サンウルブスのタグまとめ

サンウルブス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはサンウルブスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「サンウルブス」タグの記事(20)

  1. 錦織準々決勝は鬼門、土曜日に2勝目を目指して - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    錦織準々決勝は鬼門、土曜日に2勝目を目指して

    今シーズンの錦織圭はATPシリーズで準々決勝が鬼門のようだ。開幕戦こそ決勝にすすんだが、それ以外のトーナメントでは準々決勝の壁が大きく立ちはだかっていた。そしてジュネーヴオープン、その準々決勝の相手はアンダーソンであった。過去の対戦成績もよく相性のよい相手であったがやはり壁は存在するのか、第1セット第4ゲームをブレイクされてしまった。2-5で迎えた第8ゲームもブレイクされなんとこのセット2-...

  2. 日本ハム連勝、サンウルブス惜敗、トヨタは3台揃って最終日 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム連勝、サンウルブス惜敗、トヨタは3台揃って最終日

    日本ハムが当面のライバルであるオリックスに連勝、今日も勝利すれば同率4位に浮上する。昨日の試合、日本ハムの先発は有原、オリックスの先発は今季初先発となる山崎であった。金曜日の試合の再現かと思えるシーンがあった。それは2回、小谷野の1塁悪送球であった。一死からその悪送球がでて大田が出塁すると岡がヒットでつなぎ、ルーキー石井一成がライトへ先制のタイムリー、市川の3塁ゴロで岡も生還してこの回2点を...

  3. サンウルブス惜敗、MotoGP、錦織の復帰戦 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    サンウルブス惜敗、MotoGP、錦織の復帰戦

    スーパーラグビー第11節、サンウルブスは南アメリカのジャガーズと対戦した。昨年は記念すべき初勝利をあげた相手だけに今年は敵地ではあるが2勝目をあげたいものである。その予想は開始早々のトライ(&ゴール)で正夢とあんりそうだった。試合は点の取り合いとなり、ジャガーズが逆転すると、サンウルブスも追いつき、追い越す一進一退の内容で前半は25-22で終了した。後半にはいってもその流れは変わることなくど...

  4. 有原初勝利ならず、日本代表完勝、サンウルブス善戦 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    有原初勝利ならず、日本代表完勝、サンウルブス善戦

    連敗を10で止めて札幌ドームでの巻き返しを図る日本ハム、『WE LOVE HOKKAIDO』シリーズ初戦、黄色の限定ユニフォームを着用して楽天との対戦に挑んだ。先発は4連敗中といまだ勝利のない有原であった。しかし過去の登板と比べて、この試合は今シーズンのベストといえる内容であった。少なくとも6回までは楽天打線に得点を許さなかった。ただ7回、先頭打者に四球を与えたことがまずかったようだ。一死1...

  5. 青木宣親絶好調、ラグビー2題そして錦織圭 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    青木宣親絶好調、ラグビー2題そして錦織圭

    MLBアストロズの青木宣親が好調である。自身も好調だがアストロズも好調でアリーグ西地区で首位(4月26日現在)にたっている。もともとアルテューベやコレアが在籍しており激戦の西地区でもトップクラスの実力を持っていた。そこに今シーズン青木の他にもヤンキースからマキャン、ベルトランの移籍もあり、シーズン前から優勝候補に挙げられていた。その実力通りに試合で発揮されてトップを快走、青木も昨日の試合では...

  6. ラグビー3題、MotoGP第3戦予選終了 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ラグビー3題、MotoGP第3戦予選終了

    昨日はラグビーで注目する3カードが行われた。まず男子日本代表はアジアラグビーチャンピオンシップの初戦の観光代表戦を敵地韓国で行った。スーパーラグビー開催中とあって、日本代表は初キャップが半数以上を占める若手中心のメンバーであった。開始早々のキックオフ、韓国のダイレクトタッチに救われたが立ち上がりからちょっと不安な面を観てしまった。その後、攻撃面では順調に2トライ(&ゴール)を奪って14-0と...

  7. NBAプレイオフ、キャブス3連勝で1回戦突破に王手、そしてスーパーラグビー - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    NBAプレイオフ、キャブス3連勝で1回戦突破に王手、そ...

