カルガモのタグまとめ

カルガモ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはカルガモに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「カルガモ」タグの記事(32)

  1. カルガモ 05月27日 - 旧サンヨン(Nikon 300mm f/4D)野鳥撮影放浪記

    カルガモ 05月27日

    今日の鳥。カルガモ。2017年05月27日撮影。この季節のお約束、カルガモ親子。12羽のヒナが誕生。さあ出発しますよ!Nikon D500 300mm f/4D 1/640s f/5.6 ISO200見事な編隊Nikon D500 300mm f/4D 1/500s f/5.6 ISO200でも、やっぱりお母さんの側がいいNikon D500 300mm f/4D 1/500s f/5.6 ...

  2. 5月のご近所のカワセミさんと日野のカワセミさん - *Toypoodle  x3 + Birds*

    5月のご近所のカワセミさんと日野のカワセミさん

    ご近所の公園のカワセミさん日野のカワセミさんダイブを撮ってみたいけど私の腕とカメラじゃ無理っぽいおまけは可愛いカルガモのちびっこ「母ちゃん、待ってよ〜」::::::::::これから暑くなると無理をさせられないのでワンコ写真は減りますが双子のおばあちゃん犬達は元気です!!夕方涼しくなってから走っています♪(^_^)v

  3. 右から左へ・・・ - 四季の予感

    右から左へ・・・

    コアジサシを撮っている時にカルガモが横切っていきました。近くを一直線に飛んでいくと案外スピードが速いです。English Version写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます(^^♪(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)Canon EOS 7D Mark II+Canon EF300mm F2.8L USM+Extender EF2xⅡいつもご覧いただきまし...

  4. カルガモの交尾 - 野鳥写真日記 自分用アーカイブズ

    カルガモの交尾

    朝のお城〜街中の山お城の若いキビタキ、全く相変わらずよくさえずり程よく迎撃かわいいスズメは親からゴハンをもらっていましたお堀にカルガモが2羽、なんだか変な動きをしていると思ったら、交尾が始まりました。メスはかなり沈んで、さらに頭の羽毛をオスに咥えられている、なかなか大変そうですね。お城の隣の公園。木の上から「キー キー」とかすかな声ですが聞こえてくる。カワセミの鳴き声のように甲高い感じ。やっ...

  5. スズガモとホシハジロとカルガモ Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    スズガモとホシハジロとカルガモ Byヒナ

    東京港野鳥公園では3種類のカモ類を見ました。スズガモは初見。カモの仲間は詳しくないので、キンクロハジロと思って撮影(^^;)遠くの方に居ましたが、こちらに向かって泳いできてくれました。ホシハジロも初見。眼が赤いのが特徴ですね。この子は遠かった。草むらを歩いていると正面からカルガモが歩いてきました。至近距離で撮影できてちょっとびっくり。東京港野鳥公園の鳥は、次回が最後です~

  6. カルガモ一家OKF1その後 - 武蔵野散歩Ⅱ

    カルガモ一家OKF1その後

    概ね晴れたが、時々厚い雲が全天に広がる様な不安定な一日でした。今日も落合川のMF1で約3時間待機してみました(約4,300歩)。相変わらずカワセミの両親に依る懸命な給餌が続いています。距離が遠いので1.4x REAR CONVERTERを付けて撮ってみましたが、解像度が落ちて残念乍らアップ出来そうな画像を得る事が出来ませんでした。明日天気が良かったなら、暫く振りにBORGを持ち出して見ようか...

  7. ピーカンの朝 - 西多摩探鳥散歩

    ピーカンの朝

    晴れ渡った空の下、朝の散歩は快適だ。浅川いつもスズメが群れでいる空き地キジバト・・草をくわえている手前のコサギは幼鳥カルガモ飛びながら鳴いている。1/1000秒でも撮れている、コンデジだとこういう写真が厳しいが一眼レフだと、フォーカスも合い、動きを止められる富士山がキレイに見えた。野鳥観察ランキング

  8. カルガモの雛が誕生しました! - 武蔵野散歩Ⅱ

    カルガモの雛が誕生しました!

    午前中は雨が降ったり止んだりで午後には上がったが日差しが無く、最高気温が20℃前後の肌寒い一日でした。午後から落合川の定例のコースを散歩してみました(約5,700歩)。今季もダメかと思っていたMF1で、カワセミの雛が誕生した様だとの情報を鳥友さんから頂いたので、1時間半ほど待機してみました。2度ほどカワセミが来て巣穴に出入りしたのが目撃出来ました。何れも撮れなかったが、内一度は給餌用と思われ...

