イギリスのタグまとめ

イギリス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはイギリスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「イギリス」タグの記事(104)

  1. 今週の土曜日 OPEN ♪ - CHELSEA'S DIARY

    今週の土曜日 OPEN ♪

    イギリスから戻って1週間。バタバタしていますが、順調に準備は進んでいます♪4月29日 11時30 OPEN です♪◆Spring Afternoon teaのお知らせ     5月12日よりSpring Afternoon teaをopen致します。 詳しくは、hpをご覧ください。◆ブログの方、更新が怠っています。すみません。。。

  2. 1/35 A34 Comet 3 - (仮)セーサク日誌 モケー編

    1/35 A34 Comet 3

    タミヤのバレンタインは驚異的ですね~、複雑な車体がバラバラ分割なのにパスパス決まる‥すっ、スゲエ(ゴクリ)。てなこって、既に仮UPしてしまった香港はブロンコ製1/35クルーザータンクA34コメット製作の事後報告です。前回はちょっと違う防盾形状やリアデッキの改修が終わり、だいたいのバランスが見えてきた所なので更に進めませう!とゆーか、大会期日まで逆算するとそろそろ諦めモードに入らないと間に合わ...

  3. 2017年イギリスのガストロパブ・トップ50 - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    2017年イギリスのガストロパブ・トップ50

    すっかり遅くなっちゃいました。。。2017年1月30日(月)、イングランドはハートフォードシャーにあるバー&レストラン、Hemitage Rdを会場にガストロパブ・アウォーズが発表されました。そのニュースについてはこちら(↓)。Top 50 Gastropubs 2017: Yorkshire pub steals the top spothttp://www.morningadvertis...

  4. 2017 春 - (仮)セーサク日誌 モケー編

    2017 春

    いやー、前回の筆ペンあほマンガ絵のまんま放置しててすいませんです。ひっさびさで申し訳ありません、セーサク者です。ここのところ労働と日常生活、そして作ること以外は少しでも寝る事を優先していたのでアホ日誌の更新もままなりませんでしたが、今サブミットできている‥ということは、そう、A34コメット完成しました。そして今年も行ってきました中四国AFVの会2017at下関!て、いきなりショボくてすみませ...

  5. ウェイトローズが中国でイングリッシュワイン販売を開始! - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    ウェイトローズが中国でイングリッシュワイン販売を開始!

    イギリスでワインを購入するのにスーパーマーケットは欠かせない存在。とりわけ、高級スーパーマーケット、ウェイトローズ/Waitroseは、イングリッシュワイン(ウェルシュワイン含む)が現在のように一目おかれる存在になったのに大きく貢献しており、それは今も続いています。ウェイトローズは2001年より、イングリッシュワインの取扱いの多さ(現在100以上)、販売ともトップを走っています。昨年、201...

  6. 女ガンマン・皆殺しのメロディ - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    女ガンマン・皆殺しのメロディ

    ★★★★★★★☆☆☆WOWOWで。90分に満たないB級西部劇。ストーリーは単純明快、起承転結がハッキリしている。特別面白いわけでもないのだけれど、妙に心に残るのですよね、こういう映画は。まぁ、ほとんどはラクウェル・ウェルチで記憶するのですけども(笑)クライマックスの復讐シーンが良かった。

  7. イギリスでの展示に向けて - 小林雄一 西山奈津 陶芸日記

    イギリスでの展示に向けて

    渋谷ヒカリエ、益子つかもと、代官山ヒルサイドでの展示にお越しいただいた皆様本当にありがとうございました。年始の窯でミスったせいでイギリス企画展用の作品が足りず、個展が終わって早々に作ってました。展示自体は6月なのですが、提出期限が4月中頃なのでギリギリでしたが間に合いました。気付いたら世間では桜が咲いているのですね・・・ともあれ完成しましたよーー!!焼きあがった織部の花器たち。箱書きもこんな...

  8. トレイシーとの出会い - 世界暮らし歩き (旧 芦谷有香 な日々)

    トレイシーとの出会い

    2016年度の英国滞在で、最も印象に残った「人との出会い」は、トレイシーとのものだった。彼女はアーティストであると同時に英語の教師もしており、わたしはその生徒として出会ったのだった。と言っても最後の1ヶ月だけなのだが(彼女はそれ以前は他のクラスを受け持っていた)、その1ヶ月がとても充実した内容の濃い授業だったのだ。その土台には彼女の教えることへの情熱と創意工夫があり、それがひしひしと感じられ...

  9. 【シリア情勢】英仏帝国主義への批判精神も忘れてはいけない - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    【シリア情勢】英仏帝国主義への批判精神も忘れてはいけない

    アメリカやロシアばかりが目立つシリア情勢ですが、もともと、最初に「反政府勢力」に肩入れし、シリアで空爆しまくっていたのは他でもない英仏です。日本人でアメリカやロシア、あるいは中国に厳しい見方をする人の間でも、英仏となると、甘くなってしまう傾向はある。しかし、シリアとかイラクとかパレスチナとか、ゴタゴタが起きている地域で悪行三昧をしていたのは、他でもない英仏帝国主義です。英仏帝国主義は、サウジ...

  10. 世界一過酷なレース グランドナショナル - 東京競馬場の怪人

    世界一過酷なレース グランドナショナル

    昨晩、英国リバプールのエイントリー競馬場で世界一過酷なレースグランドナショナルが行われました。40頭立て19頭完走。好成績かな。一度、本物を見に行きたいです。

  11. 投稿しないまま春になってた! - イギリスのマダム??

    投稿しないまま春になってた!

