イルミネーション・夜景のタグまとめ

イルミネーション・夜景」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはイルミネーション・夜景に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「イルミネーション・夜景」タグの記事(8)

  1. 富山散歩~県西部290~戸出七夕まつり - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県西部290~戸出七夕まつり

    JR城端線戸出駅7/3~7/7、戸出七夕まつりが行われます。高岡市戸出地区に伝わる伝統的な七夕祭りは、。「日本海側随一の七夕まつり」「日本で最も由緒ある七夕まつり」と称されます。暦の改変や梅雨時期を避けるなどの理由で8月7日に七夕まつりを開催する地域も多い。そんな中、戸出では江戸時代以来節句日(7月7日)開催を頑なに守り続けている。このことが日本で最も由緒ある七夕まつりであると云われる所以と...

  2. 金沢城のライトアップ夜景 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    金沢城のライトアップ夜景

    加賀百万石、前田家の居城「金沢城」今回は、ライトアップを撮ろうと日没の時刻に訪ねました金沢城で最も有名な石川門江戸時代からの遺構で、重要文化財。有名な石川門ですが、金沢城にとっては実は裏門であり・・・・正門は"河北門"になります。「一の門」、櫓門である「ニの門」、「枡形土堀」で構成される河北門は、2011年に復元されました。左に橋爪門続櫓、右に菱櫓、それを結ぶ五十間長屋五十間=100mに及ぶ...

  3. 蛍二十日に蝉三日 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    蛍二十日に蝉三日

    6月になると・・・・そろそろと思うのは「ホタル」「蛍二十日に蝉三日」と云われるように、その盛りは極めて短いです。ホタルの繊細な光跡の撮影を今回挑みました。飛ぶか飛ばないか、果たしてどこへどう飛ぶのかは、全てホタル次第ですので~ひたすら"忍耐"の待ち時間を過ごします。ホタルの生息地は浄化された河川(用水)であり、コンクリートで護岸されていたり、農業の農薬が流れるようなところでは生息は難しいよう...

  4. 突然の・・・ストロベリームーン・・・なんだそれ!? - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    突然の・・・ストロベリームーン・・・なんだそれ!?

    初夏の水田の夕暮れ日中は無機質に感じる高圧鉄塔も、夕暮れには画になる陽が沈み・・・残照の空も面白い画になりますしかし、梅雨が本格的になると暫くは見られないでしょう6月9日は"ストロベリームーン"でした。今年1年で、地球から最も離れた最小の満月です米国でイチゴの収穫時期に見えることから付けられた呼び名で、この日の月だけが、特にイチゴの様に赤く見える訳ではありません。ストロベリーの名を冠する月な...

  5. 富山散歩~県東部388~岩瀬曳山車祭「東のけんか山」 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県東部388~岩瀬曳山車祭「東のけんか山」

    曳山祭りは「静々と巡行して終了する祭」と「巡行に加えてぶつけ合う喧嘩祭」の2通りがあるようです。後者の曳山は、富山では俗に"けんか山"と称されます。岩瀬曳山車祭(いわせひきやままつり)は、富山県富山市岩瀬(東岩瀬)地区で毎年5月17日・18日に行われる岩瀬諏訪神社の春季祭礼。曳山は13基。昼間は木遣り唄のあと「ヤサー、ヤサー」の威勢の良い掛け声のもと曳き回されます。夜の岩瀬の古い町並み祭の日...

  6. 富山散歩~県西部288~伏木曳山祭「西のけんか山」 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県西部288~伏木曳山祭「西のけんか山」

    曳山祭りは「静々と巡行して終了する祭」と「巡行に加えてぶつけ合う喧嘩祭」の2通りがあるようです。後者の曳山は、富山では俗に"けんか山"と称されます。伏木曳山祭(ふしきひきやままつり)は、富山県高岡市伏木地区にて毎年5月15日に行われます。江戸時代後期より続く、海岸鎮護・海上安全の神である伏木神社の春季例大祭です。7基ある山車は、5月14日夕刻には勢揃いしライトアップされ、とても壮観です。山車...

  7. 富山散歩~県西部284~福野夜高行燈祭 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県西部284~福野夜高行燈祭

    福野夜高祭(ふくのよたかまつり)は、富山県南砺市福野地域の市街地で毎年5月1日から3日に行われる江戸時代中期より続く福野神明社の春季祭礼。5月1・2日の宵祭りには夜高行燈の練り廻し、3日の本祭には4基の曳山、1台の屋台が巡行します。祭りの謂れは・・・・1652年、数十日かけて伊勢神宮からの御分霊を奉じて越中(富山)へ向かうも、加賀(石川)と越中の国境の倶利伽羅峠にさしかかったところ、日が暮れ...

  8. 富山散歩~県東部384~内山邸で観桜 - Tomの一人旅~気のむくまま、足のむくまま~

    富山散歩~県東部384~内山邸で観桜

    豪農の館「内山邸」"豪農"という字からは、スゴイ農家ということになるが・・・・江戸時代における大庄屋の内山家は、この地域の警察、税務署も兼ねた領主の様な存在であったらしい。そして季節の花を求めて年に3~4回は訪れるここは、今回は桜を・・・樹齢は分からないが、染井吉野の大木そして庭には、素晴らしい紅枝垂桜この紅枝垂桜の楽しみ方は・・・・邸内の茶室から眺めるのも、なかなかイイ夜に再び訪れた、内山...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