ココんちのタグまとめ (16件)

ココんちのタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはココんちに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

2017年2月13日の朝早く、ぷぅたん、ねっちん、ちぐろにピヲです。先週末から使い始めたスマホのカメラ撮影の練習で必死こいているま・ここっつぁんであります。実はこの4枚を撮る前に、「美人エフェクト」機能を用いてココんちの4猫男子を撮影しましたが、画面全体が暗いは、目が黒めになって星が飛んでいるは、と失笑でしたので、すぐにカメラを通常に戻して撮りなおしたら、こういう写真が撮れたのでした。普通に...

知り合ってから既に3か月近くなるでしょうか。くろヴぃすが大好きな散歩道の途中で山羊と出会うようになりました。数年前まで同じ場所に家禽のシチメンチョウ、ホロホロドリ、カモなどが飼われていましたが、しばらく空き土地になり、昨年の晩秋からこの山羊がなぜかひとりぽっちで住むようになりました。今に至るまで、私は飼い主を見たことがありませんし、給餌がどうなっているのかも知りません。ただ、なんとなく、犬の...

1月22日の日曜日、午前中だったかな?ココんちのモンココが邪な横柄王くろヴぃすに親指先を噛まれ、流血騒ぎとなりました。流血直後のモンココは自分でバンドエイドを貼って応急処置をしましたが、様子を見ているとどうも血の止まりが悪いので、私から公立病院の救急に行くことを勧めました。日曜の午後半ば、病院の救急は大繁盛だったらしく三時間待ちで、女医さんが処置してくださったそう。・・・にしても、なんだね、...

ちぐたん、ぴーたん。そんな高くて狭いところでどうしたの?ぴーたんが真ん丸に膨らんで、お目目も真っ黒け・・・こりゃ、ただ事ではありませぬ。こんぴーた部屋の外からがったんごっとん。扉を開けると掃除機がスタンバってました。ココんちの猫たちは掃除機が大嫌い。掃除機が動き始めると、猫たちはパニくり、上へ下への大騒ぎで、動くのは自由ですけれど、爪を出しっぱなしで飛び回るのが私にとっての恐怖でござあます。...

おととい、ついうっかり「マツコの知らない世界」の「本当に美味しい回転寿司の世界」を視聴してしまったことがきっかけとなり、お寿司をいただきたくなりました。「次の里帰りまで我慢」と繰り返しながらも、どうしても今すぐお寿司を食べたくなり、ココんちの近所でお寿司を食べるなら~?と常に考えている時間が過ぎ、そういえば移民街のスーパーマーケットの中で店員さんがこさえているお寿司屋さんがあったっけ、と思い...

2017年もめでたく1月6日を迎えることができました。こんにちは西方の教会におかれましてはエピファニ l'Épiphanie du Seigneur、=三賢王の礼拝の祝日でござあます。祝着至極なご慶事のこんにち、西欧諸国ではおめでたいお菓子をいただく生活慣習があり、シューキョーを取っ払って今は遊ぶようになりました。というわけで、今年のココんちでも今日の良き日のおめでたいお菓子、ガレット・デ・...

去年から今年にかけての冬のヴァカンス。二つのビッグイヴェンツ(クリスマス&新年)がそれぞれ前夜祭が土曜日、本祭が日曜だったせいか、仏蘭西共和国平民、庶民の動きはすこぶるスマアトだったように思えました。仏蘭西には日本國のような振替休日制度が存在しないので日曜に国定祭日がぶつかっても翌日月曜は「いつも通り」です。そのせいで、誰もがいつもどおり金曜まで働いて土日を休み、月曜から働く・・・それが20...

それにしても、ココんちは黒猫が寄る家なのであります。理由を知りたい。でも、知れない。ココんところ、晩秋になって、ココんちにまた黒猫が寄るようになりました。この半年、ココんちの玄関前を横切る黒猫はココんちの玄関右斜め前の家に引っ越してきたヤングなカッポーの飼い猫だと知っていますが、ココんところココんちにやってくる黒猫は明らかに別の黒猫なのです。ほれ、窓の向こうに、その黒い猫が現れた!この黒い猫...

