シジミチョウ科のタグまとめ

シジミチョウ科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシジミチョウ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シジミチョウ科」タグの記事(40)

  1. ホシミスジ幼虫のその後(2017年4月24日) - みき♂の虫撮り友人帖

    ホシミスジ幼虫のその後(2017年4月24日)

    帰京翌日の4月21日は近所の公園でユキヤナギをチェック。ホシミスジ幼虫を探してみる。ユキヤナギの枝には意外にもベニシジミがいた(写真1、2)。この公園ではヤマトシジミは普通に見られるがベニシジミはちょっと珍しい。 ▼写真1 ベニシジミ その1a(2017年4月21日、都区内) ▼写真2 ベニシジミ その1b(2017年4月21日、都区内) ※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 ...

  2. あれよあれよと急成長の巻 - てふてふ自然散策記

    あれよあれよと急成長の巻

    4月10日に紹介したキリシマミドリシジミの幼虫ですが、とても大きくなりました!孵化から2週間。思ったより成長早いです。今のところ、3幼とも育ってます(^^)個体差はありますが、写真の個体が最も大きい子です。もうすぐで前蛹かな⁉︎1番のおチビちゃんは一回死にかけました。でも、今なんかと生きてます。成長が遅いので成虫になれてもサイズが小さいかも。

  3. トラフシジミ出てました(2017年4月21日) - みき♂の虫撮り友人帖

    トラフシジミ出てました(2017年4月21日)

    しばらく更新できずにちょっと前の写真になってしまった。4月13日は丘陵方面にヘムレンさん、おはるさんと遠征した。写真1、2は地面の枯葉上で開翅してくれたミヤマセセリ♀。今季はミヤマセセリ♀と出会うことが多い気がする。 ▼写真1 ミヤマセセリ♀ その1a 開翅(2017年4月13日、東京郊外) アップで見ると複眼周辺の微毛が睫毛のようになっていてちょっと可愛い(写真2)。 ▼写真2 ミヤマセセ...

  4. 春の渓流と林道 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    春の渓流と林道

    日曜日も晴天で気温もぐんぐん上がり、東京で初の夏日を記録した。多摩西部で撮った渓流と林道の蝶を掲載する。先ず渓流。何といってもこの時期多いのがスギタニルリシジミ。まだ新鮮な個体が多かった。落ち葉に付いた鳥の糞に集まっていた。一度だけトラフシジミも吸水に河原の石に降りてきた。林道に染み出た水場は春の蝶の社交場だった。やはり一番多いのはスギタニルリシジミ。明るい色合いのルリシジミも混じっていた。...

  5. 2017年04月17日 狭山丘陵だより  ミヤマセセリ - 愛野緑の撮影記録

    2017年04月17日 狭山丘陵だより  ミヤマセセリ

    狭山丘陵も色々な蝶が出ているだろう。今年は桜の開花後気温の低い日が続いたためかまだ花が見られる。風に花びらが雪のようスジグロシロチョウは沢山飛んでいた。ひとつだけ確認出来たツマキチョウ♂。止まらないので飛翔中。少し移動。ツバメシジミ♀ミヤマセセリも少しだけ。低い位置を飛んで道脇に止まった。コナラのカットされた幼木から出た小枝に止まっている。産卵しているようだ。笹の葉が邪魔しているが・・・。1...

  6. 春爛漫 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    春爛漫

    忙しかったり天気が悪かったりの週末が続いていた。今週はようやくフリーの週末と好天が重なった。4週間ぶりだ。久しぶりにちょっとだけ早起きして、去年も行った茨城西部に出かけた。筑波山を間近に望める河川敷。この時期だと草丈も低いので自由に歩き回れて楽しい。去年はボロが1匹しか見られなかったミヤマチャバネセセリが今日は沢山いた。気温が上がるとテリ張りが始まり、他の蝶が飛ぶとすごい勢いで追飛した。枯草...

