ギャラリーのタグまとめ (187件)

ギャラリーのタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはギャラリーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by Artのある暮らし

ー それぞれの女性たち ー京都から発信する美人画展平成29年3月21日(火)~3月26日(日)AM11:00~PM6:00 (最終日は17:00まで)沖谷 晃司 竹林 柚宇子 西田 幸一郎 日月 美輪 福田 季生

今日は、久しぶりに恵比寿のTOP MUSEUM・へ行きました。2年間にわたる大規模改修工事を経てリニューアルオープンしたのが昨年の9月。その時、東京都写真美術館の英語表記 TOKYO PHOTOGRAPHIC MUSEUMからTOP MUSEUMになりましたが、まだなじめません。本日、拝見したのは地下の展示室で3月19日まで開催中の、私が所属するAPA 公益社団法人・日本広告写真家協会の「第...

by ギャラリー曜燿

先日まで茨城県陶芸美術館で開催されていた『利休に見せたいッ!』では茶筒が展示されていた松田唯さんの手による配管のような花器。そそられます。廃墟好きにはたまりません。人間が作ったものが、自然に侵食されていくのを見るのはなんだかドキドキしてしまうのです。廃墟に絡まる蔦の生命力。その対比。自分の中の飼いならされた命がめりめりと音をたてて復活するような気さえします。春に、フレッシュなグリーンを生けた...

by ギャラリー曜燿

大野和世さんのお花のブローチ、残りわずかです。ビオラの花ことばは『私の胸はあなたでいっぱいです』『誠実な愛』『純愛』らしいです。そして赤いアネモネの花ことばは『君を愛す』。これは、告白がわりに贈り物にしてもいいかもしれませんよッ!私は誰からももらえないので自分で買いましたッ!ビオラとアネモネ。どちらもファッションの素敵なポイントになってくれます。胸元はもちろん、帽子に、バッグに、ストールにと...

by うつわ愛好家 ふみの のブログ

プリズム体感。小さい子どもにも人気でした。資生堂ギャラリー@銀座 ~3/26

by 雲母(KIRA)の舟に乗って

印彩都メンバーのみんなの思い入れのある作品、多くの方に見ていただき、それぞれの方の心の中に少しでも残れば・・・。そして、また夢でもし逢えたら 、その光景を想い出してもらえたら・・・。そんな写真展になりますように! 東日本大震災から先日3月11日で丸6年が経ちました。わたしたち「印彩都」は、今年もまたゴールデンウィークに神楽坂で写真展を開催します。東日本が大地震と津波と原発事故に見舞われた20...

 3月16日は、中央公論の表紙などデカダンの香り漂うアートワークで知られる金子國義氏の命日でありました。 何年か前に上野で観た「バルデュス」展。 金子作品において、この画家の影響はやはり明確に認められると思います。 バルデュスを金子にみせたのは、異端の作家サドを日本に紹介したフランス文学翻訳者であり、作家であった澁澤龍彦であったといいます。 また、澁澤の推薦で青木画廊における金子國義初個展が...

by ギャラリー曜燿

こちらの美しい作品は、那須で作陶をされている峯岸勢晃さんのもの。青瓷と言っても本当に様々な色合いがありますが、どれもこれも宝石のように美しい。そして成形。土の時間の中で一番美しい瞬間を切り取ったかのようです。作品のすべてに通じているのは『品』。とても上等の品です。

アイリスがくっきりとしたお顔を向けています。こちらは旧暦なので4月3日までおひな様が飾られています。と、わかっていても小さい時から「すぐに片付けないとお嫁に行けなくなる」と聞かされていたもんで、やはり何だかあわてて(?)片付けてしまうのです。これは西条で和紙を製造なさっている杉野さん作のおひな様ですが、シンプルでいいですね。ナルがディジュリドゥを作る時にも和紙や柿渋を頂いていますが、こういう...

by ギャラリー曜燿

誠に勝手ながら、本日の営業時間は11:00~17:00までとさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしまして誠に恐縮ではございますがどうぞよろしくお願い申し上げます。ここぞとばかりにどうでもいいお話をひとつ。皆様はカラオケって行かれますか?私はカラオケボックスにはエイヤッと奮起しないとなかなか行けないのですが、車の中ではよくひとりカラオケ状態となっております。でも車の中って歌詞の映像が流れてく...

by Artのある暮らし

第六回 新鋭作家日本画展3月14日(火)~3月19日(日)Art Space-MEISEI 開廊と共にスタートした「新鋭作家による日本画展」も六回目を迎えることができました。初回より出展して頂いている先生方と毎年新しく参加してくださる先生方とともに、今年も開催いたします。何卒ご高覧いただきますよう よろしくお願い申し上げます。作家:井手本 貴子 閑林 宏祐 武田 修二郎 谷野 剛史 中原 麻...

