コミュニケーションのタグまとめ (98件)

コミュニケーションのタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコミュニケーションに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

温かい気持ちで過ごせますように。     ←バナーを作って貰いました(*^o^*)記事や写真・イラストの無断転載はお断りします。2-3年以上前の記事では内容がすでに古い可能性があります。 改訂などの管理が行き届いていないこともありますので 記事の公開時期にもご注意下さい。about me: 坂出市立病院 産婦人科勤務 (外来のみ、H27年5月より)      母乳外来しています。2015年、...

今日ご紹介する「前提」前提とはその文章を受け入れるにあたって事実または真理として受け入れざるを得ないような文章の隠された意図をいいます。カウンセリングなどで使われる催眠言語はこのような「前提」を使って脳にメッセージを送っています。「そのバッグすてき!どこでそんなかわいいの見つけたの?」と聞かれたら「うん、これは○○で買ったんだよ!」って答えますよね。ここには「かわいいバッグを持っている」とい...

[地域情報/ボランティア・市民活動団体事業紹介]感性豊かな人間性育むために。幼児期から青少年期のむきあい方~子どもの心に届くふれあいを具体的に学ぶ「子どもの困った行動、それは成長の証」、「子どもが頑張るには愛の充電が必要」、「まず保護者が幸せになる」などなど、乳幼児から青少年期のお子様を持つ保護者の方にぜひ参考にしていただきたい内容です。講演後、個別相談にも応じます。(当日参加可、無料)三郷...

by 性能とデザイン いい家大研究

わたしはアナログ広告の世界から仕事人生をはじめたので、基本的にはそういう価値感の方が優勢なタイプ。でも好奇心は強い方なので、新しいものには比較的に惹かれる。けれど、奥手というか、着手するのにはやや遅れる慎重なところもあるようです。Facebookについても本格的にはじめたのは2年前から。コミュニケーションの世界は急速に変わってきているので、若い人からの刺激を大事にして、関わっていきたいと思っ...

立春が過ぎても、まだまだ寒い日が続いています。バラの芽がほんの少しふくらみ、沈丁花の蕾も色づきはじめ、冷たい空気の中にも春の訪れを感じて嬉しくなるこの頃です。マイナビ薬剤師 薬剤師のための情報コラム「薬+読(やくよみ)」の連載コラム「薬剤師の接遇・マナー」が更新されました。85回目のテーマはQ85「現在の職場へ退職を申し出るには」です。是非ご覧ください。今日もここを訪れてくれたあなたへ感謝を...

by ふぉるつぁのみんなと笑おう

ある中学生の女の子から「自分は人から嫌われている」「無視されているように感じる」「理由はわからないが嫌われていることはわかる」「嫌われているから気になってしつこく聞いてしまうこともある」「しつこく聞くとトラブルになることは知っているがやめられない」という相談がありました。・わかっているけど自分の行動を止められない・何か人に嫌がることをしてしまうのはわかるが、どの行動がダメなのかが わからない...

こんにちは!生田サリーです。昨日は、富士通さんで「愛すること・許すこと~愛あるコミュニケーションが世界を変える」というタイトルで、リーダーの方向けに講演させていただきました。「愛すること・許すこと〜愛あるコミュニケーションが世界を変える〜」《内容》・愛されるコミュニケーションとは?・また会いたいと言われる人間力を身につける・許すことが、あなたの人生を劇的に変える・男性脳、女性脳を知り、コミュ...

「〇〇は、やるべきだ」「○○は、やらなければならない」といった、使命や義務での指示は時にはメンバーに影響を与えることができますが「〇〇は、楽しい うれしい!」という喜びを共感すると仕事の生産性が高まってきます。これは価値観レベルでの共有が「喜び」でできているからです。アドラー心理学では「cannot」できないはなくて「willnot」やろうとしていないだけだ。とあります。とても厳しい言葉です...

システムエンジニアとは、クライアントの要望をいかに形にするか、いわゆる上流工程と呼ばれる職業です。そしてその大きな特徴は、全くの未経験であっても転職が可能である点です。もちろん、プログラミングなどの専門スキルを身につけて転向する人といますし、実際にその業務内容はかなり細かく分かれます。けれども、下積みから経験を重ねることにより、複雑な業務をこなすことも可能となります。異業種から未経験でシステ...

by 性能とデザイン いい家大研究

きょうで白内障の手術、あとの右目手術からも1週間。ようやく本日から入浴の許可が出ました。おかげさまで手術はまったく問題なく済んで、見え方もたいへん改善されてきています。視力は安定するまでは2〜3カ月掛かるということですが、手術翌々日の検査では、左右それぞれ1.2、1.0というレベルだそうです。それまでが、0.6、 0.5というものだったので、大幅に改善され、まことにクッキリと見えるようになっ...

