シロチョウ科のタグまとめ

シロチョウ科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシロチョウ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シロチョウ科」タグの記事(16)

  1. 後ろ髪 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    後ろ髪

    休めない日が続く。土曜だけは午後からの用事だったので、午前中現地での2時間を限度で区内の公園へ。目的のアオヤンマはそこそこ飛んでいた。池に隣接する開けた場所を中心に摂食飛翔の様だった。ホバリングしないのでせいぜいこんな写真しか撮れない。静止の撮影チャンスは3度あって一応オス・メス撮れたが、今までに比べて進歩はなかった(上がオス)。それにしてもこのトンボは食欲旺盛だ。今回も3回中2回は何かを食...

  2. ヤマキマダラヒカゲ今季初撮り、ほか(2017年5月19日) - みき♂の虫撮り友人帖

    ヤマキマダラヒカゲ今季初撮り、ほか(2017年5月19日)

    ぼちぼちゼフィルスも出始めたらしい。のんびりしているとせっかく撮った写真を掲載しそびれてしまうので慌てて整理をしている今日この頃(汗)。好天の5月19日はヘムレンさん、おはるさんと今季初めて長野方面に遠征した。あわよくばヒメギフチョウでも見られるのではないかと期待したけれど、残念ながら出会えなかった。それでもスジボソヤマキチョウとヤマキマダラヒカゲの2種が今季初撮りとなった。写真1はスジボソ...

  3. ヒメギフチョウ前線長野県の巻 - てふてふ自然散策記

    ヒメギフチョウ前線長野県の巻

    4月30日、長野県へ!午前3:00起床下道で長野県へ向かいます。目指すは諏訪湖周辺です。ヒメギフチョウの発生状況は不明。不安もありますが、行かずに後悔より行って後悔、ということで重い足を引きずっていざ出陣!7:30到着、気温6℃活動する時間帯までふらふら、どこで採ったら数を稼げるかポイント探し。ウスバサイシンの密度が濃い場所を探します。ウスバサイシン長野県中信(2017.4.30)9:00最...

  4. 蝶運の巻 - てふてふ自然散策記

    蝶運の巻

    職場の昼休み。最近、シーズンに網を振り回す筋力を付けるため、素振りしてます^^;で、あぁモンシロチョウ飛んでるな〜って思ってたら自分から15mくらい離れたタンポポに吸蜜しに静止しました。その時はまだ頭の中ではモンシロチョウ。でも蝶が自分を誘引するかの如く、なぜかモンシロチョウのもとに足が向いたその時…ツマキの♀だった!慌てて車に戻り網を手に戻りネットイン。いやー珍しいですよ。こんな住宅地の中...

  5. スプリングエフェメラル その4 - 紀州里山の蝶たち

    スプリングエフェメラル その4

    朝から晴れ間が広がったので、すかさずMFへ出撃しました。ツマキチョウの雄の最盛期のようでした。早くも、ジャコウアゲハも登場していました。

  6. 春生まれ - 蝶の縁

    春生まれ

    4月4日、晴れ。ようやく春らしくなってきた今日この頃、新成虫を期待してフィールドへ。越冬明けのタテハ類をいくつか確認しながらポイントをぶらぶら。テリを張るシータテハ。どんどん歩を進めると、遠くに白い蝶がチラチラ。近づいてみるとスジグロシロチョウでした。てっきりモンシロだと思ったのでちょっとびっくり。例年モンシロの初見からワンテンポ遅れてスジグロシロの確認となっているので、まずシーズン初めに見...

  7. 2017年04月04日 狭山丘陵だより さくら - 愛野緑の撮影記録

    2017年04月04日 狭山丘陵だより さくら

    今日はギフチョウ日和だったのだが所用があり行けず。近場で。都心では桜が満開になったというが、我が地元の狭山丘陵では1~3分咲きというところ。ヒオドシチョウの産卵を期待したがエノキの周りには見られず。ヒオドシどころか先週沢山飛んでいたテングチョウも今日はほとんど見られなかった。エノキの芽の状況は良い感じ。スジグロシロチョウやベニシジミ、ミヤマセセリ、キタテハが少しと、モンキチョウは沢山飛んでい...

  8. 春が来た その3 - 紀州里山の蝶たち

    春が来た その3

    朝から晴天でしたが、午後から下り坂ということでMFへ・・・。モンシロチョウと思っていましたが、初見のスジグロシロチョウでした。そして、羽化したてのようなピカピカのルリシジミの雄です。一気に春めいて来ました。

  9. アセビにくる蝶たち、コツバメほか(2017年3月20日) - みき♂の虫撮り友人帖

    アセビにくる蝶たち、コツバメほか(2017年3月20日)

    好天の日曜日は埼玉県の公園にコツバメ狙いで遠征した。ここは毎年コツバメが早いので有名なところ。数年前から気になっていた場所だが、拙宅からは遠いのでなかなか行けずにいた。今回はヘムレンさんが連れて行ってくれた。ポイントにはすでに「小畦川日記」のダンダラさん、「てくてく写日記」のbanyanさん、「蝶と蜻蛉の撮影日記」のdragonbutterさんなどが来ておられた。アセビの前で待ってもなかなか...

