クラミジアのタグまとめ (9件)

クラミジアのタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクラミジアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 性病まとめ

何かがおかしいと感じたのは、おりものの量が増えたことがきっかけでした。特に痛みがあるわけでもありませんでしたが、異常におりものが増えたのです。もしかしたらという心当たりがあったこともあり、病院に受診する決意をしました。婦人科を受診した1度も経験がなかったので、最初はとても緊張しました。産科も一緒の病院だったので妊婦さんも数人待合にいて、居心地が悪かったです。診察で医師におりものが多いことを告...

by 風俗好きは性病に注意!

私は出会い系サイトで知り合った女性とアナルセックスをして、クラミジアになりました。私がクラミジアだとわかったのは、それから数日後です。まず、トイレが近くになって、何度もトイレに行くようになりました。さらに、睾丸が硬く腫れあがり激痛が走りました。病院に行って検査を受けて、クラミジアと診断されました。先生からは、「尿道から細菌が入って、睾丸で炎症を起こしている。」と言われました。多分、アナルセッ...

by 性病まとめ

以前、出会い系サイトで知り合った女性とアナルセックスをした時のことでした。彼女とはその場のノリで、コンドームも付けず、また浣腸で腸を洗浄することもなく、生でアナルセックスをしてしまいました。それから、数日経った時のことでした。なんだか尿意が激しく、何度もトイレに行くようになりました。小便をしてから数十分後にまた尿意を催して小便をするということが何度もありました。少し変だと思いましたが、無視し...

by 性病まとめ

様々な性病がありますが、そのなかでもクラミジアという病名を聞いたことがあるという方は恐らく多いことでしょう。クラミジアは日本で最も感染者数が多い性病だと言われており、特に10代後半から20代ほどの若い層に多く感染が確認されています。クラミジアに感染してしまう原因は当然ながら性行為です。通常のセックスだけでなく、口を使用したオーラルセックスによって喉へ感染してしまうことも昨今増加傾向にあると言...

by 性病まとめ

私は、ホルモンバランスの乱れによる不正出血がたまにある人です。お腹が痛いこともおりものが増える事もあるので、性器周辺の痒みもあった時に、これは何かの病気ではないかと思って調べた結果クラミジアを疑った事があります。その時はとても不安でした。定期的に自分が性交渉のある夫に、自分がそれをうつしてしまうのではないか?という気持ちです。もしうつしてしまったら申し訳ないし、と悩んでいたら段々と、クラミジ...

by 身近な性病

性病には様々な種類がありますが、その中でも最大の知名度を誇り、性病としての感染者が最も多いとされるクラミジアは、今もなお多くの方が悩まされています。それだけ身近な性病であり、何時自分が感染するか分かりません。よって、事前に治療方法を知り有事の際に焦らず対応しましょう。まずクラミジアは感染症であり、主にクラミジアの一瞬であるクラミジア・トラコマチスという細菌に感染する事で発症します。症状は男女...

by 性病は他人事ではないですよ!

クラミジアの潜伏期間は長くて、1~3週間の間は自覚症状が現われません。潜伏期間を過ぎてもはっきりとした自覚症状を感じない場合も多く、男性で感染者の半数・女性で感染者の8割が自覚症状を感じないままになっています。そのために、感染したことに気が付かないで複数の相手と性交渉を行なった場合に、クラミジアをうつしてしまう危険性があります。自覚症状が感じられる場合は僅かな感覚で現われます。男性の場合は尿...

by 性病は他人事ではないですよ!

最近の性感染症の中でも爆発的に広がっているのがクラミジアと言われます。クラミジアは感染しても男女ともに症状が軽く、感染に気がつかないまま、感染経路を広げ、いつの間にか自分も感染の当事者になって居たり、更にはクラミジアを介して違う性病にかかってしまう恐れもあるので注意が必要な性感染症なのです。男性の場合は、尿道から白い膿が出る場合や、排尿時に軽い痛みを感じる事で感染に気がつく場合も多いのですが...

by 身近な性病

クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマチスという細菌に感染することで発症します。国内でも患者数が100万人に達するとも言われており、最近は特に若い世代での感染者数が多い傾向があります。その理由としては、感染率の高さと自覚症状に気づきにくい特徴があることが挙げられます。クラミジア感染症の感染率は、およそ50~80%だと言われています。これは、クラミジアに感染している人と2回性交渉を持てば、ほ...

似ているタグ