    とっても久しぶりの投稿です。元気にやってます。一時帰国して美味しいものたくさん食べたりイギリスに初めて母が遊びに来てくれて初の義母との対面があったり 色々ありました。来月はタイからとってもお世話になった家族が遊びにきてくれることになったりこれからも楽しみなことがあります。ずっと投稿してなかったけど年末年始はまた義母の家で過ごしていたのですが義兄、そのガールフレンド(今は別れた。) たちが色々...

  12. Ding, Dong, Bell, Pussy’s in the Well《ディン・ドン・ベル、ニャン子が井戸の中》 - ロビンソン商会 歌詞対訳works

    Ding, Dong, Bell, Pussy’s i...

    The Broadside Band収録アルバム: Old English Nursery RhymesDing, Dong, Bell,Pussy’s in the Well.Who put Her in?Little Johnny Green.Who pulled Her out?Little Tommy Stout.What a Naughty Boy was that,To try ...

  13. 東芝 イギリスの原発会社の全株式の買い取りを発表 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    東芝 イギリスの原発会社の全株式の買い取りを発表

    東芝よ!もう原発には懲りたのではなかったのか?大丈夫なのか?!東芝 イギリスの原発会社の全株式の買い取りを発表4月4日 21時24分経営再建中の東芝は、イギリスで計画中の原子力発電所の受注を目指して、3年前に買収したイギリスの企業をめぐり、共同で出資しているフランスの企業が保有する、すべての株式を事前の取り決めに基づいて買い取ると発表し、現在、目指している海外の原子力事業からの撤退に影響を与...

  14. バイオダイナミックファームを散歩 - 毎日の選択

    バイオダイナミックファームを散歩

    3月の最後の日曜日はイギリスの母の日でした。夫の両親を招待して、いつも行くバイオダイナミック農園へウォーキングへ。お天気は快晴。三泊四日の滞在でしたが、毎日バイオダイナミックの御飯を息子に用意してもらって、とても嬉しそうなお義母さんとお義父さんでした。

  15. わたしは、ダニエル・ブレイク - マイケルと読書と、、

    わたしは、ダニエル・ブレイク

    イギリス北東部ニューカッスルで大工として働くダニエル・ブレイク。心臓病のダニエルは、医者から仕事を止められ、国からの援助を受けようとしたが、複雑な制度に阻まれ、援助が受けられない。そこには、ロンドンのアパートを追い出され、2人の子どもをもつシングルマザーのケイティもいて、彼女を助けたことから、絆を深めていくダニエル。しかし、ダニエルもケイティも、厳しい現実によって、ますます追い詰められ・・・...

  16. おばあちゃんへの手紙 - 毎日の選択

    おばあちゃんへの手紙

    先月他界した主人のおばあちゃんの遺品を整理していたら出て来た手紙。13年前に私がまだ日本にいた時に書いたもの。仕事の事とか院の卒業式の事とかを書いて、折り紙で作った箱に入れてイギリスにいたおばあちゃんに送ったのでした。まだ主人の彼女だった時から本当に可愛がってくれていたのは感じていたけど、差出人ですら忘れていた手紙をこんな風にとっていてくれていたなんて胸が熱くなります。亡くなっても愛情を注い...

  17. イギリスの強烈なサイダー(りんご酒)「Scrumpy(スクランピー)」 - ブルーベルの森-ブログ-英国カントリーサイドのライフスタイルをつたえる

    イギリスの強烈なサイダー(りんご酒)「Scrumpy(...

    イギリスでサイダーというと、炭酸飲料ではなくて「りんご酒」のこと。りんごのきりっとした酸味が爽やかで、パブに行くとつい頼んでしまいます。私は辛口のStrong bowが好きなのですが、これはたいていの店に置いてあり、スーパーでも缶入りのものを買うことができます。英国南西部・デボンを旅したときのこと。この地方はサイダーの産地で、手作りのサイダーが味わえるというのです。これは一度は試さなければ!...

  18. 栓抜き「THE CROSS KEYS」(英国) - 軍装品・アンティーク・雑貨 パビリオン

    栓抜き「THE CROSS KEYS」(英国)

    英国の南西部、サマーセット州にある「THE CROSS KEYS」というレストランかホテルで使用されていた金属製の栓抜きです。1542は創業年かも知れません。横6.5センチ、縦9.0センチ、重さ40グラム。

  19. 「ザ・ファイブ 残されたDNA」 - 幸せそそそな毎日毎日

    「ザ・ファイブ 残されたDNA」

    「ザ・ファイブ 残されたDNA」イギリスのサスペンスドラマです。イギリスなので・・・先入観を持ってしまったのがいけなかったのかもしれない・・いらぬ描写が多い気がして、ときどき「ここいらない・・・んじゃない・・」毎度の独り言が多かった気がする・・・。サスペンス通の人々はおそらく、おそらくだよ、たぶん、あの絆創膏のところで「ジェシーはコイツ ・この人」・・と、わかったはず。私はこれっぽっちもだっ...

  20. ●セント・パトリックディ♪ - 英国古物店 PISKEY VINTAGE/ピスキーヴィンテージのあれこれ

    ●セント・パトリックディ♪

    今日は3月17日は、St Patrick's Day/セントパトリックス・デーです。初めてアイルランドにキリスト教を広めた聖人、聖パトリックの命日としてカトリックにおける祭日の日。アイルランド、イギリスを始め世界各地でお祝いのパレードやイベントが。アイリッシュパブではお祝いにギネスがパカパカ飲まれているのではないでしょうか。↑こちらはギネスのヴィンテージコースターです。イギリス、ニュージーラ...

1 - 20 / 総件数:104 件

似ているタグ