コメディのタグまとめ

コメディ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコメディに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コメディ」タグの記事(8)

  1. ジャッジ! - Tears of joy

    ジャッジ!

    真剣勝負な仕事の現場シーンのなかに、笑いあり、恋もあり、感動もあり、ストーリーがとってもよかったです。これを映画館でみてたら、声を出してわらっちゃってただろうなと思うコメディ映画らしいシーンもありましたが、泣いてしまったかもと思うような感動のシーンや、にやけてしまいそうになる微笑ましいシーンもあり、最後まで飽きさせない満足度の高い映画でした。また、妻夫木聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木...

  2. 2回目も爆笑した帝一の國 - アラサー独身OLのぼくみた。

    2回目も爆笑した帝一の國

    毎月14日はTOHOの日で映画1,100円なので、帝一の國を観てきた。2回目だけど、やっぱり面白い!好きなシーン、ベスト5はやっぱこうなるかな。①外部試験対決の父親との掛け合いシーン②マイムマイム事変③大鷹弾が白票の説明をするシーン④美美子との糸電話シーン⑤氷室ローランドが飛び降りて、帝一用にマットを用意したと光明が明かすシーン惜しくもベスト5には入らなかったけど、和太鼓のシーンも一体感がも...

  3. 『王様と私』 - 『HARETOEN』ハレトエンの日々。

    『王様と私』

    すでにマイ映画ブームがひと段落ついてるんだが。2時間見てるのが面倒臭くなってきたのもある。でも映画はやっぱり面白い。『王様と私』1956年/アメリカ王様役の人、綺麗な顔だが怖いな(笑。王様がオレ様なのはしょうがないとして、やることがいちいち可愛く見えてくるのよね。根本的に優しい感じ。言っとくが、全然タイプではない。衣装も素敵♡「アンクル・トムの小屋」のシャム国アレンジ劇が秀逸!!!ここだけも...

  4. 幸せなひとりぼっち - 吾唯足知な日々

    幸せなひとりぼっち

    移住先の映画館で1週間の上映で観れましたこの作品はアカデミー賞外国語映画賞ノミネートで知りましたが、スウェーデンでは史上3位の記録的大ヒットになった映画。ただ面白いだけじゃなく、主人公と共感する部分も多いのだろうな、と観ていると思えました。 オーヴェ59歳が主人公59歳に見えません…もっと年上ですよ、この風貌。笑同じような家が立ち並ぶ住宅地。この中のルールがきちんと守られているか?毎日のパト...

  5. 恋妻家宮本 - 吾唯足知な日々

    恋妻家宮本

    見たいなぁと思っていたら、移住先で上映してくれました。天海祐希は給食シェフのドラマで面白い人だと免疫付けたので、彼女に関しては最後まで好印象。が、阿部ちゃん!君は1人でアタフタしてからにぃ〜。そして話が夫婦の話、夫婦の若いころの話、学校の話、生徒の家庭事情、料理学校の話、ファミレスの話、などなど。笑最後は歌ってインドか!佐清か!(笑ったけど)既婚者なら面白く見れるのかな?ワタシは阿部ちゃんの...

  6. 帰ってきたヒトラー (2015年) 21世紀の諸君、お待たせしました - 天井桟敷ノ映画館

    帰ってきたヒトラー (2015年) 21世紀の諸君、お...

     1945年に自殺したはずのアドルフ・ヒトラーが、なぜか2014年のベルリンにタイムスリップして甦る。やがて彼をモノマネ芸人と勘違いしたディレクターにスカウトされ、テレビ番組に出演すると、その“芸”の完成度が評判を呼びたちまち大ブレイクしてしまう。いつしか、迷える現代人の心を捉え、再び大衆の支持を集め始めてしまうヒトラーだったが....。ティムール・ヴェルメシュの同名小説を映画化。被爆国の日...

  7. 京都労演「田茂神家の一族」 - Kyoto Corgi Cafe

    京都労演「田茂神家の一族」

    京都労演2月例会東京ヴォードヴィルショー公演「田茂神家の一族」を観ました。劇団創立40周年記念興行第五弾として2015年新宿で上演された時のポスターから客演の伊東四朗が石倉三郎に替わっただけと思ってたけど、人数も8人から6人になってました。初演は佐藤B作の故郷・福島。芝居の舞台は東北の杁(えぶり)村公民館。「えぶり」はevery、バカバカしくデフォルメされてはいるけれど、これはどこにでもあり...

  8. フレンチアルプスで起きたこと (2014年) 父、威厳を取り戻す - 天井桟敷ノ映画館

    フレンチアルプスで起きたこと (2014年) 父、威厳...

     アルプスの高級リゾートにバカンスにやって来たスウェーデン人一家を主人公に、父親のとっさの行動が引き金となって家族の絆に思いがけない亀裂が生じていくさまと、その顛末を、ユーモラスに描き出す。 (allcinemaより)冒頭から穏やかじゃない空気が流れる。均衡を破るのは、2日目。テラスレストランで昼食をとる一家らに、大規模に成長した人口雪崩が襲いかかるのだ!だれもケガ人はでなかったものの......

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