コントラバスのタグまとめ

コントラバス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコントラバスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コントラバス」タグの記事(11)

  1. 体感気温12℃、ですって! - べルリンでさーて何を食おうかな?

    体感気温12℃、ですって!

    寒々しい土曜日です。朝の外気を入れようと開けましたが、空気がかなり冷たい、そして曇ってますから寒々しいです。昨日は早朝買出しの後、楽器と過ごすつもりでしたが、楽器が弾けなかった。ブランチ後はそれでもしばらく弾きましたが、痛い。しかし今朝は、ありがたいことに全く復活している。健康である、気分が良い、支障なく行動出来るのはなんと幸せなことか!それで木曜日に続き、Buan、Scarampellaと...

  2. Ein Kontrabaß spielt selten allein - べルリンでさーて何を食おうかな?

    Ein Kontrabaß spielt selten...

    「コントラバスもたまには独りで弾きます」Witt先生が唯一なさったソロコンサートのタイトルです。ずいぶん前に「いつかやるときには!」と使用許可を戴きました。1992年に「ふたりで一緒に辞めるわけにはいかない」と同い年のZ教授より3年近く早く退団した先生が、その3年前の1989年にご友人やご近所の方をご自宅があるWannsee区の教会付属施設にご招待なさって3時間にわたるコンサートをなさいまし...

  3. NKOP 新ポツダム室内管弦楽団 定期演奏会 Bach&Bier - べルリンでさーて何を食おうかな?

    NKOP 新ポツダム室内管弦楽団 定期演奏会 Bach...

    NKOPのシーズン最後の定期は7/6 Erlöser教会にて。J.S.Bachプログラムでした。ガット弦張ってるトリノ生まれのDespineで弾こうか?とも考えたんですが、Hawkes-Panormoにしました。DSOで弾くことが多かったこの五絃、KB一人の時に使うのは久しぶりです。チェンバロはまだかなり若いDくん、ご機嫌な奏者です。 ブランデンブルクの3番をやったのですが、前日のリハに1....

  4. また、弦が切れた。 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    また、弦が切れた。

    GGのガットコア弦、ご機嫌です。弾き心地は柔らかく反応は速く、倍音豊かで色も出せる。彼の弦はソロチューニングの楽器2本、ノーマルのBusanとG.Guadanini、そして3本の五弦に張ってます。イタリアンオールドにスチールコア弦で多大な(もともと想定されていた裸ガットとは段違いの)弦圧をかけるのを避けたいこと、ピリオド楽器アンサンブルがきっかけでガット弦の響きを知ったこと、この二点から、し...

  5. 7月13日 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    7月13日

    誕生日です、1960年に生まれ57歳になりました。最初にメールをくれたのはノブくん、電話くれたのは小岩にいる兄でした。一番上の素敵なカードはあーちゃんから。彼女は毎年送ってくれます。今日はのんびり起きました。母と電話し、Witt先生の奥様が昼過ぎに電話をくださいました。あとはFBのTLとメッセージに130を越す書き込み、ありがとうございます。今夜か明日、返信します。24歳のMINI Coop...

  6. 2016秋の帰国日記inBerlin 12/8 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    2016秋の帰国日記inBerlin 12/8

    春の帰国日記を津和野編から東京まで先日(やっと)書き終えました。これはずっと写真整理も失念していたからですが、昨秋の帰国編も数日、まだ書いてない日がありました。秋の帰国はアンペルマン室内楽で初めてのピアノとのデュエットをたくさんの友人がいる伊達で最初に。これは第一回はヴァイオリンのパートナー優芽嬢と行った「休日の愉しみ方、イタリア流」の第二回です。今年の秋も伊達保原のトラットッリアLaWas...

  7. 9. in der Philharmonie - べルリンでさーて何を食おうかな?

    9. in der Philharmonie

    上智大学のオーケストラを50年以上指導なさってる汐澤安彦マエストロ。僕にとってはベルリンに長いMちゃんの父上でありNちゃん、Aちゃん、Mちゃん三人娘のおじいちゃんでありますが、初対面は1975年の初め、羽田空港でした。マエストロと兄が一緒にベルリンへ留学のために旅立ったのですがHNDに国際線あったの?と思った方も多いか?まだ成田空港が開港する前のお話です。そのときにヴァイオリンのMちゃんと見...

  8. 6月3日は母の誕生日でした。 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    6月3日は母の誕生日でした。

    オルフェウスアンサンブル・ベルリンの昇天祭恒例の野外コンサート@グルーネヴァルト狩猟城が6/3-6/5の3公演ありました。母は最近伴侶を失いましたが、生活は悪い方に変わるわけではない。今までできなかったこと、もうすでに色々と経験しています。この野外コンサートもその一つ「ずっと行きたいと思ってたけれど、やっと行かれるわ!」そう、誰しも柵の中で生きてます。それは良いこと、強制されての生活じゃあな...

  9. Mass of the Children - べルリンでさーて何を食おうかな?

    Mass of the Children

    土曜日、ゲッセマネ教会でコンサートでした。J.S.Bach カンタータ147番(10曲ある大曲です)とJohn RutterのMass of the Children。ラターはレクイエムも有名で名曲ですが2000年代の作品で、いわゆる現代曲の流れというか「彼らの当たり前」から外れた美しい曲です。美しい、と書くとこれまた主観だから、何が何だかわからない無調で雑音や行き当たりばったり実験系の作品...

  10. 弦楽器工房にて。 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    弦楽器工房にて。

    ゲッセマネ教会の周りは人気エリア、駐車場所はあるけれど混んでるし、しかも有料です。拙宅から環状線まではすぐで教会も駅前、合わせても徒歩せいぜい10分なので車は使わずにリハに行きました。少しだけ遠回りですがリハ前に弦楽器工房にHawkes-Panormoの見舞いに寄りました。修理のために表板を外します、それで中を見られるチャンス!連絡してもらいました。今回は表板の修理はありません、これは全部、...

  11. ゲッセマネ教会にて。 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    ゲッセマネ教会にて。

    金曜日、子供の日。John RutterのMass of the Childrenのリハーサルでした、いつも弾いてるNKOP(新ポツダム室内管弦楽団)とゲッセマネ教会合唱団のコンサート、場所はベルリンの壁崩壊直前のデモや抵抗運動で中心的役割を果たした場所ゲッセマネ教会です。この教会、ベルリンの壁崩壊の話には必ず出てきます。1989年11月9日に最初に開かれたのは桜並木を何度もご紹介したボルン...

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