ギンイチモンジセセリのタグまとめ

ギンイチモンジセセリ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはギンイチモンジセセリに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ギンイチモンジセセリ」タグの記事(18)

  1. ギンイチモンジセセリを近接撮影(千葉県松戸市、20170507) - Butterfly & Dragonfly

    ギンイチモンジセセリを近接撮影(千葉県松戸市、2017...

    5月7日(日)、ミヤマチャバネセセリを探しに江戸川河川敷に行ったのですが、残念ながら見つけることができませんでした。松戸市内でミヤマチャバネセセリを見たのは自宅の庭で一度きり。どこから庭にやってきたのか気になっています。もう一度市内で見つけたいのですが、今回はダメでした。継続的に探してみたいと思います。江戸川河川敷では、ギンイチモンジセセリはそこそこの数が飛んでいました。松戸市内に生息してく...

  2. ギンイチの吸蜜植物とウスバシロチョウ(2017/4/28.29) - 小畔川日記

    ギンイチの吸蜜植物とウスバシロチョウ(2017/4/2...

    4月28日、その前二日間ほど雨や曇りだったけど、この日は晴れて気持ちの良い日だった。自宅前の川原ではツマキチョウがまだ飛んでいるけど、数が減っているし、傷んだ個体が増えてそろそろ発生も終わりの感じ。ギンイチモンジセセリが今まであまり撮影したことのない花で吸蜜していた。最初はタンポポニコン1J5 1ニッコール10-30これはもちろん珍しいというわけではないし、手前の枯れ草がじゃまだけど、撮影し...

  3. 2014.4.24 東京・多摩川河川敷 (2)ミヤマチャバネセセリ   2017.5.6 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2014.4.24 東京・多摩川河川敷 (2)ミヤマチ...

    2017.4.24  続きこの日は午前中は薄曇り。気温が少し低いためか、晴れていても翅を開く個体が多かった。♂のほとんどは飛び古しており新鮮な個体は少なくなっていた。時々、カラスノエンドウやカタバミで吸蜜するがピントを合わせる前に飛ばれることが多い。葉被りだが、可愛らしい雰囲気は出たと思う。昼下がりは吸蜜タイム。あちこちで一斉に吸蜜が始まった。ひょろひょろしたカタバミが多く、とまるたびに花が...

  4. 小畔川便り(ミヤマチャバネセセリ:2017/4/21.22) - 小畔川日記

    小畔川便り(ミヤマチャバネセセリ:2017/4/21.22)

    4月20.21日は自宅前の川原でギンイチモンジセセリと、そろそろ出ているだろうミヤマチャバネセセリの撮影をした。20日、川原はムラサキハナナとカラシナが花盛りで、ムラサキハナナにはキアゲハが来ていた。ニコンD500 ニッコール70-200ツマキチョウは求愛をしていた。ニコン1V2 ニッコール10.5いつもミヤマチャバネセセリがテリハリをしている場所を見ると、少し様子が変わっていて、その場所よ...

  5. 2017.4.24 東京・多摩川河川敷 (1)ギンイチモンジセセリ   2017.5.5 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.4.24 東京・多摩川河川敷 (1)ギンイチ...

    2017.4.24ギンイチモンジセセリの飛翔をどう撮るか。やみくもに撮っても背景がきたなくてはどうしょうもないことに気がつき、撮る背景を考えてそこで待つことにした。その1つは、青空を入れること。二つ目は、倒れたオギや(堤防内側の河川敷に生えているのはススキではなく、近似種のオギというらしい)、地肌ではなく、ボケが美しい細い枯草の茂みを背景にすること。と言う目標をたてたが、青空は上を狙いすぎ逆...

  6. GW前半の蝶 - 風任せ自由人

    GW前半の蝶

    ムカシトンボ、アオスジアゲハを撮影した前後に出会った蝶達。ギンイチモンジセセリツバメシジミ♀ツマグロヒョウモンウスバシロチョウベニシジミダイミョウセセリモンシロチョウ

  7. 2017.4.20 東京・多摩川河川敷 ツバメシジミ   2017.5.3 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.4.20 東京・多摩川河川敷 ツバメシジミ ...

    2017.4.20晴れが続いた朝、自然教育園にトラフシジミを見に行った後(この朝も開くことはなかった)、多摩川の河川敷に行く。前日よりも気温が低いせいか、ギンイチモンジセセリは幾分飛び方は穏やかで、翅を休める姿が目についた。やはり枯葉のほうがいい感じだ。飛翔は枯草の間をぬって飛ぶ感じを出したかったので、あえて草の中にもカメラを入れて見た。幅の広い草では草被りで一部しか姿が見えない場合が多かっ...

  8. ギンイチモンジセセリとミヤマチャバネセセリ - 公園昆虫記

    ギンイチモンジセセリとミヤマチャバネセセリ

    ギンイチモンジセセリは春型と夏型がある。地元の公園では見られないチョウだが、少し足を伸ばせば見られる場所はある。春型はだいたい4月下旬から5月初旬ごろ見てきたが、昨年は見損なった。今年は見ておきたいと思っていたところ、またヘムレンさんとみき♂さんが遠征するというので、お供することにした。よく見られるという河原に昼前に着いたが、初めはあまり見当たらず、いても葦の茂みの中を飛ぶばかりでなかなかよ...

  9. 江戸川河川敷にギンイチモンジセセリ舞う(千葉県松戸市、20170429) - Butterfly & Dragonfly

    江戸川河川敷にギンイチモンジセセリ舞う(千葉県松戸市、...

