オオミドリシジミのタグまとめ

オオミドリシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオオミドリシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オオミドリシジミ」タグの記事(25)

  1. 海の日に海のない県へ(その1) - 不思議の森の迷い人

    海の日に海のない県へ(その1)

     モンゴルの写真の整理に未だ時間がかかりそうですが、その間にシジミチョウの季節が終わってしまいそうです。そこで、未整理のデータはそのままに群馬に行ってきました。 海の日の早朝に家を出て、ウラキンシジミが見られると教えて頂いた森へ出かけました。9時過ぎに着いた私を迎えてくれたのはミスジチョウでした。 右前翅が欠けています。近くに紅葉の木がありましたので、そこで発生したのでしょう。既に陽射しは強...

  2. 7月8日 今日のチョウ - くろせの虫 今日の虫

    7月8日 今日のチョウ

  3. 2017年7月上旬 東京都の山  - 春ちゃんのメモ蝶3

    2017年7月上旬 東京都の山 

    2017年7月2日 昨日は東京都立川市の実家に行くついでに寄ろうと思ってましたが生憎の雨で、翌日久しぶりに好天ということで、早朝に行って来ました。本日の目的は、ハヤシミドリシジミ、ウラミスジシジミと、ちょっと古いかもしれませんがオオミドリシジミ。到着7:00。早速、カシワの樹の近くでハヤシミドリシジミを発見しました。しばらく開翅を待ちましたが、開かず。目印のティッシュを近くに置いて、周辺を探...

  4. 輝くゼフには会えず - 蝶超天国

    輝くゼフには会えず

    6月24日ゼフの撮影の続きです。この日、ここでは初めて撮影できたのがオオミドリシジミでした。残念ながら♀で・・・♂のテリ張は見られませんでした。♀だからか・・・・意外と高いところは飛ばず、灌木に静止してくれます。葉の上でストロー(口吻)を伸ばしていました。クヌギの幼木に絡んで・・・・良いモデルになってくれました。ウラゴマダラシジミも意外と多かったですが、比較的綺麗なのはこの1頭だけでした。少...

  5. 小畔川便り(近くのゼフィルスたち-4:2017/6/20) - 小畔川日記

    小畔川便り(近くのゼフィルスたち-4:2017/6/20)

    6月20日は、前日に行った場所のミドリシジミが比較的新鮮だったので、9日に初めてミドリシジミを見た場所にメス探しで行ってみた。さすがにもう遅いのかミドリシジミは見つからなかった。仕方ないので、付近を歩いてみたら、ウラナミアカシジミが草の上に止まっている。ニコン1J5 1ニッコール10-30その近くで白っぽい蝶が飛び出した。何かと思ってみるとオオミドリシジミで、背の低い草の上に止まって翅を開い...

  6. ベニシジミ - 旅のかほり

    ベニシジミ

    春先から可愛い姿をみせているベニシジミ2頭並んで前夜の雨で濡れた草の上で。別の場所で夏型になりました。ほんとに黒っぽいですね。今年最後のオオミドリシジミ翅を開くことなく行ってしまいました。珍しく地面におりてくれました。何を探しているんだろう。6月中旬ご覧いただきありがとうございます予約投稿しています

  7. オオミドリシジミ② - Mag's DiaryⅢ

    オオミドリシジミ②

    オオミドリシジミ2度目のこの日は開翅に絞ってカメラを向けた。陽があたって表翅の輝きが増す。「きれい!! 」と思わず声が出る。実物の輝きをカメラでとらえきれていないのが残念。今年は発生が遅れているというけれど、オオミドリシジミについては例年通りなのかな、もう、擦れている個体が多い。ときどき、ヤクシマルリシジミと追っかけっこをしていた。メスも一度姿を現した。さあ、次はどんなゼフが待っている(*^^)v

