シジミチョウ科のタグまとめ (42件)

シジミチョウ科のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシジミチョウ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 紀州里山の蝶たち

曇り空で気温が上昇しません。一瞬の日差しに越冬開けのムラサキシジミが反応しました。林道脇では、ナガバ(?)タチツボスミレが満開でした。

by みき♂の虫撮り友人帖

3月22日はどこに行くかはっきり決めないまま蝶友と集合。あれこれ考えた末先日と同じ公園に遠征した。12時前に昼飯を調達しにコンビニに行って、戻ると12時10分頃。先に来ておられた蝶散歩さんによると12時前後にコツバメが来ていたとのこと。先日も12時前後に2度ほど現れたので、この時間を外してはいけないのかもしれない。アセビの近くで立ったままおにぎりを頬張り、待つことしばし。12時20分頃にまた...

by みき♂の虫撮り友人帖

好天の日曜日は埼玉県の公園にコツバメ狙いで遠征した。ここは毎年コツバメが早いので有名なところ。数年前から気になっていた場所だが、拙宅からは遠いのでなかなか行けずにいた。今回はヘムレンさんが連れて行ってくれた。ポイントにはすでに「小畦川日記」のダンダラさん、「てくてく写日記」のbanyanさん、「蝶と蜻蛉の撮影日記」のdragonbutterさんなどが来ておられた。アセビの前で待ってもなかなか...

by 蝶と蜻蛉の撮影日記

コツバメが発生したというので、連休中日に埼玉のポイントに出かけた。晴れて暖かい日となった。満開の馬酔木にテングチョウやキタテハが来た。11時半近くになってようやくコツバメのお出まし。2匹はいたようだ。banyanさん、ダンダラさん、ヘムレンさん、みき♂さん他大勢が集まっての撮影会となった。坂を下った場所で白い蝶が飛んでいた。ここならスジグロシロチョウかなと思って近寄ると思った通りだった。オオ...

by みき♂の虫撮り友人帖

今季は1月はともかく、2月は1回、3月は今のところ2回しか主フィールドをチェックできていない。結果、フユシャクも成虫越冬の蝶たちもろくに観察できていない。もっとまめにやらなければ…(反省)。少しだがその後の様子をまとめておきたい。写真1、2は1月26日に新たに見つけたウラギンシジミ2匹。写真1はサカキの葉裏で見つけたウラギンシジミ(越冬個体Kとする)。前年もおなじサカキの葉裏でウラギンシジミ...

by 愛野緑の撮影記録

前回の更新から丸1ヶ月経ってしまった。寒い日が多かったからね。日差しはあるが北風もあり、気温は10~13度というところ。私の地元、瑞穂町内を散策。さすがにこの時期になるとモンキチョウも元気に飛んでいた。モンキチョウ♀私と同じフィールドで活躍されている方が、3月初めにミヤマセセリを撮影されているけど今日は見られるかな??モンシロチョウを見つけたが、これ以上近づけずに逃げられた・・・。テングチョ...

by 蝶と蜻蛉の撮影日記

新生蝶が見たくて家内を誘って横浜の公園に行った。13年の秋に行ったとき明るい土手があり、春の蝶の出現が早そうに思っていた場所だ。ホトケノザと菜の花が満開だった。土手に沿って歩いてみたが、うす曇りで肌寒く、蝶は飛ばない。お腹が空いたので近くのコンビニで昼食を買って、公園のベンチでゆっくり食べた。ここには焼き立てパンがあってうれしかった。さて、帰ろうか、場所を変えようかと思っていたら、12時半近...

by みき♂の虫撮り友人帖

2月は一か月で4回しかフィールドに出なかった。そのうち3回はヘムレンさんのお誘いだから、自分1人では1回しか外出していないことになる(汗)。ぼちぼちいろいろな蝶の姿が見られはじめているらしい。3月は少し気合いを入れて頑張りたい。3月10日はヘムレンさん、おはるさんと東京郊外に遠征してみた。日当りの良い斜面は毎年いち早くベニシジミが見られるポイント。思ったほど気温は上がらなかったが、ベニシジミ...

by こんなものを見た2

ウラギンシジミ Curetis acuta paracuta2017年1月8日、埼玉県さいたま市北海道へ戻る日、最後にまたウラギンシジミのペアに会いに行きました。Hさんのブログによると、これまで掲載してきた各種越冬シジミ類は、残念なことに2月下旬頃までには全て確認出来なくなってしまったということです。身一つでの越冬がいかに厳しいかを物語っているようですが、それでも、無事に春を迎える個体は必ず...

by こんなものを見た2

ウラギンシジミ Curetis acuta paracuta2017年1月6日、埼玉県さいたま市Hさんには、ウラギンシジミの越冬環境についても教えて頂きました。それを意識しながらフィールドを回っていたところ、「ここならいるんじゃないの!?」とビビッとくる場所があったので丁寧に探すと、地上から約2mのところでこちらに翅を向けてジッとしている個体を見つけることが出来ました。越冬場所(左上に越冬個...