  10. 春の蝶初見記録更新2種 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    春の蝶初見記録更新2種

    コツバメが発生したというので、連休中日に埼玉のポイントに出かけた。晴れて暖かい日となった。満開の馬酔木にテングチョウやキタテハが来た。11時半近くになってようやくコツバメのお出まし。2匹はいたようだ。banyanさん、ダンダラさん、ヘムレンさん、みき♂さん他大勢が集まっての撮影会となった。坂を下った場所で白い蝶が飛んでいた。ここならスジグロシロチョウかなと思って近寄ると思った通りだった。オオ...

  11. 春が来た その1 - 紀州里山の蝶たち

    春が来た その1

    昨年より2週間ばかり遅れて、初見のモンシロチョウです。先週あたりから和歌山市周辺でポツポツと飛んでいたようです。待ちにまったシーズン開幕ですね。【OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ】

  12. 新生蝶@横浜 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    新生蝶@横浜

    新生蝶が見たくて家内を誘って横浜の公園に行った。13年の秋に行ったとき明るい土手があり、春の蝶の出現が早そうに思っていた場所だ。ホトケノザと菜の花が満開だった。土手に沿って歩いてみたが、うす曇りで肌寒く、蝶は飛ばない。お腹が空いたので近くのコンビニで昼食を買って、公園のベンチでゆっくり食べた。ここには焼き立てパンがあってうれしかった。さて、帰ろうか、場所を変えようかと思っていたら、12時半近...

  13. モンキチョウ今季初撮り(2017年2月17日) - みき♂の虫撮り友人帖

    モンキチョウ今季初撮り(2017年2月17日)

    好天の2月17日はヘムレンさん、おはるさんと新生蝶のモンキチョウ狙いで埼玉県まで遠征してみた。この日は汗ばむほどの陽気で、最高気温は20度くらい。現地ではジャンパーを脱いで歩いた。モンキチョウはあちこち飛び回っていてなかなか撮れない。もう何匹も羽化していたようで、数もそこそこ見られた。写真1、2はモンキチョウ♂。ちょっと前に♀と絡んで飛んだ後、ホトケノザの茎にとまってひと休み。▼写真1 モン...

  14. 2017年02月17日 狭山丘陵だより 今年初めての蝶(成虫) - 愛野緑の撮影記録

    2017年02月17日 狭山丘陵だより 今年初めての蝶...

    春一番が強くなる前に蝶探し。昨日の続きでモンキチョウ探し。気温11度。枯れ葉の上にいたのはムラサキシジミ。口吻を伸ばして歩き回っている。次に飛び出したのはキタテハ。2頭がもつれて飛び去った。やがて日なたぼっこ。昨日のベニシジミの幼虫の所へ行くと、食事中だ。葉を裏返したりせずに見つけられた。そうこうしているうちにモンキチョウが飛んできた。2頭が追飛、そのうちひとつが止まった。私は今まで狭山丘陵...

  15. 沖縄本島遠征2016シロチョウ編 - てふてふなるままに

    沖縄本島遠征2016シロチョウ編

    前回の流れでPieris(モンシロチョウ属)の同定について書こうと思いましたが標本が足りないのでまたの機会に!沖縄のシロチョウ科と言えばこれですよね。はい、ツマベニチョウです!先日軟化展翅*しました。というよりコストコへ行き、大量の食品を買ったので冷凍する場所を確保するため軟化しました。*軟化展翅:採集し死後硬直する前に展翅(翅を広げて標本にする)をする作業を生展翅。それに対し硬直したものを...

  16. シロチョウ科は苦手で… - てふてふなるままに

    シロチョウ科は苦手で…

    なにがっていうと採集も同定も(^^;まずはヒメシロチョウ属。ヒメシロチョウとエゾヒメシロチョウどこが違うの?って感じです^^;北海道に採集しに行ったことはないのでエゾヒメシロチョウは未採集ですが、野外同定はまず無理でしょうね。図鑑見てもわからない気がしますが…ヒメシロチョウはようやく2年前に長野県原村で採集し、昨年も北富士演習場で採集しました。生息地さえ見つければ飽きるほど採れますが、少しで...

1 - 16 / 総件数:16 件

似ているタグ