  7. ウラギンシジミの越冬完了(2017年4月10日) - みき♂の虫撮り友人帖

    ウラギンシジミの越冬完了(2017年4月10日)

    主フィールドで観察していた越冬蝶は、3月16日時点でムラサキシジミ1匹、ウラギンシジミ1匹となっていた。残っていたムラサキシジミは3月20日には見られなくなってしまった。3月も下旬なら越冬完了としても良いのかもしれない。ウラギンシジミは3月20日もまだ見られた(写真1)。 ▼写真1 ウラギンシジミ その1a(2017年3月20日、東京近郊) 3月25日にはすぐ近くに花が咲いていた(写真2)...

  8. キリシマミドリシジミ孵化の巻 - てふてふ自然散策記

    キリシマミドリシジミ孵化の巻

    今年の春は遅いは土日天気悪いは…欲求不満の溜まる今日この頃。そんな中キリシマミドリシジミの卵に穴が…冷蔵庫から取り出して2週間、もうダメかと思っていたのでうれしい限りです。そして幼虫を探す。卵から想像できますがめちゃめちゃ小さいです。おっ!いたいた!こちらが初齢幼虫。新しい新芽に移しての撮影です。写真にキレがないな、マクロレンズ欲し〜ぃ(ちなみにこれ、標準レンズ18~55mm+クローズアップ...

  9. 春生まれ - 蝶の縁

    春生まれ

    4月4日、晴れ。ようやく春らしくなってきた今日この頃、新成虫を期待してフィールドへ。越冬明けのタテハ類をいくつか確認しながらポイントをぶらぶら。テリを張るシータテハ。どんどん歩を進めると、遠くに白い蝶がチラチラ。近づいてみるとスジグロシロチョウでした。てっきりモンシロだと思ったのでちょっとびっくり。例年モンシロの初見からワンテンポ遅れてスジグロシロの確認となっているので、まずシーズン初めに見...

  10. 2017年04月04日 狭山丘陵だより さくら - 愛野緑の撮影記録

    2017年04月04日 狭山丘陵だより さくら

    今日はギフチョウ日和だったのだが所用があり行けず。近場で。都心では桜が満開になったというが、我が地元の狭山丘陵では1~3分咲きというところ。ヒオドシチョウの産卵を期待したがエノキの周りには見られず。ヒオドシどころか先週沢山飛んでいたテングチョウも今日はほとんど見られなかった。エノキの芽の状況は良い感じ。スジグロシロチョウやベニシジミ、ミヤマセセリ、キタテハが少しと、モンキチョウは沢山飛んでい...

  11. 春らしく - 紀州里山の蝶たち

    春らしく

    今日の外気温は15℃くらいまで上昇しました。自然は正直なもので、新生蝶があちらこちらで見られました。初見のベニシジミとルリシジミです。                       

  12. 逆戻り - 紀州里山の蝶たち

    逆戻り

    曇り空で気温が上昇しません。一瞬の日差しに越冬開けのムラサキシジミが反応しました。林道脇では、ナガバタチツボスミレ(?)が満開でした。

  13. アセビのコツバメ再び(2017年3月23日) - みき♂の虫撮り友人帖

    アセビのコツバメ再び(2017年3月23日)

    3月22日はどこに行くかはっきり決めないまま蝶友と集合。あれこれ考えた末先日と同じ公園に遠征した。12時前に昼飯を調達しにコンビニに行って、戻ると12時10分頃。先に来ておられた蝶散歩さんによると12時前後にコツバメが来ていたとのこと。先日も12時前後に2度ほど現れたので、この時間を外してはいけないのかもしれない。アセビの近くで立ったままおにぎりを頬張り、待つことしばし。12時20分頃にまた...

  14. アセビにくる蝶たち、コツバメほか(2017年3月20日) - みき♂の虫撮り友人帖

    アセビにくる蝶たち、コツバメほか(2017年3月20日)

    好天の日曜日は埼玉県の公園にコツバメ狙いで遠征した。ここは毎年コツバメが早いので有名なところ。数年前から気になっていた場所だが、拙宅からは遠いのでなかなか行けずにいた。今回はヘムレンさんが連れて行ってくれた。ポイントにはすでに「小畦川日記」のダンダラさん、「てくてく写日記」のbanyanさん、「蝶と蜻蛉の撮影日記」のdragonbutterさんなどが来ておられた。アセビの前で待ってもなかなか...

