キリスト・イエスのタグまとめ

キリスト・イエス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはキリスト・イエスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「キリスト・イエス」タグの記事(257)

  1. すべてのことに時がある、ということ。 - 御言葉をください2

    すべてのことに時がある、ということ。

    「すべてのことに時がある」というのは、旧約聖書の「コヘレトの言葉」にあるよく知られた言葉である。してみれば、このブログに投稿するにも時がある、ということになろう。昨日は、二つの場所に行った。一つは三人で映画に行き、一つは、大阪教区の特別委員会に出た。そして、家に帰って、ある本を読み続けた。それでブログが書けなかった。今、大事な学びをしていると思っている。今朝は、ほろほろ堂書店に行き、「週刊金...

  2. 9月9日(土) - 御言葉をください2

    9月9日(土)

    どうか天から見下ろし輝かしく聖なる宮からご覧ください。どこですか、あなたの熱情と力強い御業は。(イザヤ63.15)人気ブログランキングにほんブログ村

  3. 9月8日(金) - 御言葉をください2

    9月8日(金)

    アダムと彼の妻は、主なる神の顔を避けて、隠れた。(創世記3.8)人気ブログランキングにほんブログ村

  4. 9月7日(木) - 御言葉をください2

    9月7日(木)

    御心は知恵に満ち、力に秀でておられる。神に対して頑なになりながら、なお、無傷でいられようか。(ヨブ9.4)人気ブログランキングにほんブログ村

  5. 「教会と天皇制」を考える特別委員会の準備 - 御言葉をください2

    「教会と天皇制」を考える特別委員会の準備

    明後日、委員会があるのでそのための資料作りをしていた。難しい問題ではある。「天皇制」という言葉を語っただけで、教会には戸惑うようなところがある。日本にある教会の困難を思う。旧約聖書の「列王記」などを読んでいると、そこに「聖なる高台」というものがあり、これを歴代の王もほとんど取り除くことができなかった。イスラエルにおけるバアル崇拝、聖なる高台の問題と、日本における「天皇制」の問題は共通するとこ...

  6. 「誘惑」とはどこまでも「神に逆らうこと」 - 御言葉をください2

    「誘惑」とはどこまでも「神に逆らうこと」

    ボンへッファーのことば誘惑を引き起こす者は「悪魔」であると聖書がみなす時、聖書は何を語ろうとしているのであろうか。聖書は、先ず第一に、誘惑とはどこまでも「神に逆らうこと」であると言おうとしている。問題は「神に逆らうこと」なのである。「神」抜きに「誘惑」を語ることはできない。しかし、神抜きに誘惑が語られることが多いので、すべてがおかしくなってくる。人気ブログランキングにほんブログ村

  7. 9月6日(水) - 御言葉をください2

    9月6日(水)

    わたしたちが正しいからではなく、あなたは深い憐れみのゆえに、伏して嘆願の祈りをささげます。(ダニエル9.18)人気ブログランキングにほんブログ村

  8. 9月5日(火) - 御言葉をください2

    9月5日(火)

    恐れるな、わたしはあなたを贖う。あなたはわたしのもの。わたしはあなたの名を呼ぶ。(イザヤ43.1)人気ブログランキングにほんブログ村

  9. 南海地区教師会に出席 - 御言葉をください2

    南海地区教師会に出席

    今日は、13名の出席。「日本会議について」の発題。かなり活発な話し合いがもたれた。その後、帰って来て、特に大嘗祭などについて勉強。天皇の代替わりに備えるため。「日刊ゲンダイ」も買って来る。このところ、ブログを書くことよりも、読書に時間を使っているが、いずれ、またブログに戻ってこよう。人気ブログランキングにほんブログ村

  10. 9月4日(月) - 御言葉をください2

    9月4日(月)

    モーセを通じて主が行うようお命じになったすべての仕事のために、進んで心からするイスラエルの人々は、男も女も皆、随意の献げ物を主に携えて来た。(主エジプト35.29)人気ブログランキングにほんブログ村

  11. 「ここに立つ」 - 御言葉をください2

    「ここに立つ」

    ヴォルムスの国会でのルターについて、松田智雄氏が「ルターの生涯と思想」30頁、31頁で書かれていること。これは、中央公論社「世界の名著18巻 ルター」の中の論文。 1521年4月17日の夕方、彼は国会の議場である司教邸に出頭したとき、この議場には、神聖ローマ皇帝として旧世界および新世界の二つにまたがる広大な領土をもち、ついに中世皇帝の最後の伝統から離れられずに、時代の大きな転換の中で古い立場...

