ガンのタグまとめ

ガン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはガンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ガン」タグの記事(26)

  1. 生きる - Chaoの日常

    生きる

    麻央さんの訃報を聞いて、改めて麻央さんの言葉を聞いて本当にすごく幸せな人だったんだなぁ。と思いました。本当に羨ましい人生を送られた。と子供を二人残して、短い人生でかわいそうに。と思わないでください。私の人生のすべてが癌だったわけではなく、素晴らしい人生で愛すべき夫と可愛い子供二人を授かり、愛し愛され素晴らしい人生だったと思ってもらいたい。そんな言葉がありました。だから、訃報を聞いた時に「悔し...

  2. 先日、歌舞伎役者の妻が、ガンで亡くなりました。34歳で女の大厄でした。 - housoku-diary

    先日、歌舞伎役者の妻が、ガンで亡くなりました。34歳で...

    先日、歌舞伎役者の妻が、ガンで亡くなりました。34歳で女の大厄でした。以前も書いたことがありますが、元妻のお姉さんも同じように33歳の大厄で「ガン」でした。このことを思い出しました。そこで、今日は、読者の方で厄年に疑問を持つ人に一言書いて見ましょう。私も、昔、若い頃は殆ど信用していませんでしたが、現在のように、人生も70年以上も生きていますと、やはり「厄年」というのは、意味があるということが...

  3. がんの名医リスト - がんの名医リスト~内視鏡手術から開腹手術、最新治療を行う全国の名医を掲載

    がんの名医リスト

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「がんの疑いがある」と言われたら、まず頭に浮かぶのは、「どの病院に行こうか」ということではないでしょうか。がんと言う病気の深刻さを考えると、トップクラスの病院、名医と言われる医師で診てもらいたいと言う思いを持つのは、ごく自然のことと思います。「この先生なら自分の命を預けられる」そう思える医...

  4. がん患者さんに理学療法士ができるたった1つのこと - 幸せと笑顔を運ぶ 難病もちの理学療法士&アクティブカラーセラピスト さあらのブログ

    がん患者さんに理学療法士ができるたった1つのこと

    「できることを伝えること」これにつきると思います。私は乳がん患者さんに10年理学療法士として関わってきました。理学療法士の仕事は医師ありきです。医師の指示が処方箋として出されて始めて患者さんと出会います。私が勤務していた病院でも、手術が終わり、理学療法が可能な時期になると指示箋が出されお部屋に伺うという流れでした。そんな時、私が出会う患者さんは、乳がんとすでに診断され、手術が無事終わり、そこ...

  5. 命を受け止めて見送ることのできる幸せ@ばぁちゃんの出会いと看取りから学ぶこと - 幸せと笑顔を運ぶ 難病もちの理学療法士&アクティブカラーセラピスト さあらのブログ

    命を受け止めて見送ることのできる幸せ@ばぁちゃんの出会...

    あなたをずっと待っていてくれる。そんな方が、あなたにはいますか? 今思うと、あれほど私を待っていてくれた人はいただろうか。そう思う、私とばあちゃんのお話しです。2014年の8月、旦那さまの祖母である、「ばぁちゃん」の命を、その魂が身体から去っていく最期の最期まで見送りました。ばぁちゃんと出会ったのは7年前。我々夫婦が初めて出会った日。そして結婚した日であり、ばぁちゃんともこの時初めて会いまし...

  6. 56. 「信頼貯金」の作り方 - 小さな幸せにっき

    56. 「信頼貯金」の作り方

    ***「乳がんとつきあう」の過去記事はこちら***1ヵ月ぐらい前に発行された週刊ダイヤモンドのテーマは「がんと生きる」だった。近年、がん=死ぬ ではなくなりつつある一方で、世の中の2/3はがんに罹患したら仕事を続けられないと思っている。やや深読みしているかもしれないけれど、裏を返すと身近なところにいるがん患者に対して「この人仕事を辞めるんだろうな」と思っている人が多いということか。---引用...

