クリップオンストロボのタグまとめ

クリップオンストロボ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクリップオンストロボに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クリップオンストロボ」タグの記事(11)

  1. 2017/06/13 GODOX AD200を実戦で使用してみて - shindoのブログ

    2017/06/13 GODOX AD200を実戦で使...

    既に何度か紹介しているGODOX AD200。数度実際の撮影で使用してみましたので報告します。やはり重量はそれなりでしたが、大いに気に入っています。撮影内容によって持ち運ぶ機材は異なりますが料理の撮影ならば・・・DB800、AD200、V850を2台。取材撮影ならばAD200、V850を2台。大掛かりな物撮りではこうは行きませんが、こんな構成で十分かと。ところでAD200ですが・・・例によっ...

  2. 2017/06/09 SEKONIC L-858D - shindoのブログ

    2017/06/09 SEKONIC L-858D

    セコニックL-858D、最新型露出計である。今までの露出計と異なる点は閃光時間の表示が可能な点。そして閃光時の波形が測定可能な点。HSSの露出測定が可能な点か。sekonicサイトより流用先ずV850の閃光時間を測定してみたところ・・・1/128出力では1/50000(t=0.5)の超高速!  この値はキヤノン、ニコンの純正でも同程度と思われます。AD200でも1/30000程度!  今まで...

  3. 2017/06/07 スリットライトの進化:その3 - shindoのブログ

    2017/06/07 スリットライトの進化:その3

    2017/04/29 スリットライトの進化:その2上でもお見せしたスリットライトの新型です。今までは工作が容易なことと軽量なこと、そして真っ白い素材であることからスチレンボードで製作していましたが、強度が足りていない・・・外に持ち出すには、特に電車移動の際には強度問題は重要ですよね?で、今回は航空ベニヤを使用して作りました。  上:黒いほうがスチレンボード製。グレーが航空ベニヤ製。その航空ベ...

  4. 2017/05/19 FP発光について、追補 - shindoのブログ

    2017/05/19 FP発光について、追補

    しつこくFP発光の話で申し訳ありません。FP発光をよく知らない方のための追補です。下の写真はD7000+クリップオンストロボ、全て1/64出力で発光させています。1/8000で撮影したものでFP発光していませんので蹴られています。  上だけ露光して白くした部分は真っ黒ですよね。D7000の場合、1/250まではシャッターが全開しますが、それ以上のシャッタースピードではスリット状にシャッター幕...

  5. 2017/05/17 GODOX AD200:その6 FP発光について - shindoのブログ

    2017/05/17 GODOX AD200:その6 ...

    FP発光の話題が続きますが・・・今までのFP発光はTTLでしたのでマニュアルでFP発光させてみました。フラッシュメーターから1m(ISO100)の場所にAD200(標準角型ヘッド)をセットし1/128からフル光量までを1EV間隔で露出を測ってみました。1/128   5.6+0.6 1/64   8.0+0.21/32   8.0+0.91/16   11+0.51/8...

  6. 2017/05/14 GODOX AD200:その4 FP発光について - shindoのブログ

    2017/05/14 GODOX AD200:その4 ...

    昨日お騒がせした高速シャッター時のFP発光+αボディに現れるシマシマ問題ですが解決しました!αボディではデフォルトの設定で電子先幕シャッターがオンになっています。この設定でシャッターのタイムラグが減少するなど良いこともあるのですがFP発光ではマイナスとして現れるようです。それが今回のシマシマでした。メニュー設定で電子先幕シャッターをオフにすることで回避可能です。GODOXに限らずニッシンや恐...

  7. 2017/05/13 GODOX AD200:その3 FP発光について - shindoのブログ

    2017/05/13 GODOX AD200:その3 ...

    先ずはV850からスタート。カメラはα7II+55/1.8 ISO100  X1T(s)でコントロール TTL発光ストロボから壁面までの距離は2m1/500 F2.8 V850では露出補正が+2/3入ってました・・・1/1000 F2.81/2000 F2.81/4000 F2.81/8000 F2.8同条件でストロボをAD200に交換。1/500 F2.8 露出補正は入ってません。1/10...

  8. 2017/05/12 GODOX  AD200:その2 - shindoのブログ

    2017/05/12 GODOX AD200:その2

    AD200の配光特性。左下が標準ヘッド、発光部から背景まで1mの距離。TTLで発光させました。右下は標準ヘッドにディフューザーを直付したもの。かなり良い感じになります。下はベアバルブ+純正リフレクター。当然ですが美しい円形になります。閃光時間も測定してみました。Polaris Karatで測定。ベアバルブでの測定値です。1/128〜1/16  1/9000 (1/9000がPolarisの測...

  9. 2017/05/12 GODOX  AD200が到着! - shindoのブログ

    2017/05/12 GODOX AD200が到着!

    皆さんからの無言の圧力に屈してしまったバシラーズの白ヒゲです。wうっかり昨夜血迷ってポチったものが到着してしまいました。すでに皆さんご存知のGODOX AD200です。なかなかオサレな箱の中は、豪華なケース・・・その豪華なケースの中身はこんな風。  このケースは何か別の用途に使用する予定・・・w今までのV850との比較。全長で約1cm程度大きく、重量では560g(V850)から895g(AD...

  10. 2017/05/11 最近の工作 - shindoのブログ

    2017/05/11 最近の工作

    基本はクリップオンストロボ用の小型機材。幾つかは既にお見せしているものですが・・・左側の一つが今回新たに製作したもの。手元に4ミリ厚アルミ棒とエポキシパテがあったので試してみたのです。4mm厚の30mm幅、1mのアルミ棒を万力で固定し90度に折り曲げ切断。  4mm厚ともなると曲げも結構大変。  ハンマーで叩いて強引に曲げました。w更にエポキシパテで空洞部分を充填し穴あけ。更にタップでネジ切...

  11. 2017/04/29 スリットライトの進化:その2 - shindoのブログ

    2017/04/29 スリットライトの進化:その2

    スリットライト(タッチライト)を保持するための仕組みが更に進化しました!小型軽量化され162g。赤丸部分、自由雲台までがそれです。  手前のY字金具は気にしないでください。wスチレンボード製のスリットライト部分は全長55cm。  このサイズでOKならば強度的な不安を取り除くために  航空機用ベニヤ 1.5〜2mm厚程度で作ろうか・・・詳細が見えない?方のために更にアップでお見せします・赤丸部...

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