オーバーホールのタグまとめ

オーバーホール」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオーバーホールに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オーバーホール」タグの記事(23)

  1. アイアンスポーツ フロントフォーク修理  - Vintage motorcycle study

    アイアンスポーツ フロントフォーク修理 

    修理依頼のアイアンスポーツのフロントフォーク71年~72年式に使われていたフロントフォークです。ダンパーピストンを止めているCクリップは破綻(以前やったこの年式のフォークもCクリッップ破綻していたな)ローダウンしていたのかスプリングはカットされ、ダンパーにカラーが入っています。シールホルダーは叩かれたのか変形、ドレンボルトは駄目でしたが、雌ネジ側はタップを立て問題無し。インナーチューブとブッ...

  2. 750トライアンフヘッド修理(シートカット擦り合わせ・バルブスプリング) - Vintage motorcycle study

    750トライアンフヘッド修理(シートカット擦り合わせ・...

    前回バルブガイドを入れ替えたトライアンフのヘッドさん。光明丹をつけあたりっぷりチェック。4本とも全集に当たり状況良し。4本ともバルブ傘下目にあたっています。まずEXがわから虫食いが酷かったEX側はまず虫食いが取れるまで最小限で45度面シートカット。バルブシートとバルブ傘面の位置を合わせ30度面カットし、あたり幅1.5mmに。IN側は45度面の状態が悪くなかったので、45度面は擦り合わせで仕上...

  3. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1951TRIUMPH T100Hさんのトライアンフフロント、リアともにブレーキ周り分解し清掃チェック。F・Rともにブレーキオペレーティングカム軸部にガタが随分あります。F側はカムシャフト自体の磨耗は少ないのでそのまま使い、出入り口がテーパー状に広がっているプレート軸穴をボール盤にセットしアジャスタブルリーマーで内径拡大。片肉0.5mmのブッシュを入れるため、役1mm拡大しました。カムシャフ...

  4. TRIUMPH750 ヘッド修理(バルブガイド) - Vintage motorcycle study

    TRIUMPH750 ヘッド修理(バルブガイド)

    今日は修理でお預かりしているトライアンフのヘッドのシリンダーヘッドのお話。そもそもロッカーカバーマウントボルトのメネジ部分の修理でお預かりのヘッドでしたが、バルブフェース面、バルブシート面の虫食いもあり、ガイドホールもEX側は下部が0.15mm~0.3mmとだいぶ広がっていたので交換することに。もともと、ロッカーマウント螺子が駄目になり、そのためロッカーアームとバルブのあたり角度が変わりバル...

  5. MC18 89 O/H⑤ - ノザワホンダ船橋店 STAFFブログ

    MC18 89 O/H⑤

    どーも、五十嵐です。エンジンO/Hも大詰めです!エアクリ付けて、オイル入れて、冷却水入れて、、、ガソリン入れて、エンジン始動!!!無事にかかりました~が問題が・・・キャブレターからガス漏れぽたぽたと滴ってきます。キャブO/Hも追加になりました。開けるとパッキンがパキパキのプラッチックになってましたここはゴムの部品だったはず??フロートバルブシートも痛みが見えましたのでリペアしましょう!!せっ...

  6. 1968BSA  A65 カムシャフトブッシュ・アイドラギアシャフトブッシュ - Vintage motorcycle study

    1968BSA A65 カムシャフトブッシュ・アイド...

    今日はTさんのBSA A65 タイミングギア周りのお話。BSA A65カムシャフトブッシュはタイミングケース側2個、ドライブケース側1個の3連で組まれています。タイミング側はシャフトに対し0.08mm~0.1mm、ドライブ側はシャフトに対し0.27mm~0.17mmとブッシュ交換。またタイミングギアブッシュはシャフトに対し0.08mm~0.09mmとせっかくなので交換。まずカムブッシュ側から...

  7. 1968BSA  A65 バルブシートカット&バルブスプリング - Vintage motorcycle study

    1968BSA A65 バルブシートカット&バルブス...

