ウラギンシジミのタグまとめ

ウラギンシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはウラギンシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ウラギンシジミ」タグの記事(17)

  1. ■ 越冬したチョウ   17.3.4 - 舞岡公園の自然2

    ■ 越冬したチョウ   17.3.4

    晴れて気温も高くなるという予報が外れた。ウォーキンググループ「悠々会」の例会は「馬籠文士村~池上本門寺を歩く」。家を出る時に用心のため着ていったライトダウンジャケットが役に立ったほどの冷え込みと冷たい風の1日だったきのうの暖かさでは越冬していたチョウが飛び立っていた。キタテハ 1   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/500,F8        畑の脇道...

  2. 小畔川便り(2月末での越冬蝶の様子など:2017/2/22.23) - 小畔川日記

    小畔川便り(2月末での越冬蝶の様子など:2017/2/...

    2月22日は気圧配置は冬型で、気温も10度前後だけど風はない。土手でようやくカントウタンポポが咲き始めて、それにモンキチョウが吸蜜に来た。ニコンD500 ニッコール70-200この土手にはセイヨウタンポポがほとんどなくて、見られるのはカントウタンポポのみ。数の減っているカントウタンポポとわかる写真を撮りたかったけど、まだ花茎が短くてそれらしい写真は撮れなかった。少し翅の壊れた個体がホトケノザ...

  3. ウラギンシジミ - Bravo! Birds

    ウラギンシジミ

    ウラギンシジミの♀です。♂の表の模様は茶褐色に橙色をしているのですよね。素人ですが、これだけは何とか分かります。手すりに止まっていた♂も撮影したのですが、私が手すりにバッチリ映ってしまっているのでアップできません(^^;)2016年12月中旬撮影成虫の状態で越冬します。この間も暖かい日にヒラヒラ飛んでいるのを見ました。2016年10月下旬撮影ウラギンシジミ(裏銀小灰蝶) Curetis acuta

  4. マリーゴールド:蝶が好む花(2011-2016) - Butterfly & Dragonfly

    マリーゴールド:蝶が好む花(2011-2016)

    2011年~2016年の間に、私が観察できた範囲でオカトラノオとともに14位となったのはマリーゴールドでした。園芸種ですので、集まってくるのは平地の蝶たちです。マリーゴールドはキク科の花ですが、キク科が蝶を惹きつける力はかなり高いようです。①クリ(ブナ科) 23種類(前年比1種増加)②ブッドレア(フジウツギ科) 21種類(1種増加)③ハルジオン(キク科) 18種類(3種増加)③アザミ(キク科...

  5. そして誰もいなくなった in2017.02.04&19見沼田んぼ - ヒメオオの寄り道

    そして誰もいなくなった in2017.02.04&19...

    越冬チョウ探しでまず見つけたのは越冬「キイロテントウ」です。本日、灯籠、狛犬であわせて7頭見つけることが出来ました。キイロテントウの見つけた灯籠、狛犬の反対側の灯籠で1頭だけですが越冬「キノカワガ」も見つかりました。               in2017.02.19見沼田んぼところが肝心の越冬チョウは・・・・・・・・・・・・・・               in2017.02.04見沼田...

  6. 見沼ウラギンシジミ孤軍奮闘 in2017.01.03~02.04 - ヒメオオの寄り道

    見沼ウラギンシジミ孤軍奮闘 in2017.01.03~...

    1月3日の時点では見沼田んぼで越冬中のウラギンシジミはこの道路沿いの個体見沼ペアAなど元気に越冬中でした。                in2017.01.03見沼田んぼ見沼ペアAを写しているとブログでお世話になっているAさんに出逢いました。私が見つけたのとは別の有名神社で越冬中のウラギンシジミをAさんから教えてもらいました。                in2017.01.08見沼田ん...

  7. 小畔川便り(1月末時点での蝶たち:2017/1/30.31) - 小畔川日記

    小畔川便り(1月末時点での蝶たち:2017/1/30.31)

    1月30日は都内では20℃を超える場所もあったようだけど、こちらは雲が多く、気温も15℃を超えたかなという程度。公園の様子を見に行くと、3頭で越冬中のムラサキシジミはそのままだった。ニコン1J5 1ニッコール10-30気温が高いせいか、1頭がストロボの光に反応して翅を少し開いた。ムラサキツバメのメスも飛び出したけど、斑紋の特徴から、こちらが把握している個体とは別の個体のようだ。どこか別の場所...

  8. 小畔川便り(ムラサキシジミの減少原因の一つ風?:2017/1/21-23) - 小畔川日記

    小畔川便り(ムラサキシジミの減少原因の一つ風?:201...

    1月21日は公園に出かけたら、いつも観察しているツバキの近くに脚立が置いてある。あれ、誰か来たのかなと思ってみたら霧島緑さんだった。晴れてはいるけど北風が結構ある。18日に翅を開いてくれたムラサキツバメは、この日はいつものねぐらに落ち着いて動く気配はなかった。ニコン1J5 1ニッコール10-30霧島緑さんはすでに一回り観察されていて、この前4頭集団になっていたムラサキシジミが3頭の集団になっ...