  9. 散歩中に出会った カルガモ君 - My Happiness

    散歩中に出会った カルガモ君

    こんなに近くで見たのは初めてカモ‥足はきれいなオレンジ色水かきもある・・水鳥だもんね・・歩く姿が可愛い近づくと「グェーグェー」と太い声で鳴きます威嚇しているのかななぜか飛び立たず 田圃の方に離れていきます逃避距離は2mくらいかなあとで気づきましたもう一羽 用水路にいました カップルのようですこの辺りに巣を作っているのかな?そのうち親子で歩く姿が見られるカモしれませんね

  10. 小雨、ガワセミがいた。 - 西多摩探鳥散歩

    小雨、ガワセミがいた。

    小雨がパラつく天気。アオゲラが何度も鳴いたので鳴き声のする方を追いかけたが確認することは出来なかった。珍しく、ガビチョウが静かだった。ウグイスの鳴くの聞いてたら、カワセミがやって来た。カワセミ曇天で露出が厳しい。カルガモちらっと見える青い羽がキレイ雨に濡れた菖蒲の花、風情有。野鳥観察ランキング

  11. 2017年GWに出会った鳥達③ - View in mind

    2017年GWに出会った鳥達③

     信州といえばやはり蕎麦である。お昼は近くのお蕎麦やさんで摂ることにしたのだが、そこは観光地のGWである。まだ11時というのにもう20人待ちという。小一時間近くの鳥を観察しながら待つことにする。近くにはキビタキやカラ類が来て眼を楽しませてくれる。そうこうするうちに、やっと順番が回ってきた。鴨肉の入ったつけ麺風のせいろを注文。これがすこぶる美味であった。蕎麦増量ですっかり食べ過ぎである。 鴨肉...

  12. カルガモ - gdneeの日記

    カルガモ

    カルガモ目の部分に筋が入っています。嘴の先が黄色いです、多くのカモは雄が派手な色をしていますが、カルガモは雄、雌とも地味な色です。

  13. シメ・カルガモ - 西多摩探鳥散歩

    シメ・カルガモ

    朝から良い天気で気持ちが良い。なるべく順光で木々が見渡せる良い場所がないものかと探している時葉が繁って来た木々の合間に、鳥が見えた。シメだった。前景に枝や葉があった場合、フォーカスが合いにくいが、フォーカスを何度かずらして、色が飛び気味ながら、やっと撮れた。欄干にペタンとすわってひなたぼっこのカルガモ野鳥観察ランキング

  14. カルガモと鯉 - 西多摩探鳥散歩

    カルガモと鯉

    公園の木々は萌黄色の新芽で華やぎ春爛漫といった風情。カルガモは、最近少なくなったがこのあずまや池にはいつも居る。近づくと鯉と一緒に寄って来た。ソメイヨシノやヤマザクラは散ったが、サトザクラ(八重桜)は今が満開でキレイ野鳥観察ランキング

  15. 未明の海岸 - 朝の散歩道

    未明の海岸

    晴れ間を期待して出掛けたものの 朝の光の届かない暗い朝でした。河口近くの中洲で採餌するコウノトリです。湧水池のカルガモ

  16. ムクドリの群れ - 西多摩探鳥散歩

    ムクドリの群れ

    ムクドリ昨日、今日とムクドリの群れがいて歩き回っている。春の自然公園ではどこでも見かける光景。カルガモ愛嬌のある顔のカルガモ最近、見かける数が減っているドバトここのハトは、カルガモもそうだが人にエサをもらってるのでちっとも逃げない。ハシブトガラス木の幹をアチコチ見て回っていた。他の野鳥の巣を狙っているのだろう。カラスもこの公園の森で子育てをしているのだ。(使用中かどうかは不明だが3ヶ所巣を確...

  17. カルガモのピンバッチ - つれづれ日記

    カルガモのピンバッチ

    野鳥の会の通販カタログと一緒に入っていた、この用紙・・少しではありますが、寄付をさせて頂きました。是非、希少な野鳥や絶滅危惧種の保護活動、湿原をはじめ水辺環境の保全活動に役立てて欲しいなぁ~と思いますふふふ・・こんな可愛いカルガモのピンバッチを頂きました~。可愛いな~

  18. ガビチョウの合唱 - 西多摩探鳥散歩

    ガビチョウの合唱

    ガビチョウガビチョウが目の前の木の枝で盛んに鳴いていた、ガビチョウはいろんな鳴き声で鳴くが、さえずるように鳴いてた。すると遠くの数か所からもそれに答えるように鳴き声が・・ここにはかなりの個体数のガビチョウがいるようだ。カルガモ清水谷の池は一面桜の花びらが浮いている。カルガモは気にせずスーイスーイ野鳥観察ランキング

  19. アオサギ・カルガモ・ヒヨド - 西多摩探鳥散歩

    アオサギ・カルガモ・ヒヨド

    アオサギ大池のアオサギ近づいてもにげない・・カルガモカルガモも手を伸ばせば届く距離に近づいても逃げない。ここのカルガモは時々人間にエサをもらっているので全く人間を警戒していないハシブトガラス常連のハシブトガラス、ハッパをくわえている。そのまま飛んで行った、巣作りか・・。ヒヨドリ今日はカワセミはいなかった。桜が咲いてるところでやたらとヒヨドリを見るヒレンジャク出没情報で、今朝もカメラマンが多い...

  20. カルガモの親子 - アインのしっぽ

    カルガモの親子

    G.W にはいっての早朝散歩。公園の池まわりを歩いていると、なにやらアインが反応。クンクン鼻を鳴らしてる先を覗きこむと、そこにはカルガモの親子がいた。 この時期、卵からかえった雛が母親の後をついて回る姿は、愛嬌たっぷりでほほ笑ましく、生の輝きに満ちあふれている。 教育熱心な母ガモに導かれて、いろいろな事を教わっているようだ。 子ガモは、全部で11 羽いる。聞いた話しでは前日には12 羽いたら...

1 - 20 / 総件数:32 件

似ているタグ