コトバのタグまとめ

コトバ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコトバに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コトバ」タグの記事(43)

  1. 素敵な言葉に出会った - ひだまり・えんがわ

    素敵な言葉に出会った

    平了(たいら・りょう)さんのブログ。「僕の消灯時間まで」の4月19日がよかった。胸をつく言葉に出会った。知っている人も多いと思うけれど、平了さんは、東日本大震災の後、津波被害にあった家屋の泥出しや片付けなどで活躍した「スコップ団」の団長さんで、近年は成人男性で組織される「青空応援団」の応援団長をやっていらっしゃる。お仕事も、デザインや企画や写真や多岐にわたり、ファンキーベイビー工務店の親方で...

  2. たった一言エール - どんぐりしおり

    たった一言エール

    がんばっているときに「がんばって」と言われると辛いときがあるそのときは自分の身体を酷使してがんばっているときそのうえまだまだがんばらないといけないと焦ったり 落ち込んだり 悩んだりしているとき追い打ちをかけられているようでがんばっていないように見られている気がしてでも、身体を酷使してでもこれからがんばろうと思っているときやがんばっているけどまだがんばると決めたとき不安なときやひとりじゃ心細い...

  3. 最後に非を詫びた人の言葉 - すいせい土星つぶやき

    最後に非を詫びた人の言葉

    重傷を負った夫は、死の間際に妻に詫びる。「愚かなことだった。 自分は親に愛されなかった。自分を愛してくれる親が、欲しかった。 親の代わりを20歳も年の離れた愛人に求め、 過去の傷を癒す事に溺れ、飽くことを知らなかった。 愚かなことだった。 妻であるあなたを愛さず、あなたに甘え、振り回し、苦しめた。 さぞ、恨んだことだろう」妻は夫の傍に跪き、手を取って告げる。「お恨みしたこともございます。でも...

  4. 本について語りだしたら止まらない会 - ひだまり・えんがわ

    本について語りだしたら止まらない会

    表題、正しいかどうか、ちとおぼつかないが。友達の家に異世代異業種の本好きが10人ほど集まって飲む人は飲み、飲まない人や車の人はノンアルコールで夕方の4時過ぎから、延々、夜の10時半過ぎまで。本について、語り合う会。もう十数年つづいていると聞いたけれど、わたしは去年につづいて2回目の参加。はじめ、この会のことを聞いた時、「本について、そんなに話すことあるの?(キモい)」と思ったけど、あるんです...

  5. 気持ちを素直に伝えられたら - どんぐりしおり

    気持ちを素直に伝えられたら

    先日、母のところに行ってきて心がざわざわしたできごとがいくつかあった母の気持ちもよくわかるしおじさんの気持ちもよくわかるしおじさんのケアマネさんの気持ちもよくわかるみんな相手にとって良かれと思っていることなのに三者の考え方がほんの少しずつ違うだけでひとつのことに対してひびが入ってしまうのを目の当たりにしたもう少しお互いにことばを交わせられたなら分かり合えたんじゃないかなお互いにお互いを理解し...

  6. 「走れメロス」を音読してみる。文鳥文庫。 - ひだまり・えんがわ

    「走れメロス」を音読してみる。文鳥文庫。

    少し前に、知人から「文鳥文庫」なるものを頂戴した。「閉じてないんですよ、この本」という言葉とともに。外側は、厚紙の文庫本サイズの函のよう。開いていくと、薄い袋が8枚入っていた。作品のタイトルと著者名を記してある。袋から中身を取り出すと……蛇腹折りの紙に印刷された作品がでてくる。蛇腹折りってお経の本みたいなの。屏風だたみとも言うけど。ん? 説明がわかりにくい? どんなのか見たい方はこちら 「文...

  7. 週はじめ - さくさく

    週はじめ

    雨はキツイぜphotograph by Mark Gee, National Geographic Your Shotニュージーランド、ウェリントン南岸の上に広がる雲が、南極光(南半球のオーロラ)の影響でピンク色に染まる。北極光(北半球のオーロラ)と同じく、南極光も、太陽風というプラズマ(電気を帯びた粒子)の流れが地球の磁場と作用し合うことで発生する。https://hokuohkurash...

  8. 内なる - さくさく

    内なる

    書いてくれてありがとう と直接言いたい気分そしてこの本書き記したとき 当時13歳であったということに衝撃を受けああそうだよなヒトって 自分も含め他人のココロの中なんかひとっつもわかっちゃあいないもんだしなとあらためて思うふと キムタクのドラマの台詞で そう最終回のおまえだって俺の気持ちなんかわからねえだろみんなそうだから と言ってた通りでさだから知ろうとするし知りたいと思うし別に医者や親じゃ...

  9. love - さくさく

    love

    パパがんばれえ 笑https://www.houzz.jp/ideabooks/77110305/list

  10. いいかえ - さくさく

    いいかえ

    頭が痛いとか目が回るとか不調をまあ捉え方の角度変えてみたりとか子曰く学びて思わざれば則ち罔し、思いて学ばざれば則ち殆し現代語訳孔子先生はおっしゃいました「学んで、その学びを自分の考えに落とさなければ、身につくことはありませんまた、自分で考えるだけで人から学ぼうとしなければ、考えが凝り固まってしまい危険です」今の若い子はLINEの会話はスクショで晒される危険性があるから大切なことは会って話すら...

