ジャン・ギャバン&アラン・ドロンのタグまとめ (4件)

ジャン・ギャバン&アラン・ドロンのタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはジャン・ギャバン&アラン・ドロンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 時代の情景

【<『地下室のメロディー』⑤~「アラン・ドロン」の原型、ギャバンとの邂逅とアメリカ映画への野心① ~>から続く】 『面の皮をはげ』でのジャン・ギャバンには、過去にジュリアン・デュヴィヴィエやマルセル・カルネが演出した逃亡する脱走兵や前科者など、逃亡者の典型的なキャラクターからの脱皮が試みられています。 犯罪者である過去があり、それをひた隠しにしている主人公の設定までは同様なのですが、彼は現在...

by 時代の情景

 アラン・ドロンの初期の主演作品『お嬢さん、お手やわらかに!』(1958年)、『学生たちの道』(1959年)は、明らかにアイドル映画のジャンルにある作品でしたから、この段階では、まだ、いわゆる「アラン・ドロン」キャラクターは、ほとんど確立されていません。そして、監督を務めたのは両作品ともミッシェル・ボワロンでした。 彼は、その後、ルネ・クレマンやルキノ・ヴィスコンティなど、巨匠たちの作品に主...

by 時代の情景

 「フレンチ・フィルム・ノワール」の大スターとして名を馳せたアラン・ドロンは、ジャン・ピエール・メルヴィル監督で撮った『サムライ』が、その原点であり代表作品ですが、この作品に至るまでの間に、何本のいわゆる「フィルム・ノワール」の系統に属する作品に出演していたでしょうか? 実はデビュー作品である『QUAND LA FEMME S'EN MELE』が、「フレンチ・フィルム・ノワール」の系譜におけ...

by 時代の情景

 この作品がルキノ・ヴィスコンティの影響を色濃く受けた作品であることは間違いのないことでしょう。 しかし、私はもうひとりアラン・ドロンの作品を観賞するたびに思い浮かべてしまうスター俳優がいます。ほとんど、私個人の思い込みのような気がするものの、アラン・ドロンの映画を観賞する度に、どうしてもこだわってしまう人物です。今回、この『高校教師』を久しぶりに観賞し、そのことを特に強く感じてしまいました...

似ているタグ