オーバーホールのタグまとめ

オーバーホール」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはオーバーホールに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「オーバーホール」タグの記事(44)

  1. XR250 続き⑧ - ノザワホンダ船橋店 STAFFブログ

    XR250 続き⑧

    どーも、五十嵐です。暑いですーちょっとくらい降ってもらった方が涼しくていいですね。XRは部品が揃いましたのでエンジン進めます。ピストン・シリンダーはWPCで強化フリクションと馴染みに効果ありピストンの向き間違えないように!!カムスプロケ・チェーンはME08で。テンショナーももちろん強化品ヘッドカバー&ロッカー周りは神組みですカムは下からのトルクを重視して純正を選択。フライホイールも軽量化!吹...

  2. ブレーキ調整〜油圧。 - 自転車屋 TRIPBIKE

    ブレーキ調整〜油圧。

    久しぶりに入庫したMTB、ブレーキの調子が悪く入庫です!分解点検したら、パッドが残り1㎜以下。。危な!!w早々に注文しますね!いつもあざっす!!

  3. 1964XLCH900 エンジン腰上取り付け・マブネトー取り付け - Vintage motorcycle study

    1964XLCH900 エンジン腰上取り付け・マブネト...

    今日はS君のアイアンスポーツのお話。前回エンジン腰下をフレームに搭載、プライマリー周りの作業は終わっていますので。シリンダー・シリンダーヘッドを取り付けていきます。シリンダーはボーリング済みで上面、下面ともに面研済み。ピストンは純正のNOSピストンにWPC処理したものです。日頃使わない純正ピストンのピストンリング。形状をチェックしリングギャップ、リングクリアランスチェック。問題なさそうだが、...

  4. XR250 続き⑦ - ノザワホンダ船橋店 STAFFブログ

    XR250 続き⑦

    どーも、五十嵐です。アレ?梅雨は?メチャ暑いXRは車体が続きます。バハのデカ目ヘッドライトのステーがブリブリです...?クラック入ったのを修正したようですがこれは...絶対溶け込んではいよな~やっぱり~マイナスでつんつんしたら芋虫ビートが剥がれました。ちゃんと溶接し直します。表面のサビをとってから、、、溶接して〜反対側も~これでマシになりました更に〜オイルクーラーの接続部。ネジ止めの所が折れ...

  5. OH作業多々!! - 自転車屋 TRIPBIKE

    OH作業多々!!

    梅雨って突入してますよね?降らない雨に、もう梅雨終わり?なんて勝手な事を思ってます。ただ自転車屋は雨は暇になるので、、個人的には降らなくて良い。wラレーのOH作業!スプロケ、チェーン等々、いつも、ありがとうございます!久しぶりに乗るのでと、OH! 気合い入れて作業中ですよ!内装ハブのOH!!!んーーー、何とか頑張ります。w中古自転車、多数展示、在庫しております。京都大学 クロスバイク ロード...

  6. 分解点検 - MH-OHARA BLOG

    分解点検

    異音の原因を探しつつ 下ろしたエンジンをバラしていきます。まずはヘッド&カムシャフト廻り キレイですなぁヘッドを外して ピストンヘッドを見る カーボンの蓄積は多めですね。バルブがピストンにヒットしていたような痕はナシクランクを回して各ピストンの高さを比べてみるも 異常なさそうここで高さが違っていたらコンロッドの曲がりの疑いが出てくるんだけどそれも無さそうです。燃焼室の焼け具合を見る。やっぱり...

  7. 1964XLCH900 エンジンマウント・プライマリー周り - Vintage motorcycle study

    1964XLCH900 エンジンマウント・プライマリー周り

    今日はS君のアイアンスポーツのお話。ミッション組み付け、キック周りまで組み終わっていますので、エンジンをフレームに載せます。まずフロントマウントプレートを仮組みして、スペーサーの長さとワッシャーの厚み調整。もともとが結構めちゃくちゃでした。ナメていたマウントプレートのねじ山もヘリサート。エンジンにジャキをかけ保持しつつエンジンを載せます。リア側のマウントであるエンジンハンガーがエンジンの位置...

