キリスト・イエスのタグまとめ

キリスト・イエス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはキリスト・イエスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「キリスト・イエス」タグの記事(257)

  1. 8月29日(火) - 御言葉をください2

    8月29日(火)

    「人がわたしにするように、わたしもその人に対してしよう。それぞれの行いに応じて報いようとは」とは、あなたがたの言うべきことではない。(箴言24.29)人気ブログランキングにほんブログ村

  2. 8月28日(月) - 御言葉をください2

    8月28日(月)

    主は地上をすべて治める王となられる。その日には、主は唯一の主となられ、その御名は唯一の御名となる。(ゼカリヤ)人気ブログランキングにほんブログ村

  3. 礼拝、そして車で食事に - 御言葉をください2

    礼拝、そして車で食事に

    その後、牧師館に戻り、一休み。それで、今の時間になってしまった。明日は、東京の日本聖書神学校卒業生の研修会に。発題を頼まれたという事情もある。それで、水曜日の夕方まで、ブログの更新はできない。

  4. 8月27日(日) - 御言葉をください2

    8月27日(日)

    信じなければ、あなたがたは確かにされない。(イザヤ7.9)人気ブログランキングにほんブログ村

  5. 戊辰戦争終結の日、1869年5月18日、天皇主権確立の日 - 御言葉をください2

    戊辰戦争終結の日、1869年5月18日、天皇主権確立の日

    私は長い間、大日本帝国憲法成立の日が、天皇制国家の成立の日だと考えて来た。しかし、勝田政治著『廃藩置県』を読んで考えをかえた。それよりだいぶ前、「錦の御旗」を打ち立てて戊辰戦争が開始されてから、終結にいたる間に天皇の主権が及ぶ範囲が前進し、五稜郭の戦いに討幕軍が勝利することによって、天皇主権が確立されたのだった。それを、大日本帝国憲法によって、憲法によってさらに確立させたのが伊藤博文だったの...

  6. 「公同」的な性格の実現化 - 御言葉をください2

    「公同」的な性格の実現化

    雨宮栄一著『日本キリスト教団教会論』を読み進めているのだが、今回の読書は『日本基督教団資料集』を読みつつの読書なので、具体的な歴史的事実を土台に考えることができ、いままで3回ほど通読した時とまるで違った経験をしている。その中で、メモしておきたいところがあるので、以下書いておく。たぶん、多くの読者には意味不明だろう。 教団は全体教会として公同的な性格を追求するだけでなく、それを現実化しなければ...

  7. 8月26日(土) - 御言葉をください2

    8月26日(土)

    主の御使いもう一度戻って来てエリヤに触れ、「起きて食べよ。この旅は長く、あなたには耐え難いからだ」と言った。(列王上19.7)人気ブログランキングにほんブログ村

  8. 8月25日(金) - 御言葉をください2

    8月25日(金)

    エッサイはタビデに言った。「兄さんたちの安否を確かめ、そのしるしをもらって来なさい。」(サムエル記上17.18)にほんブログ村人気ブログランキング

  9. 熊野義孝著『キリスト教概論』について - 御言葉をください2

    熊野義孝著『キリスト教概論』について

    熊野義孝の代表的著作として『キリスト教概論』があげられることが多いようであるが、私は日本聖書神学校の組織神学の授業で佐藤敏夫先生から、この著作を読むように言われて、一度読み、それに対してレポートを出したことがあり、その時、90点以上の成績をいただいたと思う。しかし、この著作には、最初から違和感があった。それは、たぶん、わたしがその当時、ルターから強い影響を受け始めていたせいがあろう。バルトの...

  10. 8月24日(木) - 御言葉をください2

    8月24日(木)

    暴力に依存するな。搾取を空しく誇るな。力が力を生むことに心を奪われるな。(詩編62.1)人気ブログランキングにほんブログ村

  11. 「イグナティオスの手紙」を再読 - 御言葉をください2

    「イグナティオスの手紙」を再読

    全部で7つある。確かに「キリスト教」「公同の教会」という表現がある。また「エピコポス制」についても書かれている。それから驚くべき「殉教」への情熱。『使徒教父文書』《聖書の世界》別巻4・新約2訳者 荒井献・佐竹明・小河陽・八木誠一・田川建三1974年5月8日 第1刷 講談社発行。

  12. 植村正久は古カトリック的ではなかったか? - 御言葉をください2

    植村正久は古カトリック的ではなかったか?