  8. オオミドリシジミ① - Mag's DiaryⅢ

    オオミドリシジミ①

    山に着いてすぐ、卍飛翔をしているのが目に入った。長い時間くるくる回っていたので、何とか撮れたと思ったが、青い色は撮れていなかった。次は木々の間で回ったので、ピントがなかなか合わなかった。目の前1mで回られても撮れないょ。くるくる回った後は葉の上で静止、もっと翅を広げてほしいょ。全開翅もあったのだが、色とびをしてうまく撮れていなかった、明日リベンジだね。

  9. 2017年6月11,17日〜東京都西部の山地2回訪問でオオミドリシジミに会う - 蝶・花・山~自然の色使い

    2017年6月11,17日〜東京都西部の山地2回訪問で...

    平地では6月上旬からオオミドリシジミの発生の報告が見られるようになり、やや時期が遅れて発生する山地に赴いた。6月11日は残念ながらやや涼しめ。午前中待ったが、オオミドリシジミらしい姿も見られず。その週の土曜日6月17日、再度同じ場所を訪れるた。まずは先に6月17日の様子から。ポイントに着いた時はすでに数名の方が撮影をしていた。見ると数は多くはないが確実に飛び回っては枝に止まる行動を繰り返して...

  10. 2017 ハイシーズン その3 - 紀州里山の蝶たち

    2017 ハイシーズン その3

    今回の県外遠征は、和歌山では見ることが出来ないタイプばかりでした。蝶友さんに大感謝です。ウスイロオナガシジミが初夏の高原でじっくり対面してくれました。長時間の卍飛行で体内アドレナリンが貯留したのか、オオミドリシジミが目前で開翅してくれました。

  11. 小畔川便り(近くのゼフィルスたち-3:2017/6/6.9) - 小畔川日記

    小畔川便り(近くのゼフィルスたち-3:2017/6/6.9)

    6月6日はオオミドリシジミのテリハリポイントを探しに出かける。ここだろうと予想したところではテリハリはしていなかったけど、新鮮なメスがいて開翅をしてくれた。家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200大体この辺りで発生しているという感触はつかめたので、今後はテリハリ場所が見つかればうれしい。ニコンD500 ニッコール70-200この辺りでは、先日ウラナミアカシジミやアカシジミの飛翔を撮...

  12. オオミドリシジミ・・・ - 時鳥庵晴耕雨読

    オオミドリシジミ・・・

     これもゼフィルスの仲間だ。オスの翅の表側は青緑色で金属光沢を持つので大変美しい。朝の早い時間に樹上を飛ぶのが観察できるが、やはり昼間はあまり飛ばないのでこれも目にする機会は少ない。ちなみに写真の個体はオスなので縁にわずかに翅表の金緑色が見える。幼虫はやはりクヌギやコナラの葉や花を食べる。(Data: 20170610; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

  13. オオミドリシジミ - 自然を楽しむ

    オオミドリシジミ

    先週末は、数年前から撮影したいと思っていた蝶に会いに行くことにした。今年たまたまお会いした方から詳しいポイントをお聞きすることができたので、思い切って出かけてみた。ただし、土曜日の現地は午後4時ころまで雨の予報であったため、急いで出かける必要もなく、朝こむぎの散歩を済ませた後、ゆっくりと出発。ついでに毎年発生を確認しているオオミドリのポイントも寄ってみることにした。8時頃にポイントに着くとす...

  14. 2017.6.5 神奈川・早朝の雑木林 オオミドリシジミ(2)   2017.6.14 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.6.5 神奈川・早朝の雑木林 オオミドリシジ...

    2017.6.5 続き8時を過ぎてからも、乱舞は続いた。しかし、相変わらず飛翔は手も足も出ず、静止撮影に専念する。頭を下にしたアングルでの撮影が目的の1つであったが、やっと1カットだけ撮れた。これも正面からだが、ちょっと目より上だった。もう1つの目的は、嫌いなアオキの葉以外にとまった時の撮影であったが、これは十分かなえられた。今回は山椒の葉に、木漏れ日が長い間当たっていた。乱舞後半はお決まり...

