スコットランドのタグまとめ

スコットランド」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはスコットランドに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「スコットランド」タグの記事(14)

  1. <転載> 2004 スコットランド記 ⑧インヴァネスにて、ミステイクな出来事、3つ【その3】(3日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記 ⑧インヴァネスに...

    初めて来た街の1日目は、たいてい勝手がわからず右往左往するもんです。2日目でようやく慣れ、3日目はあたかも地元民のように歩く。というわけで、どんな街でも3日滞在するのがいいと思います。旅行じゃあ、そんな悠長なスケジュール、なかなか立てれないけどね。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 以下、転載雲行きが怪しくなってきたと思ったら、あっという間に雨粒が落ちてくる。や...

  2. <転載> 2004 スコットランド記 ⑦インヴァネスにて、ミステイクな出来事、3つ【その2】(3日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記 ⑦インヴァネスに...

    旅ってもんは、いい思い出も微妙な思い出もひっくるめて、最終的には “まあ、よかったよかった” になります。年月が経てば経つほど。ただ、わたし的には “よかったよかった” でも、相手的にはどうでしょう~なケースも……中にはあるよーな^^;そう言えば、2度目のアイルランド旅行では、チップを一切払っていません。値段にサービス料が含まれているって、本に書いてあったもの。人にも聞いたしね。チップの習慣...

  3. <転載> 2004 スコットランド記 ⑥インヴァネスにて、ミステイクな出来事、3つ【その1】(3日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記 ⑥インヴァネスに...

    今回のエピソードは、1度「アイルランド式Ⅱ」の旅行記で載っけています。流れのままに再掲です。前回は、“バスの通路をゲロまみれにしなくてよかった”今回は、“みつかって、本当によかった”あとから考えると、マジ幸運だったよー、という記録です。インヴァネスの街を歩いていたときに撮ったもの。何の気なしにシャッターを切ったので、端のほうに写っている方達をびっくりさせてしまいました。いやはや、ごめんなさい...

  4. <転載> 2004 スコットランド記 ⑤はるかなる異国の地、バスの中でゲロを吐く(3日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記 ⑤はるかなる異国...

    エディンバラ城だけで、エディンバラ観光が終了したかのようですが、これでもちょこちょこ見学しています。聖ジャイルズ大聖堂とか、エディンバラ博物館とか。忠犬ワンコ、ボビーの像を撮り損ねたのがあんまりなんで、せめてもの記録に撮ったもの。あっ、よく見ると、じいちゃんとワンコのツーショットが。ちなみに、写真の日にちは日本時間なので、これからずれていきます。エディンバラで出会った学生さんの話は後述させて...

  5. <転載> 2004 スコットランド記 ④城の話(2日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記 ④城の話(2日目)

    エディンバラ城から見たニュータウンです。18世紀以降の区画整理された街並みです。それでも十分古く感じます。「世界むかし話集 イギリス編」の中に「詩人トマスの話」という昔話があります。トマスが妖精の女王に連れられて妖精の国に行く話ですが、そこで彼は女王から予言の力をもらうのです。彼の予言は今に伝わっていますが、その内のひとつにこうあります。三つの町のうちで一番大きくて美しいのは前にはヨーク今は...

  6. <転載> 2004 スコットランド記 ③エディンバラと言えば、お城だけじゃないんだけど(2日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記 ③エディンバラと...

    オールドタウンというのは、建物も道路も石造りで、頑丈で見上げるような高層の建築物が立ち並んでいます。北にあるニュータウンが18世紀以降の街であることに対して、こちらはそれ以前の古い建物がひしめいています。岩山に建つエディンバラ城に向かって、主要通りであるロイヤルマイルがゆるやかに上がっています。「Camera Ofscura」って、なんぞや。古い古いって書きながら、写真のゴシック文字がやたら...

  7. <転載> 2004 スコットランド記 ② 初ブリテン島。お日様の沈まない日(1日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記 ② 初ブリテン島...

    まず、文体が違います。ブログというのは短い文章が基本なのだ、というナゾの信念で書いていたような……。そうして、「1日=1記事」にしようと思っていたため、どこにも焦点があたっていないナゾ記事ができました。そこをもっと詳しく書けよ! とかそんなにご丁寧に時系列守って書かなくていいよ! とか今となってはいろいろありますが、せめて仲良く話した人との会話は記録に残しておこうよ、と思います。例えば、この...

