教育・学問ジャンル×キリスト・イエスのタグまとめ

キリスト・イエス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはキリスト・イエスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「キリスト・イエス」タグの記事(195)

  1. 今日の礼拝 - 御言葉をください2

    今日の礼拝

    子どもの教会 教会員のお孫さん2名礼拝 ヨハネによる福音書6章16~21節  説教題「わたしだ」  讃美歌21  317、58、13  交読文 詩編23篇   出席者 30 名これから4時から 石津教会で南海地区CS教師会議人気ブログランキングにほんブログ村

  2. 4月30日(日) - 御言葉をください2

    4月30日(日)

    低くされたわたしたちを、御心に留めた方に感謝せよ。慈しみはとこしえに。(詩編136.23)人気ブログランキングにほんブログ村

  3. 辻子実さんを迎えての集会の校正をしていた - 御言葉をください2

    辻子実さんを迎えての集会の校正をしていた

     というより、ある方が校正して下さったのをさらに私が検討するという作業だったのであるが、今まで、その作業をしていて、いかになおすべきところが多かったのか知らされて仰天。私は、校正が苦手である。一回目の校正はわたしもしたのであるが、心が落ち着きがなかったせいか、ろくに校正すべき所に気づいていなかったのである。その多さに驚いて、自分のいい加減さにも気づかされた。

  4. 宗教法人「日本基督教団高石教会」規則 をファイルして、教会のガラス戸棚に置く。 - 御言葉をください2

    宗教法人「日本基督教団高石教会」規則 をファイルして、...

    宗教法人「日本基督教団高石教会」規則は、付帯事業であった伽羅橋幼稚園を廃園した後、幼稚園にかかわる条項を削除する必要があり、主に私が担当した。本当に少しの条項を単に削除するだけで、何度大阪府庁に通ったことか。役所相手に手続きをとることがどんなに大変な事か、私も少しは知っている。その、役所相手の手続き、ほとんど一行か二行のところをただ削除するだけのことで何度も、府庁に通わなければならなかった。...

  5. 4月29日(土) - 御言葉をください2

    4月29日(土)

    わたしたちの聞いたことを、誰が信じえようか。主は御腕の力を誰に示されたことがあろうか。(イザヤ53,1)にほんブログ村人気ブログランキング

  6. 釜ヶ崎、炊き出し おにぎり213個 - 御言葉をください2

    釜ヶ崎、炊き出し おにぎり213個

     今日は、並ぶ人が少なかった。生活保護の給付日とか。いつものようにいこい食堂に南海地区の人たちが数人集まり、おにぎりを握ったので、あっという間に準備ができた。それから、梅干しを皮とたねを分けて、皮のところをミキサーでペースト状のものにした。包丁研ぎをし、みんなでお茶を飲んで、よもやま話をした後、お握りとおかずを台車で、すぐ目の前の公園に運ぶ。 やがて、別の労働組合関係のところから、おかゆが運...

  7. 4月28日(金) - 御言葉をください2

    4月28日(金)

    シャドラク、メシャク、アベド・ネゴの神をたたえよ。この僕たちを、神は御使いを送って救われた。(ダニエル3.28)人気ブログランキングにほんブログ村

  8. 私たちは死者たちと生者たちに囲まれて生きている。 - 御言葉をください2

    私たちは死者たちと生者たちに囲まれて生きている。

     今朝、ベッドの中で思っていたのは、自分が出会った人で、もはや死んでしまった人の中で、誰の名前を思い出すか、ということだった。そうすると、津山工業高等専門学校の一期生で、同窓会の会長を長くしてくれていた田口昌志君の名前が浮かんで来た。彼は、同窓生の中で最初に結婚し、子どももできた人だった。彼が、わたしたちの中で最初に死んだのだった。それから、私は、自分が出会って、もはやこの世の人でない人たち...

  9. サムエル記上27章~サムエル記下3章 - 御言葉をください2

    サムエル記上27章~サムエル記下3章

    今日の夜の聖書研究祈祷会で輪読した箇所。出席者5名。

  10. スタディオン (聖書用語辞典) - 御言葉をください2

    スタディオン (聖書用語辞典)

     説教のために、聖書を読んでいると、見慣れたスタディオンという距離の単位が出て来る。大体、1スタディオンが180メートルになる。このスタディオンはWikipediaによると、バビロニア起源の単位で、砂漠のある地で生まれた単位であるという。広大な砂漠の地平線に太陽が昇り始める。太陽の上端が地平線に達してから、太陽の下端が地平線に接するまで人間が歩く距離ということである。それが大体180メートル...

