サギ類のタグまとめ

サギ類」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはサギ類に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「サギ類」タグの記事(13)

  1. bird*80 - primary feather

    bird*80

  2. 亜種チュウダイサギが、夏鳥として観察される - THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記

    亜種チュウダイサギが、夏鳥として観察される

    .あっハハハハハ、腰折れを一句 【 白南風や 老鷺一閃 雑魚を食む 】 --- 百画 ( ももえ )..体長は 90 cm ほどで、アオサギと並ぶ最大級のサギ。全身の羽毛が白色。白鷺の一種。日本では、亜種チュウダイサギが夏鳥として(日本で繁殖して冬は南方へ渡る)、亜種オオダイサギが冬鳥として( 中国東北部で繁殖して冬に日本へ渡り越冬する )それぞれ観察されます。.最寄りの鳥見ポイントにて( ...

  3. アオサギの英名は、グレー ヘロン 「 Grey Heron : 灰色のサギ 」 - THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記

    アオサギの英名は、グレー ヘロン 「 Grey Her...

    【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より『 アオサギの英名はグレーヘロン 「 灰色のサギ 」 だが、日本人は青色と見た。体長約95cm と国内最大のサギ。これまで集団繁殖地は北海道などに散在していた。最近では関東以南でもよく見られるが、繁殖確認されている地域は少ない。このような大型種の動向は、注意深く見守る必要があろう。』.アオサギは夏季、北海道に繁...

  4. 熊本県水前寺公園に生息するササゴイは道具を使って狩りをする - THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記

    熊本県水前寺公園に生息するササゴイは道具を使って狩りをする

    【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より『 ササゴイは、全長約50cm のサギの仲間。熊本県水前寺公園とその近くに生息するものは「 昆虫やミミズ 」「 木の実、葉、小枝 」「 羽毛 」などを水辺に撒いて、そこに寄ってくる魚を捕らえるという。釣り人になぞらえればそれぞれ「 生き餌釣り 」「 疑似餌釣り 」「 フライフィッシング 」にあたるかもしれない。...

  5. 主に日本で繁殖( 夏鳥 )冬季になるとフィリピン方面へ南下 - THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記

    主に日本で繁殖( 夏鳥 )冬季になるとフィリピン方面へ南下

    ミゾゴイ、先月の撮り置き画像から掲載します。この日以来、ちょくちょく林道を通過するのですが姿を見ませんから、すでに移動したようです。残念。..ウェブ検索より『 ミゾゴイは、およそ標高1,000m以下の平地から低山帯の広葉樹林及び針広混交林に生息し、ほぼ日本でのみ繁殖するサギ科の夏鳥です。冬季になるとフィリピン方面へ南下し越冬しますが、台湾や日本( 九州、南西諸島 )でも少数が越冬します。』....

  6. いつかある日、どれか一枚を大容量のままで掲載 - THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記

    いつかある日、どれか一枚を大容量のままで掲載

    まどろむように堰堤で佇む、ゴイサギ一羽。まったく動きませんので、一旦、上流のヤマセミ・ポイントへ向かい、しばらくして戻りましたけれど同じ姿勢で立ち尽くしたまま・・・いったい何を想っているのでしょう。.ヤマセミは坊主、でっ、ゴイサギの飛び出しを狙って我慢比べしました。狭い道ですが、この場所はかろうじて駐車できます。皆さん、いつも迷惑かけてすみません。何となくですよ、モゾモゾ・モジモジが感じられ...

  7. ゴイサギの飛んだ先に停車すると、車の通行に支障あり - THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記

    ゴイサギの飛んだ先に停車すると、車の通行に支障あり

    川縁を車で流していると、あの三角岩にゴイサギが乗っかっていました。でも、大欠伸するばかりで一向に動く様子なく、なかなか飛んでくれませんし、餌を獲る気配もありません。超まったり、のんびり・モードのゴイサギ君。さて、どないしたもんじゃろか、車窓からレンズを向け我慢比べです。一車線の狭い道ですが、なんとか行き違い可能な場所なので・・・恐縮至極。それでも待った甲斐がありました。小一時間ほど経ったとき...

  8. ミゾゴイは、薄暗い森や林にすむ純日本産のサギ類 - THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記

    ミゾゴイは、薄暗い森や林にすむ純日本産のサギ類

    【 ひと目でわかる野鳥 】 中川雄三 監修より『 日本だけで繁殖するサギ類。夏鳥として関東以南に渡来し、西日本に多い。冬は中国南部や台湾、フィリピンに渡るが、九州や南西諸島でも少数が越冬する。主要生息地である丘陵地の開発が進み、本種も数が減りつつある。』『 低山や丘陵地の薄暗い森林に単独かつがいですむ。朝夕が最も活動的な夜行性。森林内の湿地や渓流でサワガニや魚、カエルやミミズなどを捕食する。...

  9. bird*64  ハヤブサ幼鳥、アマサギ - primary feather

    bird*64 ハヤブサ幼鳥、アマサギ

    全て在庫写真ハヤブサ 幼鳥 ※昨日の続きA個体 昨日と同じ個体。電柱の上でピョンピョン行ったり来たり移動してました。B個体 もしかしたら4番子かな!?と予想。ちょっと他の個体より小さい気がする。チョコチョコ歩きが可愛いかったです。アマサギ ケリ ヒナ------------ギンヤンマ飛翔野鳥撮影の合間に。今日タマシギの田圃では連結産卵してました。ギンヤンマは単独でも産卵します。

  10. 初夏の草地に映える、亜麻色の美しいサギ - THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記

    初夏の草地に映える、亜麻色の美しいサギ

    【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より『 頭から胸、背にかけての亜麻色が美しいサギ。一夫一婦で子育てをするが、雌7羽を千時間以上観察した結果、239回交尾し、そのうち147回 ( 62パーセント ) はつがい以外の相手とだった。かなり乱れているように見えるが、鳥の世界では普通のこと。全長約60cm 。草地で主に昆虫類を捕食する。』..アマサギは、夏...

  11. 夏季に北海道に飛来(夏鳥)するか、本州以南に周年生息(留鳥)、冬季に南下する個体もいる - THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記

    夏季に北海道に飛来(夏鳥)するか、本州以南に周年生息(...

    【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より『 ゴイサギは、後頭部に二本ある冠羽が特徴。夜行性で 「 クワッ 」 と鳴くので 「 夜ガラス 」 の別名も。平安時代、帝の命で六位の家来がこの鷺を捕らえに行き、「 宣旨である 」 と言うと鷺はおとなしく捕まった。それを聞いた帝は 「 神妙である 」 と、家来より高い位を与え 「 五位鷺 」 になったと 《 平...

  12. bird*60  アマサギ - primary feather

    bird*60 アマサギ

    今日たまたまアマサギ3羽に会う事が出来ました。初見です。ずっと見たいと思っていた野鳥なので嬉しかったです。しかし、めちゃくちゃ遠すぎて撮影は殆ど出来ず( ;∀;)双眼鏡で1時間程観察をしました。早速new双眼鏡が役に立ちました(笑 真白の非繁殖羽の個体も居ましたが、良く見たら所々にオレンジの繁殖羽が出てきてます。それにしてもアマサギとても美しいですねー。次はもっと近くで見たいけど、、、ま...

  13. 夏羽のダイサギ - ずっこけ鳥撮り日記

    夏羽のダイサギ

    ダイサギが夏羽になっていました。干潟にダイサギがいたのですがくちばしが黒く目が青くなっていました。夏場のダイサギとの事でした。目先の青色は婚姻色だそうです。

1 - 13 / 総件数:13 件

似ているタグ