  8. XR250 続き⑥ - ノザワホンダ船橋店 STAFFブログ

    XR250 続き⑥

    どーも、五十嵐です。梅雨に入り気温が下がって涼しいです雨は嫌ですが最新のバイクについていけないローガンズに囲まれながら作業していますXRは車体の整備が進みます。ホイールの整備です。スポークが腐食でクスンでいます。純正はスチールにメッキのスポークです。錆で折れるところまでは行ってませんが今回、ステンレススポークに交換しますニップルの錆は進行していました。と言っても大抵のスポークホイールはこんな...

  9. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1968BSA A65NさんのBSA A65苦労したオイルポンプの組み付けが終わり、タイミングギア周りをトルク管理し本組み。カムギアは本組みするとスラストが無くなり渋くなったので、スラスト調整し直し。オイルパイプを付けオイルを流しオイルの回りっぷりチェック。クラッチリリーズ周りのパーツは元々めちゃくちゃなものが入っていましたので、正規のものに交換。もちろん新品パーツがすんなり付きませんので少...

  10. XR250 続き⑤ - ノザワホンダ船橋店 STAFFブログ

    XR250 続き⑤

    どーも、五十嵐です。梅雨入りです。船橋も今日は雨でした。ちっとは涼しくなっていいかな??XR250の続きです。エンジンは部品のバックオーダーで作業が進まないので車体を進めますエンジンが下りているときでないとこの辺は洗えませんのでこの際にしっかり綺麗にしておきます。洗剤を掛けてグリスや泥汚れを落としました。綺麗にしたらスイングアームを分離します。専用工具でピボットのニードルベアリングを交換しま...

  11. 1968BSA  A65 ギアボックス周り NO.2 - Vintage motorcycle study

    1968BSA A65 ギアボックス周り NO.2

    今日は引き続き、NさんのBSAギアボックスのお話。ハイギア組込みまで終わっています。ギアボックスカバーのベアリング交換。A65のレイシャフト軸受けのニードルベアリングはベアリング同士が接っている物ではなくケージ付きで良いですね。レイシャフト周りのお話レイシャフト1stギアブッシュはシャフトに対し0.05mm程度で良好。レイシャフト2NDギアのスラストは4THギアの圧入っぷりで決められています...

  12. 1968BSA  A65 ギアボックス周り NO.1 - Vintage motorcycle study

    1968BSA A65 ギアボックス周り NO.1

    今日はNさんのBSA A65のギアボックス周りのお話まずはメートリックのボルトがぶち込まれていたドレンボルトねじ穴に対し垂直にケースをボール盤にセットしヘリサート加工。座面部も研磨してだし、コイルを入れ完了。ドレンボルトを真鍮で製作し取り付け。パーツがでなかったプランジャープラグボルトも製作。ガタがあったハイギアブッシュは抜き取り、ブッシュ単品製作。BSAのハイギアブッシュは2連で入っていま...

  13. XR250 続き④ - ノザワホンダ船橋店 STAFFブログ

    XR250 続き④

    どーも、五十嵐です。来週あたり梅雨入りだそうで。春~初夏のバイクシーズン終了ですそのためかバイクがたくさん走っていたような?ツーリングでしょうか?バイクのシーズンは短いのですXR250続きの続きの・・・です。ミッション組み付け―。カウンターのスプライン摩耗に付きカウンターシャフト交換。まだ新品が出ましたー部品が出るって素晴らしい!!ありがとうエンジン閉じました。クランクがスムーズに回るか?ミ...

  14. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1968 BSA A65NさんのBSA A65なかなか苦労した、スカベンジカバーをスタッドボルト製作し取り付けしオイルポンプ本組み。悪名高い70年以前ののアルミ鋳物ボディーのBSAのオイルポンプはギアの組み方の組み合わせで回りっぷりが変わる。ギアの組み合わせを変えつつ、オイルポンプの周りが引っかかり無くスムーズに回るところにして、取り付け。しかしながら、仮組み時はよかったものの、オイルポンプ...