by こんなものを見た2

ウラギンシジミ Curetis acuta paracuta2017年1月6日、埼玉県さいたま市このペアを、反対側から。

by こんなものを見た2

ウラギンシジミ Curetis acuta paracuta2017年1月6日、埼玉県さいたま市この越冬個体も、Hさんが教えてくださいました。こうして見ると目立ちますが、現地ではちょっと目を離すと厚い常緑広葉樹の葉の反射に紛れてしまい、再び見つけるのにかなり苦労しました。

by こんなものを見た2

ムラサキシジミ Narathura japonica japonica2017年1月3日、埼玉県さいたま市これもHさんに教えて頂いたもの。僅か3頭という、とても小さい集団でした。教えて頂くばかりでは申し訳ないので、僕も周辺を探してみたのですが、全然見つけられませんでした・・・。同集団2017年1月3日、埼玉県さいたま市

by こんなものを見た2

ムラサキツバメ Narathura bazalus turbata2017年1月3日、埼玉県さいたま市ウラギンシジミ同様、こちらもHさんに教えて頂いた越冬集団。ムラサキツバメの越冬集団は、2015年に偶然見つけることが出来ましたが、これはその時よりも頭数が多く、見応えがありました。撮影時は気温が低かったのでほとんどの個体は伏せていますが、気温が上がると翅を立てるのだそうです。同集団2017年...

by こんなものを見た2

ウラギンシジミ Curetis acuta paracuta2017年1月3日、埼玉県さいたま市前日に引き続き、この日も越冬シジミチョウ類探索に来たところ、偶然にもブログでお世話になっているHさんと初めてお会いし、各種の越冬ポイントを教えて頂けるという幸運に恵まれました。写真は、1枚の葉に2頭のウラギンシジミが越冬している珍しいシチュエーションとのこと。正面から撮れば、2頭並んでいる様子がし...

by 愛野緑の撮影記録

春一番が強くなる前に蝶探し。昨日の続きでモンキチョウ探し。気温11度。枯れ葉の上にいたのはムラサキシジミ。口吻を伸ばして歩き回っている。次に飛び出したのはキタテハ。2頭がもつれて飛び去った。やがて日なたぼっこ。昨日のベニシジミの幼虫の所へ行くと、食事中だ。葉を裏返したりせずに見つけられた。そうこうしているうちにモンキチョウが飛んできた。2頭が追飛、そのうちひとつが止まった。私は今まで狭山丘陵...

by こんなものを見た2

モチノキ Ilex integra と思われる枯葉に寄り集まって越冬中の、ムラサキシジミ Narathura japonica japonica2017年1月2日、埼玉県さいたま市帰省初日には見つけられなかった、越冬シジミチョウ類。この日再挑戦し、ようやく発見することが出来ました。ただ、ここには他にも多くの越冬シジミチョウ類がいるはずなのですが、見つけられたのはこの集団だけ。他の場所も回りた...

by 愛野緑の撮影記録

日差しがある所では暑いくらいだ。花粉の飛散が始まり蝶も飛ぶかなと出かけてみたが、越冬蝶も飛び出さない。しばらく歩いてモズあきらめて帰ろうしたところkirokouさんにお目に掛かり、モンキチョウが見られそうな場所を教えていただき移動。そこでもやはり成虫の姿はなかった・・。ギシギシを探してみると丸々太ったベニシジミの幼虫を発見。終齢かな。もうすぐ蛹になるだろう。明日は春一番が予想されている、成虫...

by てふてふなるままに

沖縄本島遠征シジミチョウ編!前も書きましたがこの遠征の本命はリュウキュウウラナミジャノメ。その他で狙っていた蝶はリュウキュウウラボシシジミとイワカワシジミでした。採れれば大満足でしたが、両種とも叶いませんでしたね。一回目で全てが採れてしまっては面白くないですし、それが趣味として長続きする理由なのかも。ちなみにイワカワシジミは過去に3回八重山諸島に行きましたが姿すら見ず(:_;)相性の悪い蝶は...

by てふてふなるままに

アリと共生する蝶の紹介です。今日はクロシジミです。はい、昨年初採集です。自分とは縁のない蝶かと思っていましたが採集できてよかったです。クロシジミ〇〇県〇〇村(2016.7)*♂は鈍い金属光沢のある紫色♀は主に黒色です。地域により白斑や青鱗粉がのった個体もいます。クロシジミ上段:〇〇県〇〇村(2016.7)下段:〇〇県市(2016.7)*裏面は地色に個体差が見られ、白っぽい個体から茶色、黒と様...

似ているタグ