オーストリアのタグまとめ (58件)

オーストリアのタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオーストリアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

こんばんは!Glücklichです☆本日のPICK UP☆はオーストリアで出会ったビンテージグラスです。楕円形のデザインがなんともいえません。とても美しいグラスです。野菜スティックをいれたり、キッチンでハーブを挿しておいても素敵ですね。口元が窄まっているので、一輪挿しとして使用しても使い易く素敵だと思います。特に目立った傷もなく状態良いです。サイズ口径:約5.5cm高さ:約10cmネットショ...

by Photos from London

 実は一つ前の記事で歩いた経路のあるところから先は、1848年のウィーンで発生した革命の引き金となる、学生や市民のデモ行進のルートを辿ったものでした。 市東部のシュトゥーベン地区の大学から始まった行進は、市街を西へ進んで今のカフェ・セントラルの向かい側にある、下オーストリア議会まで続きました。(普通に歩いて30分もあれば着くくらいの距離です。)ここでメッテルニヒ追放や発言・出版の自由などが要...

ザルツブルクは一転して20℃から10℃へ急降下、そして雨!!そろそろ冬のスキーシーズンも終わりますが、コンコルドも離着陸した2750mX45mの滑走路を持つザルツブルク空港は夏よりも冬の方が大賑わい!日本の皆様にザルツブルクは『モーツァルト』、『サウンドオブミュージック』でも、英語圏を除くヨーロッパの皆様にとっては『モーツァルト』+『スキー』のザルツブルク。ザルツブルク市から郊外へ約60km...

by Photos from London

翌朝、ホテルを出てまた市内の散策へ。泊まったはレオポルドシュタットという、旧市街の北のエリア。このあたりは、昔は市壁の外側で、貧しい人が住んだエリアだったので、あまり高級な、あるいは「中世の雰囲気を残す」といった風情はありません。十五分ほど歩くとドナウ川に至りました。この先はかつての市壁の内側です。たぶんギリシャ正教会の教会。このあたりを歩いていて、ふと見つけたホテル。実は20年ほど前に、人...

by Photos from London

待ち合わせのためにオペラハウス周辺をうろうろ。ちょっとだけケルントナー通りも散策。かつての市場跡、ノイアーマルクト。「新市場」という意味の地名ですが、いまは広場になっています。このあと、知り合いのつてで紹介してもらった、ウィーンの音楽大学で学ぶピアノ科の学生さんと落ち合い、食事をしながら音楽談義。話し足りずにカフェに移動して、さらにピアノのお話をたくさん伺いました。音楽の都ウィーンで音楽の話...

by Photos from London

それでは引き続いてウィーンへ。週末の弾丸ツアーです。初日は人に会う用事があったので、ホテルに荷物を置くとすぐに市内へ。待ち合わせ時間まで少し間があったので、ナッシュマルクトの市場を様子見。同じ欧州とはいえ、オーストリアは東欧と言っていい位置にあるため、やはりイギリスとはどこか雰囲気が違います。写真はありませんが、トルコ食材の店も多く、改めてウィーンの位置を食材から再確認しました。トルコ軍によ...

ザルツブルクは来週18℃の予報! 週末は天候が悪くなっても、いよいよ春の兆し。11月までの間の最後のゆとりある自由時間を使って散歩。携帯電話でも意外と良い写真が撮れました。2017年3月上旬は偶然lara様と私の多くの友人が同時期にウィーン~ザルツブルク~ミュンヘンを訪問!2人に共通の友人もいますし、共通ではない友人の方でもご一緒する機会が非常に多くなりました。皆様それぞれごちそうになりあり...

大阪からの友人が早朝オレンジフェリーで到着するので早起きしました。カナダ留学斡旋のお仕事を営んでいるjunji君はカナダからの輸入住宅の我が家を見て「ほんまに赤毛のアンの家やね~」と感慨深そう。オランダやオーストリアからの友人たちに京都を案内した時などにたびたび大阪でお世話になって来ました。モーニングを分かち合いながら話が弾みます。「勘と縁と運が私の三種の神器でここまで来たの。」と言ったこと...

こんばんは!Glücklichです☆本日のPICK UP☆はオーストリアで出会ったビンテージグラスです。楕円形のデザインがなんともいえません。とても美しいグラスです。野菜スティックをいれたり、キッチンでハーブを挿しておいても素敵ですね。口元が窄まっているので、一輪挿しとして使用しても使い易く素敵だと思います。多少の擦れなどはありますが、大きな傷もなく状態良いです。サイズ口径:約5.5cm高さ...

ザルツブルクは変わりやすい天候・・・、雨から晴へと気圧の変化が激しく落ち着かない一日。今日3月3日はひな祭りの日、lara様宅では男子禁制のひな祭りがあるようですので、レポートを待ちましょう(笑)。3月は日本から友人達が多数訪れてビックリ、NHK交響楽団が7日にウィーン公演で友人達と再会、更に滞在する友人はケルン公演後にザルツブルクへ。その後ミュンヘンではドイツフルート協会主催のフルートフェ...

