ザルツブルクのタグまとめ

ザルツブルク」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはザルツブルクに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ザルツブルク」タグの記事(29)

  1. 2017年 ザルツブルク音楽祭訪問2 - ザルツブログ ザルツブルク在住者による、グルメ・文化・旅行の贅沢写真日記

    2017年 ザルツブルク音楽祭訪問2

    ザルツブルクは寒くて昼過ぎまで雨が激しかった9月10日(日曜日)・・・。9月11日(月曜日)からの週は15℃前後で雨が多い予報、変わりやすい天候に合わせられる服装をお勧めします。私にとっての2017年ザルツブルク音楽祭訪問ハイライトはこちら、サー・ロジャー・ノーリントン指揮・カメラータザルツブルク演奏会昨年は結婚式の為にミラベル宮殿へ来た友人夫妻、日本のブログ友人達と、同じくサー・ロジャー・...

  2. 2017年 ザルツブルク音楽祭訪問1 - ザルツブログ ザルツブルク在住者による、グルメ・文化・旅行の贅沢写真日記

    2017年 ザルツブルク音楽祭訪問1

    ザルツブルクは晴れて21℃の今日。なかなか秋の穏やかな晴れの日が無かったので嬉しい一日。2017年のザルツブルク音楽祭チケットは、締切日である1月7日に申し込んだにも関わらず、希望のチケットがほとんど入手できず・・・。そのうちの1回が、リッカルド・ムーティ―指揮 ピアノ:ブロンフマン ウィーンフィルハーモニー管弦楽団演奏会ブラームス: ピアノ協奏曲第2番普段のブラームス演奏とは違い、軽い感じ...

  3. 旅たび、思い出すこと 10-3 - 明日への日記

    旅たび、思い出すこと 10-3

    旅たび、思い出すこと 10-2 からの続き「ザルツブルクへの旅」(8)から(11)の再現の続き。。。オペラ『ヴォツェック』には一人で行かねばならないので、前日に予行練習した。ホテルからモーツァルト劇場・祝祭大劇場に行く道をiPadにホテルのWi-Fiを使っ...

  4. 旅たび、思い出すこと 10-2 - 明日への日記

    旅たび、思い出すこと 10-2

    旅たび、思い出すこと 10-1 からの続き「ザルツブルクへの旅」(8)から(11)の再現の続き。。。8月8日(火)の昼食は、湖畔の白馬亭というレストランで頂いたが、湖の岸からプールのように仕切りが作られていて、大人たちに混じって子供たちも泳いでいた。それか...

  5. 旅たび、思い出すこと 10-1 - 明日への日記

    旅たび、思い出すこと 10-1

    ザルツブルクへの旅(7) から続く「ザルツブルクへの旅」(8)から(11)までを、間違って消去してしまったので、これらの記事を思い出せる限り、再現してみることにする。まず、8月8日朝の新聞記事である。右ページにまたアイーダの記事があり、7日夜のウィーン・フ...

  6. 旅たび、思い出すこと 9 - 明日への日記

    旅たび、思い出すこと 9

    旅たび、思い出すこと 8 からの続きザルツブルクからバスに乗って、ザンクト・ギルゲンに向かう途中でコップルという村を通っている時に、窓から見えた家です。見えにくいのですが、一階の窓のところには花が置かれています。ヨーロッパの家の窓になぜ花があるのか、、、花が好きなんだ、、、というのはちょっと違うらしいのです。この家の周りも牧草で、家畜が当然いるのでしょう。そして虫がブンブンと飛び回っているわ...

  7. 旅たび、思い出すこと 8 - 明日への日記

    旅たび、思い出すこと 8

    旅たび、思い出すこと 7 からの続きザルツブルクの大通りの車の多いところでは、排気ガスの刺激臭を感じた。車の多くはドイツ製なのであろう。こういうとき、思い出すのは例のディーゼル・エンジン問題である。。。当地に住む日本人ガイドさんのお話では、オーストリアの産業はドイツ自動車産業の部品製造・下請け工場のようなものが多くありかなり大きな規模であるという。他にはスキー用具の世界的メーカーがあるという...