  7. 奇跡を生きる - 生きる。撮る。

    奇跡を生きる

    2004年の6月1日最初の手術。緊急入院、緊急手術。術後4日目に告知。まさかがんなんて夢にも思わなかった。思い返せば長い月日が流れた。夢のようだ。再発以降は厳しいこの病気。まさかこんなに長く生かせていただくなんて思いもよらなかった。すぐに再発し何度も再発しずっと死を目の前に感じて生きてきた。信じてもらえないかもしれないが、ごく最近まで1ヶ月先までの予定しか立てられなかった。でも目の前に死をぶ...

  8. 脳腫瘍が消えたno,2・・・腕の振るえ - おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?

    脳腫瘍が消えたno,2・・・腕の振るえ

    「脳腫瘍の事は分からんが、確実に手の震えは減った」「腫瘍との因果関係は不明ですね」「医者は特別な腫瘍だから仕方ない言ってた」「現代医学での話ですからね」その後も色んな症状でコツコツとハリ治療を続け・・・「○○さんは鍼が強いから治療が楽です」「ズ~~ンとこないと頼りないからな」初診から1年程も経っただろうか「昨日写真を撮ったら腫瘍が消えたそうだ」「良かったですね」「もっと驚くかと思ったが・・・...

  9. はじめにことばがあった - 妖精確定

    はじめにことばがあった

    どうもよく分からない。判らない。解からない。ども。また入院してきました。つったって1週間ぐらいだけれども。先月に家族からしっかり風邪をいただいて、その流れからの腸閉塞。水分足んなかったかな。薬ちゃんと飲まなかったからかな。期間半分絶食で、以降かゆ食で。スキップしまくりの抗がん剤投与して、帰って来た。病室は空前絶後に騒がしく何度もキレそうになり、早く帰りたい帰りたいとギリギリしながら、原因と同...

  10. 「足もみ」で心も体も超健康になる。三笠書房 - 工房アンシャンテルール就労継続支援B型事業所(旧いか型たい焼き)セラピア函館代表ブログ

    「足もみ」で心も体も超健康になる。三笠書房

    足もみで心も体も超健康になる!田辺智美先生の著書です。三笠書房より足を揉んで、心も身体もリラックス。

  11. 癌の告知を受けた日 - みきてぃ。の らいふログ

    癌の告知を受けた日

    ちょうど2年前、2015年の4月25日(土)のことでした まさかの胃がん告知を受けました、しかも悪質なスキルス性だと 今思えば、クリニックの先生はとても緊張しておられたと思うのだけど こちらは胃潰瘍の程度について何か言われるのかな、くらいの構えだったのよね 私は、大学を出てすぐに就職をした会社がガン保険の会社でした その当時は、告知を当人にするべきかどうか、ご家族にまず聞いている時代 お客...

  12. 母のことば - バリ島シドゥメン村田舎暮らし 手織りの布ソンケット

    母のことば

    いつもこのブログを訪れていただきましてありがとうございます。先週は6日ほどの滞在期間にて、日本を訪れておりましたが今回の主な目的は、病気の母の様子を伺うこと、母、妹と一緒に、母の主治医の外科ドクターとの面談で今後の方針などの確認を行うこと、でした。私の母は、3年前に大腸がんが見つかり手術をしてストマーを使って生活を続けておりました。その後の検診などで、すでに転移が見つかっていたようですが、母...

  13. 強風のせい? 北帰行の続きはおあずけ - 空ヤ畑ノコトバカリ

    強風のせい? 北帰行の続きはおあずけ

    すごい青空。すごく強い風。ハクチョウやガンが、それぞれ大群で北へ向かうのが見えた。と思ったら、南へ向かってばらばらと帰ってきた。行くぞ!って飛びたったのに、やっぱりやめたのかな?強風で乱れる隊列。こちらは編隊に追いつこうとしている2羽。あ、フンしちゃった。見上げるヒトにはお構いなく、編隊を追いかける2羽。こちらは完全に隊列が乱れたガン。10秒ほどでここまで編隊が戻った。そのまま南の空へ。旅立...