  15. 1968BSA  A65 ギアチェンジクアドラント - Vintage motorcycle study

    1968BSA A65 ギアチェンジクアドラント

    今日はNさんのBSA A65のギアチェンジクアドラントのお話。シフトペダルが付くスプライン部分が酷い事になっていましたので交換したいのですが、このパーツが手に入らない。調べてみると、68年以前と69年以降とでギアチェンジクアドラントの形状が変わります。NさんのBSAは68年のものですが、この年式は丁度変換期の車両で68年、69年のパーツがついているようです。でもともと付いていたクアドラントは...

  16. XR250 続き③ - ノザワホンダ船橋店 STAFFブログ

    XR250 続き③

    どーも、五十嵐です。もう6月です~今月終われば今年も折り返し。時が経つのが早いのは自分がジジイになってきているってことか…XR250続きの続きの続きです。エンジンばらして一通り点検し、車体も診ましてぇ。。。んで修理とお客様のご要望も併せてお見積り。作業の内容のご相談しましてバイク丸ごとメンテナンスさせて頂く事になりましたやることも決まりましたので進めていきます。と言ってもやることは掃除・清掃...

  17. XR250 続き⓶ - ノザワホンダ船橋店 STAFFブログ

    XR250 続き⓶

    どーも、五十嵐です。おかしいです。五十嵐の記憶が正しければまだ梅雨にも入っていないんだが??何この暑さはXR250続きの続き。腰上は比較的ダメージがありました。腰下もばらすのでエンジン降ろします。XRはスイングアームピボットシャフトがエンジンのマウントも兼ねています。スイングアーム伸ばしたいとか、なるべくコンパクトにしたいとかの関係でしょうねので、スイングアームピボットを抜かないとエンジン降...

  18. 1973XLCH1000 コンロッド・ビッグエンドベアリングレース - Vintage motorcycle study

    1973XLCH1000 コンロッド・ビッグエンドベア...

    今日はKさんのアイアンスポーツ、ビッグエンドベアリングレースのお話。ラッピングして現状のレースを使うとしてもMAXオーバーサイズのローラーを使うところまで広がっていたベアリングレース。虫食いもありラッピングでとりきれるか微妙なところだったので、レース交換。中古レースを抜き取り、新品レースとコンロッド計測。コンロッドとベアリングレースの嵌め代は大きいので、圧入時に金属同士噛み込んでしまわないよ...

  19. XR250 続き - ノザワホンダ船橋店 STAFFブログ

    XR250 続き

    どーも、五十嵐です。まだ5月なのにこの暑さ風がまだ涼しいのでいいですが。夏本番は耐えられるでしょうかXR250の続きです。ヘッドカバーめくりました。バルブが放射状XR250はカム廻りがダメージが出やすいです。この車両は如何でしょう??やはりカムのトップら辺に巣が出来てましたロッカーもダメージありですヘッド外しましたここまで外すと見通しが良いですねピストンの状態は?カーボン控えめ??燃焼室の方...

  20. 1964XLCH900 オイルポンプ・バルブタイミング - Vintage motorcycle study

    1964XLCH900 オイルポンプ・バルブタイミング

    今日はS君のアイアンスポーツのお話。まずはオイルポンプ。オイルポンプギア・オイルポンプボディーの内壁も傷無く問題なし。ギア面とボディーの面の隙間をチェックしチェックバルブの当たりっぷりも光明丹でチェック。オイルポンプギアをまわしながら、規定トルクで均等締めしていき、オイルポンプの回りっぷりチェック。アルミボディーのポンプは歪みで締めっぷりにより動きが渋くなるものがありますが、こいつは問題無し...

1 - 20 / 総件数:44 件

似ているタグ