  8. 旅たび、思い出すこと 7 - 明日への日記

    旅たび、思い出すこと 7

    旅たび、思い出すこと 6 からの続きザルツブルクの街を歩きながら、モーツァルトについて長年、腑に落ちなかったことが蒸発して消えてゆくのを感じた。一つは、「フリーメーソンのための葬送音楽 ハ短調」の存在であるが、このように石で作られた建物が並び、塩を取るために坑道を掘って、地下に湖を作って27%の塩水を得て、地表にそれを引いて精製するという、過程を目にすると、この時代にあって最先端のハイテク技...

  9. ハルシュタットの塩坑ツアー - Quelque Chose de Beau

    ハルシュタットの塩坑ツアー

    ザルツブルクは夏でも小雨が降ったりして天気が悪いことがあるよと聞いていたのですが、1日目の朝にハルシュタットに行かんとして駅に向かっている間にすでに少し降られて、天気予報もお昼過ぎから雷雨のマークだし、今日やめて明日にする?なんてザルツブルク駅で予定変更するべきかと話し合いましたが、結果的に変更しなくて良かったのです。ハルシュタットに着いたら最初は薄曇りでしたが、外を炎天下の中歩くのは過酷な...

  10. 旅たび、思い出すこと 4 - 明日への日記

    旅たび、思い出すこと 4

    旅たび、思い出すこと 3 からの続きザルツブルクのホテルでのある午後のこと、チャイニーズの団体がやって来てロビーが一杯になった。その翌日、朝食が用意されているレストランに入れない。開始時刻を過ぎているのに、入り口で足止めされた。ツアーの同行の方も待たされていた。レストランの人たちが中で動いたり、打ち合わせているのを見ているうちに、何かが決まったらしくようやく入れてもらえた。座るとすぐに、チャ...

  11. 旅たび、思い出すこと 3 - 明日への日記

    旅たび、思い出すこと 3

    旅たび、思い出すこと 2 からの続き先週、ザルツブルクへ行くときに、機内持ち込みはリュックサック1個とした。MacBookAirとiPadをこれに入れたのは、スーツケースがバゲッジとしてどんな目にあうのか、心配だったからだ。カリマーのリュックはラップトップコンピュータを入れても大丈夫そうなしっかり感がある。スーツケースにはスーツ一着とクリーニング店から戻って来たままのワイシャツを三枚、それに...

  12. 旅たび、思い出すこと 2 - 明日への日記

    旅たび、思い出すこと 2

    旅たび、思い出すこと 1 から続くポール・エルデシュという数学者は、自分の家を持たず、いつも旅していたと聞いた。ハンガリー(当時オーストリア=ハンガリー帝国)出身のユダヤ人である。この人はホテルばかりでなく、知人の家を泊まり歩くことも多かったと聞く。大数学者に、泊まらせてと言われたら、数学者なら二つ返事で引き受けたにちがいない。だって、共著の論文が出せるかもしれないではないか。。。そういえば...

  13. 2017年 Piccolo Mondo ザルツブルク音楽祭訪問の前の軽食! - ザルツブログ ザルツブルク在住者による、グルメ・文化・旅行の贅沢写真日記

    2017年 Piccolo Mondo ザルツブルク音...

    ザルツブルクは昨日も悪天候の予報が外れて暑い一日、こういう誤算は嬉しいところ。ツアーの仕事中に親しい観光バス運転手が、『そういえば、今日から親しい元運転手夫妻が新しいパニーニ専門店を始めるから、明日行くけど一緒に行くか?』とのこと。この元運転手夫妻は日本語ツアーを昔頻繁に運転しに来て、非常に親しくなった2人、エルフィ・ローラント夫妻パニーニ専門店Piccolo MondoAm Waagpla...

