時間切れでたどり着けなかった南禅寺に連れて行ってもらいました。三門。 Rは疲れていたんじゃなくて、動き足りなかっ...

  13. 金閣寺と龍安寺 (2006春inJapan) - べルリンでさーて何を食おうかな?

    金閣寺と龍安寺 (2006春inJapan)

    2016年3月末の京都の朝です。柊家の大女将と女将に見送っていただき、右近さんの運転するワゴン車で金閣寺に向けて出発しました。大人だけだと1999年のベルリンドイツ響ツアーの時のように(丸一日、京都でオフでした)市電乗ったり歩いたりで京都とじっくり知り合うのも良いですが、元気とは言ってもドイツから来て旅行つづきのティーンエージャー3人がいますから、移動は楽な方が良いです。黒塗りのワゴン車、黒...

  14. 柊家の朝 (2016春の日本) - べルリンでさーて何を食おうかな?

    柊家の朝 (2016春の日本)

    気持ちの良い朝、柊家さんの玄関も掃き清められ打ち水されてました。この二枚は観光に出発する時に撮りました。朝の部屋からの眺め。川端康成先生も執筆の合間に眺めたであろう景色です。左の障子を開けるとお隣角部屋のお客さんが窓際まで来たら見えてしまいます。見ようと思わなければ一切目に入りません。この部屋の湯殿は右手、小さいスペースに工夫して美しく作られた部屋。2回の逗留で旧館4部屋、新館も食事の時に見...

  15. 京都初日 (2016年春)銀閣寺さんへ - べルリンでさーて何を食おうかな?

    京都初日 (2016年春)銀閣寺さんへ

    京都に午後到着。銀閣寺でマルコスの幼馴染(息子さんがVW Japanに転勤で時期を同じくして来日してました)と時間合わせて待ち合わせしてました。一足先に玄関へ(人数多いし、女の子多いから、じゃなく実はマルコスが出かけ前の支度に時間かかります)前の道も玄関周りも素敵な佇まいですから少し待つのは歓迎です。旅っていろんな楽しみがあります。色々見て回るための宿ならほとんどそこにいないから簡単なホテル...

  16. マルコスの誕生日in津和野 (2016年春) - べルリンでさーて何を食おうかな?

    マルコスの誕生日in津和野 (2016年春)

    もう津和野を出発する朝です。そしてマルコスの誕生日!古橋さんから乾杯用にPFを頂戴しました。由緒正しい日本旅館の朝ごはん。子供達、まだかなー?みんな揃って「誕生日、おめでとう!」 ジョージくんにお願いしたケーキ(急遽、ありがとう!)ケーキで祝いました。僕らからは荷物にならないし旅行中にも使えるスカーフ。家内の手縫いです。そして津和野駅へ大移動。なんと古橋さんが津和野を代表してお見送りに来てく...

  17. 津和野二日目(2016年春)Vol.4 晩御飯はアルチジャーノにて。 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    津和野二日目(2016年春)Vol.4 晩御飯はアルチ...

    古橋酒造さんの右側の蔵の入口部分で営業していたイタリアン「アルチジャーノ」若い二人が経営してるお店です。アンペルマン室内楽ではオクテット(2011)からクインテット(2012)、そして2013年のデュエットも打ち上げはこのお店でした。いや、2011年の大きな打ち上げは師匠のA松さんのイタリアンPinoRossoで盛大に行われ、2012年はアルチジャーノで師弟ならんで調理する姿を拝見しました。...

  18. 津和野二日目 (2016年春)Vol.3散策後半「沙羅の木」さんと三松堂&古橋酒造 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    津和野二日目 (2016年春)Vol.3散策後半「沙羅...

    Rの幸せな景色からVol.3は始まります。津和野といえば、鯉。畳敷のカトリック教会があります。バーバラは夕方、イースターのミサに参加しました。鷗外記念館からタクシーでマルコスたちは稲荷さん、僕らは沙羅の木さんへ移動。沙羅の木さんは三人娘には楽しみにしていた桃源郷、ベルリンへのお土産を嬉しそうに選び始めました。津和野なら危ないこともないし、しばらくは自由に見てもらおうと(三人ともお腹すいてない...

  19. 津和野二日目(2016年春)Vol.2 散策前半 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    津和野二日目(2016年春)Vol.2 散策前半

    写真はAMPELMANNの生まれ故郷ベルリン中央区、しかも信号機としてアンペルマンが初めて設置されたUnter den Lindenの標識とマルコス。津和野町役場津和野庁舎にあります。二泊三日というのはフルにあるのは中1日です。山口線急行列車で夕方到着、この翌日は午前中早くのに乗らないと京都に明るいうちに着けませんので、まずは朝飯前に古橋さんに酒蔵をご案内いただき、明月旅館で朝食の後少し休ん...

  20. 津和野に到着(帰国日記2016春) - べルリンでさーて何を食おうかな?

    津和野に到着(帰国日記2016春)

    ひと月近くブログをお休みし、今日は6/10です。5月の出来事を記して来ました。ブログは写真で管理しています(他には書きたいことmemoで)がところどころ抜け落ちることは今までもありましたが2016年、昨年の春にマルコスのファミリーと金沢から厳島経由で津和野、京都、東京とした来日日記が津和野到着前で途切れていました。これから書く津和野に着いた日!は写真整理が終わっていましたが、これ以降のマルコ...

1 - 20 / 総件数:37 件

似ているタグ