  9. 春を待つ - 夜つぐみの鳴くところで

    春を待つ

    出掛けに塀をを見ると蝶がとまっていました。冬を越すウラギンシジミですね。椿などの葉裏で越冬する事が多い様です。近くの椿から出てきて日向ぼっこをしていたんでしょう。どうかこのまま無事春を迎えられますように。

  10. ぎんいろのおくりもの… - 侘助つれづれ

    ぎんいろのおくりもの…

    錦魚葉侘助の葉っぱのうらに『ウラギンシジミ』みつけましたちょっとハネが変な形だけど…昨日は庭仕事しているとじわっとあせばむほどの陽気じっと観察していると…ふわふわ降りていく赤い色が見えなかったので雌ですね冬の庭に舞い降りた銀花のごとく白くはかなく美しく輝く**雪景色のかわりに自然からいただいた贈り物かな**今日も庭仕事楽しもう***

  11. 小畔川便り(寒波の後の越冬蝶たち:2017/1/16) - 小畔川日記

    小畔川便り(寒波の後の越冬蝶たち:2017/1/16)

    1月の14.15日は日本全国で大雪が降り、各地で被害が出ているようだ。今日16日もまだ雪が続いているようだけど、関東は例によって晴天。ただ気温は低くて、朝は-6℃だとか。部屋の窓の雫が凍って窓が開かなかったし、一軒家の方は水道管が凍ったとか言っていた。いずれもここに住んでから初めてのことだ。11時過ぎに蝶の様子を見に行く。いくつかショッキングな変化が起こっていた。まず、マテバシイに引っかかっ...

  12. ヒメアカタテハ幼虫とウラギンシジミ成虫の越冬(千葉県松戸市、20170102-0103) - Butterfly & Dragonfly

    ヒメアカタテハ幼虫とウラギンシジミ成虫の越冬(千葉県松...

    1月2日(月)、3日(火)、千葉県北西部は元日からの好天が続きました。両日ともに所用がありましたので、隙間時間に近所の公園で蝶の姿を探しました。この時期にしてはかなり暖かいと感じましたので、成虫が飛んでくれるのではと少し期待していたのですが、残念ながら見つかりませんでした。近所の公園の入り口にお正月飾り。この公園にはアベリアの植栽があり、アゲハ類を見によく来ます。公園の整備にはボランティアの...

  13. 小畔川便り(正月三が日の蝶たち:2017/1/1.3) - 小畔川日記

    小畔川便り(正月三が日の蝶たち:2017/1/1.3)

    今年の正月は気温も平年より2,3℃くらい高く穏やかな日が続いた。1日は近くの神社にお参りに行った後、蝶の様子を見に行った。この日は初詣のついでなので、カメラはかさばらないオリンパス STYLUS1s にした。川原近くの民家では紅梅が咲いていた。オリンパス STYLUS1s土手にはオオイヌノフグリも咲き始めていた。オリンパス STYLUS1sホトケノザも少ないながら咲いている。オリンパス ST...

  14. ウラギンシジミの年越し in2016.11.23~2017.01.02 - ヒメオオの寄り道

    ウラギンシジミの年越し in2016.11.23~20...

                in2016.12.29見沼田んぼ年明け竿頭の記事は、継続観察中の「ウラギンシジミ」です。昨日2017.01.02から、時間を遡りながら2016.11.23までの記録です。昨日は継続観察地の立地条件から見沼田んぼ訪問を諦めて、埼玉県中部の自然観察公園へ出かけてきました。公園①と命名したこの個体は公園の入口付近にある南向きの石垣で越冬中です。公園②は、公園奥の散策路沿い...

  15. 越冬昆虫探しの日 - オヤヂのご近所仲間日記

    越冬昆虫探しの日

    Olympus E-M5II+SAMYANG OPTICS 7.5F3.5 FISH EYE/MFT BLACKまた朝からホソミオツネントンボの越冬場所へ。いつもの虫友Tさんと撮影。今日は6頭程いて、いよいよ越冬本格化の様相。●道を隔てた反対側の木にはムラサキシジミの越冬集団 今の所4頭程。Olympus E-M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO...

  16. 小畔川便り(2016年の最後の日の観察中の蝶の状況:2016/12/31) - 小畔川日記

    小畔川便り(2016年の最後の日の観察中の蝶の状況:2...

    ここにきて晴れても気温が上がらず、川原では飛んでいる蝶の姿が見られなくなった。いつもの公園でも、気温が10度を下回っているので、晴れていても活動する蝶の姿が見られない。2016年の最後の日、観察している蝶の姿を一応記録にとどめておこうと思う。29日と30日に撮影したものだ。暖かい日があればまだ活動するかもしれないし、寒い日が続けばこのうち何頭が無事冬を越せるだろう。ムラサキシジミは、越冬集団...

  17. 越冬 再確認 - おらんくの自然満喫

    越冬 再確認

    今冬最大の冷え込み12月17日 この冬最も冷え込み、田畑には一面の霜が降り、初氷も見られました。紅葉したドウダンツツジの葉に霜が降りています葉の縁で氷晶が成長しています近くのカラムシの葉も一面の霜が・・・今冬数回の弱い降霜に耐えて来ましたが、今回はダウン間違いありません。例年よりもやや遅くなってから、アカタテハが産卵し3齢まで育っていた幼虫は、12月になって弱い霜に凍えて黒い塊になってしまい...

1 - 17 / 総件数:17 件

似ているタグ