  11. 礼拝堂のマイク2本かえてみた。 - 御言葉をください2

    礼拝堂のマイク2本かえてみた。

    今まで、礼拝堂で使っていた2本のマイク、違うマイクにしたら、スピーカーから出る音が良くなるのではないかと思い、2本ともかえてみた。一本は、ほぼ新品。もう一本は、幼稚園で使っていたと思われるもの。私の耳では、これらのマイクを使ってみると、音が割れなくなったように思われる。

  12. 経済第一が今村元復興相の問題発言を生んだ - 御言葉をください2

    経済第一が今村元復興相の問題発言を生んだ

     人の命や健康、人権のことを第一にしないで、経済第一の政策をとってきたのが、今村元復興相の問題発言は、経済優先の議論の中で、「東北で良かった」と言ったのであり、経済の事を第一に考えて政治をしているから、人を忘れていることが明白になった発言である。しかし、これは今村氏に限ったことではあるまい。安倍晋三氏だって、同じくらい、そう思っているだろう。ただ、安倍晋三氏は、政治家として老獪ということであ...

  13. 「神の同盟者」と「キリストの助け手」 - 御言葉をください2

    「神の同盟者」と「キリストの助け手」

    子ブルームハルトは「神の同盟者」と言い、ボンへッファーは、「キリストの助け手」と言った。ボンへッファーが「キリストの助け手」と言ったのは、福音書では「弟子たち」のことである。「助け手」という言い方が、私には新鮮だった。

  14. 紀行「バビロンの流れのほとりにて」を再読する。 - 御言葉をください2

    紀行「バビロンの流れのほとりにて」を再読する。

    これは、1974年に筑摩書房から出された『パリだより』という森有正の著作の111頁以下に載せられているものである。1972年9月に書かれたものである。森有正が61歳ぐらいの時のものである。彼は、この文章で、「カルデアのウル」と聖書では書かれているアブラハムが出発した場所に行った時のことを書いている。そこで、彼はこう書いている。 この日以後、聖書を読む私の目、バッハを聴く私の耳は全く変化した。...

  15. 4月27日(木) - 御言葉をください2

    4月27日(木)

    初めからの事を思い出すな。昔の事を思いめぐらすな。見よ、新しい事を私は行う。今や、それは芽生えている。あなたたちはそれを悟らないのか。(イザヤ43.18-19)人気ブログランキングにほんブログ村

  16. ドストエフスキー作『おかしな人間の夢ー空想的な物語ー』 - 御言葉をください2

    ドストエフスキー作『おかしな人間の夢ー空想的な物語ー』

     この『おかしな人間の夢』のことを時々、思い出すことがあった。私は、1970年8月6日に、河出書房新社のドストエフスキー全集15を購入している。米川正夫訳である。これに『作家の日記(下)』が収められている。この中に「おかしな人間の夢」が載せられている。1877年4月号である。私は、この短編小説を読んで、創世記第3章に目を向けさせられたのだと記憶していた。読み直して、あらためてそう思った。ただ...

  17. 午前中、聖書研究祈祷会。午後スピーカーの音割れ対策をする。 - 御言葉をください2

    午前中、聖書研究祈祷会。午後スピーカーの音割れ対策をする。

    礼拝堂のスピーカの音がこのところ割れるので、その原因を大体、追及して、スピーカーの下に緩衝材を入れればいいかと思い、コーナンに行き、使えそうなものを購入。脚立を持って行き、ひと作業。前より良くなったと思うが、ひとに聞いてもらわないと、良くなったかどうか確信を持てない。これで、午後の時間を使ってしまう。アブラハムが「シュメールのウル」から出発して約束の地に向かったことを思い、シュメール文明のこ...

  18. 4月26日(水) - 御言葉をください2

    4月26日(水)

    あなたは多くの災いと苦しみを、わたしに思い知らせられましたが、再び命を得させてくださるでしょう。(詩編71.20)人気ブログランキングにほんブログ村

  19. テモテへの第二の手紙第4章の学び - 御言葉をください2

    テモテへの第二の手紙第4章の学び

    明日の聖書研究祈祷会のために、牧会書簡全体を学びなおす。そして、二度三度と続けて読み直して、今までになかった響きをここから聞き取る。ブルトマンの『新約聖書神学』にある牧会書簡に関する記述も、今回初めて意識して読んだ。エレミアス、川島貞雄、ハンター、ボルンカムなどの著作も読む。にほんブログ村人気ブログランキング

  20. 新たに到達した地点から、読み直しつつあるもの - 御言葉をください2

    新たに到達した地点から、読み直しつつあるもの

    ブルトマンやティリッヒやキルケゴールやマルクスなどについて、読み直しつつあったが、さらに読み直し始めたのが、以下のようなものである。世界古典文学全集の1巻の、古代オリエント文学のところ。これは、シュメールなどの楔形文字で粘土板に書かれていたものの翻訳である。どうやら、ヘブライ人たちの前、まだ古代ギリシャ人たちの前に、シュメールというものがあり、このシュメールのウル、創世記では「カルデアのウル...

1 - 20 / 総件数:195 件

似ているタグ