    『日本基督教団資料集』を読み進め、また雨宮栄一著『日本キリスト教団教会論』を読み、使徒教父のイグナティオスという名前に行き着いた。また植村正久の名前にも行き着いた。熊野義孝、北森嘉蔵という人たちの前に、植村正久がいるのである。イグナティオスの手紙は、すでに翻訳で読んだことがあるが、あたらしく抱くようになった問題意識で読み直したい。彼が「キリスト教」という言葉を使い始め、「公同(カトリック)」...

  13. 8月23日(水) - 御言葉をください2

    8月23日(水)

    あなたたちの神、主は神々の中の神、主なる者の中の主、偉大にして勇ましく畏るべき神、人を偏り見ず、賄賂を取ることをしない。(申命記10.17)人気ブログランキングにほんブログ村

  14. 日本基督教団はどこまで堕落したか。 - 御言葉をください2

    日本基督教団はどこまで堕落したか。

    わたしは、「沖縄キリスト教団との合同のとらえなおしの頓挫」「北村慈郎牧師の免職」の頃から、日本基督教団は堕落の一途をたどっていると思い、日本基督教団のことなどどうでもいい、というような投げやりな気持ちになることが時々あるのだが、それはあまりに無責任なので、最近は、隠退を考えつつも、日本基督教団のも問題に正面から、また全体的に取り組み始めたのである。そして、『日本基督教団史資料集第2巻』の中の...

  15. 8月22日(火) - 御言葉をください2

    8月22日(火)

    主はアブラハム、イサク、ヤコブと結んだ契約のゆえに、彼らを恵み、憐れみ、御顔を向け、彼らを滅ぼそうとはされず、今に至るまで、御前から捨てることはなさらなかった。(列王記下13.23)人気ブログランキングにほんブログ村

  16. 米軍基地があればこそ、日本は攻撃目標にされる。 - 御言葉をください2

    米軍基地があればこそ、日本は攻撃目標にされる。

    米韓合同軍事演習の一日目、無事に終わる。明日からも、軍事衝突が起きないように祈る。日本人の多くは、かなり本気で、米軍基地があればこそ、日本は平和で安全だと思っているらしいが、それは全くの間違いだと思う。米軍基地は、日本を守るために日本にいるのではなく、アメリカの国益のために存在しているのである。豊下楢彦著『安保条約の成立』によれば、米軍基地は、アメリカの主張によって、日本におかれ続けたのであ...

  17. あらためて米韓合同軍事演習に反対する。 - 御言葉をください2

    あらためて米韓合同軍事演習に反対する。

    北朝鮮がこれまでも嫌がってきた軍事演習を、今回もまた始めている。今回は、今までと比べてかなり危なくなっている。北朝鮮はグアムから米軍のB-1B爆撃機を特に意識しているらしい。このB-1B爆撃機は、いわゆる「斬首作戦」行えるという。ピンポイント攻撃をして金党委員長をねらうことができると見られている。米軍1万5千、韓国軍5万人という。夏の訓練は、米軍の人数は年々、少なくなっているという。「斬首作...

  18. 8月21日(月) - 御言葉をください2

    8月21日(月)

    主は決して貴方をいつまでも捨て置かれない。主の慈しみ深く懲らしめても又憐れんで下さる。(哀歌3.31-32)人気ブログランキングにほんブログ村

  19. 礼拝後、1時半まで食事と集会 - 御言葉をください2

    礼拝後、1時半まで食事と集会

    大川先生たちを見送り、これから夕方、鶴橋で、食事会。

  20. 8月20日(日) - 御言葉をください2

    8月20日(日)

    主の愛する者が日の出の勢いを得ますように。(士師記5.31)人気ブログランキングにほんブログ村

61 - 80 / 総件数:257 件

似ているタグ