ザルツブルクは今日も穏やかな良い天気、かなり春が近づいてきている感じですが、まだまだ油断はできません!今日は当ブログにしては珍しく、オーストリアのカトリックの習慣について:2017年3月1日(水曜日)はキリスト教の『灰の水曜日』=四旬節(しじゅんせつ)の始まり=復活祭の46日前(毎年この日程は移動します)。オーストリア共和国はカトリック信者が国民の70%近くを占めると言われていますが、その中...

ザルツブルクは今日も9℃で暖かく散歩日和。日本の放送局の依頼のために街を一周散歩して撮影、その様子はまた後日掲載・・・。ザルツブログは世界的ヴァイオリニストのヒラリー・ハーンが登場しても、パトリツィア・コパチンスカヤが登場してブログの為に演奏しても、ハーゲンカルテットのルーカス・ハーゲンが登場して一緒に呑んでもアクセス数がまったく増えないという、ご覧の皆様の一貫性に驚きつつ、意外と皆様がご興...

ザルツブルクは大分暖かくなって、明日は最高気温19℃の予報!とはいえ、毎年4月までは雪が降る可能性もあるので油断は出来ません・・・。友人ピアニストの弟さんが演奏会のギャラをワインで大量にもらって持て余しているとの事。詳しい経緯は訊いていませんが、普通ギャラ+ワインという事はあっても、ギャラ=ワインということは有り得ません・・・。そこでワイン大好きなヴァイオリニストでモーツァルテウム音大講師の...

ザルツブルクは久々の好天!!プラス10℃近くまで上がって、春の兆しが見えてきています。ブログ記事は多数あるものの、順番にゆっくりと・・・。オーストリアといえばトルコからトルココーヒーが伝わり、カフェが多く存在しカフェを中心とした文化人の交流が有名ですが、古くからある有名カフェだけではなく、全く新しいスタイルがこちら。マック・カフェ(マクドナルドに併設されたカフェ!!)ある日ザルツブルクのショ...

ザルツブルクは今日も穏やかな天候。市内を1周散歩したところ、バスの広告に出ているMagdalenaとDorisに偶然遭遇して立ち話。今ザルツブルクのトロリーバスに乗ると、私の友人達が運転席の後ろに居ます(笑)。狭いザルツブルクの街ならではですね。今年の年賀ハガキはフェイスブックでも若干話題になった通り、海外向けに切手を追加購入するとトンデモナイ事に!!熊本のM先生から頂いた年賀ハガキ。鶏の親...

ザルツブルクは今日も穏やかな天候。予報ほど気温は上がっていませんが、春の兆しが少々見えてきています。朝晩はまだマイナスの気温ですし、突然気温が下がるので、お越しの皆様はマイナス3℃からプラス10℃前後まで調節できる服装を!!すっかり忘れていましたが、2月上旬に当ザルツブログは『コンピューターからのアクセス(訪問者)数』が40万回を超えました!!40万回を超えたのは2月2日夜だったようですが、...

ザルツブルクは暖かくプラス4℃まで上昇した日、夕方以降は風もないのに0℃でも寒く感じたのはなぜでしょう?1756年1月27日はW. モーツァルトの誕生日、このモーツァルト誕生日前後に毎年行われるのが、『ザルツブルク・モーツァルト週間』!2017年ザルツブルク・モーツァルト週間訪問 その1に引き続き、今年訪問した演奏会をご紹介。ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学バロックオーケストラ演奏会!...

ザルツブルクはハッキリしない天候、最高気温15℃も見えてきているものの、予報より気温が上がらない毎日・・・。1756年1月27日はW. モーツァルトの誕生日、このモーツァルト誕生日前後に毎年行われるのが、『ザルツブルク・モーツァルト週間』!ウィーンフィル、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団、カメラータ・ザルツブルク他、様々な団体やソリスト、アンサンブルが登場する、実はかなり多彩なプログラ...

ザルツブルクは毎日プラスの気温、10℃近くまで上がる日も出てきて、マイナス18℃だったのが幻のよう。最近予定外の出費が相次ぎ・・・、もう少し事前にインフォメーションしてもらえないでしょうかね。1月は頂きものが多く(理由は後日別記事にて)、その中の一つがノロジカ!!!友人のオーストリア人ガイドからの頂きもの!ノロジカは料理した事がなかったので、友人・知人からの情報を集め、いざ料理!色々なレシピ...

窓辺にはハートがいっぱい♪ほらっ、ここにも、、、。そこにも、ねっ。ザルツブルクのエリザベスの作品です。 私がこの柄の陶器が好きなのでオーストリアの友人たちがお誕生日に器のセットをプレゼントしてくれた時に、そっとしのばせてあったハート。 ハワイの海辺で拾ったとても大切なハートの石。今は亡きハワイアンシャーマンナヒが色々なことを教授してくれた時に、浜辺で1メートル四方くらいの所を指して「ここから...

似ているタグ