  11. 1319 耕して新しいコトバが跳ねる - 紀本直美の俳句ブログ

    1319 耕して新しいコトバが跳ねる

    「耕す」は春の季語です。「耕して新しいコトバが跳ねる 直美」(たがやしてあたらしいことばがぽこり)〔季語:耕す(春)〕

  12. 4月はスタート - 感動する絵手紙を求めて

    4月はスタート

    4月はスタート。

  13. 『朝ごとの花束』たぶん死んでも残る宝。 - ことばかり置場

    『朝ごとの花束』たぶん死んでも残る宝。

    子供のころから大好きで、今も読み返す短い短い童話があります。原稿用紙一枚と少しぶんの、花にまつわる小さなお話がたくさん詰め込まれた『朝ごとの花束』という、ほんとうにすてきなブーケのような短編集を、幼いわたしは繰り返し読み、今も大切に読み返しています。中でも特に好きな一遍。   リラの木   立原えりか うすむらさきの小さな星に似た花を、枝いっぱいにつけるというリラの木を、いちど見たいと少女は...

  14. ◇♪おへそはど~こ?ーリズミカルで楽しい♪ - おうち文庫

    ◇♪おへそはど~こ?ーリズミカルで楽しい♪

    赤ちゃんは、ぱぴぷぺぽの音が好きなようです。わが娘も もれなくそうでした^^音が心地よいのか面白いのか、よく笑ってくれます。*ぱぴぷぺぽ の音が楽しい絵本を過去記事にも書いています。1年前の今日2/28の 読み聞かせ絵本の中からの1冊。『ぽぽんぴぽんぽん』文・松竹いねこ絵・ささめやゆき出版・福音館書店お腹をポンポンしながら、おへそをトントン触りながら、リズムよく読んで、楽しそうに笑ったり触っ...

  15. "がんばって" - ほっこりbonte 癒され日和

    "がんばって"

    娘は"がんばって"と励まされるのが嫌いです。"がんばって!"と言うと「そんなん言わんとって」と怒ります。「じゃあ、何て言って応援したらいいの?」と聞くと「一生懸命やっての方がいい」と言います。私的に"一生懸命やって"と言うとなんだか、一生懸命やってなかったみたいに聞こえるんだけどその辺どんな風に聞こえてるというか、捉えてるんだろう。そんな感じで娘が何かをするとき「ガンバレー!」とか「がんばっ...

  16. ◇動き始めたら「まてまて」大好き - おうち文庫

    ◇動き始めたら「まてまて」大好き

    自分で動けるようになると、もう嬉しくて楽しくて、どんどんハイハイして行ってしまう赤ちゃん。娘は、膝をついてのハイハイがすぐに出来ず、両手両足をついて四足のように進んでいて、初めは生まれたての小鹿の様でした。そのうちに、ハイハイが出来るようになりましたが、四足ハイハイでも上手に進んで、家中を探検して楽しそうでした。「まてまて」自分で動き始めたら、大好きな遊びの1つ。移動していく娘の後を追うと、...

  17. ◇自然の作る形の神秘美に、うっとり。 - おうち文庫

    ◇自然の作る形の神秘美に、うっとり。

    雪の結晶の仕組みを世界で初めて解き明かしたのが、日本人の中谷宇吉郎博士だと、この本で初めて知りました。そして、科学映画監督であり写真家の吉田六郎さんが博士と出会い、雪に魅了され、生涯かけて雪の結晶の撮影に取り組まれたのだそうです。雪は小さな小さな結晶だけれど、その1つ1つに壮大な世界・神秘が隠されているような、そんな思いになりました。昨晩は、絵本を読まずに眠ってしまったので、最近になって、娘...

  18. ◇聞いていて心地よく、スキンシップでにっこにこ^^ - おうち文庫

    ◇聞いていて心地よく、スキンシップでにっこにこ^^

    『ぱぴぷぺぽ』パ行の音、小さな子供には特に、心地いい響きなのかしら?娘が この題名を聞いただけで食いついた絵本なんです。大好きで、繰り返し繰り返し読んだ・見た絵本の1つでもあります。1年前の2月20日に、読み聞かせをした絵本の中からの1冊。『ぱぴぷぺぽ』文・石津ちひろ絵・たしろちさと出版・福音館書店だいちゃん だいすき ぱぴぷぺぽおててを たたこう ぱんぱんぱんだいちゃん ごろんと ぱぴぷぺ...

  19. ◇笑顔っていいな^^ - おうち文庫

    ◇笑顔っていいな^^

    ついこの間まで、『赤ちゃん』だった娘。何もかもが新しくて、初めてだった赤ちゃん。私も新米ママのスタートを切ったばかり。そんな赤ちゃんとママに こんにちはと笑いかけてくれる動物たちの絵本。1年前の今日・2月18日、娘と一緒に見た絵本の中からの1冊。写真使いまわしですみません。上の写真は娘の生まれたばかりの頃の写真です。『こんにちはあかちゃん1』作・いもとようこ出版・ひかりのくに表紙を開くと、薄...

  20. ◇うんうんあるある面白い この天気 - おうち文庫

    ◇うんうんあるある面白い この天気

    もう日付が変わってしまった…昨日2/16は、天気図記念日。1883(明治16)年の今日、日本初の天気図が作られたのだそうです。本棚にまだ出していなくて、図書館本で失礼します天気にちなんだ絵本を1冊。『やまださんちのてんきよほう』作・長谷川義史出版・絵本館天気図ではなく、天気予報です。そして、本当の天気ではなく、《やまださんち》の皆さんの1日の気持ちや出来事の比喩です^^朝から夜までの天気予報...

1 - 20 / 総件数:43 件

似ているタグ