    NBAプレイオフ1回戦が全米各地で開催されている。ファイナル連覇を目指すキャブスは地元で連勝した勢いで敵地に乗り込んでの第3戦であった。地元に帰りペイサーズは息を吹き返したかのように得点を重ねていき、キャブスは防戦一方、前半終了時には49-74とリードされてしまった。しかしキャブスは第3Q以降、追い上げをみせ、第3Q終了時には84-91と10点差以内に追いつき、最終第4Qで一気に逆転、最終的...

  8. ダルビッシュ2勝目ならず、週末はラグビー - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ダルビッシュ2勝目ならず、週末はラグビー

    MLBレンジャーズのダルビッシュにとって突然の乱調であった。昨日のアスレチックス戦に先発したダルビッシュ、ほぼ完ぺきな投球であった。球数も少なくいつものような三振奪取はみられなかったが打たせてとる理想的な内容であった。味方打線はそんなダルビッシュを援護できずにいたが、相手投手の出来もよかった。そしてレンジャーズがミスをついた。6回にエラーで出塁し、パスボールで二進した一死後にタイムリーがでて...

  9. サンウルブス完敗、トヨタは好発進、そしてアロンソはインディ500挑戦 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    サンウルブス完敗、トヨタは好発進、そしてアロンソはイン...

    スーパーラグビー第8節、サンウルブスは初めてニュージーランドの地で戦う機会を得た。昨年から参加のサンウルブス、初年度はオーストラリア地区のチームとの対戦で今年、ニュージーランド地区と対戦するスケジュールで会った。開幕初戦は秩父宮競技場でハリケーンズと対戦していたが現地でニュージーランド地区のチームと対戦するのは初めてである。どんな戦いをしてくれるのか楽しみであった。試合はあいにく土砂降りの雨...

  10. 真央ちゃん引退会見、6連敗でストップ、明日はスーパーラグビー - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    真央ちゃん引退会見、6連敗でストップ、明日はスーパーラグビー

    ブログで引退を公表した浅田真央さんの引退会見が行われた。国民だけでなく世界中の人々から愛されたスケート選手の引退会見だけあって400人以上の報道関係者が集まったそうだ。答えに窮する場面もあったようだが、笑顔を絶やさない彼女らしい引退会見であったと思う。地元に帰っても連敗を止めることができなかった日本ハム、どん底状態で杉谷まで怪我でリタイアするなど先発メンバーにも考慮が必要な緊急事態である。フ...

  11. サンウルブス初勝利、ラトラバは4位浮上、中上は雨に翻弄 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    サンウルブス初勝利、ラトラバは4位浮上、中上は雨に翻弄

    スーパーラグビー第7節、休養明けのサンウルブスは秩父宮競技場でブルズと対戦した。今シーズン2度目の対戦、前回は敵地で21-34と負けてしまったが後半途中までは接戦していただけに初勝利が期待できる相手である。小雨が降り続く中でのキックオフ、序盤は明らかにサンウルブズペースであった。そして5分にPGのチャンスを得たが、SOクリップスが外してしまった。接戦が予想されるだけにこの失敗が悔やまれる結果...

  12. 日本ハム逆転勝利、カタールGP予選は中止、サンウルブスは逆転負け - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム逆転勝利、カタールGP予選は中止、サンウルブス...

    オープン戦も残り2試合、日本ハムは地元札幌ドームでヤクルトと対戦した。岡欠場(またしてもである。昨年は負傷、今年は胃腸炎、体調管理は必須事項である!)は痛いがそれ以外は順調にオープン戦を消化してきたと思われる。先発はメンドーサ、WBCではメキシコ代表として頑張っていたが、予選敗退。その鬱憤をはらすかのような快投を初回から魅せてくれた。それが4回に突如乱れて3失点してしまったが5回は立ち直り結...

  13. 昨季とは違うサンウルブス、チーフス逆転、そして錦織ベスト8止まり - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    昨季とは違うサンウルブス、チーフス逆転、そして錦織ベス...

    昨シーズンの経験が活きた戦いをしているここ2試合のサンウルブスであった。ただまたしてもアウェイでの初勝利とはならなかった。PGで先制したまではよかったがその後に逆転され追加点をとられる苦しい流れであった。しかし前半終了間際にFB福岡のシーズン4個目となるトライで14-17とした時点で勝利の予感がした。後半開始直後にブルズが退場者をだしたときはこれでサンウルブスの勝利が近づくと思ったが、14人...

  14. ラリー・メキシコディ2、ハンニネンが4位、大谷教育リーグで復活 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ラリー・メキシコディ2、ハンニネンが4位、大谷教育リー...

