エッセイのタグまとめ

エッセイ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはエッセイに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「エッセイ」タグの記事(36)

  1. 尾崎豊さんをご存知ですか? - ピアニスト&ピアノ講師 村田智佳子のブログ

    尾崎豊さんをご存知ですか?

    昨日ネットでニュースをみていたら、神田沙也加さんのご結婚のニュース。おめでたいおめでたい!その後の記事にびっくり。沙也加さんって松田聖子さんと神田正輝さんの娘さんだったの??という。びっくりである。そうか、これが時の流れ。世代の移り変わりなのだ、そう感じた。少し前に、若い生徒ちゃんと“尾崎豊”の話になった。彼女は、最近メディアで尾崎裕哉さん(尾崎豊さんの息子さん)の歌声を聴き、その経由でお父...

  2. 心臓のはなし - ピアニスト&ピアノ講師 村田智佳子のブログ

    心臓のはなし

    別に怖い話ではありません。笑どうでもいい私のファンタジーの世界です。お時間ない方はここでストップください。笑最近心臓について思うことがあります。普段はあっという間に眠りにつくのですが、緊張やストレスが続くと、お布団に入っても眠れない日があります。ここのところそんな日が続いていて。なんとなく、胸がギュッとしめつけられる感覚があって。ふと、床につくと、心臓がバクバクいっているのです。これから体が...

  3. 今日のあーちゃん 6話 - ひのひとの"ひ"日常

    今日のあーちゃん 6話

    たまにわざと訛ってしゃべる。

  4. 今日のあーちゃん 5話 - ひのひとの"ひ"日常

    今日のあーちゃん 5話

    寒いとよだれが溢れでるあーちゃん。

  5. 桜鯛 - MATSUDAS

    桜鯛

    桜が咲く頃に釣れる鯛は「桜鯛」といいますが、産卵を控え一番美味しい時期かもしれません。今朝は天気晴朗、風もなし、研修会もなし、となればこれしかありません。満潮に向かう中潮とくれば何かが釣れる予感でしたが、前回の6キロには及ばずとも2キロの食べごろサイズのとてもきれいな鯛でした。皮引き、酒蒸し、鯛茶づけ…残る部分はほとんどないほどに食べ尽くしました。

  6. 花見 - MATSUDAS

    花見

    通勤途中の桜は少しづつ散りはじめ、桜吹雪を呈してきていますが、昨日は家人と昼休みに84歳の老父を連れて花見に行ってきました。平日でもあり人もまばらでしたが、まだまだ十分楽しめる程の咲き具合でした。ここ数カ月、老父のところへは週に一度家人とおしゃべりをしにいってますが、年相応に記憶などがまばらになってきています。人間誰しも老いてはいくものでしょうが、後20年後は自分の話になるわけです。最近は「...

  7. 桜 - MATSUDAS

    暖かい天草だから桜の開花も早かろうと思われるかもしれませんが、意外に遅いのです。毎年東京はおろか熊本市内よりも遅く開花しています。先週末は雨にたたられ、すっかり散ってしまうものと思いましたが、今朝徒歩通勤途中にある海岸の桜はまだ楽しめそうな状態でした。今日から2,3日は晴天が続きそうな予報です。明日の昼休みには老父でも連れてお花見ドライブにでも行ってみようかと思います。 

  8. 今日のあーちゃん 第4話 - ひのひとの"ひ"日常

    今日のあーちゃん 第4話

    15年後が楽しみだよ。

  9. 今日のあーちゃん 第3話 - ひのひとの"ひ"日常

    今日のあーちゃん 第3話

    デブじゃない。

  10. 稚内市白鳥ルポ - 化石最北ブログダダーンDXDX!!

    稚内市白鳥ルポ

    稚内市白鳥ルポ66羽いた。し

  11. 今日のあーちゃん 第2話 - ひのひとの"ひ"日常

    今日のあーちゃん 第2話

    二十歳のくせに…!

  12. 今朝の釣果 - MATSUDAS

    今朝の釣果

    今朝の釣果。多くは語りません。75センチ、6キロの大鯛…とても満足です。

  13. ジャックマイヨールの言葉「へその緒」 - Hawaiian LomiLomi  ハワイのおうち 華(レフア)邸 

    ジャックマイヨールの言葉「へその緒」

    先日、『地球交響曲』の二番を見ていました。95年の映画で、 生前のジャックマイヨール(グランブルーのモデルになった人)が出て来ます。そこで彼が言っていました。「人間は、お腹にいるとき お母さんとへその緒でつながっている。で、産まれる時に へその緒は切られてしまうんだけど、その後 赤ちゃんは精一杯呼吸をして、人生が始まる。 へその緒は、今度は「呼吸」になるんだ。宇宙と「呼吸」というへその緒で...

