ギフテッドのタグまとめ

ギフテッド」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはギフテッドに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ギフテッド」タグの記事(12)

  1. ギフテッドとタレンティッドと人の能力とWISC - ロンちゃんが行く

    ギフテッドとタレンティッドと人の能力とWISC

    WISCというのは発達の凹凸を知るのに、適した検査で、ロンちゃんも過去何回か取ってもらった。長い間、彼をギフテッドとは全く思わなかったし、ギフテッド応援隊に入るのも、どちらかというと、違う気もするんですが…という感じでおっかなびっくりだった。というのも、WISCの結果が全然低いのよ。K先生の知的ギフテッドに関するWISCの分布をさらりと見たけど、ロンちゃんの数値は、とてもじゃないけど、分布の...

  2. ギフテッドを考える ~K先生との茶話会より~ - ロンちゃんが行く

    ギフテッドを考える ~K先生との茶話会より~

    北の異端研 ギフテッド・LD発達援助センターの小泉先生との茶話会に参加しました。前日の講演会のあと、ギフテッド応援隊との時間をとってくださいました。いろいろな気づきが得られたのですが、私見まで。<読み・書きの障害について>人は本来、聞くこと話すことからスタートしたわけで、サヘラントロプス・チャデンシスがどれだけ伝達手段をもっていたかはしらないけど、きっと、口から出る音(鳴き声?)に意味を持た...

  3. 隠れディスレクシアとその特徴、対応策 - ロンちゃんが行く

    隠れディスレクシアとその特徴、対応策

    ディスレクシア自体、非常にレアな障害であり、障害なのか、単なる努力不足なのか、怠けなのかのハザマで親子ともども右往左往してしまうのだが、その「ディスレクシア」が一見すると、「ディスレクシア」と思われないほど、巧みに隠されてしまうのが、「隠れディスレクシア」。ディスレクシア自体がマイナーな発達障害であるのに加えて、それが隠れちゃうなんざ、誰が想像できようかっての。隠れてるからわからないでしょ。...

  4. 遅ればせながら、日高先生講演会の感想と私見 - ロンちゃんが行く

    遅ればせながら、日高先生講演会の感想と私見

    6月25日にギフテッド応援隊の講演会がありました。認知的なアンバランスを抱える子どもの理解と支援~特別支援教育における知的ギフテッド支援の可能性を探る~ 「生活適応の側面から子どもと保護者の困り感を考える」という、長いタイトルの講演でして、作新学院大学人間文化学部 准教授 日高茂暢 先生によるものでした。いろいろな情報があったのですが、私が一番「おぉ~これってロンちゃんに当てはまるではないか...

  5. ロンちゃん、ひと皮むけて完全不登校となる。 - ロンちゃんが行く

    ロンちゃん、ひと皮むけて完全不登校となる。

    久しぶりの更新となってしまいました。何をしてたかって言うと…人生15回目の引越し。普通じゃないでしょ。生まれてこの方、子供の頃から含めて15回目です。そして、念願の一戸建て!新築ブログも始めたい今日この頃。でも、書き不精な私にはロンちゃんネタで精一杯なので、やめときます。前回から、ロンちゃん進化しております。なんと、完全不登校の道を選びました。中3、高校受験前に何たる選択!男前なキップの良さ...

  6. IQベースの児童英才教育は注意深く進める必要がある。 - チャーリーのブログ

    IQベースの児童英才教育は注意深く進める必要がある。

    『優れた能力は“発信”しよう。自慢ではなく事実を示せばいい。』の続き。※今年02月20日から下書きに入ったままだった(笑)。IQ、天才ブームと時を同じくして、日本も欧米も、中産階級から富裕層にかけてIQベースの英才教育がトレンド化している。各国のママさん達から話しを聞いている限り、定期的にIQを測定し、「お宅のお子さん伸びてますよ」的な児童英才教育システムに子供を託すのはおすすめしない。少な...

  7. ディスレクシアのチェックリスト - ロンちゃんが行く

    ディスレクシアのチェックリスト

    ロンちゃんとディスレクシアを結び付けて考えたのは、ロンちゃんが小5の時でした。当時、主人の転勤で地方都市に住んでいたのですが、小4で転入した小学校で担任と折り合いが悪く、不登校となり、別室登校の形で登校していたものの、教室には入れず、学校を変えようかと思っていました。越境も可能でしたので。小5になる始業式での新担任の発表を見てから転校しようと思い、新しい学校にも転校の話をつけ、さぁ教育委員会...

  8. ロンちゃんの正義感~音楽鑑賞文が書けないの巻~ - ロンちゃんが行く

    ロンちゃんの正義感~音楽鑑賞文が書けないの巻~

    音楽の時間に、クラシックを聞いて鑑賞文を書きましょうというのがあります。これ、ロンちゃん、書けない…もとい、書かない。何を書いたらいいかわからないというもんだから、ヤフー知恵袋で調べて、こんな風に書いたらいいんだと教えたものの、それでも書けない。書かない。作曲された時代背景、戦争に突き進んでいたのか、のんびり穏やかな時代だったのか、作曲家がその時どういう環境にいたのか、不遇な時代なのかハッピ...

  9. 合理的配慮 ~読みについて~ - ロンちゃんが行く

    合理的配慮 ~読みについて~

    学習障害の中で「読み」にかかわる障害がある場合の合理的配慮について、考えられる範囲でまとめてみました。・授業中、みんなの前で教科書を音読させない・クラスの前から後のように、並び順に音読させない (当てられていないことがわからないよう、ランダムに音読させてる)・やむを得ず音読させる場合は、あらかじめ読む場所を教え、練習させる・些細な読み間違いを指摘しない・一字一句間違えない完璧な音読を求めない...

  10. 医者のクソ診断 - ロンちゃんが行く

    医者のクソ診断

    そもそも、何の期待もしていなかった医者の診断ですが…これまで、医者にかかったことがないという点、お世話になっているS大キッズカレッジからのおすすめがあった点、以上のことにより、京都のO病院の神経精神科に受診しました。1回目、一応ロンちゃんの成育歴と特性をメモし、アスペルガーとギフテッド、ディスレクシアのチェックリストに該当のところに○して、持参しました。全部説明すると長くなるし、モレもあるで...

  11. 学校に行かないことのジレンマ - ロンちゃんが行く

    学校に行かないことのジレンマ

    毎朝、学校に行くのか行かないのか、またロンちゃんのジレンマが始まると思うと、私自身、憂鬱です。そもそも1週間7日のうち、5日も学校に行く日があることでさえ、怒りの対象にしているロンちゃん。そのうち、半分以上の3日行けたらいいと本人は思っているので、前日には嫌だけれど、明日は行こうと言うんですね。でも、朝になると、やっぱりどうしても体が拒否するようで…例えて言ってくれましたが、わたし(母)はど...

  12. 学習障害の子の学習の方法① - ロンちゃんが行く

    学習障害の子の学習の方法①

    ロンちゃんは普段、鉛筆を持つことさえ億劫がり、宿題と聞くと拒否反応を示します。宿題にリアルにとりかかるには、ロンちゃんにとって複雑な工程が必要です。①宿題のプリント(あるいは教科書)を探す。(大抵はどっかにいっている)②該当の科目のノートを探す。(これもどっかにいっている)③お気に入りのボールペン(どっかにいってる)を探す。  *鉛筆より文字が走りやすいので、書き心地の良いボールペンがお好き...

1 - 12 / 総件数:12 件

似ているタグ