  15. 春の蝶初見記録更新2種 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    春の蝶初見記録更新2種

    コツバメが発生したというので、連休中日に埼玉のポイントに出かけた。晴れて暖かい日となった。満開の馬酔木にテングチョウやキタテハが来た。11時半近くになってようやくコツバメのお出まし。2匹はいたようだ。banyanさん、ダンダラさん、ヘムレンさん、みき♂さん他大勢が集まっての撮影会となった。坂を下った場所で白い蝶が飛んでいた。ここならスジグロシロチョウかなと思って近寄ると思った通りだった。オオ...

  16. その後の越冬蝶たち(2017年3月17日) - みき♂の虫撮り友人帖

    その後の越冬蝶たち(2017年3月17日)

    今季は1月はともかく、2月は1回、3月は今のところ2回しか主フィールドをチェックできていない。結果、フユシャクも成虫越冬の蝶たちもろくに観察できていない。もっとまめにやらなければ…(反省)。少しだがその後の様子をまとめておきたい。写真1、2は1月26日に新たに見つけたウラギンシジミ2匹。写真1はサカキの葉裏で見つけたウラギンシジミ(越冬個体Kとする)。前年もおなじサカキの葉裏でウラギンシジミ...

  17. 2017年03月17日 狭山丘陵だより 彼岸の入り - 愛野緑の撮影記録

    2017年03月17日 狭山丘陵だより 彼岸の入り

    前回の更新から丸1ヶ月経ってしまった。寒い日が多かったからね。日差しはあるが北風もあり、気温は10~13度というところ。私の地元、瑞穂町内を散策。さすがにこの時期になるとモンキチョウも元気に飛んでいた。モンキチョウ♀私と同じフィールドで活躍されている方が、3月初めにミヤマセセリを撮影されているけど今日は見られるかな??モンシロチョウを見つけたが、これ以上近づけずに逃げられた・・・。テングチョ...

  18. 新生蝶@横浜 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    新生蝶@横浜

    新生蝶が見たくて家内を誘って横浜の公園に行った。13年の秋に行ったとき明るい土手があり、春の蝶の出現が早そうに思っていた場所だ。ホトケノザと菜の花が満開だった。土手に沿って歩いてみたが、うす曇りで肌寒く、蝶は飛ばない。お腹が空いたので近くのコンビニで昼食を買って、公園のベンチでゆっくり食べた。ここには焼き立てパンがあってうれしかった。さて、帰ろうか、場所を変えようかと思っていたら、12時半近...

  19. ベニシジミ今季初撮りは交尾シーン(2017年3月11日) - みき♂の虫撮り友人帖

    ベニシジミ今季初撮りは交尾シーン(2017年3月11日)

    2月は一か月で4回しかフィールドに出なかった。そのうち3回はヘムレンさんのお誘いだから、自分1人では1回しか外出していないことになる(汗)。ぼちぼちいろいろな蝶の姿が見られはじめているらしい。3月は少し気合いを入れて頑張りたい。3月10日はヘムレンさん、おはるさんと東京郊外に遠征してみた。日当りの良い斜面は毎年いち早くベニシジミが見られるポイント。思ったほど気温は上がらなかったが、ベニシジミ...

  20. 越冬中のウラギンシジミ - こんなものを見た2

    越冬中のウラギンシジミ

    ウラギンシジミ Curetis acuta paracuta2017年1月8日、埼玉県さいたま市北海道へ戻る日、最後にまたウラギンシジミのペアに会いに行きました。Hさんのブログによると、これまで掲載してきた各種越冬シジミ類は、残念なことに2月下旬頃までには全て確認出来なくなってしまったということです。身一つでの越冬がいかに厳しいかを物語っているようですが、それでも、無事に春を迎える個体は必ず...

1 - 20 / 総件数:40 件

似ているタグ