    今日はTさんのBSA A65のヘッド周りのお話。バルブガイド加工圧入済みでバルブシートカット&スプリング組み付け。バルブガイド及びバルブはkibblewhite製新品に交換。軽く擦り合わせた状態でベタあたり。バルブフェース面が細く作られているA65のバルブではフェース面が全部あたっている状態。バルブシートはほとんど減っていない状態で良好。バルブシートカット、擦り合わせをしバルブ傘面とシートの...

  8. 金曜日なんやかんや製作物 - Vintage motorcycle study

    金曜日なんやかんや製作物

    1951 TRIUMPH T100Hさんのトライアンフギアボックッス周りの製作ものまずはヘリサート処理したドレンボルト製作。レイシャフト1STギアのブッシュもぴったりに製作。ハイギアブッシュまず段減りしていたメインシャフトの芯の確認し、ハイギア摺動部の研磨。研磨したシャフトにあわせブッシュ製作。長物のブッシュでしかもトラのブッシュは段付き加工がされていて、なかなか面倒です。オイル溝加工もしO...

  9. MC18 89 O/H③ - ノザワホンダ船橋店 STAFFブログ

    MC18 89 O/H③

    どーも、五十嵐です。すっかり間が開いてしまいましたがMC18の続きです。シリンダーが用意出来ましたので再メッキにて復活です!美しぃ~しあがってきたシリンダーはポートのバリ取りをします。再メッキにリューターの刃を当てないように注意しながらの作業です。2気筒分バリ取り完了!分解したクランクも組み上げていきます!専用治具を使い組んで芯出しします。いい感じに組めました組んだらもうズレないようにお願い...

  10. 1964XLCH900 クランク芯だし - Vintage motorcycle study

    1964XLCH900 クランク芯だし

    今日もS君のアイアンスポーツ、クランク周りのお話。コンロッドベアリングレースは状態良くそのまま使います。以前にしっかりラッピング済みという感じです。ローラーは交換し、4.778mmのローラーを入れ、F側0.015mm、R側0.025mmのクリアランス。コンロッドの振れっぷりはF側0.65mmR側0.4mm程度クランク芯だししドライブ側、タイミング側ともに0.01mm程度の振れに調整。クランク...

  11. 1964XLCH900 コンロッドスラスト - Vintage motorcycle study

    1964XLCH900 コンロッドスラスト

    今日はS君のアイアンスポーツ、クランク周りのお話分解前、コンロッドのスラスト量を計測すると0.7mm~0.8mmと少々多め。スラストワッシャーを交換することに。元々付いていたものは1.85mmのSTDサイズでスラストワッシャー自体はそんなには減っていない。コンロッド側が減っていると思われる。スラストワッシャーはアルミ青銅で単品製作。専用生爪に銜え、逆算したオーバーサイズのワッシャー製作。なか...

  12. XR250 腰上OHとか④ - ノザワホンダ船橋店 STAFFブログ

    XR250 腰上OHとか④

    どーも、五十嵐です。MD30腰上O/H続きの続き。の続き。組み上げていきましょう!ピストンリングの刻印上向き!ピストンピンクリップのバリ取り。ピストンの前後の向き!写真に撮っておけば組み上げた後に確認出来ます組み上がってまいりました。ヘッドカバーは~?ロッカー周り交換しますオイルポンプも分解・清掃!ローターに摩耗がありましたので交換しました。後は・・・再メッキからロッドが返って来ましたのでリ...

  13. トライアンフ シリンダーヘッド修理 - Vintage motorcycle study

    トライアンフ シリンダーヘッド修理

    引越し前に預かっていたトライアンフT140のヘッド、やっと手をつけられます。遅れてすみません。修理内容はまず、ロッカーカバーマウントボルトの雌螺子修正です。タイミング側2箇所は普通に螺子山がナメてしまっています。ドライブ側2箇所は元々入っていたインサートコイルが抜けてきてしまっています。ここのねじ山は絞めすぎるとすぐナメるのでご注意を。なめてしまっているタイミング側はヘリサート処理。ボール盤...

