キタテハのタグまとめ

キタテハ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはキタテハに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「キタテハ」タグの記事(7)

  1. キタテハとベニシジミとブッドレア - 百寿者と一緒の暮らし

    キタテハとベニシジミとブッドレア

    朝、窓から外を見ると、ブッドレアにキタテハがいました。あら!黄色がやってきた~嬉しいですね!早速、カメラを構えましたよ。キタテハは人がいても気にせず、自分の仕事に没頭するので、外に出て、ブッドレアに近づいて、シャッターを押しました。人の気配に気づいているのかどうかわかりませんが、平気ですね~ずっとこうしてキタテハを観察していたいのですが、気が付いたら20分以上たっていたので、適当に切り上げま...

  2. ゼフィルスと一緒にみられたチョウ - 旅のかほり

    ゼフィルスと一緒にみられたチョウ

    ゼフィルスを撮っていて沢山のチョウに出会いました。初夏の淡い色合いのキタテハアゲハモドキゼフィルスが飛ぶ頃、同じ場所でよくみかけます。生まれたてか、とてもきれいな翅の色をしていました。草がじゃまをして、少々難点。どくだみの花にはチャバネセセリ吸水中のイチモンジチョウテングチョウまるで枯葉になり切っています。サトキマダラセセリ翅が傷んできました。ハナイカダの実ゼフィルスが飛ぶころ同時に里山には...

  3. 夏型のキタテハも出てきた! - 堺のチョウ

    夏型のキタテハも出てきた!

    夏型のキタテハが出てきました。去年よりは、2週間ほど遅い出現です。例年であれば、もうクリの花が咲いている時期ですが、まだ、そのクリの花もまだ咲いていない状況です。キタテハの夏型は、この初夏に時期に発生します。翅の色は、全体が淡くくすんだ黄色。一方、秋型になると、秋の時期に発生し、翅全体の色が濃くなり山吹色になります。チョウの季節型が発生する理由は、日照時間。13時間より長いと夏型になり、短い...

  4. ☆ アマサギ ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ アマサギ ☆

      数日前、右折を間違え、次の細い道に入ると、田んぼにアマサギがいました。 田植え前の耕運機?が動いています。その後を、7羽のアマサギがついて行きます。 アマサギは好きなので、窓を開けてマクロレンズの着いたカメラで写しました。 遠かったので、かなりトリミングをしています。 アマサギを従えての農作業は楽しそうです。ムクドリ、鳩、カラスも集まっていました。 チョウも少し前に写したものです。イボタ...

  5. 蝶は桜にとまるのか? - 夜つぐみの鳴くところで

    蝶は桜にとまるのか?

    ♪ちょうちょう ちょうちょう 菜の葉にとまれ 菜の葉にあいたら 桜にとまれ 桜の花の 花から花へ とまれよ 遊べ 遊べよとまれ何とも春らしくのどかな歌ですね。でも実際には桜で遊ぶ蝶を見る事はほとんどありません。そこでこちら タテハチョウの仲間のキタテハ(黄立羽蝶)です。オレンジが強いので秋型の越冬個体でしょうか。桜の近くで観察していたら偶然?とまりました。たまたま低い位置に桜があったからかも...

  6. 2017.4.5 東京・白金の森 ツマキチョウ   2017.4.11 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.4.5 東京・白金の森 ツマキチョウ   2...

    2017.4.5ツマキチョウとトラフシジミを目的に自然教育園へ行く。ようやく暖かくなったので、ツマキチョウは数が増えているだろうと期待したが、2日前とそれほど変わらなかった。桜を背景に撮るのが主目的。しかし、いい場所に待ち構えていても、直前でそれてしまう。ツマキチョウの飛ぶ方向はだいたい決まっている。後ろに桜はないが追いかける。が、ロープの向こうなのでなかなか入らない。せっかくのピントも背景...

  7. 2017年3月下旬 埼玉県中北部の公園 - 春ちゃんのメモ蝶3

    2017年3月下旬 埼玉県中北部の公園

    2017年3月23日 埼玉県中北部の公園ミヤマセセリの登場が聞こえ始めました。ですが、週末の天気予報はあまりよくありません。ということで昨年と同じ日に急遽訪問することにしました。しかし、朝の天気予報ではうす曇りで気温があまり上がらないと言ってます。ちょっと心配。しかも、今日は12時半ごろ撤収しなければならず、ちょうどよさそうな時間までいられません。気温が低めの10時ごろ到着。タンポポの花はま...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