サ行のタグまとめ

サ行」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはサ行に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「サ行」タグの記事(8)

  1. 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド - ささやかだけれど役にたつこと

    進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オ...

    出演: 三浦春馬  長谷川博己  水原希子  本郷奏多  三浦貴大監督: 樋口真嗣(「キネマ旬報社」データベースより)諫山創の人気コミックを映画化したアクション大作の後編。外壁修復作戦に出発したエレンたちは、巨人の急襲で窮地に陥る。“人類最強の男”シキシマによって危機を脱するが、手負いとなったエレンは、アルミンを庇って巨人に飲み込まれてしまう。 ・・・ 027 進撃の巨人 ATTACK O...

  2. 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN - ささやかだけれど役にたつこと

    進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

    出演: 三浦春馬 長谷川博己 水原希子 本郷奏多 三浦貴大監督: 樋口真嗣(「キネマ旬報社」データベースより)諫山創の人気漫画を映画化したアクション大作の前編。100年以上前、突如現れた巨人たちに人類の大半は食われ、文明は崩壊。生き残った人類は巨大な壁を築き、その内側で暮らしていたが…。 ・・・ 026 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN「進撃の巨人」文化を我が家にもたらした...

  3. スター・ウォーズ フォースの覚醒 - ささやかだけれど役にたつこと

    スター・ウォーズ フォースの覚醒

    出演: ハリソン・フォード  マーク・ハミル  キャリー・フィッシャー    アダム・ドライバー  デイジー・リドリー監督: J.J.エイブラムス(「キネマ旬報社」データベースより)「スター・ウォーズ」シリーズ10年ぶりとなる新たな3部作の1作目。『~エピソード6~』から30年後を舞台に、砂漠の惑星で家族を待ち続ける孤独な女性・レイと、謎のドロイド“BB-8”、脱走兵・フィンとの出会いによ...

  4. シン・ゴジラ - ささやかだけれど役にたつこと

    シン・ゴジラ

    総監督・脚本:庵野秀明 出演 : 長谷川博己  竹野内豊  石原さとみ 高橋一生(「キネマ旬報社」データベースより)「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明が総監督・脚本を手掛けた12年ぶりの日本版『ゴジラ』。突如として出現した巨大不明生物・ゴジラと対峙する日本の姿を、リアリティを追求したストーリーとドキュメンタリータッチの演出で描き出す。 ・・・ 021 シン・ゴジラこれは観ておくべきだろ...

  5. セトウツミ - ささやかだけれど役にたつこと

    セトウツミ

    出演: 池松壮亮  菅田将暉  中条あやみ監督: 大森立嗣(「キネマ旬報社」データベースより)「別冊少年チャンピオン」で連載中の此元和津也の人気コミックを、池松壮亮と菅田将暉主演で映画化した青春コメディ。正反対の性格をした高校生ふたりが、関西弁でシニカルな放課後トークを繰り広げる。監督は『さよなら渓谷』の大森立嗣。 ・・・ 013 セトウツミ「セトウツミ」って、どういう意味?と思ったら、瀬...

  6. 世界から猫が消えたなら - ささやかだけれど役にたつこと

    世界から猫が消えたなら

    出演: 佐藤 健  宮﨑あおい  濱田 岳  奥野瑛太  石井杏奈監督: 永井 聡(「キネマ旬報社」データベースより)川村元気のベストセラー小説を佐藤健主演で映画化。余命わずかと宣告された30歳の郵便配達員。そんな彼の前に、突然同じ姿形をした悪魔が現れる。悪魔は「世界からひとつ、ものを消せば、1日の命をあげる」と囁き…。 原作:川村元気「世界から猫が消えたなら」 脚本:岡田惠和 音楽:小林...

  7. 女士の仇討ち(女士復仇) - 香港熱

    女士の仇討ち(女士復仇)

    ワールドプレミア、世界初上映とは嬉しい限り!いやはや火火(ファイヤー・リー)節が炸裂な天晴作品だった。「女性が観てスカッとする作品を作りたかった」とは監督の弁。1人の男性を愛してしまった3人の女性が繰り広げる痛快バイオレンス・アクションムービー。観ていた私たちがスカッとするよりむしろ出演していた3人が演じてスカッとしたんじゃないだろうか。私だって監督からこんな役のオファーがあれば大喜びでお受...

  8. 七月と安生(七月與安生) - 香港熱

    七月と安生(七月與安生)

    この作品を好きか?と問われれば口ごもってしまう。だが女の友情の光と闇を容赦なく描き出し、濃厚過ぎる2人の絆に心を締め付けられると同時に打ちのめされたのは事実。物語は安生(周冬雨:チョウ・ドンユイ)と七月の長年の恋人蘇家明(李程彬:トビー・リー)が偶然再会し、話題になっているネット小説に描かれた七月と安生の13歳での出会いから始まるストーリーと現在を交差させながら進んで行く。この構成が実に巧み...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