    WRC第3戦、ラリー・メキシコでもトヨタが頑張っている。2日目を終えてハンニネンが4位と表彰台を狙える位置につけている。それもエンジン温の上昇というトラブルに悩まされながらの4位ということもあり、デイ3、デイ4の結果如何では表彰台も可能かと思われる。ラトラバも8位につけており、2台揃ってのベスト10フィニッシュも見えてきた。そしてラリー・ポルトガルからトヨタチームも3台体制でラリーに挑戦する...

  15. 日本ハムボロボロ、そしてサンウルブスも - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハムボロボロ、そしてサンウルブスも

    札幌ドームでの巨人とのオープン戦初戦は大敗であった。まず新戦力のエスコバー、前回の登板も不安定な投球であったが、今回も不安をのぞかせた。初回はまずまずであったが、2回に制球を乱して二死満塁のピンチを招いてしまった。ここは切り抜けたものの3回にもエラーがらみで不運ではあったが、無死満塁のピンチをつくってしまった。ここから連打をあびてしまいこの回結局5失点で途中降板した。エラーがらみではあったが...

  16. 侍ジャパン、サンウルブス、スマイルジャパンの戦い - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    侍ジャパン、サンウルブス、スマイルジャパンの戦い

    WBC制覇を目指す侍ジャパンの強化試合がスタートした。ほぼ同時刻にサンウルブスの2年目のシーズンもはじまった。どちらも結果だけをみると散々なものであったようだ。侍ジャパンは打撃陣が不調である。安打数は4、うち3本は菊池が放っており、菊池、筒香以外からは快音がきかれなかった。昨年11月に行った強化試合のときも大谷の打撃に引っ張られた印象が強く残っている。大谷は今回怪我で招聘されていないので、メ...

  17. スーパーラグビー開幕、サンウルブス開幕メンバー発表、冬季アジア大会結果 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    スーパーラグビー開幕、サンウルブス開幕メンバー発表、冬...

    スーパーラグビーが開幕した。開幕カードはレベルズ(オーストラリア地区)対ブルーズ(ニュージーランド地区)であった。レベルズには日本代表のNo8のマフィが参加、この開幕戦も先発出場してレベルズの初トライ獲得に貢献した。しかし試合は18-56で大敗してしまった。そして今日はニュージーランド地区の優勝争いをするであろうライバルチーム、ハイランダーズとチーフスが対戦する。リーチ・マイケルが所属するチ...

  18. サンウルブス辛勝、アジア大会開幕、錦織は決勝進出 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    サンウルブス辛勝、アジア大会開幕、錦織は決勝進出

    スーパーラグビー開幕1週間前、昨年同様サンウルブスのプレシーズンマッチが行われた。相手は昨年同様トップリーグ選抜チームであるがHCにはジョゼフ日本代表HCが担当しておりひと味違った試合を期待していた。またトップリーグ選抜の選手の背番号も来シーズンから試験的に利用検討がなされている固定番号制が採用され、キャプテンの山田章仁はサンキューの意味もあり39を採用して試合に臨んだ。立ち上がりPGで先制...

  19. 錦織ベスト4、サンウルブス始動 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    錦織ベスト4、サンウルブス始動

    アルゼンチン・オープン準々決勝が日本時間の早朝に行われた。錦織の相手はソウザであった。過去1敗の相手だが、その1敗も錦織の怪我による途中棄権だっただけに初顔合わせといってよい相手であった。第1セットからエンジン全開の錦織は連続ブレイクで4-0とリードした。そしてこの第1セットはそのままリードを守り6-1で難なく勝利すると、第2セットはソウザもサービスゲームをキープするどちらかといえばソウザペ...

  20. サンウルブス始動、大谷離脱、カーリング日本選手権 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    サンウルブス始動、大谷離脱、カーリング日本選手権

    ラグビー日本選手権が終わったが、選手のラグビーシーズンはまだまだ終わりを告げていない。スーパーラグビーに向けてサンウルブスが始動しはじめた。東京・辰巳のグラウンドで午後2時半頃に始まった練習は約1時間であったそうだ。練習の最後のスペシャルメニューがユニークであった。各チームのスローワーたちがインゴールに位置し、ひとりのキャッチャーが10mラインやハーフウェイラインへ。生卵を投げ、それを割らず...

1 - 20 / 総件数:20 件

似ているタグ