  14. ブレストライトで、乳がんを早期発見 - ブレストライトは、お家で出来る!乳がんチェック

    ブレストライトで、乳がんを早期発見

    ブレストライトで、乳がんを早期発見ブレストライトは簡単で快適に胸のセルフチェックができる新しい医療機器です。乳がんの新しいスクリーニング機器です。特殊な光線を胸に照射することで胸内部を可視化できます。定期的なセルフチェックで、胸の健康意識を高めましょう!★ お家で出来る!乳がんチェック ★ ★ 乳がんの早期発見・早期治療が何より大切 ★ 詳細情報は http://www.karin-jp.c...

  15. 卵巣がんの手術をしました⑦ - ワイルド母さんの日々

    卵巣がんの手術をしました⑦

    こんにちは、ワイルド母さんです。期末は忙しいですね~。お久しぶりの更新です。さて、今日は入院1日、2日目のお話。私は入院10日、3日目に手術の予定(実際も)で入院しました。1日目は午後から入院。手術前は手術の準備でした。院内の説明、看護婦さん、薬剤師さんとの顔合わせ、内診・・・。結構大変だったのは執刀医の先生とのやり取り。私の執刀医の先生は入院してわかりました。初診からお世話になった先生では...

  16. 50. がんと仕事(3) - 小さな幸せにっき

    50. がんと仕事(3)

    ***「乳がんとつきあう」の過去記事はこちら***仕事を辞めずにがん治療するために今から準備できること。つづき。3.いろんなことをできるようになっておくいいか悪いか別にして、私はたくさん転職をした。転職に際して、職種を変えたこともあった。結果、自分が持っている引き出しが増えた。どんな職場でも、仕事の種類は一つじゃない。人事、経理、総務なんてのはたいていどこにでもあるだろうし(これらがいっしょ...

  17. 卵巣がんの手術をしました⑥ - ワイルド母さんの日々

    卵巣がんの手術をしました⑥

    こんにちは、ワイルド母さんです。さて、今日は大学病院初診から手術日まで。‘ガン、大丈夫かな~。‘と気遣いながら暮らし迎えた大学病院初診日。すでに総合病院でいろいろな検査をし、電子データを持参していたので、じゃあ手術は・・・という話になるのかと思いきや、‘一通り検査をしましょう。‘という話になりました。総合病院で行って検査データもある検査もやりなおし。‘なんでですか?‘と聞くと、感度が悪くて鮮...

  18. ガンの北帰行、あーあ。 - 空ヤ畑ノコトバカリ

    ガンの北帰行、あーあ。

    この空をさっき、ガンの群れが北へ向かっていった。昨シーズンは行きも帰りもたくさん群れを観たのに、今シーズンはさっぱり。やっと巡り会えたと思ったら、すぐに山の向こうに消えてしまった。あーん、あの編隊飛行、もっと観たい。情報では、ガンはいつも通りに渡っている。自分がたまたま、その場面に居合わせていないだけ。あーあ、次の群れ、通らないかなあ。

  19. 卵巣がんの手術をしました⑤ - ワイルド母さんの日々

    卵巣がんの手術をしました⑤

    おはようございます。ワイルド母さんです。さてさて、今日は私の初診の先生選びについて。名医を目指して病院の予約を入れようとしたのですが(しかもなかなか予約がつながらず、やっとの思いで)、名医の先生の初診は1か月待ちとのこと。え~。診察だけでそんなに待つの~💦。で、他の先生でも最短で約2週間待ち。え~、何ですって~。いったいどっちの先生にお願いしたらいいんだ~。(ネットで卵巣がん...

  20. 49. がんと仕事(2) - 小さな幸せにっき

    49. がんと仕事(2)

    ***「乳がんとつきあう」の過去記事はこちら***仕事を辞めずにがん治療をするために必要なことは、がんに罹患する前から準備しなくちゃいけないと思う。1. 金銭的な余裕を持っておく ひとことで言えば、貯蓄を持っておくこと。 保険に加入していても、保険金はすぐにはいただけない。 保険金をいただくためには診断書を書いてもらわなきゃいけないし、それにはお金がかかる。 高額医療費の限度額制度を使ったと...

1 - 20 / 総件数:26 件

似ているタグ