  14. 記号を得て、情景を失う - Kitchen Paradise Aya's Diary

    記号を得て、情景を失う

    「老いの場所から」を書いている下河辺牧子さんのエッセイの中に「記号を得て、情景を失う」というのがあった。育ちざかりの3歳の孫が日々どんどん言葉を獲得していくのに反して、70を過ぎた著者は生き生きと場面こそ浮かぶものの「あれあれ、なんだっけ?」という具合に単語が伴わなくなっている。「記号的」な言葉遣いが苦手になる。その加減がちょうど3歳の孫と同じくらいだと言うおもしろい内容だった。孫は言う「こ...

  15. どちらでもよろし。 - ヨガな日々 ~宮城編~

    どちらでもよろし。

    3人でお茶を飲んでいた時のことです。「私って自己評価が高いの」Aさんが言いました。「貴方って自己評価低いでしょ?」AさんがBさんに向かって言いました。Bさんは、ウンウンと頷きました。「ところで貴方はどっち?」2人からの問いに考える間もなく私は答えていました。「低くもないし、高くもないかな。」『へぇ-----』となりました、自分の発言に。長い間喉につっかえていたものがポロッと取れた感じがしまし...

  16. 連載エッセイ [自然感察者のひとりごと]  ⑰【ある植木鉢の物語 2】 #エッセイ  -  スケッチ感察ノート

    連載エッセイ [自然感察者のひとりごと] ⑰【ある植...

    ヒゴスミレ【ある植木鉢の物語 2】 我が家には、もうひとつ変わった経歴を持った植木鉢がある。大きさが直径25cm、高さが11cmの素焼きの植木鉢である。 20数年前の3月、妻の知人宅へ届け物を頼まれた。私にとっては初対面の方であるから、玄関先でお渡ししたら直に帰るつもりだったが、「わざわざお越しくださってのですから」と無理矢理客室に通された。 この方は、山野草栽培や盆栽が趣味らしく、庭の地面...

  17. 自分で選んでいく - ほっとする時間

    自分で選んでいく

    この5・6年、体系や体調が変化し始め、快適に過ごすために何ができるかを探しながら変化を楽しく受け入れている途中です。友達と集まると健康についての会話が増えました。ある日のこと、お肌の手入れの話しになったとき、ちゃんとしたものを使うほうがいいと勧めてくださり、あまりにも熱心に語ってくださるので試しにと思って生まれて初めて一個、一万円もするクリームを使ってみたんです。(その方には内緒で)大事に大...

  18. ふくよかな主婦が海に浮いてる、という絵本 - 白米とシラスおろし

    ふくよかな主婦が海に浮いてる、という絵本

    ふくよかな主婦、「やわらかレイシィさん」が海に浮いているという絵本を描いてみました。こうめ出版は、KoumeArtの夢の中にある架空の出版社です(笑)では、はじまりはじまり。青い空、白い雲。今日はたのしいモルディブの日。こう気持ちがいいとついついうっつらと眠ってしまうのがレイシィさんの悪い癖。気がつくとレイシィさんはずいぶん遠くまで流されてしまいました。現実逃避をするためにレイシィさんはそっ...

  19. 気持ちの上書き - 下り坂からの風景 - A View from the Downhill -

    気持ちの上書き

    自分の周りにいる人を嫌いと思ったり、苦手だと思っているうちはなんとかやり過ごせるのですが、その気持ちを口にした瞬間、その相手が本当にダメになってしまいます。キーボードで変換していた単語を実行キーで確定することと似ている気がします。一度確定してしまうと、その後は、文字も気持ちも同じで上書したり削除しないと、そのままずっと残ってしまいます。そんなことを思ったのは、久しぶりに書店で柴門ふみさんのエ...

  20. 今日の運勢 - MATSUDAS

    今日の運勢

    毎日朝食前には新聞には目を通しますが、中でも「今日の運勢」は必ず読みます。昨日は「地元でとれた新鮮な物を食べて生き返る感じ」と書いてあったので、わざと大きな声を出して呪文のように家人に読み聞かせておきました。それなりにプレッシャーになったらしく夕食には「ソラマメ、特大アサリ、指4本の太刀魚、ブリカマ、春キャベツ」いずれも旬らしいものが揃いました。「魚屋を3軒廻った」という文句はさらりと聞き流...

1 - 20 / 総件数:36 件

似ているタグ