by ギャラリー曜燿

戸田浩二さんの春は置けばそこに静謐な結界を張るかのように空間をピシッと決めてくれそうな花生。まるで僧侶の背筋のように伸びた首は、一瞬ストイックなように見えてその実とてもいい意味で力の抜けた調和の取れたものなのかもしれません。何も活けなくとも美しい作品ですが、花を生けるなら日本の草花や枝ものを1本、飾りたい。きっと四季ある日本の美しさにじんわりと喜びが生まれてきます。

by ギャラリー曜燿

廣田哲哉さんの春、それはリリーさんの春でもある…。エアプランツを挿せばほら、ファンキーなリリーに。春はイメチェンの季節です。いつもと違う自分になってみたくなる春。お部屋の模様替えもしたくなる。ブランニューなワタシ!髪型を変えて、ファッションも変えて、いつもはしないようなこともやってみる。でもちょっとドキドキしちゃいます。そんなときこのファンキーリリーがそばにいればきっと心強いはず。「可愛いだ...

by ギャラリー曜燿

昨日ようやく観に行けましたよ、陶芸美術館。ただいま開催中の『利休に見せたいッ!』。このJOJOを彷彿とさせるタイトルの企画展、見過ごすことはできません。新旧揃い踏みという見ごたえのある展示でした。笠間の作家さんの作品も出展されています。伝統ある楽茶碗も、攻めててすばらしく格好良かったです。正直、あまりに前衛的な現代作家の作品たちは利休に見せたらきっと卒倒するのではないかと思いました。メメタァ...

by 徒然 シャトン日記

開催:3月8日(水)~5月8日(月) 火曜定休、営業時間に準じる。概要:一昨年の3月16日にご逝去された画家の金子國義さんを偲び、今年も「金子國義展」を開催致します。... 耽美的で退廃的。光と影。理性と欲望。聖なるものとエロス。独自の世界を創造し、美を追求し続けた画家、金子國義さん。その才能は絵画にとどまらず、写真、舞台美術や着物のデザインなど多岐にわたり、熱狂的な支持を得るとともに多くの...

いま、せさみギャラリーにて作品展を開催中の内藤勲先生による。似顔絵イラストの教室が春休み、3月26日に開催されます。内藤先生の似顔絵は、シンプル線で特徴をとらえ、優しいほのぼのみんなが笑顔になるようなイラストです。お子さんやお父さん、お母さんお友達、好きな芸能人やスポーツ選手、喜んでもらえるような楽しい、暖かい気持ちが伝わるような。記念日やお誕生日にも。描けるようになると、嬉しい。せさみのヘ...

by ギャラリー曜燿

明日の10日(金)と来週の14日(火)は店休日となっております。また、12日(日)は臨時休業とさせていただきます。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。お金チョコレートなるものを友人にいただいた。開けるとおまけにお札のミニチュア版が入っているのだけど、きらっきらのが出た!ビックリマン世代なのでつい「ヘッドロココ!!!」と嬉しくなってしまう。使えませんが。

by たねまめ

春の気配がすぐそこまで近づいて来ました。4月のギャラリーは、たねまめで初めてのご紹介となるhyakkaさんです。湖や山に囲まれ、豊かな自然が残る津久井地区にはゆっくり製作できる環境を求め、多くの作家さんが工房を構えています。hyakkaさんもそのうちのお一人で無垢の木のオーダー家具、花器、器など木の表情を活かした、とても美しい作品を製作される木工作家さんです。期間中、カフェスペースにはhya...

by ギャラリー曜燿

安齊賢太さんの陶胎漆器の花入です。もう、かっこよすぎです!ご本人もイケ面ですが、作品ももちろんイケ品。土に糊剤として漆を入れたものを焼き締まる直前まで焼成した磁器の上に塗って磨いて、という作業を何度も繰り返し、また焼き付け、更に磨いてようやく完成するという本当に手間のかかった作品です。完成までは小さなものでも1か月以上かかるそうで、慈しむように時間をかけて作られた器は自然と愛でたくなる空気を...

by ギャラリー曜燿

あー、なんてかわいいのでしょう。お花をさせばまるでパリの踊り子!その他、キッチンツールや絵筆、メイクブラシなど何をさしても素敵な予感しかしない…。しろねこちゃん、ぶちねこさま、とらねこさんといろいろな柄の、色々な表情の子たちが揃い踏み。この子たちがちょこんと座っているだけでうきうきしてくるんです。この白とブルーの組み合わせが本当にぴったりです。窓辺に並んだねこちゃんたちに、どうぞ会いにいらし...

似ているタグ