コメディのタグまとめ

コメディ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコメディに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コメディ」タグの記事(12)

  1. 熱帯魚 (1995年) Let's go 誘拐ピクニック - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    熱帯魚 (1995年) Let's go 誘拐ピクニック

     誘拐事件に巻き込まれ、犯人の田舎の家に連れていかれたツーチャン。入学試験を目前に控えた彼と、人の好い一家との奇妙な交流を描く。台湾は中国とちがう。香港だって中国とちがう。当たり前だけど。おなじ民族でも、そこに生まれる映画はぜんぜんちがう。こんな風にポップな作品に触れると、台湾は台湾としていつまでも独立したままでいてほしいとにわかに願ってしまう。金持ちのガキんちょが誘拐されるのを目撃して、自...

  2. ザ・グレート・オブ・お嬢さま ③ - ― Metamorphose ―

    ザ・グレート・オブ・お嬢さま ③

    「世間知らずのお嬢様の麗華に世の中を見せてやろう!」  大伯父さまのバイクに乗って街に飛び出しましたのよ。  わたくしバイクに乗ったのは初めてですの、びゅんびゅん風を切って走るスピード感がスリリングですこと! このスリルは癖になりそう。おほほっ そして、バイクはダウンタウンの一角にある酒場の前で停まりました。  なんだかとっても怪しげなお店なの。アーリーアメリカン調の古い木の建物で、ウッドデ...

  3. ザ・グレート・オブ・お嬢さま ① - ― Metamorphose ―

    ザ・グレート・オブ・お嬢さま ①

       第一話 〔お嬢さまの取扱説明書 〕 「お嬢さま、おはようございます」  朝の挨拶と共に、いつものように執事の黒鐘(くろがね)が、わたくしを起こしに来ました。 「あん、もう少し眠らせてちょうだい」 「なりません、お嬢さま。今日は午後から大事なお茶会がございます」 「後、三十分だけ眠らせて……」 「さあ、ブレックファーストの用意が整っております。冷めない内にどうぞ召し上がれ」  爺やの石...

  4. ザ・グレート・オブ・お嬢さま ② - ― Metamorphose ―

    ザ・グレート・オブ・お嬢さま ②

       第二話 〔 お嬢様の社会見学 〕  キャア―――!!  早朝の蟻巣川家に絹を裂くような悲鳴が轟いた。  執事の黒鐘(くろがね)は、その声を聴き付けて大急ぎで、当家の令嬢麗華(れいか)の部屋へと駆けつけた。 「お嬢さま、どうなされましたか!?」  見れば麗華お嬢さまが、ベッドの隅で身体を縮めてブルブル震えていました。 「な、なにがあったのですか?」 「く、黒鐘……で、でたのよ、あれが……...

  5. 美しい星 (2016年) そこから、なにが見えた? - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    美しい星 (2016年) そこから、なにが見えた?

     三島由紀夫による異色SF小説を現代に翻案して映画化。 一見平凡な家族が、ある日突然宇宙人であることを悟り、人類と地球を滅亡の危機から救う使命に燃えて大真面目に奮闘する姿を、滑稽かつシニカルな筆致で描き出す。お天気キャスターの父(リリー・フランキー)、専業主婦の母(中嶋朋子)、フリーターの息子(亀梨和也)、女子大生の娘(橋本愛)。一家は、火星人、地球人、水星人、金星人として覚醒する。これは、...

  6. ジャッジ! - Tears of joy

    ジャッジ!

    真剣勝負な仕事の現場シーンのなかに、笑いあり、恋もあり、感動もあり、ストーリーがとってもよかったです。これを映画館でみてたら、声を出してわらっちゃってただろうなと思うコメディ映画らしいシーンもありましたが、泣いてしまったかもと思うような感動のシーンや、にやけてしまいそうになる微笑ましいシーンもあり、最後まで飽きさせない満足度の高い映画でした。また、妻夫木聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木...