  12. 『日本キリスト教団教会論』の預言者的文章 - 御言葉をください2

    『日本キリスト教団教会論』の預言者的文章

    この1981年、つまり36年ほど前に書かれた著作の最後は、2017年9月の今、読んでみると預言者的である。雨宮栄一著、新教出版社刊。 私たちは、日本キリスト教団の将来に多くの困難な問題が横たわっていることを知っている。おそらく教団は将来において、靖国問題、核武装、徴兵制度、平和の問題においてその教会的秩序を厳しく問われることになるだろう。そしておそらく今一度「その秩序の形を、教会自身の好むと...

  13. 9月3日(日) - 御言葉をください2

    9月3日(日)

    わが民は平和のすみか、安らかな宿、憂いなき休息の場所に住まう。(イザヤ32.18)人気ブログランキングにほんブログ村

  14. ルターの「我ここに立つ」の「ここ」とは? - 御言葉をください2

    ルターの「我ここに立つ」の「ここ」とは?

    日本聖書神学校での研修会が終わって、何日かたつのだが、あらためて、ルターのヴォルムスの国会での最後の言葉、「我ここに立つ」という言葉の意味の大きさを思っている。あの時、宗教改革つまり「信仰によって義とされる」という決定的な教えが、前進するか崩壊するかが決定され、宗教改革が前進したのである。もし、あの時、ルターが、自分の命を大事にして、自らの主張を放棄したなら、宗教改革は挫折したであろう。15...

  15. 9月2日(土) - 御言葉をください2

    9月2日(土)

    お前たちの罪が恵みを退けたのだ。(エレ5.25)人気ブログランキングにほんブログ村

  16. 高麗博物館とヘイトスピーチ - 御言葉をください2

    高麗博物館とヘイトスピーチ

    高麗博物館というものが新宿区の大久保にある。以下、住所など書いておく。〒169-0072 東京都新宿区大久保1-12-1 第二韓国広場ビル 7階TEL 03-5272-3510 今度初めて、その名を知り、その場所に行ったのである。というのが、日本聖書神学校の研修会の2日目は、フィールドワークがあり、3つのグループの中、一つに「多文化共生」というところがあり、そのグループと同行することになっ...

  17. 万人祭司と教皇主義 - 御言葉をください2

    万人祭司と教皇主義

    28日から30日に渡っての、日本聖書神学校の研修会のテーマはルターであったのだが、そこで発題し、出席している50名ほどの人たちと話しているうちに、「万人祭司」の意味が、これまでになくはっきりしてきた。いまは万人祭司と言わずに「全信徒祭司」というらしいが、それはその方がいいかもしれない。よく、宗教改革は「万人祭司」を強く言っているというように言われているが、私は、ルターの著作を読んでいて、さほ...

  18. 9月1日(金) - 御言葉をください2

    9月1日(金)

    主よ、あなたは代々にわたしたちの宿るところ。山々が生まれる前から、大地が、人の世が、生み出される前から、世々とこしえにあなたは神。(詩編90.1-2)人気ブログランキングにほんブログ村

  19. 自由な愛 - 御言葉をください2

    自由な愛

    この「自由な愛」という言葉は、月曜日、東京に向かう新幹線の車内で、『キリスト者の自由』を読み直していた時に、心にとまった言葉である。これは、私にとって大事な言葉になるだろう。「ねばならない」では「自由」ではなく、自由のないところに愛はない。「見せかけの信仰」と「見せかけの愛」があるのである。キリストを信じる信仰によって、わたしたちは自由にされ、その自由を用いて愛するということである。自由のな...

  20. 8月30日(水) - 御言葉をください2

    8月30日(水)

    この生ける神、世々にいまし、その主権は滅びることなく、その支配は永遠。(ダニエル6.27)人気ブログランキングにほんブログ村

41 - 60 / 総件数:257 件

似ているタグ