コントラバスのタグまとめ

コントラバス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコントラバスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コントラバス」タグの記事(12)

  1. 弦楽器工房へ - べルリンでさーて何を食おうかな?

    弦楽器工房へ

    コントラバスの調整は、自分の楽器たちは全てプロにやってもらう必要のない範疇なので、微調整や膠の剥がれは、もう何年も自分でやっています。弓の毛替えは10年来、帰国時に池袋でやってもらってますからベルリンの弦楽器工房との付き合いはほとんどないです。今は札幌にあるTechllerを手に入れた頃はピラー大親方がまだご健在でノレンドルフ広場駅の傍に工房を構えてました。ベルリンフィルの当時のKBセクショ...

  2. ・日弦協FESに参加したことと松野先生のこと - 空の外・・

    ・日弦協FESに参加したことと松野先生のこと

    本日4月11日、渋谷で松野先生のご葬儀があるそうです。              ・              ・              ・3月26日(日)、4月1日(土)にリハーサル、4月2日(日)にGP、本番と、日弦協(日本弦楽指導者協会)が年に一度日本の各地で行っている、第79回全国大会 JASTA STRING FESTIVAL 2017、なるものに、先生の「参加しませんか?」の...

  3. Konzert Orpheus Ensemble Berlin - べルリンでさーて何を食おうかな?

    Konzert Orpheus Ensemble Be...

    日曜日の20時からフィルハーモニー室内楽ホールでKonzert Chor Berlinとコンサートでした。Mozartのジュピターと、30数年演奏活動していても初めて弾いたDonizettiのMessa di Requiemでした。これは僕ばかりじゃなくティンパニーのHも10年くらい前にコンチェルトハウスの首席ティンパニを引退しましたから50年以上はオケ生活経験者ですが、やはり初めて!そんな...

  4. Bruckner 3.& Brahms 2. - べルリンでさーて何を食おうかな?

    Bruckner 3.& Brahms 2.

    日曜日のコンサート、あれだけたくさん誘ったのにベルリンの友人知人はほとんど誰も来なかったのが残念でした。また250超の予約も?という感じ、日本人は10数人にしか見えませんでしたが、ポツダムの、ご近所のお客様が多く来てくださり約400人、超満席の600には足りませんでしたが(それはもう、本当に隙間ない状態らしい、未体験)多くの方々に聴いていただきました。カメラは2台、NEX6の写真を先に、多く...

  5. Giuseppe Bracci da Firenze - べルリンでさーて何を食おうかな?

    Giuseppe Bracci da Firenze

    秋に日本で3回行ったAMPELMANN Duett、ピアノとのデュオでした。Firenze生まれの楽器で準備したのですが、伊達保原で弾いてから東京に移動、東京での1回目の開演70分前に壊していまいました。コンサートは麻布のアパートに置いてあった昔のソロ楽器Gaetano Guadaniniで東京公演二回とも行いました。いま思い出しても、ぞっとします。しかし、あんなに簡単に折れるものか?!きっ...

  6. 早口と演奏 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    早口と演奏

    早口であるこれは気をつけていることでもあるが結局は、どんどんテンポが上がってしまう。人によっては、当然聞きにくくなり、また万人にも(多分自分でも)聞き取れない速さ、または不明瞭さの領域までのことも、ある。面白いことに、全く聞き返さずに、そのまま通じる人がいる。その相手が早口、とは限らないから、面白い。早口だと(12月に知り合った人がそうだった)お互い聞き返さずにどんどん進むときっと周りにはす...

  7. 日曜のコンサートと日常の料理。 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    日曜のコンサートと日常の料理。

    日曜日のUltrashall現代曲音楽祭のファイナルコンサートは誰も(知り合いは)聴きに来なかったんですが、写真は例年通り音楽祭事務局がすぐに公開してくれました。コントラバスは6n人編成でしたが、こんな写真があったので借りました。ブルックナーの9番所縁の作品、所々現代曲ですがブルックナー風でDSOで弾くのは楽しく(鳴るから)時々トリッキーな箇所を気をつけながら1時間5分の大曲(これもブルック...

  8. 少し前に書き留めておいたこと。 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    少し前に書き留めておいたこと。

    演奏で、音程が良いとか鮮やかとか完璧を競うなら(多くのコンクールのように)それはスポーツと同じ。(もちろん、本来はコンクールも別なはずだが、減点法だから、、)音楽は、その作品に書かれてる物語を、どう語るかが大事。どう音で表現するかにかかってる。だからモノマネや同じでは意味がないしその奏者の、その時期の、持ってる技で感じ方で、またはできる表現で物語を伝えれば良い。そのために、技は磨かねばならな...

  9. Carlo Despine anno 1831 da Torino - べルリンでさーて何を食おうかな?

    Carlo Despine anno 1831 da ...

    5本所有してる5弦コントラバス。一本も手放していないのは、どれも素晴らしくて手放せないからです。ずっとDSOに置いてあったイギリスはHawkesのPanormoコピー、このヨーロッパチェンバーオーケストラから手に入れたのが最初の5弦でした。もちろん今でも気に入っていて、そして(それで良いので)唯一のベルカント(スチール弦)を張ってる楽器です。次に手に入れたのが写真のDespineと初代のJ....

  10. 湖畔のお邸でプライベートコンサートの贅沢。 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    湖畔のお邸でプライベートコンサートの贅沢。

    12月18日、テニスクラブRotWeissでシューベルトの鱒を演奏した翌日はベルリンとポツダムの間にあるグリープニッツ湖畔のお邸でコンサートでした。僕がテニスクラブに入会した時の会長Mさんの誕生日、以前から「いつか我が家で演奏してほしい!」と仰ってくださっていたのが実現しました。11月初めに帰国する前にお邸にお招きいただき、焼きたてのアプフェルシュトルーデルを美味しい紅茶と戴きながらコンセプ...

  11. 大晦日、元日。 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    大晦日、元日。

    大晦日の朝です、30日に続き素敵に晴れました。27日だけお休みで28からはポツダムでの大晦日ジルベスターコンサート、新年元日はコンチェルトハウスでのニューイヤーコンサートのリハが10時から22時まであり、途中はベルリンの東の奥地から南西にあるポツダムに移動で密な日々でした。今朝は-3℃、でも気温が低くて晴れているのは気持ちが良い。今年のツリーは特に良い形です!今朝も7時前に目覚め、9時畔過ぎ...

  12. クリスマスイヴ、Witt邸にて - べルリンでさーて何を食おうかな?

    クリスマスイヴ、Witt邸にて

    1981年から恩師Witt先生とクリスマスイヴを過ごすのが、約束をあえてしなくても恒例となっていました。それは今も続いています。フレディが亡くなってから2回目のクリスマスでした。1992年にベルリンフィルを同い年のツェペリッツ教授と一緒に辞めるわけにはいかないと定年より2年以上早く退団なさり(19歳で入団したからできることでした)まだまだお元気でしたから10年くらいは私の室内楽やソロコンサー...

1 - 12 / 総件数:12 件

似ているタグ