by 鴎庵

Kryžių kalnas / Góra Krzyży / Hill of Crosses HDNHKBS1 「激動の世界をゆく▽バルト三国ロシアとヨーロッパのはざま/小国アイデンティティー」にてリトアニアで徴兵制が復活したことが報じられていました。バルト三国の市内にはナチスやソビエトによる抑圧時代の遺構も数多く、市民は再びクリミアで暴威を振るったプーチンを警戒。リトアニアの国旗の赤は、祖国...

by 鴎庵

Miles Davis - In a Silent Way - 1969アルコールで前頭葉が少し痛みを覚えながら、意識が切れるまでTVを流していた3:47。ディスプレイの平面のに映るRealが虚構に感じるのは眠気の泥にまみれているからか。ニュースで看護師になって8ヶ月で自殺した女性が報じられていた。なりたかった職について、そのRealを回す労働疲労の重みが心を蝕んだのか。自分がなりたかった仕...

by 鴎庵

もうずっと前に録画していた『心と脳の白熱教室』をみました。番組概要によると自分はどうして、こんなに後ろ向きの性格なのだろう、そして、あいつはなぜあんなに楽観的なのだろう、自分の性格について思い悩み、どうしたら、もっと人生を有意義に生きることができるか、それは、古今東西の人類の永遠のテーマである。オックスフォード大学・感情神経科学センターのエレーヌ・フォックス教授は、認知心理学、神経科学、遺伝...

24歳になる娘がまだ小学校入学する前のこと。学力テストと題していくつかの問題を説くことになりました。問題「次の絵は何ですか?」その問いの下にはかわいいヒヨコが。娘の答え「にわとり」って・・・・えっと・・・はいっ?こんなラッキー問題なのに!アタックチャンスなのに!と返却されたテストをみて娘の小さな肩をがくがく揺らしたい思いでおりましたが娘が一言「だって、ヒヨコの”つぎ”は何ですか?」って書いて...

by ららら♪あーちゃん

「親コミュ」受講後のフォローの会定期的に開催しています。・その人の価値観を大切に想いやるということ・その人のやることやれることと、 その人そのものの人格を、 しっかり分けて見れることそんなことが俯瞰で見れる年齢になっている意識せずとも、それが出来るということ。そんな確認が「大人」の話し合いとしての時間となりました。私の時間の流れの中今の戸惑う自分もさらけ出して「立ち止まる」の意味を自分の中に...

by 鴎庵

Crazy Arcade in JAPAN!!! - KOWLOON WALLED CITY (Kawasaki Warehouse)1/31の晩、20時に川崎駅の時計の下で待ち合わせ、九龍城砦をテーマにしたゲームセンター、ウェアハウス川崎にて行われているリアル脱出ゲーム『電脳九龍城からの脱出』をPLAYしてきました。リアル脱出ゲームは初めてだったのですが面白いですね◎最初は"おいおいこれじ...

by Your & My Dream

体は疲れていても心は元気なオフィスユアーズ管理人です。お客様の役員会での大激論。実際は家族同士の口論。でも、管理人はとことん付き合いましたよ。多くの中小企業は家族経営。会社と家庭の線引きが難しいぶつかることも多いでしょう。会社を家庭に持ち込むあるいはその逆どちらも良くないことではあります。しかし、どこかで激論を交わさなければみんながため込んで爆発する管理人もこれまではなんて大人げないと思って...

by 牧師の部屋

礼拝のプログラムを見て気づくのは、神との対話は、このようにするのか、ということです。まず、「招詞」は私たちを礼拝に招いてくださる神の言葉ですから、これを上から下の矢印(↓)で表わすことにします。次の「賛美」は、神をほめたたえる私たちの言葉ですから、下から上の矢印(↑)で表わすことにします。以下、「罪の告白」は↑ 「赦しの確証」は↓ 「交読(十戒)」は↓ 「賛美」は↑ 「祈り」は↑ 「沈黙」は...

by ふぉるつぁのみんなと笑おう

ある子どもさん「きいのうね、日本のスープ飲んだよ」私      「日本のスープ?」「どんなスープやった?」こどもさん  「タナゴと玉ねぎはいってた」よくよく聞いてみると本日のスープ日本のスープになっていたようでした。この子どもさん、最近漢字学習を唱える学習に変えて漢字への興味が増してきているのです。「元旦の元は元気の元やね」「白玉の玉は卵の漢字と違うんよ。知ってた?」なんて漢字の話題が多いの...

by ふぉるつぁのみんなと笑おう

ある子どもさんが大人は「本当のことを言いなさい」「怒らないから」というよねでも必ず怒るよねと言っていました。「そうかあ。そんなことが何回かあったの?」と聞くと「いつもだよ」というのです。詳しく話を聞いてみるとこんなことでした。喧嘩をしてしまった彼は何でけんかになったのか黙っていました。大人から「本当のことを言ってごらん」「怒らないから」と言われたようです。喧嘩の理由は彼がお友達にしつこくちょ...

似ているタグ