  15. 小畔川便り(近くのゼフィルスたち-2:2017-6/3.5) - 小畔川日記

    小畔川便り(近くのゼフィルスたち-2:2017-6/3.5)

    6月3日と5日は、主にアカとウラナミアカの飛翔を撮影しに、近くの公園に行ってきた。これら2種の蝶は、今までは静止写真を撮って今年も出たと満足していたけど、最近の機材を使えば翅表も簡単に撮れることに気が付いて、早速チャレンジしてみた。3日はアカシジミの飛翔はあまりチャンスがなくて、ウラナミアカシジミの飛翔を撮影することができたウラナミアカシジミは5月27日が初見で、この日はウラナミアカシジミば...

  16. 2017.6.5 神奈川・早朝の雑木林 オオミドリシジミ(1)   2017.6.12 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.6.5 神奈川・早朝の雑木林 オオミドリシジ...

    2017.6.5現地に着いたのは6時半。とっくに日は昇っているというのに雑木林の中は薄暗い。年々木の枝が伸び、林床に日の当たる箇所が少なり、その場所も変化しているようだ。日が射しこむまで時間がかかりそうなので、他で暇をつぶそうとしたとき、突然、日が一部に差し込み始めた。あわててカメラを準備し、オオミドリシジミの飛来を待つ。6時50分、1頭目が現れ高い場所にとまるがすぐ姿を消す。次に現れたのは...

  17. オオミドリシジミの占有行動とミドリシジミメスの開翅 再び - 旅のかほり

    オオミドリシジミの占有行動とミドリシジミメスの開翅 再び

    オオミドリシジミは最後の機会になるだろうと思い今日、一週間ぶりに会いに行ってみました。天気は晴れとの予報でしたが意外や雲が多く時折射し込む光に反応して、高い樹林から降りてきていたが陽が陰るとさっーといなくなり、無味なヤブに変わってしまう。それでも元気な姿がみられ、飛翔シーン再チャレンジをしてみました。オオミドリシジミ高い樹林にとまるので、翅のブルーは撮れない。前回ほどではなかったが、数頭が卍...

  18. オオミドリシジミ - 風任せ自由人

    オオミドリシジミ

    本日オオミドリシジミを撮影できたが、2匹しか見つからなかった。オオミドリシジミ2枚目は1枚目の写真からの切り出し。低い枝や下草に降りてくることはなく、近づいての撮影は叶わなかった。ご一緒した、毎日のようにこの場所の様子を見に来られている方によれば、今日が出現初日ということだった。昨年から数が減っているらしい。

  19. ■ ひさしぶりのゼフ 3種   17.6.9   (ミドリシジミ、オオミドリシジミ、ウラゴマダラシジミ) - 舞岡公園の自然2

    ■ ひさしぶりのゼフ 3種   17.6.9   (ミ...

    「梅雨に入った」とはいえ、今日は日差しもあって暑くなった。5日のミドリシジミ1頭以来、ゼフ探し空振りの日が続いていた。今日もそうなるかと思っていたが、昼間近にバタバタと3種に出会った。ミドリシジミ   17.6.9   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/125,F8        近くに栗の木がある木の下陰では、なかなか開翅はしてくれなかった。オオミド...

  20. オオミドリシジミ   小粋なゼフ - 蝶のいる風景blog

    オオミドリシジミ   小粋なゼフ

    神奈川のオオミドリシジミの森に行って来た。でも、天気予報この頃外れるなあ。梅雨入り宣言が出て、天気は下り坂。それでもきょうは未明から晴れマークが出ていた。貴重な晴天になるという。しかし、オオミドリの森に着いても空には厚い雲。この蝶がこの森で活発に活動するのは午前7時半から9時。それを過ぎると森の梢に上がって行ってしまう。きょうはダメかなあと思っていたら、7時半になったらそれまでまったく姿がな...

1 - 20 / 総件数:25 件

似ているタグ