  14. ザルツブルクへの旅(14) - 明日への日記

    ザルツブルクへの旅(14)

    ザルツブルクへの旅(13)からの続き時差ボケが取れるのは、丸3日はかかるようです。。。ミラベル宮殿・庭園と、ミラベルプラッツの大通りを挟んで反対側にフュルストというお店があり、そこでチョコレートのお土産を買いました。面白かったのは、一つひとつを包んでいる紙に印刷された肖像の中に、モーツァルト、バッハに混じってドップラーがあったことです。あの物理のドップラー効果の本人です。ドイツ人のような気が...

  15. ザルツブルクへの旅(13) - 明日への日記

    ザルツブルクへの旅(13)

    ザルツブルクへの旅(12)からの続きザルツブルクの8月9日(水)5時30分、モーニングコールで起床。機械仕掛けではなく、フロントマンの方が実際にかけてくるのに、イッツ オーケー サンキュウと返事して受話器をおく。6時30分始まりの朝食に間に合うよう、レストランに行く。そして、置かれているタブロイド紙のページを急いで捲ると、左ページの右半分にグリゴリアンの写真とヴォツェックの批評が載っていて、...

  16. ザルツブルクへの旅(6) - 明日への日記

    ザルツブルクへの旅(6)

    ザルツブルクへの旅(5)からの続きザルツブルクの8月7日(月)。。。今朝は、最初アニフ村にあるカラヤンのお墓に向かった。墓石の後ろの十字架は枝葉に覆われているが、横が2本ある十字架だった。。カラヤンの臨終のときを看取ったのは、ソニーの社長である。これは偶然とは思えない。というのは、録音・編集を駆使してレコードを製作したカラヤンは録音機材・媒体のトップメーカー社長に見送られるのがふさわしかった...

  17. ザルツブルクへの旅(4) - 明日への日記

    ザルツブルクへの旅(4)

    ザルツブルクへの旅(3)からの続き今、ザルツブルクの8月6日(日)7時だ。教会の鐘が3分間鳴り渡った。雨が降っている。明け方からずっと降っているようだ。シャワーを浴びて、朝食に行く。野菜がないので、果物で代用。エレベータは部屋のカードキーをタッチしないと、動き出さない。そしてフロアのエレベータホールにはのように、青いリンゴが、、、一つ頂く。8時にも教会の鐘の音が聞こえた。そして雨でこのように...

  18. ザルツブルクへの旅(3) - 明日への日記

    ザルツブルクへの旅(3)

    ザルツブルクへの旅(2)からの続きザルツブルクの8月6日(日)。6時にモーニングコールで起床、少しだけ眠れた気がするが、ほとんどぼーっとなっていただけのような気もする。夜横になって、しばらく経ってから、体が揺れている感覚がなくなった。実は、寝るときに、iPadの目覚ましを時差7時間を考慮して設定していたのだが鳴らなかった。どうしたことかと色々見ているうちに、驚いた。。。。iPadのクロックは...

  19. ザルツブルクへの旅(2) - 明日への日記

    ザルツブルクへの旅(2)

    ザルツブルクへの旅(1)からの続き今、ザルツブルク時間で6日(日)2時9分。5日(土)14時に羽田を発って、パリで乗り継ぎ、ミュンヘンへ。パリで入国管理を通り、パリからミュンヘンは国内便で、ミュンヘンでは入国管理は通らず。ミュンヘンから車でザルツブルクに行く途中でドイツ・オーストリアの国境を越えたはずですが、これも何も気づかず。6日(日)1時頃にザルツブルクに着きました。そして、シャワーを浴...

  20. 2017年 ザルツブルク動物園 - ザルツブログ ザルツブルク在住者による、グルメ・文化・旅行の贅沢写真日記

    2017年 ザルツブルク動物園

    ザルツブルクは毎日30℃と暑かったものの、明日(2017年8月6日)は20℃まで気温急降下。毎日暑くてなかなか大変だったので、一時的な良い暑さの休憩になるでしょう。部屋は熱がこもってなかなか室温が下がらず・・・。ちなみに今日8月5日は世界的ロシア人指揮者V. Fedoseyev(フェドセーエフ)氏のお誕生日、85歳の今年も益々ご活躍なさることを楽しみにしております!!ザルツブルクに来る観光の...

1 - 20 / 総件数:29 件

似ているタグ