になりました。ピヲ兎に角、カメラが嫌いなぴーたんです。カメラ好きな黒猫だってこちらにとっては写真を撮るのが難しいのに、ぴーたんの場合、カメラを向けるだけですぐに背を向け、そそくさ逃げるのが常です。こうして向き合って写真が撮れたところで、どこかブレてしまう・・・ううう、泣けるやね。この写真は最近のピヲのお気に入りの場所で、なぜか縦長に不安定に置かれた旅行かばんの上です。なぜ気に入っているのだろ...

見ぃつけた!今年のボヂョレ・ヌゥヴォ(らしき)ワインなのですけれどね。その名も、Le Chat Rouge  赤い猫!!!かわいくて飲めません。もし飲めたとしても、この壜を捨てるなんて・・・今のところ「できない」と思ってる。そもそも、栓を開けるのが難しい。だって、肉球だらけ。しばらく飲めないな、こりゃ。le 22 novembre 2016, Cécile de Rome

タイトルの話題。もしかしたら仏蘭西共和国(本土)の中でも花の都パリではなく地方限定の話題かもしれません。これまで長らく日本国から仏蘭西向けの小包送付で、日本国内でEMS(国際スピード郵便)またはSAL(エコノミー航空便)の選択が主流で、前者の方がやや高額ながら速やかに届くという利点、後者は届くまでに2週間ほどかかるけれど廉価という利点がありました。繰り返すけれど日本国内で、です。誰しも仏蘭西...

ココんちあたりはボルドオに近いせいか、毎年11月第三木曜日に解禁になるボヂョレ・ヌゥヴォについてあまり盛り上がりを見せません。お店によっては毎年11月第三金曜日には跡形もなくボヂョレ・ヌゥヴォ売り場が消えています。さて、今年のボヂョレ・ヌゥヴォ販売解禁日から五日が過ぎ、ココんちの近所のスゥパアマルシェでボヂョレ・ヌゥヴォらしき一本を見つけました。これです。4.40ユーロでした。なぜ私がこれを...

それは、ココんちのねっちんです。年々、ねっちんの猫嫌い度が加速しているように思えます。2005年5月に中途半端な体型でココんちに住み始めたねすとおるですが、当時は推定で最年少だとしても1歳。だとすると、今年は最年少と見てもねっちんは12歳になります。ねっちんがココんちの犬猫の中で最も喧嘩をするのが、ねっちんよりおそらく年長であろうぷろすぺえるで、毎朝、私を起こす目的もあるのか、必ずねっちんと...

きょうの朝一番で自分のフェイスブックを覗いたら、わが地元の友人の仏蘭西びと♀から「私の周囲は皆、フィヨンに投票すると言うけれど、私はポワソンに投票するわ」というエントリィが届いていました。ポワソンというのはキリスト教民主党に所属するヂャン・フレデリク・ポワソン Jean-Frédéric Poisson 氏のこと。今度の日曜日の中道右派のための次期大統領予備選挙の候補者7人のうちのひとりです...

こんにちは11月の第三木曜日ですので、ボヂョレ・ヌゥヴォを買いました。ココんちから最も近いスゥパアマルシェで、3.90ユーロ。最安値のボヂョレ・ヌーヴォから二番目に安い壜を買ってみました。味見したところ、今年のボヂョレ・ヌゥヴォは例年よりフルーティさに欠け、どっしり重くて丸い味が喉を通りぬけたあたりで押し寄せる感じに思えました。きょうの朝に寄った朝市では一本7ユーロ、もしワイングラス一杯なら...

今年の春先までレアたんの早朝エステティックサロンだった所、そして、こうして冬を迎えて暖房を入れた途端、ぷろすぺえるが毎朝好んでいたレアたんの居場所を、とうとう10月24日の朝、ねっちんが横取りしてしまいました。どうしたもんぢゃろのぉ。ねっちんは必ず、ぷろすぺえるが気に入り、くつろぐ場所を横取りします。そして、この写真のねっちんのメジカラが強くて、どこか落ち着きがないのは目線の先に邪横柄王のく...

似ているタグ