  8. <転載> 2004 スコットランド記 ①スコットランドに行くぞ! - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記 ①スコットランド...

    と、決心したのが4月中頃。結構唐突に決めたので、一番安い飛行機チケットは取り損ねてしまう。そもそも、アイルランドに行こうか、両方行こうかとしばらく悩んだんだよね。実は6年前にアイルランドには行ったことがある。治安が良く旅行するにはベストな国。メシがうわさ以上に激マズでカルチャーショックを受けた国。でも、風景は激しく私好みの国。しかし、今回どうしても行きたい所がスコットランドにあった。ハイラン...

  9. 宮古島 - 花、書、音楽、旅、人、、、日常で出会う美しごとを

    宮古島

    スコットランド、、、、何も行けない理由はなかったのだけど、何となく混沌としているイギリスを考えると波動悪し・・・と考えるんだね、、私。付き合うモノ、付き合う人、こちらのことは棚に上げて波動の良いものと付き合うのがいいと思う。というわけでスコットランドはお預けになり、代わりにといってはなんだけど宮古島へ行くことにした。大好きなんだね、宮古島。ただ天気がここへきて思わしくないんだな、、。さて、ど...

  10. 世界平和は望めないのか - 花、書、音楽、旅、人、、、日常で出会う美しごとを

    世界平和は望めないのか

    再来週、スコットランドへ行こうと計画していた。南回りの安い飛行機でエディンバラ大学の寮に入り、安価に旅しようと。しかしここ数日、イギリスでテロのニュースが世間をにぎわしている今の時代、どこへ行っても安心、安全なところはなく、慌ただしく騒がしい日々だ。しかし残された家族の心配を思うと、呑気に行く気にもならず断念。またいつか行けるよね、、、そんな思いでキャンセルの連絡をした。まだ見ぬスコットラン...

  11. スコットランドの大晦日 - 沙菜のブログ

    スコットランドの大晦日

    スコットランド人の友達がいる友達の話に興味深いものがありました。スコットランドの大晦日は「ホグマネイ」と呼ばれていて、コンサート、パレード、花火などのイベントが極寒の中行われるのだとか!このパレードが面白いらしく、男性がバイキング(海賊)の衣装を着て、武器やたいまつの様なものを持って街を行進するらしいのです。世界の文化の違いを知るのは面白いです。死ぬまでに一度はスコットランのホグマネイを体験...

  12. 1/35 A34 Comet 4 - (仮)セーサク日誌 モケー編

    1/35 A34 Comet 4

    サフ前で引っ張りすぎてすいません。いやー、久々休めましたのセーサク者です。先日、何となくハンバーグを作ったんですが、繋ぎに食パン一枚使ったらミンチ肉と同量になってしまいパテがベトベトして焦ったんですが、取り合えず焼いてみたら火の通りも早くフンワリ焼き上がり、北欧大型家具店のミートボールのようなクリーミーな味に近くなりました。また、今年の連休は好天に恵まれ過ぎたので、インドアアクティビティ派の...

  13. 1/35 A34 Comet 3 - (仮)セーサク日誌 モケー編

    1/35 A34 Comet 3

    タミヤのバレンタインは驚異的ですね~、複雑な車体がバラバラ分割なのにパスパス決まる‥すっ、スゲエ(ゴクリ)。てなこって、既に仮UPしてしまった香港はブロンコ製1/35クルーザータンクA34コメット製作の事後報告です。前回はちょっと違う防盾形状やリアデッキの改修が終わり、だいたいのバランスが見えてきた所なので更に進めませう!とゆーか、大会期日まで逆算するとそろそろ諦めモードに入らないと間に合わ...

  14. スコッチを飲んで、ライチョウを守る - ブルーベルの森-ブログ-英国カントリーサイドのライフスタイルをつたえる

    スコッチを飲んで、ライチョウを守る

    スコットランドに行ったら、ぜひ味わいたい本場のスコッチ。雰囲気のある古いパブで、とろっとした琥珀色の、ちょっとスモーキーな香りのするウィスキーを飲むのは最高です。このウィスキーを、飲めば飲むほど、野鳥保護につながる(?!)というのです。The Famous Grouse(ザ・フェイマス・グラウス)は有名なスコッチのメーカー。スコットランドの狩猟鳥、Red Grouse(レッドグラウス、和名:...

1 - 14 / 総件数:14 件

似ているタグ