  14. 1979 TRIUMPH T140E エンジン分解 - Vintage motorcycle study

    1979 TRIUMPH T140E エンジン分解

    今日は引っ越し前のお話になりますが、D君が持ち込んだトライアンフエンジンの分解作業のお話。コンロッドビッグエンド部が抱きついていたものです。タイミングギア周りは問題無さそう。ピストンがこの位置で、コンロッドが抱きついていたため、ピストンピンが抜けずクランクを割ることができない。ピストンピンを半回転ずつ回しながらピストンピンを削りピン抜き取り。ケースを傷つけないようにサンダーでの削り作業でD君...

  15. N橋サン号 レブル250のFフォークO/H♪ - バイクパーツ買取・販売&バイクバッテリーのフロントロウ!

    N橋サン号 レブル250のFフォークO/H♪

    まぁーホントによく走る方なんで、毎度毎度おなじみで頻繁に入庫するN橋サン号のレブル250!(笑)今回はエンジンオイル交換や、切れてたスピードメーターケーブルとガソリンタンクキャップの交換だけでしたが、フロントフォークオイルがダダ漏れ。。。作業後に一旦乗って帰って帰ってもらいパーツの発注をして、入荷後にまた入庫してもらったという・・・(^_^;)↓↓エンジンオイルはキッチリ2,000キロサイク...

  16. メンテナンス受付中です。 - シクロブル日記。

    メンテナンス受付中です。

    自転車を楽しめる春がすぐそこまで近づいていますね。シーズン前のメンテナンスはいかがですか?バーテープの色を変えて見ませんか、ガラッと雰囲気も変えられますよ。ホイール、BB、ヘッドパーツ見えない回転部分が痛んでる事も。オーバーホール等の修理からバーテープ、タイヤ等の消耗品の交換、チェック全般まで受付中です。Cyclo Bull(シクロ ブル)までお気軽にお問い合わせ下さい。Tel: 052−7...

  17. 何とか、グルグル。 - 自転車屋 TRIPBIKE

    何とか、グルグル。

    TRIP30% プライベート70%で行動中な店長です。2017年、まともに1週間仕事をする事が出来ず、本当に申し訳ないです。何とか春爆までに、100%にしますので。異音なBB30の修理依頼、んで卒業生。就職で東京inだったかな? しばらくパキパキ鳴らない様にしっかり整備しますね。宜しくです!中古自転車、多数展示、在庫しております。京都大学 クロスバイク ロードバイク パンク修理 TS保険 防...

  18. 突板の張り替え - 音の鳴るほうへ

    突板の張り替え

    突板を張り替えて、リフレッシュしてみました。おそろいと言うことで、補修前の505Vと補修後のSQ507Xを並べてみました。オークションで落札した商品はたいてい木製ボックスのハガレや中途半端な補修痕がありますので、ニスまではがして張り替えました。今回用いた突板はカリンで、watcoのナチュラルでオイルステインにするとちょうどいい感じになりました。接着にはタイトボンドを使用しました。数日おいてか...

  19. ロードバイク、修理デー。 - 自転車屋 TRIPBIKE

    ロードバイク、修理デー。

    雪も落ち着き、最強寒波も終わりですかね?自転車屋あるあるな、同じジャンルな修理ばかり。今週はロードバイク、カスタム&修理&OH!!!今週も宜しくです!順番に仕上げてまいります。。少ーーし、お待ち下さい。

  20. オーバーホール開始 - 音の鳴るほうへ

    オーバーホール開始

    ジャンクで手に入れたSQ507Xはサーというノイズが出ています。音も小さく、オーバーホールが必要です。分解して中を見てみると、一部変更されているのもありました。平成3年には、どこかで修理をしていますので、内部の部品は最低25年、最高47年程度経過していることになります。ということで、基板直立型の電解コンデンサとトランジスタも全数交換することにしました。また、アンプは左側の2SA653に焼けた...

1 - 20 / 総件数:23 件

似ているタグ