    4月29日(土)、先週は出逢うことができなかったギンイチモンジセセリを探しに江戸川河川敷に行ってきました。なかなか見つけることができなかったのですが、12時頃になってギンイチモンジセセリを見つけました!とてもおとなしくしていてくれました。まだ羽化して間もないのかな?Canon EOS 5D Mark Ⅲ, SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO, F9,...

  10. 小畔川便り(ツマキチョウとギンイチモンジセセリ:2017/4/19.20) - 小畔川日記

    小畔川便り(ツマキチョウとギンイチモンジセセリ:201...

    4月19日と20日は自宅前でツマキチョウとギンイチモンジセセリの観察をした。19日はツマキチョウの日周行動を見るために8時前に川原に行った。日中は20℃位になったけど、朝は窓に露が付くくらいに冷え込んで、風も強い。ツマキチョウの多い場所まで歩いていくと、途中ツバメシジミのメスが翅を開いていた。ニコンD500 ニッコール70-200ブルーの範囲が広いきれいな個体だった。ツマキチョウのオスが下草...

  11. ギンイチモンジセセリ   千葉市の堤防で - 蝶のいる風景blog

    ギンイチモンジセセリ   千葉市の堤防で

    ギンイチモンジセセリの撮影は結構やっかいだ。天気が良すぎると飛び回るばかりでなかなか止まってくれない。天気が悪いとススキや葦の中にもぐって出て来てくれない。河原の葦の中に踏み込むと手を切ったり、ひどい時は目をやられたりして大変だ。カメラのレンズも傷がつかないよう要注意だ。ぼくは朝早く観察に行くことにしている。きょうは6時過ぎに家を出て、7時半には千葉市の堤防のポイントに到着した。小さな道に踏...

  12. 2016.4.19 東京・多摩川河川敷 ギンイチモンジセセリ(2)   2017.5.1 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2016.4.19 東京・多摩川河川敷 ギンイチモンジ...

    2017.4.19 (続き)探雌飛翔を続ける♂を追いかけていた時、♂とは違う飛び方のギンイチモンジセセリを見つけた。とても撮りやすい所にとまってくれた。腹部が大きいので♀のようだ。ここで、横浜のTさんからこちらに向かっているという電話。この♀をキープしておくと返事したが、すぐ飛ばれてしまった。Tさんご夫妻が着いたので一緒に探すと、別個体かもしれないがすぐ見つかった。土手に飛んだので後を追うと...

  13. 2017.4.19 東京・多摩川河川敷 ギンイチモンジセセリ(1)   2017.4.29 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.4.19 東京・多摩川河川敷 ギンイチモンジ...

    2017.4.19朝から多摩川河川敷に行くと、すでにギンイチモンジセセリが飛び交っていた。晴れて暑いせいか、まるでとまらず飛び続ける。待ち伏せしていても、レンズの前で急旋回。キラキラと裏翅をきらめかせながら飛ぶ姿は美しい。近くには枯れススキの広い藪が続いている。その中よりも丈の低い枯草地帯が好みのようだ。飛び続ける♂。いつまでも飛び回っている。後を追うしかなかった。パンケーキに近い21ミリな...

  14. 2017.4.16 東京・多摩川河川敷 ツバメシジミ   2017.4.27 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.4.16 東京・多摩川河川敷 ツバメシジミ ...

    2017.4.16自然教育園から多摩川の河川敷に移動し着いたのは昼近く。この時期としてはとても暑く、ギンイチモンジセセリは昼休みの時間帯らしくあまり飛んでいなかった。それでも、たまに飛んでくるギンイチを追う。藪に入り込まれない前が勝負。今年は不作なのか、暑さのせいだろうか、ギンイチは少なかった。静止姿は1枚も撮れずに終わった。出ているはずのミヤマチャバネセセリは1頭見ただけ。目についたのはツ...

  15. ジャコウアゲハの交尾とギンイチモンジセセリの吸蜜 どちらも初撮り - 三鷹の狸のてふてふ交遊録

    ジャコウアゲハの交尾とギンイチモンジセセリの吸蜜 どち...

    ジャコウアゲハのメスのきれいな個を撮りたいな、と思っていたら、いきなり、交尾シーンに出くわしました。河原の秘め事、という感じにも撮ってみました。メス単独の写真も、何とか、撮れました。ギンイチモンジセセリには、会えるかな、私の眼で探せるかな、と、とにかく歩いていたら、出てきてくれました。花に止まってもすぐに飛び立ってしまい、なかなか落ち着いては撮らせてくれません。何とか、表翅も撮れたし、トリミ...

  16. 蝶コレクション - 菜奈ちゃんコーナー

    蝶コレクション

    A公園で撮りためた蝶です、これからは色んな蝶が見られるので楽しみです。ルリシジミからツバメシジミですギンイチモンジセセリですツマキチョウの♂です

  17. 春型ギンイチモンジセセリ - 菜奈ちゃんコーナー

    春型ギンイチモンジセセリ

    AP公園でキビタキを探していると8823Kさんから緊急連絡が入り直行したら春型のギンイチモンジセセリが逃げずに居てくれた、感謝

  18. タンポポ:蝶が好む花(2011-2016) - Butterfly & Dragonfly

    タンポポ:蝶が好む花(2011-2016)

    2月も残り僅かとなりました。3月になれば、様々な蝶たちが飛び始めますね、楽しみです。さて、蝶が好む花シリーズの最終回です。2011年~2016年の間に、私が観察できた範囲でオカトラノオ、マリーゴールドとともに14位となったのはタンポポでした。ここまでが、10種類以上の蝶の吸蜜を確認できた花になります。タンポポに集まる蝶は春の蝶が多いですね。①クリ(ブナ科) 23種類(前年比1種増加)②ブッド...

1 - 18 / 総件数:18 件

似ているタグ