  7. 2回目も爆笑した帝一の國 - アラサー独身OLのぼくみた。

    2回目も爆笑した帝一の國

    毎月14日はTOHOの日で映画1,100円なので、帝一の國を観てきた。2回目だけど、やっぱり面白い!好きなシーン、ベスト5はやっぱこうなるかな。①外部試験対決の父親との掛け合いシーン②マイムマイム事変③大鷹弾が白票の説明をするシーン④美美子との糸電話シーン⑤氷室ローランドが飛び降りて、帝一用にマットを用意したと光明が明かすシーン惜しくもベスト5には入らなかったけど、和太鼓のシーンも一体感がも...

  8. HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス (2016年) 世界からパンティが消えたなら - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス (2016年...

     SM趣味の両親を持つ男子高校生・色丞狂介が、アイデンティティの崩壊に苦しみながらも変態仮面となり、変態である自分さえ自己の一部であることを認めて大人になっていく立派なビルドゥングスロマンだった前作。続編はもう迷わない。大学生になった狂介は、パンティを被ることで変態パワーを覚醒させ、悪を倒す正義のヒーローとして戦う日々だ。ある時、世界中から次々とパンティが消えていく謎の現象がおこる。変身でき...

  9. 『王様と私』 - 『HARETOEN』ハレトエンの日々。

    『王様と私』

    すでにマイ映画ブームがひと段落ついてるんだが。2時間見てるのが面倒臭くなってきたのもある。でも映画はやっぱり面白い。『王様と私』1956年/アメリカ王様役の人、綺麗な顔だが怖いな(笑。王様がオレ様なのはしょうがないとして、やることがいちいち可愛く見えてくるのよね。根本的に優しい感じ。言っとくが、全然タイプではない。衣装も素敵♡「アンクル・トムの小屋」のシャム国アレンジ劇が秀逸!!!ここだけも...

  10. 幸せなひとりぼっち - 吾唯足知な日々

    幸せなひとりぼっち

    移住先の映画館で1週間の上映で観れましたこの作品はアカデミー賞外国語映画賞ノミネートで知りましたが、スウェーデンでは史上3位の記録的大ヒットになった映画。ただ面白いだけじゃなく、主人公と共感する部分も多いのだろうな、と観ていると思えました。 オーヴェ59歳が主人公59歳に見えません…もっと年上ですよ、この風貌。笑同じような家が立ち並ぶ住宅地。この中のルールがきちんと守られているか?毎日のパト...

  11. 恋妻家宮本 - 吾唯足知な日々

    恋妻家宮本

    見たいなぁと思っていたら、移住先で上映してくれました。天海祐希は給食シェフのドラマで面白い人だと免疫付けたので、彼女に関しては最後まで好印象。が、阿部ちゃん!君は1人でアタフタしてからにぃ〜。そして話が夫婦の話、夫婦の若いころの話、学校の話、生徒の家庭事情、料理学校の話、ファミレスの話、などなど。笑最後は歌ってインドか!佐清か!(笑ったけど)既婚者なら面白く見れるのかな?ワタシは阿部ちゃんの...

  12. 帰ってきたヒトラー (2015年) 21世紀の諸君、お待たせしました - 天井桟敷ノ映画館

    帰ってきたヒトラー (2015年) 21世紀の諸君、お...

     1945年に自殺したはずのアドルフ・ヒトラーが、なぜか2014年のベルリンにタイムスリップして甦る。やがて彼をモノマネ芸人と勘違いしたディレクターにスカウトされ、テレビ番組に出演すると、その“芸”の完成度が評判を呼びたちまち大ブレイクしてしまう。いつしか、迷える現代人の心を捉え、再び大衆の支持を集め始めてしまうヒトラーだったが....。ティムール・ヴェルメシュの同名小説を映画化。被爆国の日...

1 - 12 / 総件数:12 件

似ているタグ