グレン・フォードのタグまとめ

グレン・フォード」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはグレン・フォードに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「グレン・フォード」タグの記事(10)

  1. トランプの『主権』は無法である(オバマと同じ) 2 - 明日への日記

    トランプの『主権』は無法である(オバマと同じ) 2

    トランプの『主権』は無法である(オバマと同じ) 1 からの続き『トランプの外交政策には前任者の外交政策と本質的な違いはない;同じ無法さと野蛮さである。』トランプは、世界が考えていることに不満を言い立てるふりをする、のにさえ苦労している。国内視聴者へ向けた彼の話(『株式市場は常に高値である・・・米国ではかつて無かった程により多くの人々が働いている』)の後だが、トランプは集まった外国人に直接話し...

  2. トランプの『主権』は無法である(オバマと同じ) 1 - 明日への日記

    トランプの『主権』は無法である(オバマと同じ) 1

    トランプの『主権』は無法である(オバマと同じ)グレン・フォード   2017年(平成二十九年)9月21日『政権交代は米国の外交政策実行における原則である。』今週はじめのUNの一般総会におけるトランプの悲喜劇的なパフォーマンスは、米国の外交政策の当局者を恥ずかしさで身のすくむ思いにさせた。超田舎臭くて厚かましい白人至上主義者で、クイーンズから来た不動産王が、自分が望むどこにでも米国は軍事介入す...

  3. ブラックパンサーはシンボルとは闘わない - 明日への日記

    ブラックパンサーはシンボルとは闘わない

    ブラックパンサー(黒豹)はシンボルとは闘わないグレン・フォード   2017年9月13日『風景の上のジョニー・レブの足跡は、米国のクレータをなす5,000の州および連邦の刑務所・拘置所に比べたらごくわずかである。』今週、ニューヨーク州刑務所の看守が、69歳の元ブラックパンサー党員のハーマン・ベルを襲って重傷を負わせた、40年以上の刑務所暮らしの後の仮釈放の機会をダメにするように、正当な理由の...

  4. トランプとアメリカのファシストである先祖 3 - 明日への日記

    トランプとアメリカのファシストである先祖 3

    トランプとアメリカのファシストである先祖 2 からの続き『アメリカのファシズムは、ヨーロッパの新種のファシズムに先行しており、しかも長く続いた。』民主党はこの米国産のファシズムを創り出したが、今や、国内の人種的および民族的『他者』のための避難場所とみなされている。しかし、民主党は国の和解を追求し続けてはいる、かつてジム・クロウがあった時に共和党が追求していたように。両党の支持者の人種は入れ替...

  5. トランプとアメリカのファシストである先祖 2 - 明日への日記

    トランプとアメリカのファシストである先祖 2

    トランプとアメリカのファシストである先祖 1 からの続き『奴隷制生産システムのすさまじい利益が、米国をグローバル経済パワーにした。』 1857年に、トーニーが判決を下した時、全米の奴隷の価値は、国境の内側にある土地を除いた国全体の資産、よりも大きいとしたーー土地自体が先住民から盗んだものだがーー、そして奴隷労働なしでは土地のほとんどは無価値であるとした。奴隷制生産システムのすさまじい利益が、...

  6. トランプとアメリカのファシストである先祖 1 - 明日への日記

    トランプとアメリカのファシストである先祖 1

    トランプとアメリカのファシストである先祖                                  2017年8月17日『あなたが、ワシントンとジェファーソンを人間への忌々しい圧政者として、正しく理解したら、あなたは彼ら人種差別主義者の悪行によって生まれた毒入りの果実である、この国と世界を清める責任がある。』グレン・フォード(BAR主幹編集者)『ナチという新種も含むファシズムは、ヨー...

  7. 黒人はアンクルサムの清掃チームになってはいけない 4 - 明日への日記

    黒人はアンクルサムの清掃チームになってはいけない 4

    黒人はアンクルサムの清掃チームになってはいけない 3 からの続き『ミスリードを行なっている黒人議員たちは、肌の色の違いを隠すために持って回った挙国『一致』を訴える。』米国支配階級のほとんどすべてが、挙国一致の問題点として人種差別主義者像闘争を熱心に論じるーーしかし彼らは、トランプがしたように、南部連合国の軍服を着ていないジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファーソン、等の偉大な白人で線を引く...

  8. 黒人はアンクルサムの清掃チームになってはいけない 3 - 明日への日記

    黒人はアンクルサムの清掃チームになってはいけない 3

    黒人はアンクルサムの清掃チームになってはいけない 2 からの続き『ストーンウォール・ジャクソンはアメリカ新世紀のための帝国主義的プロジェクトにとってプラスではない。』例えば、2010年秋に、NAACP(全米黒人地位向上協会)はワシントンのリンカーン記念館で『一つの国へ、共に働きかけよう』集会を開いた。約二十万人の人々が集まったが、市民と人間の権利についての指導会議のウェイド・ヘンダーソンです...

  9. 黒人はアンクルサムの清掃チームになってはいけない 2 - 明日への日記

    黒人はアンクルサムの清掃チームになってはいけない 2

    黒人はアンクルサムの清掃チームになってはいけない 1 からの続き『米国の企業の支配者と軍の指導層の目的はそんなものだ、彼らは白人勢力の古い石のシンボルを守っているトランプから、急いで離れた。』挙国『一致』は、民主・共和両党連携の戦争党:グローバル支配の目標を裏に秘めた一致、である。米国の軍隊は、人種差別の廃止の過程において先導的だったが、それは世界の非白人の人々を支配するのに都合良かったから...

  10. 黒人はアンクルサムの清掃チームになってはいけない 1 - 明日への日記

    黒人はアンクルサムの清掃チームになってはいけない 1

    少し前に、白人至上主義者のデモについて、トランプ大統領の発言が問題視されたらしい。こういうことの背景が、よく分からない。そこでブラック・アジェンダ・レポートの、主管編集者グレン・フォードの平成二十九年(2017年)八月二十四日の記事を参考にしたい。----------------------------------------------------------------黒人はアンクルサム...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