イスラームの工芸(エブル・テズヒーブ・金彩・装丁)のタグまとめ

イスラームの工芸(エブル・テズヒーブ・金彩・装丁)」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはイスラームの工芸(エブル・テズヒーブ・金彩・装丁)に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「イスラームの工芸(エブル・テズヒーブ・金彩・装丁)」タグの記事(1)

  1. ハート型は相性がいい*エブル - 写真でイスラーム  

    ハート型は相性がいい*エブル

    エブル(マーブリング)  水の上の引きのアートであるエブル。落とした絵具が浮く。その浮いている絵具上にピンを差し込み引いていけば円形の絵具は引っ張られていく。 そこから連想される形はハート型。薄めの色で地模様を入れた意図的に濃いピンク系の色を落とし、その次に別の色を加える。今回は金を加えた。そこにそっとピンをさして引いていくと円はこわれ、中央部の絵具が引きづられていく。こうしてハートのような...

1 - 1 / 総件数:1 件

似ているタグ